INDEX

有酸素運動のおすすめ種類5選

有酸素運動のおすすめ種類①ウォーキング

有酸素運動のおすすめ種類1つ目は、ウォーキングです。「歩く」というのは普段何気なく行っている行為なので、意識せずに始められる手軽なダイエットです。器具は必要ありませんし、特別な場所に行かなくてはできないということもありません。運動が苦手な方でも歩くことなら問題ありませんよね。

ウォーキングの利点をもっと詳しく知りたくなったらこちらの記事もご覧ください。もうやらずにはいられません。今日からでも始めたくなりますよ。

Small thumb shutterstock 521732329
関連記事 ウォーキングでカロリーを消費!歩数は徒歩でどれくらいの距離が必要?

ダイエットをするために、ウォーキングでカロリーを消費したいと思っている

有酸素運動のおすすめ種類②ヨガ

有酸素運動のおすすめ種類2つめは、ヨガです。人気のヨガはダイエットだけでなく、美容と健康に良いと言われます。ゆっくりと、普段使わない筋肉を使い、体を伸ばすことで代謝もアップします。ゆっくりと深い呼吸をすることで心肺機能も整えられ、心もリフレッシュされるので、毎日の習慣にすると良いでしょう。

有酸素運動のおすすめ種類③踏み台昇降

有酸素運動のおすすめ種類3つめは、踏み台昇降です。台を上がったり下りたりするだけの踏み台昇降運動は一見地味な印象を受けますが、実は効果絶大なのです。そして気軽さが一番の特徴です。暑い日でも雨の日でも家の中でできますし、強度を自分で自由に変えることもできるので続けやすいでしょう。

有酸素運動のおすすめ種類④ボクササイズ

有酸素運動のおすすめ種類4つめは、ボクササイズです。かなりハードなイメージがあるボクササイズですが、ハードさ故にエクササイズ後の爽快感と達成感はかなり大きくなります。脂肪が燃焼される実感もあるでしょう。日々の生活はストレスいっぱいなので、サンドバッグにイライラをぶつけましょう!

有酸素運動のおすすめ種類⑤ズンバエクササイズ

有酸素運動のおすすめ種類5つめは、ズンバエクササイズです。ズンバは南米コロンビア発祥の、様々なラテンダンスをミックスしたノリノリのお祭りダンスです。音楽が始まったらジッとしていられないくらい楽しくて、ノンストップで汗をかくので脂肪燃焼効果は抜群です。体を動かすのが楽しくなりますよ。

有酸素運動の種類について!種類での違い・人気の種類は?

有酸素運動の種類①ウォーキング

ウォーキングの特徴は、運動靴があれば気軽に始められる点です。歩くのは普段からやってる行動ですが、運動という観点から考えると、体のどの部分を動かしているか意識することが重要です。少し早歩きのパワーウォークを心がけると心拍数があがり、脂肪燃焼も効果的に行われます。背筋を伸ばして颯爽と歩いてみましょう。

有酸素運動の種類②ヨガ

ヨガは呼吸法が大変重要なのが特徴です。普段当たり前に行っている呼吸ですが、ヨガを行う場合は意識的に呼吸することによって脳や血液に酸素を送り込みます。ゆっくりと行うヨガのポーズにはそれぞれ意味があり、体のゆがみを直して血流を良くします。姿勢が良くなり、ダイエットの効果は抜群です。

有酸素運動の種類③踏み台昇降

踏み台昇降運動は「ながら」ができるところが特徴です。料理をしながらのすきま時間や、テレビを見ながらやることもできるでしょう。飽きずに長時間できる点は長続きする秘訣でもあります。軽い運動でも継続するということがダイエットに大変効果的です。

有酸素運動の種類④ボクササイズ

ボクササイズの特徴は、ボクシング(格闘技)の基本トレーニングをベースにしたエクササイズだというところです。素早いフックやストレートパンチ、アッパーを繰り返すことで上半身を引き締め、キックをすることでバランス感覚を養います。ダイエットには効果的な有酸素運動です。

有酸素運動の種類⑤ズンバエクササイズ

ズンバダンスの特徴は、とにかく楽しい!というところです。ラテン系の明るいノリの良い音楽で、シンプルな振り付けのダンスを踊るのはとにかく楽しいパーティのようです。ダンスエクササイズの種類はたくさんありますが、ズンバダンスは日本で一番普及しているダンスエクササイズだそうですよ。

ダイエットに効果的な有酸素運動2選

ダイエットに効果的な有酸素運動①ボクササイズ

ダイエットに効果的な有酸素運動1つめは、ボクササイズです。ボクササイズの消費カロリーは、30分で315kcalになります。その分かなりハードな運動になりますが、もっとも痩せる有酸素運動と言えるでしょう。ハードさは達成感につながり、終わった後の汗も爽快で病み付きになりそうです。

