Large thumb shutterstock 681809980

歌が上手くなる方法6つ|上達する練習やカラオケの歌い方のコツは?

更新:2019.06.21

この記事では、歌が上手くなる方法などについてや、歌が上手くなりたい人の上達法、カラオケでの歌い方や発声のコツ、練習などについて、詳しく紹介されています。歌が上手くなれば、友達からも一目置かれる存在になるはずです!ぜひ見てみてくださいね!

歌が上手な人の歌い方の特徴7つ

歌が上手な人の歌い方の特徴①抑揚がある

歌

歌が上手な人の歌い方の特徴の一つ目は、抑揚があるということです。一曲の歌の中にも、物語のように盛り上がる部分や、落ち着いてしっとりした部分などがあることを知っていますか?歌が上手い人やプロの歌手は、どこをどのように歌ったら良いのかを理解している人が多く、抑揚をしっかり付けている場合がほとんどです。

抑揚の付け方がイマイチよく分からない…という方は、サビに近づくごとに大きく、サビを一番しっかりと歌えば問題ないはずです。ほとんどの曲は、サビに伝えたいメッセージやテーマを込めている場合がほとんどなので、初心者でもこの方法で歌えば安心です!曲の入りは落ち着いて歌えば、簡単に付けることが出来ますよ!

歌が上手な人の歌い方の特徴②ビブラートがかかっている

歌

歌が上手な人の歌い方の特徴の二つ目は、ビブラートがかかっているということです。声を伸ばしたときに生じるビブラートは、たくさん歌えば歌うほど、自然に出来るようになると言われています。たとえ声がイマイチでも、ビブラートがかかっていると、上手く聞こえてくるのが不思議ですよね。歌い慣れている証拠です。

ビブラートにも、かかりやすい音程とかかりにくい音程に分かれています。歌っているうちにビブラートがかかったら、その音程を維持して伸ばしてみてください。一つの音でビブラートがしっかりかかるようになれば、ほかの音階でもかかりやすくなります。かすかでも揺れを感じたら、ビブラートの予兆かもしれませんよ!

歌が上手な人の歌い方の特徴③声量がある

歌う

歌が上手な人の歌い方の特徴の三つ目は、声量があるということです。歌っている声が大きいと、迫力があるので上手に聞こえませんか?日常生活でも、声がよく通る人は、印象に残りやすいですよね。声量があると、聞いている人の感情に訴えかけやすいため、「この人、歌が上手だな」と思ってもらえるようです。いかがですか?

声量は、腹筋や肺活量と関係があります。歌っていても声量がなくて悩んでいる方は、自分のお腹を意識してみてください。お腹にぐっと力を入れたり、手で押さえながら歌うと、いつもより野太い声が出せるはずです。最初は疲れるかもしれませんが、慣れると自然に力が入るようになります。ぜひ一度、試してみてください。

歌が上手な人の歌い方の特徴④リズム感がある

歌

歌が上手な人の歌い方の特徴の四つ目は、リズム感があるということです。いくら声が綺麗で声量があっても、曲のテンポとズレていたら、下手だと感じてしまうはずです。歌が上手い人やプロの歌手は、声だけでなくリズム感も持っていると言えるでしょう。曲の速さやテンポに体を馴染めることも、とても重要だと言えます。

歌いたい曲のテンポが取れない…という方は、何回もその曲を聞いてみてください。テンポを調べて、手などで拍子を取る練習をすると、体にも染み着きやすいはずです。また、スローテンポのソングとアップテンポのソングを交互に聞くと、リズム感の向上に効果があると言われています。ぴったりな曲を探してみましょう。

歌が上手な人の歌い方の特徴⑤音域が広い

歌が上手な人の歌い方の特徴の五つ目は、音域が広いということです。出すことが出来る音程が多ければ多いほど、歌えるソングのレパートリーも増えていきます。音程の変化が激しい曲でも歌えることが出来たら、「この人、歌が上手!」と感じるはずです。音程についていく能力や才能も必要なので、大事なポイントの一つです。

歌が上手な人の歌い方の特徴⑥裏声が力強い

歌が上手な人の歌い方の特徴の六つ目は、裏声が力強いということです。音程が高い場合、裏声に切り替えて歌うことがほとんどですが、声が小さくなってしまったり、か細くなってしまうことが多いのではないでしょうか?裏声に迫力がないと、一気に素人っぽくなってしまいます。いかに太く大きな声が出せるかが重要ですね。

歌が上手な人の歌い方の特徴⑦感情がこもっている

感情

歌が上手な人の歌い方の特徴の七つ目は、感情がこもっているということです。声が素晴らしくて歌が上手でも、感情がこもっていないと、人間味を感じない無機質な曲になってしまいます。歌いたい曲や好きな曲は、何度も繰り返し聞いておきましょう。自然と感情移入が出来て、ぐっと歌に重みが加わるはずです。いかがですか?

