Large thumb shutterstock 701884408

タオルの洗濯・洗い方|洗濯機や手洗いは?干し方/洗剤/頻度も

更新:2019.06.21

運動の後の汗やお風呂からあがった時など、使う頻度の高いタオル。みなさんはタオルやバスタオルの洗濯はどうされていますか?ただ洗濯されている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、タオルやバスタオルの洗い方や干し方についてご紹介します。それではまいりましょう。

一般的なタオル・バスタオルの洗濯・クリーニングの頻度は?

洗濯の頻度

タオル・バスタオルの洗濯の頻度についてです。タオル・バスタオルを洗濯する頻度は、使うたびに洗濯する、つまり使ったその日に洗濯機で回すのがベストです。衛生面に関してもタオル類は菌が増殖しやすいので、なるべく早く洗濯するべきです。お風呂で洗ったきれいな身体を拭いているのだからキレイだと思っていませんか?

実は、洗った身体を拭いたタオルやバスタオルでも、お風呂で落としきれなかった汚れや皮脂が付着しています。また、お風呂上がりにかいた汗などの汚れも付着しています。つまり、バスタオルには常在菌が付着しているということです。直接的に害はありませんが、湿っている影響もあり、徐々に菌が増殖すると言われています。

また、保存環境によっては別の菌も増殖する可能性があるので、なるべく早く洗濯することが大切になります。しかし、一人暮らしの人は特に毎日洗濯することは難しいですよね。そんな方は、使用後は干しておきましょう。たまに、バスタオルは何度も同じものを使う人がいますが、衛生的に良くありませんので気をつけましょう。

クリーニングの頻度

タオルやバスタオルは自宅で洗うものだと思っていませんか?あなたのご自宅のタオルやバスタオルの匂いや肌触りはどうですか?タオルやバスタオルは、いい匂いでふんわりした感触の方が拭いたときに気持ちが良いですよね。実は、クリーニングに出すことでご自宅では出せないふんわりとした仕上がりを感じることができます。

では、本題のタオルとバスタオルをクリーニングに出す頻度についてです。タオルやバスタオルをクリーニングに出す人自体少ないかもしれませんが、だいたい月に一度はクリーニングを使ってもいいかもしれませんね。朝に出して、その日の夕方に受け取れる所も多いので、仕事帰りなどに寄れるので気軽に利用してみてください。

タオル・バスタオルの洗濯方法・洗い方|洗う前の準備・注意点は?

タオル・バスタオルを洗濯する前の準備

タオル・バスタオルを洗濯機に入れる前の準備についてです。洗濯機に入れる前の準備としては、使用後のタオル・バスタオルを空気の通りやすいところに置いておく、または風通しの良いところに干しておくことです。洗濯機の中は、高温多湿で空気の通りもない状態なので、雑菌がとても増えやすい環境になりますので注意です。

タオルやバスタオルの匂いが臭いのは使用する際に良い気分にはなれませんよね。逆に、いい匂いでふんわりしたバスタオルは気持ちが良くて、気分も上がりますよね。雑菌が繁殖して、嫌な臭いが発生しないように気をつけて気持ち良くタオルやバスタオルを使用できるように心がけていきましょう。

洗う時の注意点

タオルやバスタオルを洗う時の注意点は、2つあります。まず1つ目は、洗濯機に詰め込みすぎないことです。洗濯物の量は多くても、容量の7~8割程度にして、余裕をもって回すようにすることが大切になります。そうすれば、十分な水量で洗濯することができ、汚れが落ちやすくなります。

また、バスタオルは比較的面積が大きいですよね。ですので、汚れも残りやすく、特に1番中央部分が汚れやすくなります。次に、タオルやバスタオルを洗う時の注意点2つ目は、洗剤・柔軟剤を入れすぎないことです。洗剤や柔軟剤を入れすぎると、洗剤がすすぎきれずバスタオルに残ります。その残りが雑菌の餌となるようです。

雑菌の繁殖を防ぐためにも、洗濯機には適量の洗剤を入れるようにしましょう。柔軟剤は硬くなったタオルを柔らかくする効果はありますが、表面を滑らかにするものです。繊維自体を柔らかくするものではありません。ですので、柔軟剤はタオルやバスタオルが硬いと感じるとき、または2~3回に一度の頻度にしましょう。

タオル・バスタオルの洗濯方法・洗い方|汚れ落としの手順は?

