Large thumb shutterstock 639915670

使いやすいキッチンのレイアウト例は?冷蔵庫・食器棚の配置や収納は?

更新:2019.06.21

新居に引っ越したとき、特に女性であれば使いやすいキッチンが欲しいなと思う人も多いのではないでしょうか?今回は、そんなときに役立つ使いやすい台所のレイアウトや配置をいくつか紹介していきます。冷蔵庫や食器棚の向きにもポイントがあるので、ぜひ知ってみてくださいね。

使いやすいキッチンレイアウトのポイントは?

使いやすいキッチンレイアウトのポイント①作業台が広くなるようレイアウト

使いやすいキッチンレイアウトのポイント1つ目は、作業台が広くなるようなレイアウトにするということです。キッチンで一番重視したいポイントとしてもよくあげられるのが、キッチンの作業台の広さですよね。キッチンの作業台が広いと、料理をするときの作業のしやすさが狭い時とはかなり変わってくるかと思います。

毎日過ごすキッチンだからこそ、特に女性の人にとっては大事な場所になってきます。作業台が広ければ、ものを落としたり倒したりなども少なく、怪我をする危険性も低くなりますよね。ぜひ、キッチンをレイアウトする際には気をつけてみてください。

使いやすいキッチンレイアウトのポイント②作業台の近くに家電がある

使いやすいキッチンレイアウトのポイント2つ目は、作業台の近くに家電があるということです。作業台の近くに冷蔵庫や電子レンジなどの家電があると、調理の際にも移動距離が少なくて楽になります。詳しい家電の位置やレイアウトに関しては、後ほど紹介していきますね。ぜひ、最後まで読んで参考にしてみてください。

次の記事は、対面キッチンの目隠し術についてです。キッチンの種類としても人気の対面式キッチンは、たくさんの家庭で取り入れられているかと思います。そんな対面式キッチンも、目隠しが欲しい時がありますよね。次の記事では、対面式キッチンを目隠しするための方法や収納について、詳しく紹介されていますよ。

5タイプ別!使いやすいキッチンのレイアウト例

使いやすい台所のレイアウト①I型キッチン

使いやすい台所のレイアウト1つ目は、I型キッチンです。I型キッチンとは、一直線にコンロや冷蔵庫、作業台やシンクが並んだキッチンになります。日本家庭の中で一番多いとされるキッチンの形で、一番定番のキッチンとして知られてます。全体的にもスッキリしていて、コンパクトに収まるキッチンなのでおすすめです。

I型キッチンは、もしコンパクトすぎて狭いとなった時でも後ろに作業台を追加することもできます。目隠しにもなるので一石二鳥ですよ。他のキッチンだと、これ以上キッチンにスペースは割けないということもありますが、I型キッチンであれば元々がコンパクトなので問題なく付け足すことができます。

使いやすい台所のレイアウト②L型キッチン

使いやすい台所のレイアウト2つ目は、L型キッチンです。L型キッチンは、文字通り形がL字になっているキッチンのことで、コンロとシンクが90度で向かい合っているのが特徴と言われています。よく使う2つの場所が近くにあるからこそ、作業もしやすく機能的に作られているのですね。また、作業台も先ほどより広いです。

しかし、大きすぎるL型キッチンの場合シンクとコンロが離れ過ぎてしまい、作業がしにくくなるということも考えられるので、キッチンの大きさには注意するようにしてくださいね。それ以外であれば、L型キッチンは一連の作業がしやすい便利なキッチンなのでおすすめです。

使いやすい台所のレイアウト③アイランドキッチン

使いやすい台所のレイアウト3つ目は、アイランドキッチンです。アイランドキッチンとは、基本的なキッチンのほかにアイランド型の作業台が付いているキッチンのことです。アイランドキッチンにすることで、より作業台のスペースが広く確保できるため料理を行いやすくなります。また、見た目も海外のようでおしゃれです。

アイランドキッチンのアイランドスペースは、作業台としてだけではなくみんなで料理をする際やホームパーテェーの際にも使うことができて便利です。メリットが多いアイランドキッチンなので、ぜひキッチンのレイアウトとして考えてみてくださいね。

