Large thumb shutterstock 404036059

キャンプの便利グッズ15選!あると便利なおすすめアイテムは?

更新:2019.06.21

今回はキャンプのおすすめ便利グッズをご紹介いたします。役立つキャンプ道具は何も高いものばかりではなく、100均のダイソーでもアウトドアグッズはたくさん手に入りますよ。持ち物を減らす工夫なども書きました。ワクワクするアウトドアアイテムを共に楽しんで見ていきましょう!

必需品編|キャンプのおすすめ便利グッズ5選

キャンプのおすすめ便利グッズ①ソト・スライドガストーチ

ソトのスライドガストーチはかなりおすすめのアウトドアグッズです。家庭用カセットコンロのボンベのガスを充てんして使います。カセットコンロボンベは日常的に使うものなので良いですね。

マッチやチャッカマンやライターでも火はつけられますが、野外で使うには力が足りなかったりしますよね。風に弱かったり、遠くに火が届かなかったり。ソトのスライドガストーチは小型ながらとてもパワフルです。小さいのでポケットに入れておけるのもおすすめアイテムたる所以ですね。

キャンプのおすすめ便利グッズ②キャプテンスタッグ・火消しつぼ火起し器

次にキャンプのおすすめ便利グッズとして紹介するのは、キャプテンスタッグの火おこし器です。こちらの商品は火おこしと火消しが一台で行え、そして消した炭を次回そのまま再利用できる点が優れています。

キャンプやBBQでなかなか炭がつかず困る、ということはよくあることですね。炭をスムーズに起こすことが、キャンプやBBQをスムーズに進める一番の近道です。この火おこし器は煙突効果により、中で起きる熱対流を促進し、炭の燃焼率を飛躍的に向上させてくれます。

あるととても便利なのですが、なくても何とかなるため、キャンプ好きの人でも持っていない人が多い品物でもあります。また熱い炭を入れる為本体が歪みやすく、数年に一度買い替えなくてはなりません。キャンプ好きな方へのプレゼントに、意外にも最適な一品ですよ。

キャンプのおすすめ便利グッズ③ヘリノックス・カップホルダー

ヘリノックスのカップホルダーは、キャンプアイテムとして非常に優れ物です。このカップホルダーはチェアのシートにクリップで取り付けられます。

キャンプやBBQで、飲み物の置き場所に困ったことはありませんか?特に大人数で行くと、自分の飲み物を何度も探し回ることになる事しばしばです。このカップホルダーがあれば、もう探し回らなくても大丈夫。飲み物だけでなく、携帯などの小物を入れるのにも良いですよ。

キャンプのおすすめ便利グッズ④コールマン・クアッドマルチパネルランタン

キャンプの夜に、コールマンのクアッドマルチパネルランタンはおすすめアウトドアグッズです。キャンプ場の夜は真っ暗です。家にある懐中電灯や適当なランタンでは圧倒的に光量が足りません。

コールマンのランタンは最大約800ルーメンの明るさがありますので、野外でもしっかり明るく周囲を照らしてくれます。防水もしっかりしているので多少の雨も大丈夫です。また、小さく4つのライトに分割できるので、何個も懐中電灯を用意する必要がありません。素晴らしいアウトドアグッズですね。

キャンプのおすすめ便利グッズ⑤ロゴス・BBQお掃除楽ちんシート

キャンプのおすすめ便利グッズ必需品編最後を飾りますのは、ロゴスのBBQお掃除楽ちんシートです。こちらはBBQグリルのお掃除がとっても簡単になる一押しおすすめアイテムです。

BBQが終わった後、BBQグリルのお掃除でうんざりした経験はありませんか?特に炭が燃えていた火床。燃え残った細かい炭、肉や魚から落ちた油、などがべたべたと張り付き、大きな汚れを取り除くのも大変。さらに洗うのも大変。1度やって面倒くさかったからもうBBQやらない、なんて人も多いのではないでしょうか。

あの面倒くささがロゴスのBBQお掃除楽ちんシートを火床全体に敷くだけで解消されます!火床全体にお掃除楽ちんシートを引き、その上に炭を乗せBBQし、調理後にシートを取り除くだけでお掃除は完了です。 バーベキュー後は残灰を丸めて廃棄するだけなので、残った細かい炭の処理も簡単です。

あったらいいな編|キャンプのおすすめ便利グッズ4選

キャンプのおすすめアウトドアグッズ①ミニ携帯用浄水器

ミニ携帯用浄水器は素晴らしいアウトドアグッズです。キャンプのみならず、災害備蓄品としての価値も高いですよ。市販のペットボトルに取り付けられるので使い方も簡単。小型ながら99.9999%の異物・バクテリアを除去してくれます。

開封から5年間、又は約2000リットルの水をきれいにする事ができます。キャンプやハイキングの時には大量の飲み水を持ち運ぶ事に苦労しますが、この携帯用浄水器を使うことで比較的綺麗な川などの水源がいつでも飲み水に変えられますよ。本格的なソロキャンプなどの際にとても役立つアイテムですね。