また、歌が上手い人の特徴やポイントだけでなく、声質自体を大きく変えるトレーニング方法6選などについてや、カラオケでの音質を変える練習方法のポイントなどについて、詳しく紹介されています。自分の声にコンプレックスを持っている人や、声質自体を変えたいと思っている人は、ぜひ記事をチェックしてみてください!

歌が上手くなる方法|自分の声を確かめる方法は?

歌が上手くなる方法・自分の声を確かめるコツ①動画を撮る

スマホ

歌が上手くなる方法・自分の声を確かめるコツの一つ目は、動画を撮るということです。家やカラオケボックスで歌っている様子を、動画機能で撮影してみてください。最初は見るのが恥ずかしいかもしれませんが、自分の声だけでなく、姿勢や歌い方の癖、口の開き方など、さまざまな面を観察出来るので、おすすめですよ!

歌が上手くなる方法・自分の声を確かめるコツ②録音をする

録音

歌が上手くなる方法・自分の声を確かめるコツの二つ目は、録音をするということです。自分の声を客観的に観察したいという方や、単純に上手いのか下手なのかが知りたいという方におすすめの方法です!録音機能はノイズも入りやすいため、音のしづらい静かな場所で歌うことをおすすめします。単純で分かりやすいはずです。

歌が上手くなる方法・自分の声を確かめるコツ③友達に感想を聞く

友達

歌が上手くなる方法・自分の声を確かめるコツの三つ目は、友達に感想を聞くということです。自分の声を一番よく知っているのは自分自身ですが、仲の良い友達に感想を聞くと、違う面からのアドバイスを貰えるはずです。「自分の声ってそんな印象だったんだ」と、新しい発想も生まれやすいので、ぜひ一度やってみてください!

また、歌が上手くなるコツや、自分の声を確かめる方法だけではなく、カラオケにおいて定番・有名な歌いやすい曲について、TOP50のランキング形式でご紹介していますよ!みんなが必ず歌ったことがあるような、有名なソングとは何なのでしょうか?カラオケで歌う曲に迷ったときも使えるので、ぜひ見てみてくださいね!

歌が上手くなる方法|カラオケでの歌い方のコツ9つ

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方①楽器でリズムを取る

ギター

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の一つ目は、楽器でリズムを取るということです。タンバリンやカスタネットなど、音の鳴る楽器でリズムを取ると、自然とノリも良くなるはずです。いつもよりもリズムに乗りやすくなるはずなので、片手で使える楽器を選んでみてください。多くのカラオケ店に用意してあるはずです。

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方②立って歌う

立つ

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の二つ目は、立って歌うということです。カラオケでは椅子やベンチがあるため、座って歌っているという方が、ほとんどではないでしょうか?立った姿勢で歌うことで、余計な力が入らないため、自分の本当の声量や声質が分かるはずです。お腹に手を当てながら歌ってみてください。

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方③身振り手振りを加える

ジェスチャー

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の三つ目は、身振り手振りを加えるということです。歌いながら身振り手振りを加えると、感情がこもりやすくなるため、とてもおすすめです。よくプロの歌手でも、歌いながら手を動かす人がいませんか?音程も取りやすくなるため、好きな曲には身振り手振りを加えてみてください!

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方④曲のボリュームを調節する

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の四つ目は曲のボリュームを調節するということです。自分の声を聞きたい場合は、マイクの音量を上げるほかに、曲のボリュームを下げるという方法もあります。曲の音量を下げることで、音程を合わせることやリズムを取る難易度が上がるので、その方面を鍛えたい方にはおすすめです!

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方⑤マイクを使わずに歌う

口

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の五つ目は、マイクを使わずに歌うということです。マイクを使わず、肉声で歌うことは、プロの歌手やアーティストもよく取り入れている練習方法です!曲のボリュームは大きいのに自分の声が小さいと、初めは違和感を感じるかもしれません。臨場感を求める方向きの歌い方ですね!

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方⑥マイクの音量を上げる

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の六つ目は、マイクの音量を上げるということです。カラオケボックスには、テレビの下に、音量調整機械が設置されてされているはずです。マイクの音量を上げておけば、歌いながらでも自分の声を聞き取りやすく、改善すべきポイントなどを見つけやすいのではないでしょうか?

