Large thumb shutterstock 94945555

手紙の書き出し文例|時候の挨拶や結びは?ビジネス/カジュアル

更新:2019.06.21

手紙の書き出し文、時候の挨拶や結びを学んでいきましょう。ビジネス、カジュアル、の書き出し文例、また英語での手紙の書き出し文例も記載していきます。メールやSNSでのやり取りが当たり前の日常になった今こそ、この貴重なコミュニケーションツールを有効活用して、あなたを印象づけましょう。

手紙の書き出しに入れるべき内容は?

手紙の書き出しに入れるべき内容①頭後

手紙の書き出しに入れるべき内容1つ目は「頭後」です。頭語(とうご)とは、手紙の書き出しに使う「拝啓」などの言葉のことを言います。いきなり、季節の挨拶や本題に入るよりもワンクッション頭語を置くことで、文全体のまとまりが良くなります。頭語は結語とセットで使うことが常識なので、忘れずに結語も使いましょう。

「拝啓」を頭語で使用した場合の結語は「敬具」です。また、頭語には相手を尊敬する気持ちや自分をへりくだる意味もあるため、ビジネスの手紙の書き出しでは必要不可欠となっています。挨拶言葉とはまた違いますので、常識として覚えておくとよいでしょう。

手紙の書き出しに入れるべき内容②季節の挨拶

手紙の書き出しに入れるべき内容2つ目は「季節の挨拶」です。この季節の挨拶言葉は先ほど紹介した頭語の次に使う言葉です。時期によって季節の挨拶は使い分けをする必要があり、適した季節の挨拶を選択することが大切です。実際に書くときではなく、相手に届くときを考え、季節の挨拶を入れるようにしましょう。

代表的な季節の挨拶に「○○の候」という言葉があります。季節の挨拶でインターネットで検索をするとたくさん出てくるので参考にすると良いでしょう。季節の挨拶ではなく、時候の挨拶として紹介されていることもありますが、意味は同じなので問題ないです。書き出しで好印象を抱かせるコツが季節の言葉です。

手紙の書き出しに入れるべき内容③相手への思いやり

手紙の書き出しに入れるべき内容3つ目は「相手への思いやり」です。頭語、季節の挨拶と揃ったら次に、相手への気遣いの言葉を付け加えましょう。代表的な言葉に「貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」という言葉があります。それ以外にもパターンがあるので、手紙の内容と合わせて工夫してみましょう。

相手への思いやりは、もし堅苦しい文章が合わないと思えば「皆様いかがお過ごしでしょうか」など少しカジュアルな表現にしても問題ないです。季節の挨拶とセットで使う書き出しの言葉だと認識しておきましょう。「お喜び」ではなく「お慶び」など漢字の使い方にも気を付けて書くようにすることが大切です。

手紙の書き出しに入れるべき内容④お礼・お詫びなど

手紙の書き出しに入れるべき内容4つ目は「お礼、お詫びなど」です。頭語、季節の挨拶、相手への思いやりが揃ったらだいたい手紙の書き出しは問題ないはずです。気持ちよく本文に入るために、もう一文付け加えるとおすすめなのが「お礼」や「お詫び」です。以前お会いした時のお礼など簡単なもので構いません。

本題に入るためのつなぎとして「先日はありがとうございました」「このたびは~で申し訳ございませんでした」など追加するとさらに好印象です。相手が気持ちよく手紙を読めるような心遣いがビジネスの手紙でも大切なのです。

手紙は悩みながら書くことができますが、電話ではそうは行きません。難しい電話対応のビジネスマナーについて以下の記事で紹介されているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

ビジネスの手紙の書き出し|春の時候の挨拶と文例は?

3月の時候の挨拶「早春の候」

3月の時候の挨拶例は「早春の候」です。その他には、「春色の候」「浅春の候」などがあります。3月に限らずすべての時期に言えることですが、「候」ではなく「みぎり」を使っても同じ意味を表します。3月の時候の挨拶で心がけることは、これから本格的な春を迎えることへの喜びを伝えるということです。

3月の季節の挨拶のキーワードは「春の訪れ」です。このことを意識してふさわしい季節の挨拶言葉を選びましょう。使い方の例は「早春の候、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」や「春色の候、皆様はお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます」などがあります。

4月の時候の挨拶「春陽の候」

4月の時候の挨拶例は「春陽の候」です。その他には、「桜花の候」「軽暖の候」などがあります。4月と言えば「桜」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。「桜」というワードを季節の挨拶に入れても春っぽさが伝わりいいのですが、桜の季節は一瞬ということもあり、使う時期には注意しましょう。

