INDEX

疲れ顔の特徴は?

疲れ顔の特徴①顔色やツヤが悪くクマがある

寝不足

疲れ顔の特徴1つ目は、顔色やツヤが悪くてクマが目立つような顔の疲れです。顔の血色が良くてツヤツヤした肌の人は、しっかりと休養をとっているイメージがありますよね。

その真逆で、顔色が悪いとしっかりと休めていない人に見えます。疲れた顔をしていると言われるようになってしまう原因になります。

疲れ顔の特徴②笑顔がなく元気が無くて疲れてるように見える

無表情

疲れが顔の特徴2つ目は、笑顔が無くて元気が無い表情です。目が合った瞬間に笑顔を見せてくれたり、笑っているところをよく見かける人はとても健康的で感じも良いですよね。

ちょっとしたことですが、話しかけても無表情が続くような人は”心が疲れてるのかな?”と思われがちです。身体だけではなく心が疲れてると言われるようになります。

疲れ顔の原因9選

疲れ顔の原因①睡眠不足でクマや目の充血による疲れた顔

睡眠不足

疲れ顔の原因1つ目は、睡眠不足です。睡眠不足から、目の下のクマや目の充血が顔に出てくると、疲れて見えます。また、睡眠不足から、肌が荒れたり化粧のりが悪くなり、疲れた顔に見られやすくなります。顔だけではなく身体全体に影響を及ぼしますので、睡眠はしっかりととるように心がけましょう。

疲れ顔の原因②体調が悪く疲れた顔に見える

体調不良

疲れ顔の原因2つ目は、体調不良です。頭痛や風邪など様々な体調不良が考えられますが、身体に不調があると表情が曇ってしまい疲れて見えることがあります。体調管理をしっかりしている人は、見た目も動きも健康的です。持病がある人などは、上手に付き合っていけるようにしっかりと自分と向き合いましょう。

疲れ顔の原因③むくみやたるみなどの加齢やスキンケア不足によるもの

スキンケア

疲れ顔の原因3つ目は、むくみやたるみなどの加齢やスキンケアによるものです。ほうれい線が目立って肌にハリが無い人よりも、顔のたるみも少なくてハリがある人の方が若々しく見えます。加齢によるものもありますが、少しの努力でその疲れ顔を軽減改善することができます。

疲れ顔の原因④心理的要因やストレス

ストレス

疲れ顔の原因4つ目は、心理的要因やストレスです。仕事が忙しすぎて心理的に余裕が無かったり、ストレス解消ができていないと疲れてる顔になりがちです。一度イライラすると、様々な事に対してイライラがつのってきます。負のスパイラルに陥りがちになり疲れ顔にも拍車がかかります。

疲れ顔の原因⑤シミやしわが目立つメイクによるもの

メイク

疲れ顔の原因5つ目は、メイクの仕方です。シミやしわが目立ったままのメイクだったり、選ぶ色によって顔の疲れを引きたててしまう場合があります。また、昔流行っていたメイクそのまま使っているのも疲れ顔の原因になります。暗い色を多く使うと疲れて見えるようです。

疲れ顔の原因⑥無表情やパソコンなどの使い過ぎ

無表情

疲れ顔の原因6つ目は、無表情の人です。普段から笑顔で居る習慣がある人と無い人の大きな分かれ道です。日常からの心がけ一つで、顔の疲れの印象を改善することができます。また、パソコンや携帯ばかり使っていることも、疲れ顔の原因になります。

疲れ顔の原因⑦運動不足で代謝が悪い

運動

疲れ顔の原因7つ目は、運動不足で代謝が悪いことです。激しい運動を毎日する必要はありませんが、軽いウォーキングなど定期的に少し運動することで身体の動きが違ってきます。身体の代謝が良くなり全身の巡りが良くなると、顔の血色もよくなるので疲れて見えることも改善されてきます。

