Large thumb shutterstock 293193293

可愛いイラストの唇の描き方のコツは?唇の色の塗り方や横顔の口の書き方も

更新:2019.06.21

可愛いイラストの唇の描き方のコツを大公開。唇の色の塗り方や横顔の口の書き方のコツも教えちゃいます。ぷっくりハートの唇、セクシーリップライン、アヒル口など、個性豊かな唇を描きたい方はぜひご覧ください。似顔絵を描く時にも役立つとっておきのコツを取り揃えました。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ9つ

可愛いイラストの唇の描き方のコツ①基本は唇の位置と横幅

唇の位置

まず唇のイラストを描くには、口の配置を決めることから始まります。この配置がおかしければ、せっかく可愛い唇が描けていてもいまいちな仕上がりになってしまいます。口の位置は、鼻先と顎先の中間辺りにあるとちょうどいいバランスになります。

ですが、絵柄によって口の位置が変わることもあります。80、90年代のイラストは鼻のすぐ下に口を配置する傾向がありましたが、現代では鼻から離して顎先に近い位置に口を配置する絵柄も多いです。これに関しては各々の好みなので、好きな絵柄によって配置を変えるといいでしょう。

口の横幅は、瞳の内側から伸ばした延長線上から、少し内側に口を配置するとちょうどいいバランスになります。口の幅は狭いほど女性らしく、広いほど男性らしくなります。線の長さを調節して女性らしさと男性らしさを表現できる書き方です。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ②唇の構造・ぷっくりハート型の上唇

唇の描き方のコツをつかむには、唇の構造を知ることも重要です。まず唇は、上唇、上唇の溝(人中溝)、上唇の山の部分、下唇で構成されています。

唇の黄金比

上唇と下唇の幅の比率には黄金比があります。その黄金比は、上唇:下唇で1:1.618となっています。この比率により女性的で美しく可愛い唇が描けますが、唇の厚さは好みもあるので、好みによって描き方を調節してみてもいいでしょう。

唇はふくらみを意識すると立体感が出て可愛い唇になります。上唇の真上はMの形になっています。そのMから上唇の下辺りまでを線で結ぶと、ハートの形になります。このハート型を意識することにより、ぷっりくとした可愛い上唇が描けます。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ③唇の輪郭・セクシーなリップライン

View this post on Instagram

WIP for a commission

A post shared by 에테르(エーテル) (@eteruart) on

イラストの唇の描き方は、唇の輪郭によっても印象が左右されます。唇の輪郭ははっきり描くほど大人っぽくかつ女性らしく、顔の中でも特に唇をアピールするように強調されます。輪郭が少ないほど、幼くかつ可愛らしく、イラストらしい唇になります。

アニメなどの色っぽさを主張するシーンでは、普段の描写よりも濃く唇の輪郭を描く傾向があります。もしくは、唇を赤く染まらせ、輪郭は肌色になじむようにぼかされていることが多いです。そのため、可愛いだけじゃなく色気もある唇が描きたければ、唇の輪郭は重要なものになってきます。

View this post on Instagram

#イラスト#illustration#drawing#模写

A post shared by 莉楠 (@rina1069) on

様々なイラストを見ると、唇の輪郭の描き方は千差万別です。全く輪郭を描かないイラストもあれば、下唇のみ描くイラストもあり、上唇と下唇の一部分のみに線を引くイラストもあります。表現したい唇によって、輪郭をどこまで描くか変えるといいでしょう。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ④唇のしわの表現

唇の周りには唇の動き方によって形作られるしわが存在します。そのしわは濃く描けば描くほど老けた印象となり、可愛いイラストではほぼ描かれません。特に笑った時などにできる法令線は描かない方が可愛らしい印象になります。

しかし、唇の動き方によって加えるとチャーミングになるしわもあります。ひとつは口角のしわです。ニコッと微笑んだ時にできる口角のしわは、より嬉しそうに微笑んでる感じを強調できます。これを応用してアヒル口っぽい書き方もできます。

唇の周りだけでなく唇自体にもしわはあります。その縦じわは大人の女性らしさを強調し、セクシーではありますが、表現することが難しい上級テクのため、最初は省いた方が描きやすいでしょう。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ⑤口角の表現・簡単に可愛いアヒル口

唇の口角についても知っておいた方がいいでしょう。口角は唇の端の、奥まったところにあり、口の動かし方によって後ろへ下がったり、前へ出たりします。試しに大きく口を開けて「あいうえお」と動かしてみてください。口角が前後したはずです。

前から口を見た時に、ポジティブな感情の時ほど口角は上がり、ネガティブな感情の時ほど口角は下がります。そのためそのキャラクターの感情によって口角を上げるか下げるか決めるといいでしょう。

前述で口角の表現でアヒル口ができるといいましたが、その描き方のコツについて書きます。まず上唇のMの形をなだらかに描き、くいっとあげた口角の端に小さく黒い丸を加えると、簡単にアヒル口っぽくできます。このように口角の書き方でも唇は違って見えてきます。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ⑥線の強弱で立体感・「かぶせ線」とは?

