Large thumb shutterstock 771921220

短絡的の意味や対義語は?短絡的な人の特徴7選とせっかちな人への接し方も

更新:2019.06.21

短絡的な人の思考や考え方の特徴とは?浅はかな考えやせっかちな性格とは?短絡的の言葉の意味や対義語、類語の説明を交えながら短絡的な人の特徴を紹介していきます。あなたの身の回りにいるかもしれない短絡的な人と上手く付き合っていくための参考にしてください。

短絡的の意味は?

短絡的の意味とは「根拠がないのに結果を断定すること」

短絡的は「たんらくてき」と読みます。「短絡的」には「これといった根拠がないのに原因と結果を断定する」「深く考えることはなくすぐに一直線に物事を結び付ける」という意味があります。

短絡的の言葉の由来とは

「短絡的」の「短絡」は、電気器具の絶縁不良や破損原因などになるショートの訳語として使われていました。このことから、途中の経過を無視して急いで結果に結び付けようとすることを意味する言葉になりました。

また「的」には前にくる名詞に対して「それらしい、そのようなようす」などを表わす言葉の意味があります。そのことから「短絡的」は、物事を深く考えずにすぐに結果を出そうとする人などを表わす「短絡的な人」という言葉として使われるようになりました。

短絡的の対義語は?

短絡的の対義語①慎重

短絡的の対義語1つ目は「慎重」という言葉です。「慎重」には「軽々しく行動しないこと」「注意深く落ち着いて行動すること」という意味があります。「深く考えずに行動する、結果につなげる」という意味がある短絡的とは、真逆の意味がある言葉です。

短絡的の対義語②内省的

短絡的の対義語2つ目は「内省的」という言葉です。「内省的」には「自分自身の内面を振り返ってよく考えること」「感情的な行動はせず、自分を冷静に見つめ直すこと」という意味があります。

短絡的の意味の「根拠がないのに結果を出そうとする」ことは感情的な行動に繋がります。感情的な行動をしない内省的は反対の意味を持つ言葉と言えます。

短絡的の対義語③複雑

短絡的の対義語3つ目は「複雑」という言葉です。「複雑」には「物事の関係や事情がこみいっていること」「要素のからみあいが入り組んでいること」という意味があります。深く考えないという単純な考えの短絡的とは、反対の意味を持つ言葉と言えます。

短絡的の類語は?

短絡的の類語①浅はか

短絡的の類語1つ目は「浅はか」という言葉です。「浅はか」には「考えが浅いはま」「思いめぐらした考えができない」「深みがなくあっさりとしている」という意味があります。深く考えずに行動するという意味を持つ短絡的と同じ種類の言葉と言えます。

短絡的の類語②単純

短絡的の類語2つ目は「単純」です。「単純」には「込み入った構造をしていない」「他の要素などが混入していない」「そのものだけで混じりけがない」という意味があります。短絡的の意味である物事を深く考えないということは単純な考えと言えます。

短絡的の類語③軽率

短絡的の類語3つ目は「軽率」という言葉です。「軽率」には「注意深く物事を考えることがない」「物事をすぐに決定する考えや行動をすること」「軽はずみな行動」という意味があります。短絡的の意味である物事を深く考えないということは、注意深さに欠けた行動ですので同じ種類の言葉と言えます。

軽率な人の特徴として、人が話したことや相談事などを深く考えずに第三者にすぐに話す軽はずみな行動をする人がいます。そのような特徴に当てはまる口の軽い女の人には気をつける必要があります。下の「口が軽い女の特徴」の記事を参考にして、口が軽い人には気をつけましょう。

短絡的な性格の人・短絡的思考の人の特徴7選①~④

短絡的な性格・思考の人①物事を深く考えない

短絡的な性格・思考の人1つ目は「物事を深く考えない」特徴があります。通常であれば慎重に考えて結論をだすような物事に対しても、じっくりと考えるということはしません。普通の人が悩んで落ち込むようなことでも深く考え込むことをしません。考え方によっては、ある意味羨ましい性格なのかもしれません。