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方⑦アニメ声で歌う

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の七つ目は、アニメ声で歌うということです。アニメソングやノリの良い曲を歌う場合は、意識してアニメ声を出してみてください。声が可愛いと、歌いなれていると思われるきっかけになります。男性の場合も、声を作り込んでみてください。

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方⑧単語をはっきり発音する

View this post on Instagram

🎤 #今日 #儂の #マイク

A post shared by ミングⓂ️ (@ghghalsrn) on

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の八つ目は、単語をはっきり発音するということです。カラオケでは、単語一つ一つをはっきりと発音することが大切です。何を言っているのか聞き取れないと、萎える原因にもなりますよね。口を大きく開けることを意識してみてください。

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方⑨歌手になったつもりで歌う

歌が上手くなる方法・カラオケでの歌い方の九つ目は、歌手になったつもりで歌うということです。カラオケにおいて、モチベーションを高く持つことはとても重要です。歌手になったつもりで歌うと、自然と気分が高揚し、ノリも高まるのではないでしょうか?上達におすすめです。

また、カラオケで歌が上手くなる練習方法のほかにも、iPhone・Androidのおすすめ無料カラオケアプリTOP21などについて、詳しくまとめられています!いつでもどこでもカラオケが楽しめるアプリは、どんどん人気が上がっていますよね!定番のアプリから、初心者でも使いやすいものまで、見てみてください!

歌が上手くなる方法|上達する練習方法6つ

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツ①とにかく歌う

ギター

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツの一つ目は、とにかく歌うということです。歌もスポーツと同じように、練習をこなせばこなすほど結果が付いてくるジャンルです。練習をたくさんすれば、改善するポイントや自分の歌の長所など、把握しやすくなるはずです。本気で上達したいなら、地道に努力を続けてみましょう。

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツ②友達や親の前で歌う

友達

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツの二つ目は、友達や親の前で歌うということです。歌を練習するとき、人前で歌うというステップがとても大事になります。度胸が付きますし、客観的なアドバイスも貰えるはずなので、今後の練習にも役立って来ます。プロのアーティストや歌手を目指している方は、やってみてください。

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツ③路上ライブをする

ギター

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツの三つ目は、路上ライブをするということです。プロの歌手やアーティストでも、デビュー前に路上ライブをしていた、というエピソードがたくさんありますよね!全く知らない人の前で歌うと、自分の本当の実力が分かるはずです。とても勇気がいりますが、新鮮な気持ちになれますよ!

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツ④たくさんの曲を聞いて研究する

音楽

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツの四つ目は、たくさんの曲を聞いて練習をするということです。歌が上手くなりたいと思っている人は、歌うばかりではなく、曲を聞くということも大切になります。たくさんの曲を聞くことで、自分の感受性も磨かれ、それぞれの歌手やアーティストの技術を盗めるので、おすすめです。

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツ⑤歌いやすい曲を見つける

音楽

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツの五つ目は、歌いやすい曲を見つけるということです。声質や歌い方には、一人ひとり違った個性があります。自分が歌いやすい曲を見つけることで、ぐっと練習もしやすくなるはずです。テンポに乗りやすかったり、音程が合わせやすい曲をチョイスして、歌を練習してみてください。

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツ⑥毎日腹筋をする

運動

歌が上手くなる方法・上達する練習のコツの六つ目は、毎日腹筋をするということです。歌と腹筋は、切っても切れない大切な関係性を持っています。腹筋を鍛えることで、肺活量や声量に変化をもたらすことが出来るので、毎日続けて行ってみてください。健康にも良いはずなので、体が弱いという方にもおすすめの方法です。

また、歌が上達するおすすめの練習方法のコツだけでなく、音痴な人でもカラオケで歌いやすい曲や、人気のソングなどについて、詳しく紹介されていますよ!数ある曲の中には、何を歌っても音痴な人に歌いやすい曲があります。忘年会や新年会、打ち上げで歌う曲を探しているという方は、ぜひ一度、記事を見てみてくださいね!

歌が上手くなる方法|発声練習のやり方は?

歌が上手くなる方法・発声練習のやり方①裏声を限界まで出す

音楽

歌が上手くなる方法・発声練習のやり方の一つ目は、裏声を限界まで出すということです。自分が出せる一番高い裏声を発して、叫び続けてみてください。この発声練習を毎日行うことで、使うことが出来る音域が広がると言われています。地声で歌える音域も上がるので、音程にコンプレックスがあるという方にぴったりですよ!

歌が上手くなる方法・発声練習のやり方②マメという単語を繰り返す

音楽

歌が上手くなる方法・発声練習のやり方の二つ目は、マメという単語を繰り返すということです。「マメマメマメマメマー」という言葉を、ピアノの抑揚ある音程に合わせて歌うことは、メジャーな発声練習方法ですよね。「マ」と「メ」という分かりやすい言葉を繰り返すことは、無理なく出来る発声練習ではないでしょうか?

歌が上手くなる方法・発声練習のやり方③ピアノの音階に合わせて声を出す

ピアノ

歌が上手くなる方法・発声練習のやり方の三つ目は、ピアノの音階に合わせて声を出すということです。ピアノの鍵盤を押しながら、それに合わせて声を出してみてください。誰でも出来て、分かりやすい練習方法ですよね!音程感覚と声量の両方を鍛えることが出来るので、毎日続ければ歌が上手くなるのではないでしょうか?

