Large thumb shutterstock 330942917

サングリアの作り方は?自家製ワインに合うおすすめのフルーツやレシピも

更新:2019.06.21

赤ワインや白ワインを使った、美味しいサングリアの作り方をご紹介しています。フルーツの種類やその使い方によって、自分好みのワインとして楽しめるのがサングリアのおすすめのポイントです。ぜひお好みのワインで、美味しい自家製のサングリアを作ってみませんか。

サングリアとは?

スペインやポルトガルが発祥のフレーバードワイン

サングリアというワインカクテルをご存じでしょうか。お店で楽しむだけではなく、自宅でも簡単に作ることができると評判のワインを使ったお酒です。サングリアはスペインやポルトガルの地域で、日常的に飲む飲み物として作られているフレーバードワインです。

サングリアの名前の由来は、スペイン語の「sangre」です。これは「血」を意味するスペイン語です。スペインやポルトガルでサングリアを作るときには一般的に赤ワインが使われますが、その色合いが血のように見えることからサングリアという名称がつけられるようになったと言われています。

なお、サングリアは赤ワインだけではなく、白ワインやロゼワインなどさまざまな種類のワインで作っても美味しく飲むことができます。白ワインで作ったサングリアのことは、スペインで「白」を意味する「blanca」が付けられ、「サングリア・ブランカ」と呼ばれています。

自家製サングリアを作るときの注意点

余ったワインや手軽な価格のワインを使って作れる美味しいサングリアですが、日本でサングリアを作って楽しむときには注意が必要です。酒税法でお酒を混ぜ合わせることに対して規制があるため、家庭で作るときにはアルコール度数20度以上のワインを使い、飲む直前にフルーツを入れるという作り方をする必要があります。

お店でカクテルやサングリアを提供するときには、より一層扱い方に気を付ける必要があります。より詳しく知りたい方は、ぜひ次のページを参考にしてみてくださいね。

酒税法

果物の使い方いろいろ!白ワインを使ったサングリアの作り方3つ

白ワインを使ったサングリアの作り方①白ワイン+柑橘類フルーツ

白ワインを使ったサングリアの作り方の1つ目は、白ワインと柑橘類を使ったサングリアの作り方です。作り方は本当に簡単で、お好みの白ワインに、カットしたオレンジやグレープフルーツなどをミックスするだけという作り方です。

柑橘類はその酸味と甘みのバランスがいいため、すっきりとした味わいを楽しみたいという方にとてもおすすめです。柑橘類だけでもいいですが、りんごやキウイをミックスする作り方もとてもおすすめです。柑橘類の色合いだけでもいいですが、りんごの皮の赤やキウイのグリーンが入ることでより素敵な見た目になるでしょう。

白ワインを使ったサングリアの作り方②白ワイン+桃・バナナ

白ワインを使ったサングリアの作り方の2つ目は、白ワインと桃やバナナなどの甘めのフルーツを使って作るサングリアの作り方です。これも、白ワインにカットした桃やバナナを加えるだけという作り方です。甘めのフルーツを使うことで、さっぱりとした白ワインに少しとろみがつき、より飲みやすくなります。

また、サングリアは混ぜたときのワインの味わいを楽しむものですが、一緒に漬けたフルーツを味わうのも魅力の一つです。ワインを飲みながらフルーツも食べられるように、フルーツは一口サイズにカットした作り方をおすすめします。

白ワインに触れる面積が広いほど、よりフルーツの甘みが溶け出し美味しいサングリアになるでしょう。こういったフルーツの使い方もぜひ試してみてくださいね。

白ワインを使ったサングリアの作り方③白ワイン+フルーツ缶詰

白ワインを使ったサングリアの作り方の3つ目は、白ワインとフルーツの缶詰を合わせたサングリアです。生のフルーツを使うとフレッシュな味わいを楽しむことができますが、フルーツの缶詰を使うことでよりデザートに近い美味しいサングリアを味わうことができます。