使いやすい台所のレイアウト④U型キッチン

使いやすい台所のレイアウト4つ目は、U型キッチンです。U型キッチンとは、写真のように全体のキッチンの形がU字型をしているレイアウトのことです。どちらかというと、海外でよくみられる形のキッチンです。そして、このU型キッチンはある程度キッチンにスペースを割ける間取りの家でないと作ることが難しいです。

設置にくいキッチンレイアウトではありますが、キッチンがU型キッチンだと作業台が広くなるのはもちろんのこと、収納スペースもI型キッチンやL型キッチンにくらべて格段に広がります。ぜひ、このU型キッチンのレイアウトも参考にしてみてくださいね。

使いやすい台所のレイアウト⑤ペニンシェラキッチン

使いやすい台所のレイアウト5つ目は、ペニンシェラキッチンです。ペニンシェラキッチンとは、いわば対面式キッチンのことです。料理をしながらリビングの様子がみれるキッチンとして、女性からも多くの支持を集めていますよね。特に、小さい子供がいるママさんにはとてもおすすめのキッチンです。ぜひ参考にしてください。

冷蔵庫をレイアウトする際のポイントは?

冷蔵庫をレイアウトする際のポイント①ワークトライアングルを意識する

冷蔵庫をレイアウトする際のポイント1つ目は、ワークトライアングルを意識するということです。ワークトライアングルとは、冷蔵庫とコンロとシンクの位置が三角形になっているレイアウトのことで、この3つが三角形になっていると、人がその場でくるくる回るだけで全ての流れができてしまうのでおすすめとされています。

料理をしている時の移動が少なくていいのは嬉しいことですよね。キッチンに家電を置く時の基本構成とも言われているので、キッチンに冷蔵庫を設置する際にはぜひ意識してみてくださいね。シンクとコンロは簡単には移動できないので、冷蔵庫の配置が重要になってきます。料理のしやすさもかなり変わりますよ。

冷蔵庫をレイアウトする際のポイント②冷蔵庫の扉が開けやすい配置にする

冷蔵庫をレイアウトする際のポイント2つ目は、冷蔵庫の扉が開けやすい場所に配置するということです。冷蔵庫をキッチンに配置した後に一番起こりやすいのが、扉が開けにくい位置に配置してしまったという後悔です。盲点でもあるポイントかとは思いますが、後から後悔しないように冷蔵庫の配置には気をつけましょうね。

次の記事は、おしゃれなキッチンインテリアの飾りについてです。キッチンを可愛くレイアウトするには、キッチンのインテリアも重要になってきますよね。次の記事では、おしゃれなキッチンインテリアの飾りについて、北欧風やカフェ風など雰囲気に合わせて詳しく紹介されています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

食器棚をレイアウトする際のポイントは?

食器棚をレイアウトする際のポイント①低い位置に配置する

食器棚をレイアウトする際のポイント1つ目は、低い位置に配置するということです。食器を収納する食器棚は、食器が低い位置に収納できるように、背の低いものを選ぶようにしましょう。低い位置に食器が収納できると、食器を取るときもしまうときにもかなり楽になります。落として割る危険性もないのでおすすめですよ。

食器棚が低いと、見た目もコンパクトにスッキリして見えるのでおすすめです。また、低い食器棚を使うことで地震が起きたときにも高いところから割れ物が落ちてくる危険性がないので安心ですよ。ぜひ、非常事態のことも考えて安全性を第一に食器棚の配置を決めていきましょう。

食器棚をレイアウトする際のポイント②横収納を意識して配置する

食器棚をレイアウトする際のポイント2つ目は、横収納を意識して配置するということです。食器棚は、横に広いものを使うようにすると、キッチンにもフィットする場合が多くスッキリと食器が収納できます。横の収納にすることで、自然と高さも低い場所に収納ができるので安全面でも合格です。ぜひ気をつけてみましょう。

また、食器棚を横収納にした際の仕切りに関しては、写真のような仕切り板や仕切りボックスを使うと、簡単に解決しますよ。仕切りボックス類は、100均でも豊富に販売されているのでぜひ近くのお店でチェックしてみてください。

使いやすいキッチンにするための収納術は?