また、カラオケにおけるこぶしの出し方や採点加点テクニックについても、下の記事で詳しくまとめられています!こぶしを入れることで、カラオケの点数が上がったという経験はありませんか?どうやったら上手くこぶしを付けることが出来るのか、ぜひチェックしてください!

歌が上手くなりたい人におすすめの曲は?

歌が上手くなりたい人におすすめの曲①HY・366日

音楽

歌が上手くなりたい人におすすめの曲の一つ目は、HYの366日です。この曲は、言わずと知れた有名な失恋ソングですね。女性ボーカルにしては低めの音程なので、初心者にとっては練習しがいがあるのではないでしょうか?切ない歌詞は、感情移入しやすいはずです。リズムを取るのも難しい曲なので、歌ってみてください。

歌が上手くなりたい人におすすめの曲②残酷な天使のテーゼ

音楽

歌が上手くなりたい人におすすめの曲の二つ目は、残酷な天使のテーゼです。この曲は、アニメ界に革命を起こしたとされる「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌です。ほどよいアップテンポや歌いやすい音程が支持されており、歌い終わった後には心地よい疲れを感じることが出来ます!カラオケでも定番のアニソンですね。

歌が上手くなりたい人におすすめの曲③宇多田ヒカル・firstLove

音楽

歌が上手くなりたい人におすすめの曲の三つ目は、宇多田ヒカルのfirstLoveです。この曲は、宇多田ヒカルさんのヒット曲であり、しっとりとした曲調のラブバラードです。テンポや音程が難しく、練習しがいのある曲だと言えます。英語の単語も多いので、本気で歌を上達させたい人は、チャレンジしてみてください。

歌が上手くなりたい人におすすめの曲④YUI・Goodbyedays

音楽

歌が上手くなりたい人におすすめの曲の四つ目は、YUIのGoodbyeDaysです。この曲は、YUIの数ある曲の中でも、難易度が高いと言われています。サビが高音で伸ばす時間も長いため、裏声に効果があるのではないでしょうか?歌の入りも難しいので、テクニックが必要となる曲です。たくさん聞いて覚えましょう!

歌が上手くなりたい人がやってはいけないことは?

歌が上手くなりたい人がやってはいけないこと①偏った食事を取る

ご飯

歌が上手くなりたい人がやってはいけないことの一つ目は、偏った食事を取るということです。日頃から栄養バランスに気をつけていないと、トレーニングをしても効果が出ず、上達スピードが遅くなってしまいます。食事は体そのものを作っているので、三食きちんと食べ、一汁三菜を心がけることが大切です。いかがでしょうか?

歌が上手くなりたい人がやってはいけないこと②のどを酷使する

注意

歌が上手くなりたい人がやってはいけないことの二つ目は、のどを酷使するということです。歌が上手くなりたい人にとって、一番大事なパーツは喉になります。喉を痛めてしまうと元も子もないので、練習はしすぎないことがポイントです。リフレッシュタイムも取り入れて、のどを使いすぎないように気を使ってあげましょう。

歌が上手くなりたい人がやってはいけないこと③乾燥対策をしない

風邪

歌が上手くなりたい人がやってはいけないことの三つ目は、乾燥対策をしないということです。喉は水分量が少なかったり、乾燥によるダメージで痛くなってしまいます。普段からマスクをつけたり、加湿器を稼働させたりして、対策を取りましょう。特に寒い秋や冬は、日常的にケアしていくのが大事です!気をつけましょう。

歌が上手くなりたい人がやってはいけないこと④睡眠を取らない

悲しい

歌が上手くなりたい人がやってはいけないことの四つ目は睡眠を取らないということです。歌と睡眠は一見無関係に見えますが、実は密接に結びついています。睡眠をしっかり取らないと、体の器官が正常に働いてくれません。喉も例外ではないので、練習の成果が出しにくくなってしまいます。1日6時間は寝るようにしましょう。

歌が上手くなりたい人がやってはいけないこと⑤練習の中断

注意

歌が上手くなりたい人がやってはいけないことの五つ目は、練習の中断です。歌が上手くなる方法には、日常的に続けることで効果が現れるものばかりです。1日でも中断したり、サボったりしてしまうと、なかなか上達しないはずです。無理なくこなせるような歌が上手くなる方法を続け、努力をすることがポイントですよ!

歌が上手くなる方法を押さえて練習してみよう!

女性

いかがだったでしょうか?今回は、歌が上手くなる方法や練習のコツ、おすすめの曲やしてはいけないことなどについて紹介させていただきました!歌が上手くなる方法には、さまざまなことが出来ると分かりましたね。カラオケでみんなを驚かせたい方は、ぜひこの記事を参考にして、歌が上手くなる方法を試してみてくださいね!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。