これは、ワインの酸味や辛みが苦手な方にはよりおすすめです。甘口のワインを使って、食後に楽しめるフルーツポンチとして作ってみてもいいでしょう。フルーツ缶詰のシロップも、好みに応じてちょうどいい分量を混ぜ合わせた作り方・使い方にしてみてくださいね。

また、次の記事では白ワインに合わせるのにおすすめのお料理をご紹介しています。手作りのお料理はもちろんですが、手軽に購入できるコンビニなどのおつまみについても解説しています。週末は美味しいおつまみを楽しみながら、白ワインを堪能されてはいかがでしょうか。ぜひ次の記事を参考になさってください。

果物の使い方いろいろ!白以外のワインを使ったサングリアの作り方4つ

白以外のワインを使ったサングリアの作り方①赤ワイン+リンゴ+シナモン

白以外のワインを使ったサングリアの作り方の1つ目は、赤ワインとリンゴ、そしてシナモンをミックスした赤ワインサングリアの作り方です。サングリアはフルーツをミックスするだけではなく、スパイスを入れるのもおすすめです。中でも一般的に用いられているのが、シナモンです。

赤ワインに一口サイズにカットしたリンゴを入れ、シナモンスティックを1本さしておくだけという、とても簡単な使い方です。シナモンの香りがリンゴとぴったりで、大人な味わいのサングリアが仕上がります。秋のリンゴが美味しい季節には、ぜひ試してみてくださいね。

白以外のワインを使ったサングリアの作り方②赤ワイン+柑橘類

白以外のワインを使ったサングリアの作り方の2つ目は、赤ワインと柑橘類のサングリアの作り方です。これもとても一般的な組み合わせで、赤ワインを美味しく楽しむことができるフレーバーになります。

柑橘類は、オレンジやグレープフルーツであれば、季節を問わずに入手できるため、年中サングリアを楽しみたい方にはおすすめのフルーツです。さらに、よりカクテル風に楽しみたい場合には、100%のオレンジジュースをミックスする作り方もおすすめです。

柑橘類のフルーツだけではなく、オレンジジュースを加えることでとても飲みやすくなり、アルコールに弱い方であっても親しみやすくなります。このように、フルーツだけではなく赤ワインとミックスしたカクテルについては次の記事でもご紹介しています。ぜひ参考になさってください。

白以外のワインを使ったサングリアの作り方③ロゼワイン+いちご

白以外のワインを使ったサングリアの作り方の3つ目は、ロゼワインといちごの組み合わせのサングリアの作り方です。ロゼワインはさまざまな製法で作られており、黒ブドウが使われる場合もあれば、白ブドウが使われる場合もあります。また、黒ブドウと白ブドウを両方使って作られることもあります。

POINT

赤ワインと白ワインのブレンドはNG!

さまざまな製法で作られているロゼワインですが、ヨーロッパの法律では仕上がった赤ワインと白ワインをミックスしてロゼワインとする作り方は禁止されています。しかし、シャンパンで有名なフランスのシャンパーニュ地方だけは、ロゼシャンパンの製造においてのみ、赤と白のブレンドが認められています。

ロゼワインは可愛いらしいピンク色をしているため、甘口の印象を持っている方が多いと思いますが、実はロゼワインには辛口もあります。ロゼワインのサングリアを作るときには、好みに応じて甘口か辛口を選ぶといいでしょう。そして、ロゼワインのその可愛いらしいピンクにはやはりいちごがぴったりです。

そのままのいちごを落としただけではあまりフルーツの味わいを楽しむことができませんから、ぜひいちごは小さい角切りの使い方にして、ロゼワインにミックスしましょう。美味しいだけではなく、写真映えもするとても素敵なサングリアに仕上がるでしょう。

白以外のワインを使ったサングリアの作り方④スパークリング+キウイ

白以外のワインを使ったサングリアの作り方の4つ目は、スパークリングワインとキウイのサングリアの作り方です。サングリアは赤ワインや白ワインだけではなくスパークリングワインでも作ることができます。