View this post on Instagram

rings

A post shared by Ilya Kuvshinov (@kuvshinov_ilya) on

唇に立体感を出すには、唇の形にこだわるだけではなく、線の強弱で立体感を出すこともできます。線の強弱を決めるコツは、光と影を意識することです。線が重なる部分や、へこんだところは影ができやすいため、そこを濃い線で描くと線が影となってくれます。逆に光が当たりやすい部分は、薄めに描くといいです。

View this post on Instagram

Pencil lines✨

A post shared by Ilya Kuvshinov (@kuvshinov_ilya) on

唇のどこの部分を濃く描くかをおおまかに説明します。まず口角、そして上唇のMの溝の部分、閉じた時の唇の重ねた部分は濃く描くと影らしくなってくれます。その他は薄く描けば、立体感が出るでしょう。

その他にも線の描き方によって唇の印象は変わります。例えば「かぶせ線」などはそのいい例です。かぶせ線とは、線の途中にさえぎるように入り、そこから少し延長線が伸びるような線です。"かぶせ"という言い方の通り下にある物をかぶせるような線となっています。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ⑦唇のリアリティ・可愛く描ける工夫

唇のリアリティによってキャラクターの年齢感などが変わってきます。唇をリアルに描くほど大人っぽく、デフォルメして描くほど幼くなります。色々なイラストで描き方は違っていますが、様々なイラスト描きの方のイラストをそれぞれ一枚一枚見ていった結果、色々な工夫がされていることを発見しました。

ひとつめの工夫例を出すなら、唇の輪郭線を描かず、下唇のみ淡い色で色づける描き方です。可愛くも色っぽく、若々しい印象を受ける描き方です。

View this post on Instagram

flow

A post shared by Ilya Kuvshinov (@kuvshinov_ilya) on

ふたつめの例は、唇を色づけず、上唇と下唇の一部分に輪郭線を描くやり方です。輪郭線で唇は協調しつつも、色は肌色と同じなのでくどくならずぷっくりとした唇を表現できる描き方です。その他にもきっと色々な工夫があると思います。ぜひ色々な工夫を試しながら、オリジナリティのある表現を見つけてみてください。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ⑧唇の形が与えるイメージを意識する

唇は厚さによって印象が変わります。例えば唇が厚い場合、情熱的、積極的、個性的な印象を持ちます。どこか気だるげで色っぽいキャラクターや、小悪魔的で可愛いキャラクターなどの特徴的なパーツとしても使用されることが多いです。

View this post on Instagram

🌿 #イラスト#illustration#drawing

A post shared by 莉楠 (@rina1069) on

唇が薄い場合、知性的、冷静、真面目などの印象を持ちます。薄いと唇の主張も控えめになるので、特徴的なパーツとしての使用はあまり見受けられませんが、クールで理知的なキャラクターや、おとなしくてミステリアスなキャラクターなどに相性のいい唇だと思います。

この性格だから、この唇、というわけではありませんが、唇の形によってキャラクターのイメージも変わってくるのです。しかし、性格と真逆のイメージである唇を配置しても、ギャップとしていい効果を生むかもしれません。ひとりひとり唇の個性は違い、感じるイメージとその人の性格から生まれるギャップもそれぞれ違います。

可愛いイラストの唇の描き方のコツ⑨唇の表現

唇は強調することにより、大人っぽくなると同時におしゃれ感も出ます。彩色の仕方によりリップを塗ってメイクをしている感じが出ますし、おしゃれなイラストを描く方でも唇にこだわっている方は多いです。

リップライン(唇の輪郭線)と唇の配色にこだわるのもおしゃれで可愛くなるポイントです。リップラインを唇の色と同系色で濃いめにすると強めでかっこいい唇になり、リップラインを肌色と唇の色の中間色にすると儚いような幼げな唇になります。これはグラデーションリップといいますが、詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

可愛いイラストの唇の描き方参考画像5つ

可愛いイラストの唇の描き方参考画像①まずは下描きから

この画像のように、中心のアタリ線、上唇と下唇の境界線、唇の輪郭線を下描きとして描いておくと、綺麗な形の唇が描きやすくなります。デフォルメよりがよければ線画のあと描き込むのは止め、リアルにしたければ細かい描き込みを増やすといいでしょう。

可愛いイラストの唇の描き方参考画像②様々な角度

こちらは正面、ななめ、横から見た唇の描き方です。4種類の個性豊かな唇の描き方をそれぞれ3方向から図解していてとてもわかりやすいです。矢印で描く方向を表しているのも参考になります。

可愛いイラストの唇の描き方参考画像③デフォルメリップ

海外のアニメのようなデフォルメ色の強い可愛い唇の描き方です。デフォルメには唇の形を理解しどう崩すかを工夫することが大事です。基礎がしっかりしていなければ上手くデフォルメできないかもしれません。この画像のようにしなやかで可愛い唇を描くには、デッサン力が必要です。

可愛いイラストの唇の描き方参考画像④動く唇

躍動感のある動きをする唇の描き方です。口の周りはたくさんの筋肉があり、多種多様で柔軟な動きができます。その動きにそう唇も、色々な形を見せるでしょう。そして唇の動きには歯も深く関わってきます。

可愛いイラストの唇の描き方参考画像⑤ビフォーアフター

こちらは唇の描き方のダメな例といい例です。唇は笑うとカーブになっている歯にそって、口角が奥に引かれます。その形と法則を意識すると、唇を立体的に描けるようになります。唇を立体的にとらえられれば、可愛い唇も描きやすくなります。

目と合わせて表情が変わる口の描き方は?