キャンプのおすすめアウトドアグッズ②ロゴス・岩塩プレート

ロゴスの岩塩プレートはキャンプのBBQをとっても盛り上げてくれるアイテムです。BBQは何度かやるうちにマンネリ化してしまうんですよね。そんなマンネリを岩塩プレートは吹き飛ばしてくれます。

この岩塩プレートを焼網に乗せ、その上で食材を焼くだけで、いつもよりずっと美味しく焼きあがります。 岩塩から良質のミネラルが溶け出し、さらにお肉の余分な脂を岩塩が吸収するからヘルシーかつ美味しい。

見た目も薄いピンク色でなんだか可愛いんです。ワクワクすること間違いなし!いつもとちょっと違うBBQを楽しみたい方にうってつけの便利グッズですね。

キャンプのおすすめアウトドアグッズ③スノーピーク・たねほおずき

言わずと知れた、スノーピークのたねほおずき。電池式の小型ランタンです。テント内やタープ下に取り付け、明かりを取ります。スイッチの長押しで好みの照度に選択可能です。大型のテント下につける場合は、たねほおずきよりも大きい、ほおずき、を選んでくださいね。

実はこのほおずきシリーズ、とにかくお値段が張ります。電池式の小さなランタン型ランプは100円均一でも売っています。それでもなおこのお高いランタンを皆が買ってしまい、リピートまでしてしまう魅力が、この商品にはあるのです。丸いフォルム、優しい光、何とも言えない可愛いカラーリング。名器です。

たねほおずきについて詳しく書いてある記事を見つけました。魅力あふれるたねほおずきについてもっと詳しくしりたい方、是非あわせてご覧ください。

キャンプのおすすめアウトドアグッズ④ケリーケトル

キャンプのおすすめ便利グッズあったらいいな編を締めくくるのは、ケリーケトルです。ケリーケトルはお湯を沸かすだけの道具です。しかし構造にとても特徴があります。ポットの真ん中に穴が空いていて、その穴に小枝を突っ込んで燃やし、煙突効果による強い燃焼で一気にお湯を沸かすことが出来るのです。

お湯しか沸かせないのに、お高い!しかしいかがでしょうか、この独特のかわいいフォルム。そして炭やガスではなく、火を使うという魅力。見ているだけで癒されるケリーケトル。キャンプのおすすめ便利グッズあったらいいな編を締めくくるのに最適な、最高のアウトドアグッズですね。

100均(ダイソー)編|キャンプ用品のおすすめアイテム

100均(ダイソー)キャンプ用品のおすすめアイテム①コンテナ

100均(ダイソー)編キャンプのおすすめ便利グッズ、最初にご紹介するのはコンテナです。こちらのコンテナは側面を倒して小さく畳むことが出来ます。カラーもとても可愛いアイテムですね。

キャンプに行くと、各種細々とした持ち物でいっぱいになってしまいます。効率よく管理するには箱型のものが一番です。また、キャンプから帰ると持ち物たちはそれぞれの居場所に戻りますので、箱は小さくたためた方が場所をとらず良いです。こちらのコンテナは100均ながらすべての要素を満たしてくれるアイテムです。

安くて使い勝手のいい100均コンテナには色々な種類があるんですよ。100均のコンテナボックスについて詳しく書いた記事を見つけましたので、あわせてご覧ください。

100均(ダイソー)キャンプ用品のおすすめアイテム②歯みがきシート

100均(ダイソー)の歯みがきシートはキャンプに限らず、災害備蓄品としても役に立つ便利グッズです。こちらは水なしで歯みがきが出来るシート状の製品で、シートを指に巻き付け歯をこすると歯みがきの代わりになります。

キャンプ場などでは、水場が近くにあるとは限りません。明るいうちは良いのですが、暗くなると水場に行くのが思ったよりも大変になってきます。特に眠る直前にする歯みがきは、面倒くさくなってパスしてしまう、ということがしばしば。でも歯みがきせずに寝ると翌朝気持ち悪いですよね。

また子どもたちもキャンプ場ではいつも以上に歯みがきを嫌がります。そんな時とても役立つアイテムですので、是非お試しくださいね。

100均(ダイソー)キャンプ用品のおすすめアイテム③ミニLEDライト

キャンプのおすすめ便利グッズ100均(ダイソー)編、お次はミニLEDライトです。こちらはとても小さなライトです。簡単な作りでボタンを押して光り、もう一度押すと消えるというものです。

おすすめのポイントはこの小ささと薄さ。夜中、真っ暗なテントの中で、トイレに行こう、と起きたとします。共にテントで寝ている人を踏んでしまわないようにいち早く明かりが必要ですが、真っ暗なので懐中電灯が見つからない、ということがよくあります。