タオル・バスタオルの洗い方

タオル・バスタオルの洗い方について説明していきます。タオル・バスタオルの洗い方としましては、洗濯機の一番下にバスタオルを入れて洗うことがおすすめの1つです。洗濯機に入れる際に洗濯槽の一番下にバスタオルを広げるようにして入れると、より汚れが落ちやすくなる洗い方と言われています。

バスタオルが何枚かある時の洗い方も、すべて広げて重ねましょう。丸まったり折れ曲がったりしないように注意しましょう。また、上記の洗う時の注意点で述べたように、新しいバスタオルがある時は柔軟剤が逆に水分を吸いにくくする場合もありますので、柔軟剤はバスタオルが硬いと感じるときに入れるようにしましょう。

汚れ落としの手順

タオルやバスタオルの汚れ落としの手順について説明します。まず、タオル・バスタオルの汚れ落としには2つの方法があります。塩素系漂白剤は何度も使うことで生地を傷める原因になったり、色落ちしてしまうこともあるので粉末タイプの酸素系漂白剤を使うと良いです。粉末タイプは液体タイプより効果的だと言われています。

タオルやバスタオルの汚れ落としの手順①つけおき洗い

  1. 最初に洗濯をして、その後に漂白開始になります
  2. 石鹸で洗ってすすぎます
  3. 更に50℃前後のお湯に酸素系漂白剤を溶かします。
  4. 最後に1~2時間ほど浸け置きします。

タオルやバスタオルの汚れ落としの手順②煮洗い

  1. 鍋にお湯を沸かします
  2. 火力を弱めます
  3. 粉洗剤を入れる(ぬるま湯1Lに粉洗剤を小さじ2杯程度を入れます)
  4. タオルを入れて煮る(粉洗剤が溶けたらタオルを入れ、弱火で10分ときどきかき回しながら煮ます
  5. 火を止めて、冷めるまで放置します
  6. 脱水(手洗い可)して、干します

タオル・バスタオルの洗濯におすすめな洗剤は?

タオル・バスタオルの洗濯におすすめな洗剤①「ワイドハイター」

タオル・バスタオルの洗濯におすすめな洗剤は、酸素系漂白剤である「ワイドハイター」です。酸素系漂白剤は、水に溶けると活性酸素を出し、その活性酸素の酸化力でニオイの元となる雑菌を消毒してくれます。ですので、ワイドハイターは殺菌などにも効果的なおすすめの洗剤だと言われています。

「ワイドハイター」には、液体タイプと粉末タイプがあります。雑菌を落とすためには、粉末タイプのものが効果的です。液体タイプのものは酸性で、粉末タイプは弱アルカリ性です。ですので、酸性の雑菌には、粉末タイプのものが効果的になります。洗剤のおすすめについての記事も載せておきますので、見てみてくださいね。

タオル・バスタオルの洗濯におすすめな洗剤②部屋干しトップ(除菌粉末)

タオル・バスタオルの洗濯におすすめな洗剤2つ目は、部屋干しトップ(除菌粉末)です。これは、臭いを防ぐためにおすすめの洗剤です。抗菌効果が高いことをうたっている洗剤がおすすめです。特に、部屋干しに対応している部屋干しトップ(除菌粉末)は効果が高いのでチェックしてみてください。

タオル・バスタオルの寿命・購入する時のポイントは?

タオル・バスタオルの寿命

タオルとバスタオルの寿命についてですが、皆さんはどのくらいでタオルやバスタオルを買い替えますか?使いまわす枚数の頻度にもよると思いますが、洗濯すればするほど繊維の傷み方が早くなり、2~3ヶ月で肌触りが悪くなるようです。また、洗濯回数が約30回を超えると繊維が傷んでくると言われています。

また、タオルの繊維そのものが傷むと吸水性も悪くなり、ごわごわとした硬い肌触りにもなりますので、その時は買い替えることをおすすめします。キレイに見えるバスタオルも1回の使用で約1000万個の雑菌が繁殖すると言われています。子供や皮膚の弱い方ですと化膿して菌に犯されてしまう危険もあるので注意しましょう。