離れた地域に出す手紙で「桜」について触れるともう葉桜だったり、逆にまだつぼみだったりと時差がある可能性があります。そのことからも4月の季節の挨拶のキーワードは「春の暖かさ」を表す言葉を選ぶことです。使い方の例は「貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます」などがあります。

5月の時候の挨拶「残春の候」

5月の時候の挨拶例は「残春の候」です。その他には、「若葉の候」「立夏の候」などがあります。5月になると桜も散って、外の緑が目立つ時期になりますよね。春という言葉よりもこれから夏を迎える段階であるという季節の挨拶を選んだ方がよりいいでしょう。季節の挨拶を選ぶ際に時期遅れにならないことが大切です。

春の終わりであり、夏の始まりである時期が5月です。春が終わってしまう虚しさとこれから夏を迎えるためのパワーを蓄える意味を込めて、季節の挨拶を選びましょう。5月の季節の挨拶のキーワードは「春から夏」です。使い方の例は「残春の候、貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。」などがあります。

ビジネスの手紙の書き出し|夏の時候の挨拶と文例は?

6月の時候の挨拶「長雨の候」

6月の時候の挨拶例は「長雨の候」です。その他には「梅雨の候」「薄夏の候」などがあります。6月と言えば「梅雨」ですよね。前向きな季節の挨拶を選んだ方が好印象だと伝えていますが、6月はどうしても「雨」について伝える時期でもあります。

どうしても嫌がられがちな雨ですが、そんな季節を前向きに乗り切れるような言葉を選んでみましょう。6月のキーワードは「梅雨」です。どの時期よりも季節の挨拶言葉を選びやすい時期かもしれません。使い方の例として「長雨の候、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。」が相手への思いりやりを感じおすすめです。

7月の時候の挨拶「向暑の候」

7月の時候の挨拶例は「向暑の候」です。その他には「梅雨明けの候」「猛暑の候」などがあります。梅雨が明けて本格的な夏が来るのが7月なので、厳しい暑さであることをアピールして元気が出るような季節の挨拶言葉を選んでみましょう。その中でも「梅雨明けの候」は7月ならではの表現かもしれないですね。

7月のキーワードは「夏」です。夏が来ると「お盆休み」や「海」など楽しいことをたくさん思い浮かべることができます。使い方の例は「向暑の候、体調など崩さずお元気でお過ごしでしょうか。」など暑さによって体調を気遣う季節の挨拶がおすすめです。

8月の時候の挨拶「残暑の候」

8月の時候の挨拶例は「残暑の候」です。その他には「避暑の候」「季夏の候」などがあります。8月もまだまだ厳しい暑さが続く時期ではありますが、だんだんと秋へと向かっていく季節でもあります。お盆を過ぎるとすっかり夜は涼しくなると思いませんか?このことからも夏の終わりを告げる挨拶言葉を選びましょう。

厳しい暑さが続いていたとしても「残暑の候」という言葉を見れば、もうすぐこの暑さも終わりなんだと気持ちが涼しくなります。8月のキーワードは「夏の終わり」です。使い方の例は「残暑の候、貴社におかれましてはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。」などがビジネスの手紙に適しているかもしれません。

ビジネスの手紙の書き出し|秋の時候の挨拶と文例は?

9月の時候の挨拶「秋晴の候」

9月の時候の挨拶例は「秋晴の候」です。その他には「新秋の候」「爽秋の候」などがあります。9月になると本格的に秋がはじまります。9月の季節の挨拶では、食欲の秋・読書の秋・スポーツの秋など楽しいことが満載の秋の訪れを表す季節の挨拶を選ぶことがポイントです。

このことからも9月のキーワードは「秋のはじまり」と言えます。暑さが和らぎ過ごしやすい時期であること、爽やかな秋風が心地よいことを9月の季節の挨拶を表現しましょう。使い方の例は「秋晴の候、貴社ますますご躍進のこととお慶び申し上げます」など活躍を期待する挨拶文がおすすめです。

10月の時候の挨拶「秋冷の候」

10月の時候の挨拶例は「秋冷の候」です。その他には「仲秋の候」「秋麗の候」などがあります。10月は秋のちょうど半ばです。紅葉もまだまだ本格的には始まらず、徐々に秋に向かっていくということを10月では表すといいでしょう。9月に比べて寒いため、秋の寒さを表す季節の挨拶言葉もおすすめです。

