INDEX

音痴の人の悩みとは?

音痴の人の悩み①人前で歌うのが恥ずかしい

音痴の人の悩みの1つ目は、人前で歌うのが恥ずかしいことです。上手くなるための練習をしているのになかな上達しないまま、飲み会の二次会などでカラオケの流れになると憂鬱です。上司や先輩の前で歌わないわけにはいきませんし、自分がさらし者になった気分になります。忘年会シーズンはさらに憂鬱ですよね。

音痴の人の悩み②イメージとのギャップが怖い

音痴の人の悩みの2つ目は、イメージとのギャップが怖いことです。普段人目を気にしている人ほど、音痴の場合はカラオケに行きたくないですよね。クールでデキる大人を装っているのに歌わせてみれば音痴、だなんてカッコ悪いです。周りはそれもギャップとして受け入れてくれるかもしれませんが、自分は最悪な気分ですよね。

\ POINT /

カラオケに行く度に自信喪失してしまう

音痴の人は、周りの人が思う以上に人前で歌うことが苦痛です。カラオケに行く度に毎回恥ずかしい思いをするので、自信も無くなってしまいます。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴は?

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴①音域が狭い

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴の1つ目は、音域が狭いことです。音痴の人は元々出せる音域が狭いことが多いので、最高音と最低音の差が大きい曲は歌いこなしづらくなります。反対に、メロディーのふり幅が狭い曲の方が安心して淡々と歌いやすいです。

また音域が狭い曲は音自体の組み合わせも狭まるということなので、比較的シンプルなメロディーラインになりやすいということもメリットになります。似たようなメロディーの繰り返しになるようなことが多いのは、音痴にとって安心度が高いですよね。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴②キーを変えなくていい

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴の2つ目は、キーを変えなくてもいいことです。女性なら女性曲、男性なら男性曲を選ぶことが多いかと思いますが、その中でも歌手の音域が自分と違うことからキーを設定しなくてはならないこともありますよね。ですが、音痴の人にとってはそれが大きなトラップになります。

キーを変えることでイントロから違う音程の曲になりますよね。音感の良い人であればすぐに察知して歌も合わせられるのですが、音感の悪い音痴な人はすぐに「今からどんなメロディーを歌うのか」が分からないのです。なので、最初からキーを変えなくても済むような自分の音域に合った曲が歌いやすいと言えます。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴③メロディーが簡単

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴の3つ目は、メロディーが簡単であることです。童謡などの単調なメロディーラインの曲はカラオケでも高得点が採りやすいとされていますが、その理由もメロディーの移動が少なく外しにくいからです。子供でも覚えられるような、キャッチーで簡単なメロディーが音痴にはおすすめです。

メロディーが簡単であることで、自分で歌うメロディーを探す時間も減ります。歌の出だしから適性音に届くまでの時間が短くなることで「音を外している時間」も短くなり、自然なしゃくりテクニックにもなりやすいです。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴④リズムが速くない

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴の4つ目は、リズムが早くないことです。音痴にも大きく分けて2種類あります。1つは「音程が取れない」タイプで、もう1つが「リズム感が無い」タイプです。リズムがゆったりめの曲は、後者のリズム感が無いタイプの音痴の人におすすめです。

リズムが速いとそれだけズレやすくなりますし、1度ズレた時に修正するのにも焦ってしまいます。そしてその焦りは音程のブレにも通じますので余計に音痴な歌になりがちです。安定したリズムで終始歌いやすい曲を選びましょう。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴⑤音痴でもそれが目立たずわからない

歌

音痴でもカラオケで歌いやすい曲の特徴の5つ目は、音痴でもそれが目立たずわからないような曲です。代表的な例で言えばラップ曲などが当てはまります。サビ以外は音程があって無いようなものなので、リズム感が悪くないタイプの音痴であれば「歌は苦手だけれどラップは得意」というポジションになれます。

サビだけ別の人に歌ってもらうなどすれば自分が恥をかくことも無いでしょう。また同じフレーズを何度も繰りかえすような曲であれば、その曲の音程だけ練習しておけば音痴であることも目立たなくなります。歌唱力を全面に出さない曲がおすすめということですね!