タオル・バスタオルを購入する時のポイント

View this post on Instagram

. こんにちは🙋 タオルの総入れ替えをしました。前回、1月に入れ替えたばかりなのに😭けっこう高かった今治タオルでしたが、使っていくうちにコワゴワ、バリバリ…乾燥機かけると少し柔らかくはなるけど、分厚いせいか乾きも悪くて⤵️家族からも固いとクレームを受ける始末💀 もう本当にずっとタオルジプシー😧ずっと毛羽落ちせずに柔らかめのタオルを探していましたが、なかなかなくて… ネットでたまたま見つけたカインズのタオルがよさそうだったので、お店へ行ってきました❗ ふわふわだけど、無撚糸よりは毛羽落ちが少ないという所に惹かれ✨半信半疑ではありますがw お値段も良心的なので一気に揃えました(大丈夫かな💧) 色は他にライトグレーとパープルがあるようですが、お店にはなくてネットでも品薄😢 なので、お店にあったこの4色にしました。白はやっぱり黒ずんでくるのでできれば避けたかったのですが💦 このタオル、薄くはないけど軽いです⤴️ミニバスタオルにしたので、洗濯物の嵩も減るかな😃 pic④. キッチン用は薄手のこちらを選びました✨ 只今、全て洗濯中~🌀 今度こそ使い心地よいといいなぁ🙄 あと、#スキット を買い足したり、愛用中のポリ袋とか←パケが変わってた!入浴剤も買ってみました🙂 . pic⑥. タオルは無撚糸の物なら色や柄も豊富でした✨毛羽落ちしなければこちらがよかったなぁ… . pic⑦. 物干しがオサレ過ぎた😂 これならリビングにでも出せそう🎵と思いつつ買ってませんがw カインズはシンプルなのが多くて見ていて飽きません😂でも長時間いたのでさすがに疲れたな💧

A post shared by インテリアコーディネーター/整理収納アドバイザー 深尾千晶 (@chiaki.fukao) on

タオル・バスタオルを購入する時のポイントについて説明します。まず1つのポイントとしては、好みの肌触りのタオルを選ぶことが大切です。安いものに目が行きがちですが、できるだけ良いものを選びましょう。タオルやバスタオルは、毎日使うものです。また、肌に直接触れて使うものなので、質感もとても重要になります。

タオル一つにしても、様々な種類があります。種類を簡単に紹介しますと、パイル地・ガーゼ織り(赤ちゃんにも優しい)・シャーリング・ワッフル織り・ジャガード織りなど様々なものがあります。ですので、買い替える時は、実際に店舗に行って、自分で実物を触って選ぶことをおすすめします。

バスタオルは、1枚を毎回使うのではなくて、何枚か買ってローテーションして使うことが大切です。沢山あればあるほど、洗濯の回数が減るのでタオル・バスタオルの寿命を持たせることができます。また、買い替えるのを機に、タオル・バスタオルの収納も考えてみるのもいいかもしれませんね。

タオル・バスタオルの洗濯が終わった後の干し方|乾燥機はOK?NG?

タオル・バスタオル洗濯機後の干し方

タオル・バスタオルの洗濯機後の干し方についてです。タオル・バスタオルを干すときの注意点は、3つあります。まず1つめは、できる限り洗濯物と洗濯物の間隔を空けて干すことです。また、ピンチハンガーに干す時は、蛇腹干しにするようにしましょう。そうすると、風の通りがよくなり、より乾きやすくなります。

2つ目は、タオル・バスタオルを干す前に振ることです。洗った直後のバスタオルの表面は、パイルが寝てしまっている状態ですので、バスタオルを干す際に上下に10~20回程バサバサと振ってパイルを立ち上げることが大切です。乾すのに時間がかかるほど、生乾きのような臭いがしてくるので気をつけましょう。

3つ目は、部屋干しには家電を上手く活用することです。花粉が多い時期や梅雨の時期はどうしても部屋干しになりますよね。部屋干しするときは、除湿機や扇風機などを上手く活用して、風通しの良い状態で干すように心掛けましょう。また、部屋干しの臭いが気になるときは部屋干し専用の洗剤もあるので、使うのもいいですね。

タオル・バスタオル乾燥機の使用はOK

タオルとバスタオルの乾燥機の使用はOKです。タオルやバスタオルを乾燥機で乾かす目安は、乾燥機を高温に設定して約20分が目安です。完全に乾くまで乾燥させてしまうと、生地が傷む原因になるので注意が必要です。乾燥機で20分乾燥させて、若干湿っているような状態でふんわりしていれば、ちょうど良い乾き具合です。

乾かした直後のタオルを乾燥機に長時間入れっぱなしにすると雑菌が繁殖します。これは匂いの原因になったり、タオルにシワが出来やすくなります。乾燥機から取り出したタオルは、完全に乾いているわけではないので、通気性の良い場所に干して自然乾燥させるようにしましょう。

また、洗い方の工夫としましては、乾いているタオルをいっしょに入れることで濡れているタオルの水分を吸収してくれるので乾きやすくなります。これは、ちょっとしたタオル・バスタオルの洗い方の時短テクニックですね。最後に、タオルのリメイク術についての記事も載せておきますので、参考にしてみてくださいね。

タオル・バスタオルは小まめに洗濯してキレイを保とう

どうでしたか?意外と知らないことが多かったのではないでしょうか。タオルやバスタオルはキレイに見えて、意外と雑菌が沢山繁殖していることも分かりましたよね。見た目のキレイさで判断せずに、小まめに手入れしてあげることが大切です。また、洗濯の仕方も工夫して、少しでもふんわりしたタオルを長持ちさせましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。