そんな時も、このミニLEDライトをポケットに忍ばせておけば、安心です。懐中電灯代わりにはなりませんが、テント内の手元足元を照らすのには十分な光量がありますよ。100円でこんなに素敵な便利グッズが手に入るなんて、ダイソーさん流石ですね。

100均(ダイソー)キャンプ用品のおすすめアイテム④カラビナ

100均(ダイソー)編キャンプのおすすめ便利グッズ、ラストを飾るのは、カラビナです。輪っか状の、物を吊り下げたり、紐と紐を繋げたりする道具です。キャンプでは何かとお世話になるアイテムです。

アウトドアグッズのショップなどでこのカラビナを購入しようとすると、割と値が張るんです。しかもいくつか欲しいものですし、買い足しもよくありますので、安ければ安いほど助かります。そのカラビナが、100均(ダイソー)で買えるのです。ありがたいです。

プレゼント編|キャンプのおすすめ便利グッズ2選

プレゼントにおすすめキャンプ用品①ビクトリノックス・クラシックSD

キャンプのおすすめ便利グッズプレゼント編としてまず紹介したいのが、ビクトリノックスのポケットナイフです。小さなボディーの中に、野外で何かと必要になるハサミやナイフが収められています。

ハサミやナイフは思わぬタイミングで必要となりますが、キャンプは兎角荷物が増えるもの。どこにあったっけ?と探すのが大変なものですが、ポケットナイフをカラビナなどで身につけておけば、あちこち探す必要がなくなります。またビクトリノックスはポケットナイフの老舗だけあって、小型ながら切れ味抜群です。

老舗の名器であること、製品の良さに安心感が持てることで、アウトドア好きの方であれば(キャンプに限らず、釣りや山登りなども)どなたにプレゼントしても喜ばれるアイテムであると言えます。

プレゼントにおすすめキャンプ用品②DOD・パーコレータセット

キャンプのおすすめ便利グッズプレゼント編、続いては、DODのパーコレータセットです。正式名称は「ラーメン、コーヒー、そして俺ツーリングパーコレータセット」です。DODの意気込みが感じられる長ーい名前ですね。

こちらは、コーヒーを飲むためのクッカー&パーコレーター・ミルセットと、調理・湯沸かし用の蓋付きクッカーに、コーヒーを淹れるためのパーコレーターストレーナー、さらにコーヒー豆を挽くためのミルがセットになった製品です。これさえあればラーメン用・コーヒー用それぞれの道具を用意する必要がありません。

ひとつのクッカーでお湯を沸かし、インスタントラーメンと食後のコーヒーを作ることが可能なわけです。まさに神のアウトドアグッズです。少しでも持ち物を減らしたい、だけど妥協はしたくない。そんな方におすすめの便利グッズです。キャンプ好き、コーヒー好きの方へのプレゼントに最適ですよ。

おまけ編|キャンプの持ち物を減らす工夫3選

持ち物を減らす工夫・①衣類圧縮袋

キャンプの持ち物を減らすのに、衣類用の圧縮袋が大変便利です。特に肌寒い季節のキャンプは、あれやこれやと布製品の持ち込みが増えます。とにかく布製品はかさばりますので、少しでも小さくして持って行きたいですね。

そんな時圧縮袋は便利グッズとして最強です。できれば使った後も小さくして持ち帰りたいので、掃除機で吸って圧縮するものではなく、手でぐるぐると空気を抜いて圧縮するタイプのものがいいですね。圧縮袋があれば、かなり持ち物が小さくなります。キャンプにも使える便利グッズですね。

持ち物を減らす工夫・②コンテナやクーラーボックスを椅子代わりにする

持ち物を入れるコンテナや、クーラーボックスを椅子代わりにしてしまえば、持っていく椅子の量が減ります。ということは、コンテナやクーラーボックスを選ぶ際に、乗っても大丈夫なものを買うことが必要となってきます。

ちょっとしたことですが、野外では腰を掛けられる場所が数多くあった方がくつろげます。持ち物を少なく楽しむために、少し値段が上がっても、椅子代わりになるものの購入をおすすめいたしますよ。

持ち物を減らす工夫・③全てにおいて折りたためるアイテムを選ぶ

とにかく折りたためるものを選び、買い続けていくと、持ち物は小さくなっていきます。見た目や価格の安さにつられて、折りたためない・必要以上に大型のもの、を選ばないようにすることが大切でよ。

キャンプ用品はワクワクをくれる

いかがでしたでしょうか。気になるキャンプのおすすめ便利グッズはありましたか?キャンプ用品は災害備蓄品として持っていたら安心なものばかりで、さらにプレゼントすると喜ばれるものが数多くあります。

プレゼントに迷ったとき、災害備蓄品を考えた時、是非アウトドアグッズを覗いてみてくださいね。素敵なアイテムが見つかるかもしれませんよ。楽しいキャンプ便利グッズと共に、わくわくするキャンプライフを送りましょう!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。