INDEX

年代別の平均年収はどのくらい?

20代平均年収

20代平均年収

働き始める20代は一番仕事の頑張り時です。新鮮な気持ちは年収に反映されるのでしょうか?20代の平均収入は292万円です。高卒、短大卒、専門学校卒、大学卒によって初任給の開きがあります。主に高卒は16万円、短大、専門学校卒は18万円、大学卒は20万円が一般的です。

男性と女性にも多少開きがあります。男性平均は321万円で女性平均は261万円です。職種によってももちろん差はあるのですが、20代の後半になってくると結婚も絡んでくる年齢なので女性に少しハンデがついてしまうのかもしれません。

20代に人気な職業としては金融関係でしょう。銀行・経営コンサルタント・医療メーカーなども多いです。資格としては美容師・理学療法士・保育士・薬剤師などが人気のようです。若くして高収入になれる仕事はあまりなく最初は給料は少ないようです。

30代平均年収

30代平均年収

仕事も軌道に乗って中堅となる30代の平均年収は385万円です。男性平均は470万円で女性平均は297万円です。30代になると男性は責任のある仕事ももらえますし、役職をもらえる人も出てきます。転職をしたりヘッドハンティングされる人もいるかもしれません。

女性は結婚と共に退職する人もいますが、妊娠をして仕事の分岐点に来る人が大半でしょう。まだまだ産休育休に積極的でない会社も多いようです。待機児童も多いので仕事を続けられない人も少なくありません。家族が増えるタイミングですが年収がそこまで安定しないので手取りを考えて計画を立てることが大事です。

30代に人気な職業も金融関係でしょう。信託銀行・証券会社・医療品メーカーが多いようです。人気の資格は弁護士・システムエンジニア・看護師・医療事務などです。給料は少しずつですがボーナスは安定してきますので、同じ会社でずっといるのが理想的です。

40代平均年収

40代平均年収

そろそろ会社の核となる40代の年収は443万円です。男性平均は595万円で女性平均は291万円です。40代になると家のローンなどの問題と同時に子供の養育費にもどんどんお金がかかってきます。ですがそれ以上に手もかかる時期なので母親は家事育児に専念する人多くなります。

男性は会社で重要なポストになれるチャンスが来るので年収はどんどん上がっていきます。女性は正社員をやめてパートになるので男女の手取りの差が大きく開いてきます。日本も終身雇用でない会社も増えてきているので自分のポジションをしっかり作りましょう。

40代に人気の職業は金融関係・営業職です。人気の資格は医者・社会保険労務士・不動産鑑定士です。学生時代からしっかり勉強しておかないと取りにくい資格ばかりですが、やはり人気はどの世代でも金融関係のようです。

50代平均年収

50代平均年収

会社のために一生懸命働いてもうすぐ定年退職を迎える50代の年収は541万円です。男性平均は644万円で女性平均は280万円です。子育ても落ち着き老後について考えだすころには年収自体はとても安定しています。今後は老後の備えをする人が多いでしょう。

男性も女性もそこまでこだわって働く必要はないかもしれませんが、自営業や年金だけではと不安がある人は定年退職後も仕事を探す人が多いようです。50代に人気の職業はやはり金融関係と営業職です。

人気な資格としては大学教授・タクシー運転手・学校や会社の用務員です。どの職種にしても経験を充分に積んだ人が携わっているように見受けられます。最後まで同じ会社で働きぬいた後に趣味で仕事を企業する人も多いのではないでしょうか。定年後は少し給料が少ないとしても大丈夫でしょう。

給料が少ないと感じる年代別手取りは?

給料が少ないと感じる年代別手取り|学歴別

学歴別

給料が少ないと感じる年代別手取りを学歴別に紹介していきます。基本的に300万円以下は低所得と認識されています。最終学歴によって初任給が変わりますが、昇進できるかどうかも関わってきます。では年齢が上がるにつれて給料のふり幅はどれぐらいあるのでしょうか?

年収として手取りを提示していきます。職種によって多少の前後はありますが、具体的に10年ごとの数字にすると高卒は20代で202万円その後は約80万円ずつ上がっていきます。短大卒は20代で313万円その後は約100万円ずつ上がります。大学卒は20代で330万円その後は約150万円ずつ上がります。

同じ職業に就職している場合高卒と短大卒ではあまり差がないようです。最初のスタートがいかに肝心かが良くわかります。20代では200万、30代で300万など年齢に比例する金額が最低限必要金額とも言われますので、学歴があるほうがやはり有利なようです。

給料が少ないと感じる年代別手取り|職業別

職業別

給料が少ないと感じる年代別手取りを職業別していきましょう。もちろん国家資格に関する職業は安定すると思っている人も多いかもしれません。基準となるのは公務員です。地方公務員は手当てがしっかりしていることが根本にありますが、一世帯を養う金額は支給されています。

では手取りが少ないと感じる職業は具体的に何があるのでしょうか?ワースト3に入るのは、美容師・介護士・保育士です。もちろんやりがいはある仕事ばかりなので非難をしているわけではありません。どの職業も業務がハードなわりに給料に反映しないことです。

給料が少ないからか仕事が大変だからか離職率も高いのが現状です。美容師に関しては独立することができれば大きな成功を手にすることができます。ですがほかの2つはなかなか難しいでしょう。その点求人はたくさん出ていますので、やりがいを見出せる人にはチャンスがたくさんあります。