ダイエットに効果的な有酸素運動②ズンバエクササイズ

ダイエットに効果的な有酸素運動2つめは、ズンバエクササイズです。通常消費カロリーが多いエクササイズはハードで苦しいものが多いのですが、ズンバはとにかく楽しいので消費カロリーを考える時間もなく、とにかく音楽に合わせて体を動かします。楽しくて痩せる効果が抜群だなんて良いことづくめですね。

人気の有酸素運動の種類3選

人気の有酸素運動①ヨガ

人気の有酸素運動1つめは、ヨガです。ダイエットだけでなく健康面や精神面に効果があると言われるヨガは多くの人に人気です。しっかり呼吸を意識してポーズをとり、普段使わない筋肉を使い、関節を柔らかくすることで血行が良くなり代謝機能が上がります。ダイエットにとても効果的です。

人気の有酸素運動②ウォーキング

人気の有酸素運動2つ目は、ウォーキングです。とにかく気軽に始められるというのが人気の原因でしょう。学校や会社の最寄駅の一つ前で降りて歩いたり、休日に運動場で颯爽と歩くのも良いでしょう。スタジオやジムに行かなくても普段の生活に取り入れやすいのも続けやすく人気の原因です。

人気の有酸素運動③踏み台昇降

人気の有酸素運動3つ目は、踏み台昇降です。踏み台昇降は家の中でできるので、季節や天候に左右されず続けやすい運動です。華やかさはありませんが、地道にコツコツやることでダイエットの効果はかなりあります。10分もすると汗がじんわりにじんできますし、軽い運動なので長時間続けることができます。

効率よく痩せるための有酸素運動の種類3選

効率よく痩せるための有酸素運動①ボクササイズ

効率よく痩せるための有酸素運動1つ目はボクササイズです。ボクササイズは消費カロリーが高いことは既出ですが、ハードな運動なため効果が出やすい有酸素運動です。内容によっては筋トレの要素もあるので、バランスよく体を鍛えることができます。最初はキツイと思うエクササイズも、効果が見えるので断然やる気がでます。

ボクササイズを始めたいけど何処のジムを選んだら良いのかわからない方はこちらの記事を参考になさってください。東京以外の場所でも選ぶ参考になるかもしれません。

Small thumb shutterstock 533087773
関連記事 東京で女性におすすめボクササイズジム10選|ボクササイズジムの選び方は?

今女性に人気のボクササイズジムがあります。特におすすめな東京近郊のスポ

効率よく痩せる有酸素運動②ヨガ

効率よく痩せる有酸素運動2つめは、ヨガです。ヨガ自体の消費カロリーは他のエクササイズと比べると大きくないのですが、呼吸法により内臓の機能が向上して、ゆっくりした動作により血行が良くなり、姿勢もキリッとします。そして何より精神面の充実が無駄な食欲を抑え、無駄のない体へと変化していくでしょう。

効率よく痩せる有酸素運動③ズンバエクササイズ

効率よく痩せる有酸素運動3つめはズンバエクササイズです。ズンバエクササイズはとにかく楽しい!お祭り騒ぎしながら痩せてしまうなんて最高ですよね。消費カロリーも高く、明るいラテン音楽を聴きながらのダンスは苦しいダイエットとは無縁です。ラテンダンサーのようなくびれを作れること間違いありません。

自宅でできる有酸素運動の種類3選

自宅でできる有酸素運動①ヨガ

自宅でできる有酸素運動1つめは、ヨガです。朝のヨガは体を気持ちよく目覚めさせてくれますし、夜寝る前のヨガはリラックスして心地よい眠りに誘ってくれます。自宅でなら時間を気にすることなく自分の好きなポーズを心置きなくすることができますね。

スタジオのヨガ教室も良いけれど、自宅でするヨガはリラックス効果もあってとてもおススメです。初心者向け自宅でできるヨガのポーズの参考になる記事があるので、合わせてご覧ください。

自宅でできる有酸素運動②踏み台昇降

自宅でできる有酸素運動2つめは、踏み台昇降です。段差を利用して上り下りを繰り返すだけの簡単な運動なので、気軽に始められます。例えばテレビを見ながらでもできるので、気づいたら1時間やっていたなんてこともあるでしょう。シンプルなのにダイエットにとても効果的です。

自宅でできる有酸素運動③ズンバエクササイズ

自宅でできる有酸素運動3つめは、ズンバエクササイズです。ダンスエクササイズの動画はYoutubeなどで見つかるので、動画を使って家でもズンバを楽しむことができます。そんなに広いスペースは必要ありませんし、何より楽しいので飽きることなく30分くらいあっという間に過ぎていたりします。

