Large thumb shutterstock 637113457

ディアウォールの活用方法や使い方は?畳・壁面収納のDIYも

更新:2019.06.21

ディアウォールって聞いた事がありますか?ディアウォールを活用すると、好きな所に柱を作って壁も出来てしまうと言う優れものなんです。このディアウォール、賃貸などの原状復帰が必要な部屋などでも使う事が出来るんです。こんな優れもののディアウォール、使い方や活用方法など、一緒に見てみませんか?

ディアウォールを活用する時の注意点は?

【ディアウォールの注意点】①畳などのやわらかい場所に設置しない

ディアウォールは、WAKAI(若井産業株式会社)から販売されている商品です。このディアウォールは、木材を天井と床に突っ張るだけで女性でも簡単に柱が取り付けられるものです。このディアウォールを使えばお部屋にキズを付けないで壁面収納を楽しんだりする事が出来るので、今DIYに興味のある人にとても人気です。

ディアウォールを使用する際の注意点1つ目は、畳などのやわらかい場所に設置しないです。ディアウォールは突っ張る力で天井と床に固定さているので基本的にフローリングなどの硬い所に設置するようになっています。その為、やわらかい畳やカーペットなどの上で使用するとディアウォールが沈んで突っ張る力が弱くなります。

畳に設置した場合、柱が倒れる可能性があるのであまりおすすめ出来ません。どうしてもと言う場合は、大きめの板を活用して置きその上にディアウォールを固定してください。ただ、畳はすべりやすいので使い方には十分注意してくださいね。

【ディアウォールの注意点】②横向きに取り付けない

ディアウォールを使用する際の注意点2つ目は、横向きに取り付けないです。先ほど使い方でお話ししましたが、本来ディアウォールは天井と床を突っ張って固定する商品です。ディアウォールは木材の2×4(ツーバイフォー)などを活用しますが、2×4自体にかなり重さがあります。

もし横向きに取り付けた場合、木材自体の重さで落ちてしまうのでやめましょう。パッケージにも、横向きは絶対に使用しないで下さい、と書いてあるので気をつけてくださいね。横に木を渡したいのなら専用の棚受けも販売しているのでそちらを使用すると良いと思います。耐荷重も5キロあるので色々と使い方がありそうですね。

【ディアウォールの注意点】③天井の下地に気をつける

ディアウォールを使用する際の注意点3つ目は、天井の下地に気をつけるです。今の住宅の天井や壁は石膏ボードと言うやわらかい素材で出来ています。その上からクロス(壁紙)が貼ってあるので下地の木や鉄骨がどこの場所に入っているのか分かりません。石膏ボードはモノをぶつけただけでも穴が開くので気をつけて下さいね。

ディアウォールは天井と床に突っ張って固定するので、やわらかい天井部分に無理に固定すると石膏ボードに穴が開きかねません。それは大変ですね!そんな時は、天井をコツコツと叩いて下さい。柱などが入っている場所は、音が高く響きます。逆に石膏ボードの部分は音が低くなるのでどこに下地の木の位置が分かりますよ。

ディアウォールの活用法・使い方について!

【ディアウォールの活用法】①壁面収納として楽しむ

ディアウォールの活用法1つ目は、壁面収納として楽しむです。この写真のお宅はディアウォールを取り付けた後に横木を渡してあります。そこにはおしゃれな雑貨、バッグや服をかけてあります。味気なかった壁面がディアウォールを活用する事で一気におしゃれな空間になります。大好きなコレクション飾ってもいいですね!

【ディアウォールの活用法】②学習机

ディアウォールの活用法2つ目は、学習机です。小学校入学と同時に購入される事が多い学習机、最近ではリビング学習が普通になってきていますね。リビングに置くのに普通の学習机だとちょっとおしゃれではないな…と言う人におすすめなのがこのディアウォールの机です。写真のお宅は横に長い机を作っています。

ディアウォールの特徴である、DIYで自由に作れる事をいかしてこんな学習机もいいですね。活用法は色々…横に何本も木を渡す事でちょっとした飾りやプリント、お絵かきした絵や写真を飾ると言う使い方も出来ます。素敵な机で学習すると子どもさんもやる気がアップするのではないでしょうか。

【ディアウォール】の活用法③間仕切りで子ども部屋

ディアウォールの活用法3つ目は、間仕切りでこども部屋です。ディアウォールは、先ほどお話しした天井に気をつければ、部屋の真ん中にも柱を作る事が可能です。その柱に腰壁を取り付けてちょっとした部屋にする事も出来ます。このお宅は、間仕切りを作ってお子さんの部屋を作っているそうです。とてもおしゃれですね!