疲れ顔の原因⑧食事バランスから疲れてると言われる

食事

疲れ顔の原因8つ目は、食事です。極端に野菜を摂らなかったり偏った食事をすることが多くなると、身体全体が実際に疲れてる状態で、顔も一緒に疲れ顔になります。炭水化物やたんぱく質は身体を作る大切な要素です。バランス良く食事を摂る事が、疲れない身体を作る秘訣です。

疲れ顔の原因⑨冷えから疲れて見える

冷え

疲れ顔の原因9つ目は、冷えからくるものです。特に女性は冷え性の方が多いですが、オフィスの空調が合わなかったり気候の変化で身体が冷えてしまい代謝が落ちます。血色も悪くなってしまいがちなので、寒いだけで疲れた顔に見られてしまいます。冷えてしまう前に、身体は温めましょう。

疲れ顔の原因となる冷えも、様々な対策があります。冷え対策におすすめの足首の温めについてご紹介している関連記事がありますので、こちらもチェックしてみましょう。

疲れ顔を改善する方法は?

顔の疲れを改善する方法①ストレス解消をする

ストレス解消

疲れ顔を改善する方法1つ目は、ストレス解消をすることです。運動して身体を動かしたり旅行に行ったりすることでも良いですし、美味しいものを食べたり友達と話したりするだけでも簡単にストレス解消ができます。普段からストレスをため込まずに、定期的に発散させていくと顔の疲れからも離れられます。

顔の疲れを改善する方法②しっかりと睡眠をとって疲れをとる

睡眠

疲れ顔を改善する方法2つ目は、しっかりと睡眠をとって疲れをとる方法です。とにかく休養は身体に必要です。普段からしっかりと睡眠をとれる生活リズムを作れば、体調不良なども防ぐことができます。

快眠に最適なアイテムとして、耳栓やアイマスクをご紹介している関連記事がありますので是非チェックしてみてください。ゆっくりと眠るお手伝いをしてくれるアイテムを取り入れて、顔の疲れを一緒に改善しちゃいましょう。

快眠に最適なアイテムとして、耳栓やアイマスクをご紹介している関連記事がありますので是非チェックしてみてください。ゆっくりと眠るお手伝いをしてくれるアイテムを取り入れて、顔の疲れを一緒に改善しちゃいましょう。

顔の疲れを改善する方法③メイクに気を使ってみる

メイク

疲れ顔を改善する方法3つ目は、メイクに気を使ってみる方法です。血色が良く見える色選びやシミしわを分かりづらくするようなものを取り入れるのもおすすめです。

疲れ顔を解消するメイクのコツは?

疲れ顔を解消するメイクのコツ①血色よく見せる

血色アップ

疲れ顔を解消するメイクのコツとして、肌の色のトーンを変えてみたりリップを明るくして血色を良くする方法があります。自然な血色の良さを目指してみましょう。

疲れ顔を解消するメイクのコツ②リフトアップしてからメイクする

リフトアップ

目の下のクマが目立ったりたるみが目立つと、疲れた顔に見られがちです。メイク前にマッサージをしたりクリームを使ってリフトアップすると少し改善されます。また、パックで水分をしっかりと補給してからメイクすると、肌のトーンもあがるのでおすすめです。

疲れ顔を解消するメイクのコツ③コンシーラーやファンデーションで隠す

メイク

疲れ顔を解消するメイクのコツとして、コンシーラーやファンデーションで上手にシミやくすみを隠す方法があります。肌自体を綺麗に見せることで、疲れた顔と言われることも少なくなりますよ。コンシーラーはひと手間ですが、これ1つ取り入れるだけで、印象ががらりと変わります。

脱疲れ顔で毎日イキイキした表情を手にいれよう!

疲れ顔の原因や改善方法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?普段から丁寧に毎日を過ごして、ストレスをためない生活を送りながら脱疲れ顔を目指しましょう。疲れて見えると、実際の年齢よりも徐々に老けて見えてしまいます。

いつまでもイキイキと若くいられるように、自分の身体としっかりと向き合ってメンテナンスしてあげましょう。笑顔で過ごすだけで、ハッピーをたくさん引き寄せることができるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。