外で行う有酸素運動の種類3選

外で行う有酸素運動①ウォーキング

外で行う有酸素運動1つめは、ウォーキングです。ウォーキングは公園などで行うこともできますし、ジムでマシーンを使ってやることもできます。公園など屋外でやる場合は外の空気がフレッシュな早朝がおすすめです。また、屋外なので日焼け対策を忘れずにしてくださいね。

外で行う有酸素運動②ボクササイズ

外で行う有酸素運動2つめは、ボクササイズです。運動を家でやろうとすると甘えてしまう方はジムやスタジオでやるボクササイズがおすすめです。仲間がいることでモチベーションがあがりますし、達成感が次のやる気を起こさせてくれます。インストラクターの励ましがあると、きつくても頑張れますよね。

外で行う有酸素運動③ヨガ

ヨガは自宅でできる有酸素運動でもご紹介したのですが、スタジオで行うこともダイエットに効果的です。おしゃれなヨガウエアを着ることもやる気アップにつながります。スタジオには全身写る鏡があるところも多いので、ポーズのチェックをすることもできるでしょう。また、たまにホットヨガをすることもおススメです。

オシャレなヨガウエアをご紹介する記事がありますので、こちらもご覧ください。ファッションだけでなく、機能的にも優れたウエアを身につけることでモチベーションがあがり、ポーズもカッコよく決まるでしょう。

Small thumb shutterstock 608932694
関連記事 おしゃれな海外・国内ヨガウェアブランド10選!可愛いヨガコーデも

ヨガウェアのおしゃれな人気ブランドを紹介します。初めは通販で手っ取り早

有酸素運動をするときの4つ

有酸素運動をするときのポイント①頑張りすぎない

有酸素運動をする時のポイント1つ目は頑張りすぎないということです。有酸素運動は軽めの運動を長く続けることが大切です。運動を始めた時は無理をしがちですが、そうすると長続きしないので、適度に軽い運動を生活の一部になるくらい習慣化しましょう。

有酸素運動をするときのポイント②準備体操とストレッチをしましょう

有酸素運動をするときのポイント2つめは、運動前後に準備体操とストレッチをするということです。有酸素運動をする前には軽くウォーミングアップが必要です。体を温め、軽くほぐしておくことで体の柔軟性が高まり、怪我を防ぐ効果があります。また、運動の後はストレッチをすることで翌日へ疲れが残らないようにします。

有酸素運動をするときのポイント③水分補給を忘れないようにしましょう

有酸素運動をするときのポイント3つめは、こまめに水分補給をするということです。有酸素運動のような軽い運動でも水分は常に体から出ています。運動前後はもちろん水分補給は必要ですが、運動の途中でもこまめに水分を摂るようにしましょう。汗をかく以上に水分を摂ることを心がけてください。

有酸素運動をするときのポイント④呼吸を止めない

有酸素運動をするときのポイント4つめは、呼吸を止めないということです。運動に限らず人は何かに集中すると呼吸を止めてしまうときがあります。有酸素運動をしているときは呼吸に集中しましょう。酸素を吸うことより吐くことに集中した方が自然に呼吸ができます。息が上がらないくらいの運動強度を保ちましょう。

有酸素運動の効果がでない原因3選

有酸素運動をしても効果がでない原因①空腹で運動している

有酸素運動をしても効果がでない原因1つめは、空腹で運動していることです。脂肪燃焼を目的に有酸素運動をしている場合空腹で運動した方が脂肪がよく燃えるような気がしますが、それは間違っています。人間の体は空腹時は脂肪ではなく筋肉の糖分をエネルギーとして使用します。従って脂肪は減りにくいのです。

有酸素運動をしても効果がでない原因②有酸素運動だけしかしていない

有酸素運動をしても効果がでない原因2つめは、有酸素運動のみで痩せようとしているということです。食事制限も筋トレも併用せずに有酸素運動の種類だけではあまりダイエットの効果がでないでしょう。有酸素運動のみで消費するカロリーは思っているほど高くありませんし、数日で効果を実感するような即効性はありません。

有酸素運動をしても効果がでない原因③食べる量が増えた

有酸素運動をしても効果がでない原因3つめは、摂取カロリーが増えたことです。運動するとお腹が減りますし、運動の後のビールは最高です。運動してるんだからちょっとくらい大丈夫と思いがちですが有酸素運動で消費するカロリーはそんなに高くありません。油断すると痩せるどころか太ってしまうこともあるかもしれません。

有酸素運動の種類を知ろう!

有酸素運動は人と会話できるくらいの負荷で、酸素を取り込みながらすることができる軽い運動です。軽い運動は長時間できますし、脂肪燃焼の効果があるのでダイエットには欠かせません。また、自分の性格や生活習慣に合った有酸素運動は定期的に長く続けられるので、ダイエットだけでなく健康維持にも役立ちます。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。