スパークリングワインにそのままフルーツをミックスしてもいいですが、キウイと砂糖を軽く煮詰めて冷やしたジャムに、辛口のスパークリングワインをミックスする使い方も試してみてください。辛いスパークリングワインに、キウイの酸味と甘みが加わり、とても美味しいスパークリングサングリアに仕上がります。

なお、次の記事ではお手軽なスパークリングワインの人気ランキングをご紹介しています。スパークリングワインには甘口と辛口がありますが、そのほかにも赤ワインがベースのスパークリングや、ロゼのスパークリングもあります。ぜひ好みに合わせて、スパークリングワインを楽しんでくださいね。

サングリアを使ったレシピは?作り方5選

サングリアを使ったレシピ①アップルパイ

サングリアを使ったレシピの1つ目は、サングリアでミックスしたリンゴを使って作るアップルパイです。特に赤ワインとミックスしたリンゴは、赤く色づいて赤ワインの風味もつき、とても美味しく食べることができます。そのままでは渋みも感じますから、ぜひアップルパイにして楽しみましょう。

赤ワインの中のリンゴを取り出し、鍋に入れて火にかけます。リンゴへの赤ワインの染み込み方にもよりますが、お水と砂糖を加えて少し甘めに煮詰めましょう。それを冷ましたらそのままパイに加えてアップルパイを仕上げます。ぜひ一度試してみてください。

サングリアを使ったレシピ②豚バラ塊肉のサングリア煮込み

サングリアを使ったレシピの2つ目は、豚バラの塊肉のサングリア煮込みです。しっかりと塩コショウをした豚塊肉を、サングリアで1時間半~2時間煮込むだけというとても簡単な作り方です。赤ワイン煮よりもあっさりとしていますが、もともとフルーツが漬け込んであるためより華やかな味わいを楽しむことができます。

ローズマリーなどのハーブを加えて煮込むと、さらに香りが高くなり美味しく味わうことができるでしょう。豚バラ肉のサングリア煮込みを楽しみながら、サングリアを楽しむというのもとても素敵な夕食になりますね。

また、次の記事では豚肉の臭いを消す方法をご紹介しています。豚肉はとても美味しいですが、その臭いが苦手という方も多いでしょう。適切な方法で臭いを消すことによって、より美味しく豚肉を楽しむことができます。また豚肉の保存方法やレシピについても解説しています。ぜひ次の記事を参考になさってください。

サングリアを使ったレシピ③果物ジャム

サングリアを使ったレシピの3つ目は、サングリアのフルーツを使った果物ジャムです。白ワインや赤ワインにミックスされていたフルーツには、しっかりとワインフレーバーが付いています。

これに水と砂糖を加えて鍋で煮込むことで、美味しいジャムが仕上がります。フルーツに染み込んでいるアルコールも、鍋で煮詰めることで十分飛ばすことができるため、子どもでも安心して食べることができるでしょう。

サングリアを使ったレシピ④フローズンサングリア

サングリアを使ったレシピの4つ目は、フローズンサングリアです。サングリアの残りのフルーツをたっぷりと使って美味しく味わえる、おすすめのスイーツです。サングリアの残りのフルーツと適量の氷をフードプロセッサーで、ミックスします。形が少し残る程度まで砕いたら完成です。

フローズンサングリアはお酒としてはもちろん、フローズンなスイーツとして楽しむことができます。少し甘みがほしい場合には、フードプロセッサーにかける際に、少し砂糖やはちみつなどを加えるといいでしょう。お酒として楽しむだけではなく、スイーツとしても味わえるサングリアは、とてもおすすめのワインです。

サングリアを使ったレシピ⑤トマトキーマカレー

サングリアを使ったレシピの5つ目は、トマトキーマカレーです。キーマカレーのひき肉を炒めたあとにトマトで少し煮込みますが、このタイミングで一緒にサングリアを投入します。ミックスしてから少し時間が経ってしまったサングリアなどを使うのがおすすめです。

ここでは料理酒や白ワインを加えることが多いですが、サングリアはフルーツの甘みもついていますし、味わいも深いため、よりトマトキーマカレーが華やかな味わいに変化します。白ワインのサングリアであればあっさりと、赤ワインのサングリアであれば味わい深いキーマカレーに仕上がるでしょう。ぜひ試してみてください。

色んな使い方ができるサングリアシロップの作り方は?