\ POINT /

メロディーは分かりやすいものを選ぼう

リズムがゆったりめでメロディーもシンプルな曲こそが、音痴におすすめの歌いやすい曲です。JPOPやアイドル系の曲などに多いです。

音痴が選んではいけない曲の特徴は?

音痴が選んではいけない曲の特徴①バラードなどの聞かせる系

ピアノ

音痴が選んではいけない曲の特徴の1つ目は、バラードなどの聞かせる系です。これはやはり厳しいです。ただでさえ「歌が上手いからこそ良い曲に聞こえる」という、歌唱力依存タイプの曲は音痴は下げるに限ります。普通の歌唱力の人であっても退屈になりがちなラブバラードは、音痴にとっては大敵です。

歌っている側としては気持ちがいいかもしれませんが、聞かされる側にとっては辟易してしまいます。実力派シンガーが歌っているような「歌声が伴なってこそ映える曲」は難易度が高いです。自分の歌にある程度の自信を持ててから選ぶようにしたいですね。

音痴が選んではいけない曲の特徴②メロディーが細かく変わる

楽器

音痴が選んではいけない曲の特徴の2つ目は、メロディーが細かく変わる曲です。アップテンポの曲やバンド系の曲に多いです。1つのフレーズの中でメロディーが高くなったり低くなったり忙しい歌は、1音1音をしっかりキャッチしなければどんなメロディーを歌っているか分かりません。

加えてアップテンポだった場合には修正がしづらいという泥沼状態になりがちです。メロディーの変化が早い曲は、歌い始めてから音を探しているようでは間に合いません。音を探さなくてもパッと歌えるようになってから選ぶべき楽曲タイプだと言えるでしょう。

音痴が選んではいけない曲の特徴③途中で転調する

歌

音痴が選んではいけない曲の特徴の3つ目は、途中で転調する曲です。普段は音痴ではない人ですらも、ラストのサビなどでいきなり転調するとどこを歌っているのか分からなくなってしまいがちです。普通より音感の悪い音痴の人がそんな曲を入れても、滅多なことでは歌えないのは当たり前です。

せっかくそこまで頑張って歌ったのに、1番盛り上がるはずの転調後のラストサビでガタガタの音程になってしまっては恥ずかしい思いをします。途中で転調するタイプの曲は、1人で曲単位で練習して自信がついてから選びましょう!

\ POINT /

落ち着いてコントロールできる楽曲を選ぼう

音痴が選んではいけない曲の特徴は「メロディーが速過ぎる」「リズムも速過ぎる」ということです。まずは自分が落ち着いて最後まで歌をコントロールできるような曲を選びたいですね。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲8選【男性】

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲①ダイナマイト

音痴な男性でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の1つ目は「ダイナマイト」です。SMAPさんの代表曲の1つですが、実はメロもサビも音域が広くなくて歌いやすいです。また意外とリズムは単調でブレることが少ないので、音痴でもリズムを見失いづらいのが特徴です。カラオケのリズムの音もハッキリしています。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲②SHAKE

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の2つ目は、同じくSMAPさんの「SHAKE」です。こちらも難易度の低いシンプルなメロディーですよね。SMAPさんのシングル曲は総じてメロディーが分かりやすいので音痴にもおすすめです。同じメロディーの繰り返しが多いのも音痴に嬉しいポイントですね。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲③青春アミーゴ

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の3つ目は、修二と彰の「青春アミーゴ」です。マイナーなメロディーラインではありますが音程は追いかけやすく、途中で見失いづらいことが特徴です。全体的に曲のイメージよりもテンポが遅いので、安心して焦らずに歌いやすい曲だとも言えます。サビの最高音だけ練習したいです。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲④明日があるさ

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の4つ目は、ウルフルズさんの「明日があるさ」です。この曲がおすすめな理由は、1つのメロディーラインさえ歌えるようになれれば後はほとんど全てが同じメロディーの繰り返しだということです。これは音痴にとっては本当にありがたい曲構成です。抑揚を付けていきましょう!