目と合わせて表情が変わる口の描き方①ダイナミックに

表情を豊かにするなら、眉毛や目も大事ですが、口もとても大事なパーツです。表情は様々なパーツが連動して、色々な形に変化します。こちらの画像を見ても柔軟に形を変化にさせていることがわかります。目がこう動けば口はこう動くことが多いという例はとても参考になります。

目と合わせて表情が変わる口の描き方②感情を考えて

こちらも参考になりますね。感情表現豊かな喜怒哀楽は、どの感情で目や口がどうなるかということを表現していて、タメになります。可愛い唇が描けるようになったら、色々な表情をさせてあげたいですね。

目と合わせて表情が変わる口の描き方③個性豊かに

キャラクターの個性的な顔立ちをさらに引き立たせる表情が魅力的なイラストです。目や口のユーモラスかつ大胆な動きは愛らしさを感じさせ、可愛く素敵なイラストになっています。このようにキャラの個性に合わせて表情を考え、動かし方にも個性を出すことでより魅力的なイラストになります。

目と合わせて表情が変わる口の描き方③似顔絵で練習しよう

色々な人や人の写真などを見ながら、似顔絵を描いてみることもその人の口や表情の個性を掴み取るコツです。口は人によって違う形をしていて、それぞれ違う魅力があります。表情も性格に基づいて個性があるので、似顔絵スケッチで練習してみるのもひとつのコツです。似顔絵のコツを知りたければこちらの記事もどうぞ。

横顔の口の書き方は?

横顔の口の書き方①上唇と下唇

繊細でなだらかなカーブを描いている横顔、その書き方は少し難しいかもしれません。上唇と下唇の間には隙間があり、上唇は上向きに、下唇は下向きについています。そして顔の中心に向かうほど太く、口角に向かうほど細くすると唇らしくなります。

横顔の口の書き方②口の横幅

口の横幅については、顔を正面から見た時の唇の横幅を思い出してください。瞳の内側から伸びた延長線上から、少し内側に配置するとちょうどいいバランスでしたね。つまり、横顔でもそれを意識して口を書くのがバランスのいい書き方につながります。

横顔の口の書き方③顔の上の小山ふたつ

横顔の唇の輪郭はとにかくでっぱっています。上唇と下唇が小山のように顔に乗っているとイメージするのが書きやすい書き方です。この書き方を意識すれば、口らしく書けるかもしれません。

横顔の口の書き方④唇の位置

しかしそのふたつの小山は全て唇になるわけではありません。上唇の鼻の間に人中溝というパーツがありますが、そのパーツまで唇として塗ってしまったらおかしなことになってしまいます。下唇の下にも少し肌色の部分があるのでそこは要注意です。

唇の色の塗り方は?

唇の色の塗り方①まずはベースから

まず唇のベースになる色を塗り、おおまかな光と影を色づけます。口角側は影、中心に向かうほど光を意識して塗ると立体的になります。そこからさらに細かい光と影を足していくと、より唇らしくなってくれるでしょう。

唇の色の塗り方②色々な塗り方

唇には様々な塗り方があります。これはとても可愛いし試したくなる塗り方ですね。ハイライトや影の塗り方もそれぞれ違い、全然違う唇になっています。このように塗り方によって質感も変わり、作風にも影響してきます。色々な塗り方を試して好きなものを見つけてみましょう。

唇の色の塗り方③ハイライトのオンオフ

例えば、こんな塗り方もあります。ハイライトを入れれば、つやのある可愛い唇になります。ハイライトがなければ、マットな質感のおしゃれな唇になりますね。

唇の色の塗り方④コツ詰め合わせ

これはとても参考になる画像です。様々な形、厚さの唇の描き方や塗り方から、光と影の置き方、口角の書き方と、様々なテクニックが一枚に収まっています。唇の色、形、質感はひとりひとり違いますが、そのことがよくわかる画像です。

唇の色の塗り方⑤カラフルに楽しもう

唇の塗り方を覚えたら、こんなカラフルで楽しい唇も描けちゃいます。現実では試せないあんな色やこんな色も、イラストの唇なら何色にだってできます。ぜひ可愛い唇を描いて楽しんでください。

可愛い唇を描こう!

いかがでしたか?顔のパーツで重要な唇のイラストは、こんなにたくさんのコツがありました。ひとつひとつがみなさんの参考になったら幸いです。ぜひ可愛い唇のイラストをたくさん描いてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。