短絡的な性格・思考の人②面倒なことが嫌い

短絡的な性格・思考の人2つ目は「面倒なことが嫌い」という特徴があります。とにかく面倒なことを嫌います。良い結果を出すための行動を起こす前の準備段階などは面倒なので必要としません、と言うかそもそも準備をするという考えを持っていません。

それは、人付き合いに関しても当てはまることです。相手のことを考えて発言に気をつけたり、自分が苦手だと思う人と無理して付き合おうことは面倒だという考えの持ち主です。

短絡的な性格・思考の人③すぐ人に頼る

短絡的な性格・思考の人3つ目は「すぐ人に頼る」という特徴があります。面倒なことが嫌いという特徴があるますので、「面倒なことでも我慢してしよう、頑張ってしよう」という考えにはなりません。

自分が面倒だと感じることは、周りの誰かにしてもらうという考えが基本の考えにあります。そのため、まずは自分でやってみるということはせずにすぐ人に頼ります。「自分にはできないからして」と素直に頼んでくるので周りの人は断りづらく嫌々ながらも手助けしてしまうのが特徴でもあります。

短絡的な性格・思考の人④空気が読めない

短絡的な性格・思考の人4つ目は「空気が読めない」という特徴があります。常に自分の考えで物事を判断します。周りの雰囲気を読み取るということは頭の中にはありません。行動に関しても発言に関しても例外はありません。

例えば急なトラブルを皆で解決しようと一致団結した場面が目の前に展開されているとします。普通ならその輪の中に入っていくのが自然なことです。その場面で「お先に失礼します」と悪びれた様子もなくその場を後にすることができるのが空気が読めない短絡的な人がする行動です。

短絡的な性格の人・短絡的思考の人の特徴7選⑤~⑦

短絡的な性格・思考の人⑤計画性がない

短絡的な性格・思考の人5つ目は「計画性がない」という特徴があります。根拠がない物事に対しても早く結果を出すためにゴールまで突っ走っていく性格があります。大概の人は、結果を出すためにまずはこうする次にこうするという明確でなくても大まかな計画を立てます。

短絡的な人は、計画を立てるということはせずに取り合えず行動にうつします。途中経過を考えずにゴールしか見ていないので計画通りに事を進めるという考え方は頭にはないようです。

短絡的な性格・思考の人⑥浅はかな考えで失敗が多い

短絡的な性格・思考の人6つ目は「浅はかな考えで失敗が多い」という特徴があります。計画を立てて慎重に物事を進める大切さと言うものが考え方の中にありません。物事の深い部分までに目を向けることはなく表面の浅い部分にしか目を向けません。

なんとかなるでしょう。失敗してもその時に対処すればいいわ。という浅はかな考え方が基本なのでほぼ失敗します。失敗したら自分で対処できれば良いのですが面倒なことを嫌いますので、結果的に人に任せてしまうことになります。そのため、失敗を次の成功に繋げるということにはならないようです。

短絡的な性格・思考の人⑦せっかち

短絡的な性格・思考の人7つ目は「せっかち」という特徴があります。せっかちとは「少しも落ち着くことがなく、先へ先へと気持ちが急いでいること」を言います。深い考えをせずに一直線に物事を結び付けようとしたり、計画性がなく失敗を繰り返す特徴はせっかちな性格が関係しているようです。

せっかちな性格でも物事を最後まで投げ出さず自分の力で成し遂げたり、目標を達成するまで諦めない考えがあれば何の問題もありません。短絡的な人にはその部分が欠けていますので周りの人が面倒なことに巻き込まれてしまうこともあります。

せっかちと似た雰囲気を持つ言葉に短気という言葉があります。せっかちと短気にはどのような違いがあるのでしょうか。下の「短気な人の特徴」の記事を参考にして身近にいる短気な人との付き合い方に役立ててください。

短絡的な性格・短絡的な思考を治す方法は?