使いやすいキッチンにするための収納術①食器棚のお皿は立てて収納

使いやすいキッチンにするための収納術1つ目は、食器棚のお皿は立てて収納するということです。食器棚に食器を収納する際、重ねて収納している家庭も多いかと思いますが、食器を重ねているとしたの食器を取るときにとりにくかったり落ちてしまいそうになる時もありますよね。それを防ぐためにも立てた収納がおすすめです。

食器を立てて収納するには、写真のような食器を立てるためのラックやアイテムを使うと安心ですよ。見た目もスッキリでおしゃれに収納できていますよね。収納スペースも有効に使うことができます。ぜひ、参考にしてくださいね。

使いやすいキッチンにするための収納術②突っ張り棒を使った収納アイディア

使いやすいキッチンにするための収納術2つ目は、突っ張り棒を使った収納アイディアです。写真のように突っ張り棒を設置して、棚を増やすというのも賢い収納アイディアですよね。食器を収納している棚の上のスペースが空いてしまうという場合には、ぜひ使ってみてほしいアイディアです。お皿もスッキリ片付きますよ。

しかし突っ張り棒を設置した上に食器を乗せて収納すると、食器がとりずらくなるということも考えられます。その時は、普段はあまり使わないような食器を突っ張り棒棚の上に収納するといいですよ。こちらもぜひ試してみてくださいね。

使いやすいキッチンにするための収納術③細かいものはボックス収納

使いやすいキッチンにするための収納術3つ目は、細かいものはボックス収納にするということです。小さい食器類や細かい調味料アイテムなどは写真のようにボックスを使って収納するとスッキリコンパクトな収納が叶いますよ。さらに、種類ごとにボックスを分けて収納できると、使うときにも探しやすいので便利ですよね。

使いやすいキッチンにするための収納術④シンク下の引き出しに収納

使いやすいキッチンにするための収納術4つ目は、シンクの下の引き出しに収納するという収納術です。シンク下の引き出しは、収納スペースも広く取り出しや収納に便利なため収納には最適な場所です。特に食器を収納するスペースがあれば、食器も収納してしまうことをおすすめします。写真のように綺麗な見た目になります。

使いやすいキッチンにするための収納術⑤調味料は見せる収納で可愛く

使いやすいキッチンにするための収納術5つ目は、調味料を見せる収納で可愛く収納する方法です。調味料はそこまで重さもなく、落ちてきても食器ほどは危険ではないので、見せる収納で可愛く収納するのもおすすめです。写真のような壁面収納を使えば、お店のような素敵なキッチン出来上がりますよ。ぜひ試してみてください。

使いやすいキッチンにするための収納術⑥シンクの前のスペースを有効活用

使いやすいキッチンにするための収納術6つ目は、シンクの前のスペースを有効活用した収納方法です。シンク前に収納できるほどスペースに余裕があるのであれば、そこにミニ収納棚を設置して収納スペースを作ってしまうのもおすすめですよ。使いたいときに手に届く範囲で必要なものが手に入るのは嬉しいかと思います。

使いやすいキッチンにするための収納術⑦壁面収納コーディネート

使いやすいキッチンにするための収納術7つ目は、壁面収納コーディネートです。写真のように、壁面にマグネットやフックを固定して、様々な収納アイテムをコーディネートしていくのもおすすめです。壁面によく使うものが収納できていると、必要なときにすぐにとって使うことができるので便利ですよね。時短にもなります。

使いやすいキッチンにするための収納術⑧アイアンバーとS字フックのDIY

使いやすいキッチンにするための収納術8つ目は、アイアンバーとS字フックを使ったDIY収納です。写真のように、壁面収納の板にアイアンバーを取り付けてS字フックを使えば、あっという間にマグカップの大量収納が叶いますよ。見た目もカフェのようでとてもおしゃれですよね。収納スペースが増えること間違いなしです。

次の記事は、キッチンや台所の収納方法やアイデアに関してです。台所は、様々なものがあって収納もごちゃごちゃしがちですよね。次の記事では、そんなぐちゃぐちゃになりがちな台所の上手な収納方法やDIYアイデアが47個紹介されています。かなりの量なのでお気に入りの収納アイデアが見つかること間違いなしですよ!

使いやすいキッチン収納グッズは?