【ディアウォールの活用法】④DIYグッズ置き場にする

ディアウォールの活用法④つ目は、DIYグッズ置き場にするです。上の写真はとてもたくさんのDIYグッズがありますが、こうして壁面収納にすると使いたい時にDIY道具がすぐ手に取れて便利ですね。このお宅は黒い有孔ボードを取り入れて置き場を作っています。色々な素材も一緒に取り入れられるのも良さの1つですね。

【ディアウォールの使い方】①用途に合わせてサイズを選ぶ

ディアウォールは、使用する木材によって色々な種類があります。2×4、2×6、1×6、1×4のサイズがあります。それぞれ用途に応じて使う事が出来ます。中でも一般的なサイズは2×4です。カラーはホワイト、ライトブラウン、ダークブラウン、ブラックの4種類があります。お部屋の雰囲気に合わせて選びたいですね。

ディアウォール2×4は柱の向きに迷わないシンメトリー形状、2×6は重厚感のある棚づくりが出来ます。1×6は奥行きのある棚を作れます。1×4は2×4より薄い木材なので見た目もシンプルスマートな棚になります。さらに、中間ジョイントもあります。必要なサイズに応じて活用してみてはいかがでしょうか。

【ディアウォールの使い方】②木材をカットする

ディアウォールに取り付ける木材は、設置する場所の高さより45ミリ短くカットします。自分でカットしてもいいですし、ホームセンターで木材を購入した時にお店でカットしてもらってもいいですね。もし、木材を塗装する際はこの段階で塗ると良いと思います。白木で使ったり、白やオイルステインを塗ってもいいですね。

木材を塗装する時にはどんな塗料を使っていますか?プロも使用していると言われているワトコオイル。これは化学物質が入っていないオイルなので、体に安全、安心な天然素材の油性オイルです。せっかくDIYをするのであれば、素材選びにもこだわりたいですね。そんなあなたには、ワトコオイルの関連記事がおすすめです。

【ディアウォールの使い方】③ディアウォールを取り付ける

本体を木材にかぶせて、バネのあるディアウォールの方を天井に向けます。その後、天井のディアウォールを押しながら床面にあるディアウォールを壁に押し付けます。後は、ディアウォールが真っ直ぐになるように設置をします。これでディアウォールの柱が完成します。横板を付ける場合は柱の位置を調整してみてください。

ディアウォールの基本的な使い方

  1. ディアウォールのサイズを選ぶ
  2. 木材を42ミリカットする
  3. 木材にディアウォールをかぶせる
  4. 天井側からディアウォールを取り付ける
  5. 真っ直ぐになるように位置を調整する
  6. 横板などを取り付ける

ディアウォールのおしゃれなインテリア実例集5選!

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア①ナチュラルリビング

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア1つ目は、ナチュラルリビングです。このお宅は、キッチンカウンターの上にディアウォールを取り付けています。ナチュラルな小物を使っていてかわいいですね!木枠を作ってアクリル板を取り付けたり、カフェカーテンを取り付けてグリーンを飾ったりとセンスが良いキッチンですね。

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア②コンクリートのお部屋

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア2つ目は、コンクリートのお部屋です。このお宅は、壁にコンクリートが使われています。棚を設置しにくいコンクリートですが、このディアウォールを使えばそんな問題も簡単に解決します。釘や画鋲が使えなくても2×4の木材があれば色々な物を飾る事が出来ますね。       

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア③キッチン収納

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア3つ目は、キッチン収納です。このお宅は、キッチンの壁面収納を上手に利用してディアウォールをスパイスラックとして使用しています。おそろいのボトルやスパイス入れで統一感がありますね。さらに、落下防止バーを取り付けてミトンや小物を収納しているのもおしゃれですね。

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア④カフェ風インテリア

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア4つ目は、カフェ風インテリアです。ディアウォールとタイル、オーニングを取り付けて雑貨を飾ってあります。スパイスがたくさんあって、まるでお店やさんに来ているみたいですね。オーニングは100均アイテムでも作れるので気になった人は検索してみてくださいね。

カフェ風インテリアに興味のある人は、カフェ風リビングの作り方が載っている関連記事がありますよ。ぜひインテリアの参考にしてみてくださいね。

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア⑤男前インテリア

ディアウォールを使ったおしゃれインテリア5つ目は、男前インテリアです。ディアウォールに横板を貼って色を塗り、男前な雑貨を飾っています。この中には100均で買ったプレートも入っているようですが、とても100均には見えないくらいおしゃれにまとまっていますね。男の子のお母さん、息子さんの部屋にどうですか?

男前インテリア、ブルックリンスタイル(古い物を生かして楽しむインテリア)が好きな人は、きっとおしゃれな部屋を目指したいと思っていますよね。そんなあなたには、男前インテリアの関連記事もあるので合わせてご覧になってくださいね。ディアウォールと共に、活用法や使い方が広がる事と思います。

ディアウォールの使い方・活用法を理解しよう!

いかかでしたでしょうか?ディアウォールの使い方と活用法、おしゃれなインテリアについてご紹介しました。ディアウォールの設置はとても簡単で便利な事が分かっていただけたでしょうか。自由な発想でいくらでもインテリアの幅が広がるディアウォール。ネットで検索すると色々なインテリアが見られます。

ホームセンターや100均、雑貨屋さん等に行くとインテリアのイメージが広がりそうですね。ディアウォールでお家のインテリアがさらにレベルアップする事間違いなし!ディアウォール、ぜひ活用してみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。