短絡的な性格・思考を治す方法①すぐに行動しない

短絡的な性格・思考を治す方法1つ目は「すぐに行動しない」という方法があります。短絡的な人は、途中経過のことを一切考えずに先のゴールだけに目を向けています。なんとかなるという根拠のない考えだけに心が支配されがちです。

その考え方を意識して治すにはすぐに行動しようとする自分にストップをかけましょう。すぐに走り出したくなる気持ちを一旦抑えて、目の前にある物が何なのかをいつもより少し考える時間を作ってください。すぐには無理かもしれませんが、繰り返しその行動をしていくうちに習慣化しますのであたりまえの行動になります。

短絡的な性格・思考を治す方法②ワンクッションおいて発言する

短絡的な性格・思考を治す方法2つ目は「ワンクッションおいて発言する」という方法があります。短絡的な人は空気が読めないのでその場で言うべきでないタイミングでの発言や、言ってはいけない言葉を人に対して悪気はなく発してしまう傾向があります。

相手の気持ちを先に読み取ってから発言するような考えは持ち合わせていないようで面倒くさいとも考えています。一対一で会話したり大勢の中で発言するときなどどのような場面でも、考えたことをすぐに口に出さずにワンクッションおいてください。

ワンクッションおいている間に、今言っていい発言なのかを考える時間や相手の今の表情を観察する時間もできてきます。悪気がなければ何を言ってもいいという考えをなくすのが大切なことです。

短絡的な性格・思考を治す方法③スケジュール帳をつける

短絡的な性格・思考を治す方法3つ目は「スケジュール帳をつける」という方法があります。計画性がない特徴を改善する方法としてスケジュール帳をつける方法をおすすめします。まずは自分の予定を管理することから始めましょう。予定が入ったらすぐにスケジュール帳に記入することを習慣にしましょう。

そして、スケジュール帳には1日1回でも良いので目を通しましょう。そうすることで忘れていた予定などを思い出すこともありますので、大切な約束をすっぽかすなんていう失態はなくすことができます。

予定や計画を立てることの必要性や便利さに気が付くことができると思います。お気に入りのスケジュール帳と使いやすいペンを用意することから始めましょう。下の記事で「スケジュール帳の可愛い書き方」を紹介しています。自分が見やすいスケジュール帳作りの参考にしてください。

短絡的思考を持つ人に接する際に気をつけることは?

せっかちな人には要件をわかりやすく手短に

自分の身近にいる短絡的な思考を持つ人と上手く付き合うには気をつけることがあります。気をつけることの1つ目は「要件をわかりやすく手短に」伝えるということです。短絡的な人はせっかちなので面倒と思った瞬間に周りからのアクションをシャットアウトする傾向があります。

一見きちんと話を聞いているように見えたとしても聞いていないということもあります。丁寧に順を追って伝えるよりも今言いたい要件を短い文章で伝えましょう。その時その時の場面に分けて伝えた方が結果的に相手に伝わりやすいようです。

大切な相談事はしない

短絡的な人と接するときに気をつけること2つ目は「大切な相談事はしない」ということです。こちらにとっては大切な相談だとしても相手にとってはただの雑談として捉えられてしまうこともあります。また、あまり物事を深く考えないので言っていい事と悪い事の区別がつかないこともあります。

この人だけに相談しようと思ってした相談事が、気がついたら他の人も知っているということにもなりかねません。面倒なことを1人で抱え込みたくないという思考もあるようですので相談事をする相手には向いていません。

短絡的な人の特徴を知り上手く付き合いましょう

短絡的な人の特徴をおわかりいただけましたか。あなたの身近でこの特徴が当てはまる人はいましたか。特徴を上げるとあまり付き合いたくない人という風に感じてしまうかもしれません。どのような人でも対処の仕方がわかればきっと上手く付き合うことができます。

特徴と照らし合わせて自分が短絡的な人だと気が付いた場合は、意識して行動をすれば思考を改善することもできます。ちょっと癖のある短絡的な人の特徴を理解して上手く付き合っていきましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。