給料が少ない家庭の生活例5選

給料が少ない家庭の生活例①旦那だけが働いている

旦那だけが働いている

給料が少ない家庭の生活例の1つ目は旦那だけが働いている状況です。嫁が専業主婦の場合は旦那だけの給料で生計を立てなければなりません。妊娠中や出産後等、家庭に入っている場合には少し収入が少ないと感じるでしょう。物入りの時期ですので余計に出費がかさんでしまいます。

旦那の扶養に入る人も多いでしょう。旦那の収入が少なくなくてもずっと豊かな生活を過ごすには限界があります。現在は幼稚園に入るのにも一苦労です。待機児童が多い近年では優先順位が決まっていますので、パートになればますます状況は厳しくなるでしょう。節約生活などをして生活を賄う人が多いです。

給料が少ない家庭の生活例②転職を目指している

転職を目指している

給料が少ない家庭の生活例の2つ目は転職を目指している最中である状況です。今の職種に満足していない人は早めに転職を決めた方が良いでしょう。特に現在勤めている会社で昇進が望めないなら同じ職種で違う会社に行くことを考えることも可能性を広げます。

その場合仕事に通いながら勉強できる人もいるでしょうが、ハローワークなどの職業訓練学校に行ったり、通信講座で学んでいる人もすくなくありません。そんなときには自分の趣味に使えるお金などは無くなります。車も購入のタイミングではないのでなるべく交通手段はリーズナブルになるようにしましょう。

給料が少ない家庭の生活例③常に残業をしている

常に残業をしている

給料が少ない家庭の生活例の3つ目は常に残業をしている人が多いことです。給料が少なく手取りをもらうためにすぐできることは、残業を増やすことです。サービス残業が当たり前の会社もまだ多いのが現状です。しかし雇用形態がしっかりしているのであれば申請できるでしょう。

残業以外にも副業をしている人も多いです。公務員などは副業が禁止されていますので、出来る職種は限られています。家に帰ってから在宅業務をしたり、休みの日に内職をすることも方法のひとつです。くれぐれも本職に差しさわりがないように要領よくすることがポイントです。

給料が少ない家庭の生活例④とにかく切り詰めている

とにかく切り詰めている

給料が少ない家庭の生活例の4つ目はとにかく切り詰める生活をしていることです。低所得の場合生活保護を申請している人もいるかもしれません。母子家庭や父子家庭の人はなおさらです。給料が少ないとしても節約できることはたくさんあります。

一番簡単に削れるのは食費です。あまりに極端に削ることは死活問題になりますが、外出はほとんどしない、お昼ご飯はお弁当を持参する、なるべくコンビニには行かないなど決まりを作っている人も多いでしょう。恋人同士であれば一緒に住むことでお互いに家賃だけでも軽減できるでしょう。

給料が少ない家庭の生活例⑤元々給料が少ない仕事についている

元々給料が少ない職種についている

給料が少ない家庭の生活例のつ目は元々給料が少ない仕事についている人の生活です。元々の基本給が安い、ボーナス支給がない等経済的に安定しない仕事についている人も多いでしょう。そんな人は一人暮らしをすることなく実家で生活する人が多いです。

独身時代も結婚してからも家を出ると生計を立てるのが苦しくなるのでなかなか独立に踏み込めないでしょう。同居している間は余裕はありますが、仕事で昇進しない限りは給料が上がることは期待できません。貯金するのも大切ですが、銀行や保険などをうまく使って積み立てをしていきましょう。

彼氏の給料が少ないことが原因で別れるカップルはどのくらいいる?

彼氏の稼ぎが少ない

彼氏の稼ぎが少ない

彼氏の給料が少ないことが原因で別れるカップルのトラブルの要因1つ目は彼氏の稼ぎが少ないことで喧嘩になることです。実は大半がこの理由です。女性は意外と現実的な面が大きいのです。玉の輿に乗りたい、寿退職にあこがれている、子どもとの時間を大切にしたいといろんな理由がありますが、経済的なことにはシビアです。

向上心がない

向上心がない

彼氏の給料が少ないことが原因で別れるカップルのトラブルの要因2つ目は相手に向上心がないことです。キャリアアップのために今は苦しい生活を強いられている人も中にはいるでしょう。資格取得に集中していたり、アルバイトで食いつないでいる人もいるでしょう。

問題は将来設計ができているかどうかです。今後どんな仕事につきたいか企業をしたいなど夢があればパートナーとして支えることもできませんが、その日暮らしをずっと続けているようでは将来が見えてこず別れる人も多いでしょう。

給料が少ない人もチャンスを掴める人材になろう

給料が少ない人もチャンスを掴める人材になろう

人にはいろんな魅力があります。それは見た目や性格、仕事ができるかどうか等様々です。女性よりも男性のほうが人生においてお金を稼いでこれるかが重要なポイントになります。学生時代には憧れや夢があったはずですが、一度就職するとその日の仕事が作業化してしまい、無心で働いている人も少なくありません。

やりがいがあるからといって『給料は少なくてもいい』という人はいないでしょう。守りたい家族がいればなおさらです。ですがいくら給料が少ないからといって転職するにも勇気がいります。タイミングも大切ですのでよく考えて行動しましょう。どんな人にも転機は必ず来ます。

昇進する、独立する、ヘッドハンティングされるなどチャンスは無限にあります。そんなときにしっかりチャンスを掴める人材になりましょう。日ごろから資格の勉強をしたり、どんな人との一期一会も大切にするなど自ら運気を呼ぶこともできます。選ばれる人間になりましょう。お金に悩む人はこちらの記事もご覧ください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。