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲⑤ガッツだぜ!

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の5つ目は、同じくウルフルズさんの「ガッツだぜ!」です。ウルフルズさんの曲も、JPOPらしくシンプルで分かりやすいメロディーが多くて音痴におすすめしやすいです。下手なしゃくりなどのテクニックも必要ありませんので、とにかく愚直に歌うくらいで丁度いい曲です。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲⑥リンダリンダ

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の6つ目は、ザブルーハーツさんの「リンダリンダ」です。パンクソングの定番ですが、コードもメロディーもドラムも何もかもがシンプルで歌いやすい曲です。これぞパンクの明朗さと言ったところでしょう。サビは同じ「リンダリンダ」の繰り返しなので誤魔化しがききます。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲⑦どんなときも。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の7つ目は、槇原敬之さんの「どんなときも。」です。槇原敬之さんの曲は、音域が広くてメロディーが複雑なものも確かにあります。ですがこの曲のように、子供でも歌いやすいような美しくシンプルなメロディーも多いのです。地声が高めなタイプの音痴はぜひ挑戦したい曲です。

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲⑧WAになっておどろう

音痴でもカラオケで歌いやすいおすすめ曲の8つ目は、V6さんの「WAになっておどろう」です。ジャニーズ系のアイドルの曲は音痴のカラオケでもやはり人気です。サビのメロディがシンプルなので1度歌えるようになれば全体に併用しやすいのがいいですね。メロの最初だけ走りやすいので注意しましょう。

\ POINT /

キャッチーなメロディーで無理なく歌おう!

男性の音痴におすすめの楽曲は、やはり明るくシンプルなメロディーラインのものです。テンポが速すぎないことでリズム感もズレにくくなります。

音痴でもカラオケで歌いやすい曲8選【女性】

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲①ヘビーローテーション

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の1つ目は、AKB48さんの「ヘビーローテーション」です。まるで子供向けの曲のように分かりやすく明るいキャッチーなメロディーが歌いやすいです。メロとサビの音程差があまりないので緊張しづらいのもメリットです。アカペラのように終わるラストの部分は集中しましょう!

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲②恋するフォーチュンクッキー

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の2つ目は、同じくAKB48さんの「恋するフォーチュンクッキー」です。これは盆踊りをイメージして作られた楽曲ということもあり、子供でも音痴な大人でも歌いやすいような大衆的メロディーとなっています。高音で力まなければいけない場所もありませんので安心ですね。

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲③さくらんぼ

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の3つ目は、大塚愛さんの「さくらんぼ」です。明るくメジャーなメロディーも歌いやすい秘訣ですが、メロでごちゃついてしまってもサビでパッとメリハリが付けやすい曲なので、音痴でも切り替えがしやすいというありがたい曲です。地声が高いタイプの音痴さんにはおすすめです!

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲④つけまつける

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の4つ目は、きゃりーぱみゅぱみゅさんの「つけまつける」です。きゃりーぱみゅぱみゅさんの曲は同じ音で伸ばしている箇所が多いので、メロディーの移動も少なく歌いやすいです。またリズム感もこよなく一定に近いので、音とリズム共に見失いづらいことがメリットです。

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲⑤チョコレイト・ディスコ

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の5つ目は、Perfumeさんのチョコレイト・ディスコです。テクノポップなPerfumeさんの楽曲は難しいイメージかもしれませんが、裏を返せば縦ノリを見失わなければリズム感を維持しやすいということです。音程差の少ないこちらの曲はその中でも歌いやすい楽曲です。

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲⑥リルラリルハ

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の6つ目は、木村カエラさんの「リルラリルハ」です。木村カエラさんの特に初期の頃の楽曲は、今よりもポップでシンプルなメロディーが目立ちますね。サビはキャッチーな雰囲気ですが高い音などはなく、力を抜いて歌えるので下手に外しづらいです。メロの第一声だけ注意しましょう!