10月のキーワードは「秋の半ば」です。夏は完全に終わり、徐々に葉っぱたちが紅葉していく自然の流れを楽しめる時期でもあります。使い方の例は「秋冷の候、皆様いかがお過ごしでしょうか」「秋冷の候、貴社ますますご繁盛のこととお慶び申し上げます」などがあります。

11月の時候の挨拶「向寒の候」

11月の時候の挨拶例は「向寒の候」です。その他には「晩秋の候」「深秋の候」などがあります。本格的な寒さが始まることや秋の深まりが最高潮に来ていることを11月では季節の挨拶で伝えましょう。11月という時期は紅葉が見ごろだったり、まだまだポカポカ日中は暖かい日もあることでしょう。

日中と夜の気温の差からも秋の深さが分かるはずです。そんな意味も込めて11月のキーワードは「秋から冬へ」です。秋から冬に向かう準備期間であることと、秋を楽しむ意味を込めて「深秋」や「向寒」を使用します。使い方の例として「向寒の候、体調など崩さずお元気でお過ごしでしょうか」などがおすすめです。

ビジネスの手紙の書き出し|冬の時候の挨拶と文例は?

12月の時候の挨拶「初冬の候」

12月の時候の挨拶例は「初冬の候」です。その他には「初雪の候」「師走の候」などがあります。12月という時期は季節の挨拶言葉を考えやすい時期でもあります。雪が降ったり本格的に寒くなり、季節の表現がしやすいここと、年末ということから自然と季節の挨拶言葉も分かってくることでしょう。

12月のキーワードは「年の終わり」です。年の終わりをキーワードに考えると、寒さも連想されることでしょう。一番わかりやすいのが雪が降ってすぐであれば「初雪」、年末ぎりぎりの手紙であれば「師走」と言うように12月は比較的季節の挨拶言葉を判別しやすい時期であることが分かります。

使い方の例として「初冬の候、ますますご清祥でご活躍のこととお慶び申し上げます」や「初雪の候、皆様いかがお過ごしでしょうか」などがおすすめです。

1月の時候の挨拶「大寒の候」

1月の時候の挨拶例は「大寒の候」です。その他には「新春の候」「厳冬の候」などがあります。1月は年明けということから上旬から中旬にかけてであれば「新春の候」を使うのがおすすめです。それと同時に本格的な寒さが始まり、厳しい季節でもありますので、寒いことを表現する季節の挨拶言葉を使いましょう。

1月のキーワードは「1年の始まり」です。12月が年の終わりであり、1月が年の始まりです。1年が始まった楽しみな気持ちを「新春」という言葉で伝えましょう。また、年明け早々ビジネスの手紙を出すときは年始の挨拶も付け加えることが多いので、その場合は二重にならないように寒さを季節の挨拶で表しましょう。

使い方の例として「大寒の候、貴社におかれましてはより一層ご活躍のこととお慶び申し上げます」や「新春の候、寒い日が続いておりますが、皆様お変わりないでしょうか」などがおすすめです。

2月の時候の挨拶「立春の候」

2月の時候の挨拶例は「立春の候」です。その他には「余寒の候」「梅花の候」などがあります。2月はまだまだ厳しい寒さが続いている印象が強いかもしれません。ただ、暦的には2月はもう春に向かっています。そのことから少し気が早く感じるかもしれませんが、もうすぐ春が来るという意味の季節の挨拶言葉を使いましょう。

2月のキーワードは「冬の終わり」です。厳しい寒さももうすぐ終わりますということを挨拶で伝えると気持ちも明るくなる気がしませんか?使い方の例は「立春の候、貴社におかれましてはますますご活躍のこととお慶び申し上げます」などがあります。

カジュアルな手紙の書き出し文例は?

カジュアルな手紙の書き出し文例①「いかがお過ごしでしょうか」

カジュアルな手紙の書き出し文例1つ目は「いかがお過ごしでしょうか」です。ビジネスの手紙で相手と親密な関係である場合、上のような堅苦しい文章は合わないと感じることがあるかもしれません。そんなときは、季節の挨拶に加えて「いかがお過ごしでしょうか」と相手の様子を伺う言葉がおすすめです。

文例としては「寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか」「日を追うごとに暖かくなり過ごしやすい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか」など季節によって天気や催し物について触れながら相手を気遣う文章がポイントです。カジュアルですが、相手への思いやりをしっかりと伝えることがポイントです。