色んな使い方ができるサングリアシロップの作り方

サングリアシロップをご存じでしょうか。サングリアは、白ワインや赤ワインなどのアルコールのワインに、直接生のフルーツをミックスするため、お酒として楽しむカクテルです。しかし、アルコールが苦手な方でも楽しめるサングリアがあります。それがサングリアシロップです。

赤ワインや白ワインに、カットしたさまざまなフルーツを入れて、鍋で煮込んで作ります。白ワインでも作ることができますが、かなりあっさりとした味わいになるため、サングリアの味わいを楽しむシロップとして使うのであれば、赤ワインでの作り方をおすすめします。

フルーツは好みのフルーツを使いましょう。酸味が苦手な場合には桃やバナナなどの甘くてとろみの付きやすいフルーツがおすすめです。一方で、フレッシュさを楽しみたい場合であれば、オレンジやレモン、りんごなどのフルーツを使うといいでしょう。

好みによって加熱時間を調整

サングリアシロップはその楽しみ方や使い方、そして好みに応じて加熱時間を変えるといいでしょう。そのまま飲み物としてストレートに楽しむという場合には、加熱時間は3分ほどがおすすめです。ほどよくアルコールも感じられるサングリアに仕上がります。

また、炭酸などと割って楽しむ場合には、少しとろみのつく5分程度の加熱時間がおすすめです。さらに、完全にアルコールを飛ばしてソースや風味付けに楽しみたいという場合には、8分~10分程度加熱するといいでしょう。

時間に応じてフルーツのとろけ具合も変わってくるため、ご自身の好みにぴったりの美味しいサングリアシロップを作ってみてくださいね。

サングリアシロップの使い方は?

サングリアシロップの美味しい使い方①混ぜて飲む

サングリアシロップの使い方の1つ目は、何かと混ぜ合わせて飲むことです。一番のおすすめはサングリアシロップのソーダ割りです。梅シロップやビネガー類をソーダで割って楽しむのと同じように、サングリアシロップをソーダで割るととてもすっきりとした味わいになるためお風呂上りにもぴったりの使い方と言えるでしょう。

定番はソーダ割りですが、紅茶やアイスティーのフレーバーとしての使い方もおすすめです。サングリアシロップは甘さは好みで調整できるため、甘いフレーバーティーは苦手という場合でも好みに応じて調整できます。

さらに、サングリアシロップをそのままストレートで飲むのもおすすめです。しっかりと冷蔵庫で冷やしたサングリアシロップは、とてもすっきりとしているため、食事とも合わせやすいでしょう。ぜひ一度試してみてくださいね。

サングリアシロップの美味しい使い方②かけて楽しむ

サングリアシロップの使い方の2つ目は、かけて楽しむというスタイルです。バニラアイスクリームや、ヨーグルトにかけてミックスして食べると、とても美味しいスイーツに仕上がります。甘めのデザートが好みの場合には、サングリアシロップを作る際に少し砂糖を多めにして甘めにすることをおすすめします。

一方で、サングリアのワインやフルーツのフレーバーを楽しみたいという場合には、あまり砂糖を増やさずにすっきりとしたソースとしての使い方を楽しむのもいいでしょう。

またヨーグルトやアイスクリームだけではなく、カルパッチョのソースのアクセントとしての使い方もおすすめです。オリーブオイルに塩コショウを合わせ、それにサングリアシロップをミックスしたソースは、鯛やサーモンなどのカルパッチョともとても相性が良く、特別な日の食事の前菜として楽しめるでしょう。