使いやすいキッチン収納グッズ①ニトリグッズでキッチン周りもすっきり

使いやすいキッチン収納グッズ1つ目は、ニトリのグッズです。コンロの横のスペースにすっぽりと収まるような収納アイテムが、ニトリでは販売されています。おたまやフライ返しなど、料理をするときに頻繁に使われるアイテムも収納できるので、普段の調理が楽になること間違いなしですよ。ぜひ、購入してみてください。

使いやすいキッチン収納グッズ②向きを変えて隙間を有効活用スマートワゴン

使いやすいキッチン収納グッズ2つ目は、向きを変えて隙間を有効活用できるスマートワゴンです。狭いキッチンの収納にかなり役立つのが、こちらのアイテムになります。キッチンの隙間にスマートに配置して収納棚として使うことができるので、スペースを有効活用できます。たくさんのものも収納できるのでおすすめですよ。

使いやすいキッチン収納グッズ③仕切りボックス

使いやすいキッチン収納グッズ3つ目は、仕切りボックスです。細々したものが多いキッチン収納の中で役に立つのが、この仕切りボックスです。引き出しに仕切りボックスを設置すると、より多くのアイテムが収納ができるのでおすすめですよ。使う予定がなくても何かと活躍する場面が多いので、ぜひ購入してみてください。

使いやすいキッチン収納グッズ④書類ファイル

使いやすいキッチン収納グッズ4つ目は、書類ファイルです。書類ファイルは鍋や大きな食器を立てて収納する際に役に立ちます。写真のように、書類ボックスを引き出しの中に設置するだけなので簡単に綺麗な収納を実現することができますよ。取り出しや収納も簡単で、料理をするのも楽しくなりそうな収納方法ですよね。

使いやすいキッチン収納グッズ⑤ミニゴミ箱

使いやすいキッチン収納グッズ5つ目は、ミニゴミ箱です。家の中でもゴミが発生しやすいキッチンには、写真のようなゴミ箱があるととても便利です。特に、分類別に1つ1つのゴミ箱があれば、ゴミを捨てる際にも楽ですよね。小さいサイズだと狭いキッチンにもコンパクトに収まるので、ぜひ使ってみてくださいね。

使いやすいキッチン収納グッズ⑥細長ボックス

使いやすいキッチン収納グッズ6つ目は、細長ボックスです。こちらは、冷蔵庫にアイテムを収納するときに使えるキッチン収納グッズです。写真のような細長いボックスに細かい調味料などを入れておくと、冷蔵庫の中でもスッキリ収納することができます。冷蔵庫にすっぽりハマるサイズを選んでみてるといいですね。

また、箱の中に入った調味料を使う際にも、ボックスをそのまま取り出して探すことができるので楽ですよ。ぜひ、こちらの便利グッズも使ってみてください。

使いやすいキッチン収納グッズ⑦粘着フック

使いやすいキッチン収納グッズ7つ目は、粘着フックです。狭いキッチンだと、収納スペースがなくて困ってしまうことも多いかと思います。しかし粘着フックを使えば、壁があるところに貼り付けて収納ができるので、かなりすっきりとした収納ができるようになりますよ。

使いやすいキッチン収納グッズ⑧ワイヤーかご

使いやすいキッチン収納グッズ8つ目は、ワイヤーかごです。ワイヤーかごは、収納にもよく使われるアイテムですが、キッチンでも大活躍してくれます。ワイヤーかごをいくつか設置するだけで、収納スペースが増えるのでおすすめですよ。また、壁面収納ができるので収納スペースの幅もとりません。ぜひ使ってみてください。

次の記事は、カラトリーの収納方法に関してです。小さくて収納がしづらいカラトリーは、収納にも頭を悩ませてしまうものの1つですよね。次の記事では、そんなカラトリーの上手な収納方法や整理方法が紹介されています。使いやすい収納にすることができること間違いなしなので、ぜひ最後まで読んで参考にしてくださいね。

使いやすいキッチンで料理を楽しもう!

いかがでしたか?今回は、使いやすいキッチンにするための収納術や冷蔵庫の配置などを、多岐にわたって紹介していきました。キッチンは、毎日使う場所だからこそいつでも使いやすく気持ちいい空間にしていきたいですよね。今回の記事も参考にしながら、ぜひ毎日使っていて気持ちよくなるキッチンを作ってみましょう。

次の記事は、台所やキッチンの夢占いに関してです。皆さんは台所で料理をする夢や、台所のレイアウトを考えている夢などを見たことがありますか?夢は、私たちにメッセージを届けてくれるとも言われています。次の記事で、台所やキッチンの夢占いの意味を知って、ぜひ夢からのメッセージを受け取ってみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。