カジュアルな手紙の書き出し文例②「お変わりないでしょうか」

カジュアルな手紙の書き出し文例2つ目は「お変わりないでしょうか」です。上の「いかがお過ごしでしょうか」と似ていますが、使い分けとしては連絡が久しぶりなときはこちらの「お変わりないでしょうか」を使いましょう。すっかりご無沙汰してしまいましたと一文付け加えるとより丁寧な手紙になるでしょう。

文例としては「お忙しくすっかりご無沙汰しておりますが、お変わりないでしょうか」です。他にも「お変わりなくお元気でお過ごしでしょうか」など追加してもいいでしょう。久しぶりになってしまったことをお詫びする必要があれば、しっかりと申し訳ない気持ちを伝えることが大切です。

カジュアルな手紙の書き出し文例③「お元気でしょうか」

カジュアルな手紙の書き出し文例3つ目は「お元気でしょうか」です。一番シンプルで伝えやすいのがこの言葉かもしれません。ただ、この言葉だとカジュアル過ぎてしまいビジネス向きとは言えないので、他の言葉とプラスアルファをして補いつつ使うことが大切です。

文例としては「朝晩はすっかり寒くなりましたが、体調など崩さずお元気でしょうか」など季節の変わり目で使うと自然な文章になります。「嬉しい桜の便りが届く今日この頃ですが、お元気でお過ごしでしょうか」など上の2つの言葉に追加して使うこともおすすめです。相手への思いやりがよりカジュアルに伝わる挨拶文例です。

手紙と関連してビジネスの場でもお礼やお詫びを伝える機会は多いことでしょう。相手がお客様か取引先かは会社によって違うと思いますが、以下ではお詫びやお礼をする際におすすめの菓子折りについて紹介されています。謝罪の手紙の書き方についても記載があるのでぜひ参考にしてみてください。

英語の手紙の書き出し文例は?

英語の手紙の書き出し①「Dear」

英語の手紙の書き出しポイント1つ目は「Dear」です。Dearには「親愛なる」という意味があり英語で「Dear○○」と相手の名前を入れて使います。これは友人同士の手紙でも使うことがあるので知っている方も多いことでしょう。英語で相手の名前を最初に持ってくることは英語の手紙の書き出しでは大切なことです。

英語の書き出し②「Mr.Ms」

英語の手紙の書き出しポイント2つ目は「Mr.Ms」です。これもほとんどの日本人が知っている英語の知識ですが英語で男性は「Mr.」女性なら「Ms」と入れます男性女性を手紙の書き出しで入れることも英語の手紙です。以前は既婚女性を英語で「Mrs.」と表現することもありましたが最近は使わない英語です。

ビジネス手紙の結びの書き方は?

ビジネス手紙の結びの書き方①用件を最後にまとめる

ビジネス手紙の結びの書き方ポイント1つ目は「用件を最後にまとめる」ということです。文例で伝えると「まずは略儀ながら書中でご挨拶申し上げます」「まずは取り急ぎご報告申し上げます」など要件について締めの言葉を付け加えることを結びと言います。手紙がきれいにまとまるので書き出しと結びの言葉は使いましょう。

ビジネス手紙の結びの書き方②挨拶文(お客様宛て)

ビジネス手紙の結びの書き方ポイント2つ目は「挨拶文」です。文例として「今後ともご愛顧を賜りますようどうぞよろしくお願い申し上げます」など挨拶で締めるパターンです。特に要件について最後に触れる必要のない内容であれば挨拶言葉を結びで使いましょう。「今後とも」「末永く」などの言葉を使うことがおすすめです。

取引先にも使えますがどちらかというとお客様宛ての手紙で使うことが多い、少しカジュアルな言葉なので時と場合によって書き出しだけでなく結びの言葉も使い分けを行いましょう。また、書き出しと結びのカジュアルさや真面目さを合わせることも大切です。

好印象なビジネス手紙を書こう!

いかがでしたか?今回は、取引先やお客様などビジネスの場面で使える手紙の書き出しや結びの言葉・文例について紹介しました。この機会に時候の挨拶をカジュアルなど用途によって使い分けて、取引先やお客様など相手から好印象を抱いてもらえるようなビジネス手紙の書き出しや結びを文例を参考に工夫してみましょう。

書き出しと結びで印象がだいぶ変わることが分かると、ビジネス手紙を書くことが苦ではなくなることでしょう。ビジネスで敬語を使うことはマナーですが、使い方に悩むことも多いことでしょう。以下では、見積依頼のメールを送る際の例文について紹介されています。参考にぜひご覧ください。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。