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲⑦恋愛レボリューション21

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の7つ目は、モーニング娘。さんの「恋愛レボリューション21」です。モーニング娘。さんの曲もアイドルらしく分かりやすいメロディーラインが多いのですが、トリッキーな譜割りやテンポチェンジなどの個性的な曲も多いです。その点この曲は終始安定した進行で安心です。

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲⑧愛のしるし

音痴でもカラオケで歌いやすい人気曲の8つ目は、PUFFYさんの「愛のしるし」です。キャッチーなメロディーラインがウリのPUFFYさんの曲は、小さな子供でも歌えるような覚えやすさが魅力で歌いやすい曲が多いです。捻くれたところの無いメロディーは音痴のカラオケ曲としても安定した人気を誇っています。

\ POINT /

分かりやすいアイドル曲をマスターしよう!

女性の歌いやすい曲も、男性と同じくポップでキャッチーなメロディーが人気です。アイドルの曲が歌いやすいのも共通していますね!

音痴のカラオケの練習方法5選

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法①まずは1曲を完璧にする

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法の1つ目は、まずは1曲を完璧にすることです。音痴の人ほど人気曲を練習曲としてある程度歌ったら終わりにしてしまいます。それではただ音痴の人が音痴なまま歌を覚えただけです。次の練習曲に行く場合でも、自分で合格点を出せるような最低ラインをクリアしてからにしましょう。

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法②自分の声を録音する

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法の2つ目は、自分の声を録音することです。初めて自分の録音した声を聞いた人は、そのイメージの違いに大変驚くかと思います。自分がどれだけ音痴なのかを認識することが上手くなるための最短の近道です。どこを直すべきなのかを具体的に発見し、建設的な練習にしていきましょう。

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法③メトロノームに合わせて歌う

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法の3つ目は、メトロノームに合わせて歌うことです。メトロノームの無料アプリもありますのでぜひ利用しましょう。自分でなんとなく歌っていると最初と最後でかなりリズムが変わります。短い小節ごとに区切りながら録音し、確実なタイム感を身に付けることで上手くなるでしょう。

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法④恥ずかしがらない練習をする

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法の4つ目は、恥ずかしがらない練習をすることです。どれだけ1人の時に上手に歌えても、人前でアガってしまって音痴に戻っては本末転倒ですよね。音痴を直す練習は、羞恥心との戦いでもあります。場数を踏むなどして「人前で歌う」こと自体に慣れていく心の練習も必要です。

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法⑤アプリで音感を鍛える

上手くなるための音痴のカラオケの練習方法の5つ目は、アプリで音感を鍛えることです。今は本当に便利な世の中で、自分の音感をトレーニングできる無料アプリも多くあります。イヤホンを使えば移動中でもトレーニングすることができるので使わない手はありません。耳が育てば必ず音感も育ち上手くなることができます。

\ POINT /

練習は必ず録音しよう!

音痴を直すためのトレーニングは、必ず録音をして客観的に歌を聴きましょう!自分がどれだけ音痴かを理解した日からが努力のスタートです。

音痴でもカラオケを楽しもう!

いかがでしたか?音痴の人でも歌いやすいおすすめのカラオケ曲や、音痴を直すためのトレーニング方法などをご紹介しました!音痴であることに自覚があると、人前で歌うことにかなり抵抗がありますよね。だからこそ自分の歌唱力を上げて、楽しいカラオケタイムを過ごせるように頑張っていきましょう!

またカラオケと言えば「こぶし」を入れて歌いたいという人も多いのではないでしょうか。その「こぶし」の入れ方や、歌声を改善するためのトレーニングなどを纏めた記事もありますのでご紹介します!音痴の人はもちろん、もっと歌が上手くなりたいと思っている人もぜひご参考くださいね。

Small thumb shutterstock 429415018
関連記事 声質を変えるトレーニング方法6選|カラオケの歌声を改善する練習方法は?

今回は、「声質を変えるトレーニング方法」やカラオケの歌声を改善する練習

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。