サングリアを作る際におすすめのワイン5選

サングリアを作る際におすすめのワイン①カルロロッシ白3リットル

サングリアを作る際におすすめのワインの1つ目は、カルロロッシの白ワインの3リットルパックです。サングリアのうれしいポイントは、高いワインで作らなくても美味しく楽しめるサングリアが作れるという点です。

カルロロッシ自体もコスパの良い美味しい白ワインですが、ぜひ柑橘類やリンゴを合わせたサングリアを作って楽しむとより美味しく飲むことができるでしょう。

サングリアを作る際におすすめのワイン②デボルトリディービー

サングリアを作る際におすすめのワインの2つ目は、デボルトリディービーセミヨン・シャルドネです。こちらは、1000円以下で楽しめるコスパのいいおすすめ白ワインとしてよく知られているワインです。セミヨンとシャルドネの、とても深くそして酸味の美味しい、大人な白ワインです。

このワインの味わいをそのまま楽しむなら、オレンジやレモンなどのフレッシュな香りのサングリアが一番おすすめです。また、より飲みやすく楽しみたいというようであれば、バナナや桃を加えてみてもいいでしょう。

サングリアを作る際におすすめのワイン③メルシャンフランジア

サングリアを作る際におすすめのワインの3つ目は、メルシャン社のフランジア3リットルパックです。フランジアは、コスパのいいカリフォルニアワインで、そのままでも美味しいですがぜひサングリアとして楽しんでいただきたい赤ワインです。

また、赤ワインや白ワインをそのまま楽しむよりもサングリアとして飲むのが一番好き、という方にも、この3リットルのパックはとてもおすすめです。自分の好きな量だけをデキャンタに取ることができるため、いつまでもフレッシュに味わうことができるためです。

サングリアを作る際におすすめのワイン④フレシネコルドンネグロ

サングリアを作る際におすすめのワインの4つ目は、辛口のカヴァで人気のフレシネコルドンネグロです。カヴァは、スペインのスパークリングワインのことで、中でもこのフレシネコルドンネグロは、安いのにとても美味しいと定評のあるスパークリングワインです。

そのままの辛口で楽しみたい場合には、オレンジやレモンなどの柑橘類やフレッシュな角切りリンゴと一緒に楽しむといいでしょう。少し甘みを感じるサングリアとして楽しみたい場合には、フルーツの缶詰などと合わせるのもおすすめです。

サングリアを作る際におすすめのワイン⑤サングリア

サングリアを作る際におすすめのワインの5つ目は、サングリアとして販売されているフレーバーワインです。これらは、すでにフルーツのフレーバーがついているため、もちろんそのままでサングリアとして楽しむことができます。

しかしよりフルーツ感を味わいたいという場合には、このサングリアにフレッシュなフルーツをミックスして楽しむといいでしょう。よりフルーツのフレーバーが増して、甘くて美味しいサングリアとして楽しむことができるでしょう。デザートワインとして楽しみたい方にもおすすめです。

なお、次の記事ではコンビニのおすすめワインについてご紹介しています。コンビニワインの質はとても高くなっていて、そのまま飲むのにもおすすめですが、サングリア作りにも向いています。ぜひコンビニの赤ワイン・白ワインで美味しいサングリアを作られてみてはいかがでしょうか。ぜひ次の記事を参考になさってください。

自家製サングリアを美味しく楽しもう!

白ワインや赤ワインを使って簡単に作る、自家製のサングリアの作り方についてご紹介しました。いかがでしたでしょうか。さまざまな種類のフルーツをミックスすることで、より香り高い美味しいサングリアに仕上げられることが分かりましたね。

サングリアはどんなワインでもより美味しく味わえるおすすめのフレーバードワインです。ワインが苦手という方でも、サングリアなら美味しく楽しめるのではないでしょうか。ぜひ本記事を参考に、美味しいサングリアを作ってみてくださいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。