INDEX

伸びない・首よれしないTシャツの洗い方のコツは?

Tシャツの洗濯、まずは洗濯タグをチェックすること

お気に入りのTシャツだったのに洗濯したら首元、襟が伸びてしまった…なんて経験ありませんか?洗濯して首元が伸びてしまうのは洗濯する事が原因で伸びてしまうのではなく、洗濯方法干し方を確認することが大切です。Tシャツの洗濯タグ、チェックしていますか?中には洗濯機では洗えないTシャツもあります。

Tシャツのほとんどは綿100%なので洗濯機で洗う事ができますが、中には手洗いを勧めているTシャツもあります。ビーズが付いているTシャツや刺繡が施してあるTシャツは手洗いをお勧めしますが、洗濯機で洗えるTシャツもあえて手洗いをする事で洗濯による型崩れを防ぐ事が出来ます。

無地のTシャツが流行っていますが、無地のTシャツこそ、シルエットが大切になってきます。シルエットを崩さず長く愛用する為には首よれは大敵!Tシャツの首よれは干し方が悪いと伸びてしまうと思いがちですが、実は洗濯の仕方によっても大きく左右します。Tシャツの首がヨレヨレにならない洗濯法をチェックしましょう。

襟がヨレヨレにならないためにTシャツを洗濯機で洗う時の約束事

洗濯をする際にはTシャツも洗濯ネットに入れて洗濯機で洗いましょう。洗濯ネットに入れると洗濯物どうしが絡むのを防いでくれ、さらにTシャツ全体がヨレるのも防ぎます。Tシャツ以外の物と洗濯する時はネットに入れていないと洗濯機から出す時に絡まってしまってますよね。ネット入れることでその手間も省きます。

ネットに入れるときはTシャツを裏返して1枚ずつ入れる事。ネットに何枚か入れてしまうと汚れ落ちも悪くなり中で洗濯物同士がこすれダメージを受けてしまいます。伸びない為にも1枚のネットには1枚のTシャツを入れるようにしましょう。ポンっと入れるのではなく畳んでネットに入れることも忘れずに!

Tシャツの首よれを防ぐには輪ゴムで留めるのもよれない方法で効果的です。洗濯ネットにTシャツを入れる前にTシャツの首元を輪ゴムで留めるだけ!洗濯中の負荷がかかりにくくなるので、首よれを防ぐことが出来ます。輪ゴムは染料のないものを使って下さいね。

Tシャツの手洗いもおすすめ《洗い方》

Tシャツは洗濯機で洗う事が多いですが、中には手洗いの表記やドライクリーニングの表記がされているものもあります。そして、洗濯機で洗う事が出来るTシャツも手洗いをする事により首よれ、襟がヨレヨレになるのを防ぐことが出来ます。伸びない為にも使用する洗剤はおしゃれ着用の洗剤を使いましょう。

洗い方はバケツに水ではなくぬるま湯を入れ、おしゃれ着洗剤を入れます。そこに畳んだ状態のTシャツを入れゆっくりと浸透させていきます。数分間そのままにしておき、その後に優しく押し洗いします。気を付けたいのがゴシゴシと洗わない事!5分ほどしたらすすぎます。丁寧に優しく押してすすぎ洗いをします。

脱水するときは洗濯機を使います。普段の洗濯機での脱水時間は3分ほどですが手洗いしたTシャツの脱水時間は短くても大丈夫。長くても1分ほどで終わらせるのがコツです。脱水の時間が長くなればそれだけTシャツにはダメージがかかります。次は干し方!

伸びない・首よれしないTシャツの干し方のポイントは?

Tシャツが伸びない・首よれしない干し方|丸く厚みのあるハンガーを使う

洗濯が終わったら直ぐに干しましょう。洗濯機に入れたままにすると今度はシワの原因になります。Tシャツはシワなく着たいものですし雑菌もふえてしまいます。Tシャツをたたみ全体をパンパンとたたきます。型崩れしやすい首まわりは両手ではさみ優しくたたき念入りにしましょう。型を整えてから干す事でヨレを防止します。

Tシャツの干し方でのハンガーですがどんなタイプのものを使っていますか。身近にある針金ハンガーをついつい使ってしまう人もいるのではないでしょうか。Tシャツがヨレヨレになる原因は干し方も大切です。針金のハンガーは型崩れを起こしやすいのでNG!Tシャツに限らず干す時に型が付きやすくおすすめしません。

Tシャツの干し方で最適なハンガーはスーツやジャケットをかけるのに使う肩が丸く厚みのあるがっちりとしたハンガーです。厚みのあるおかげでTシャツの間に隙間ができ乾きも速くなりシワも防止できます。この方法は私もしていますがTシャツの襟は伸びないのでおすすめします。

Tシャツが伸びない・首よれしない干し方|ハンガーは下から通し下から外す

Tシャツをハンガーにかけての干すときは、首もとを広げてハンガーを通すのではなく、下からハンガーを通すようにしましょう。襟からハンガーを通してしまうと襟もとはヨレヨレになってしまいます。初めは面倒に感じますが慣れてコツを掴めば簡単に通す事が出来るようになります。ハンガーから外す時も同じです。

ハンガーにかけたらシワを取ります。やってしまいがちなのが手を広げてTシャツを伸ばしてシワを取ろうとする事。手を広げてシワを取るとTシャツが伸びてしまいます。シワは叩いて伸ばしましょう。パンパンと叩く振動でヨレを取ってくれます。叩く事で型崩れの予防、干す時間も短縮されます。

パンパンとシワを伸ばしたら、Tシャツの肩のズレがないかチェックしましょう。ハンガーの肩の部分がズレてしまう事で本来の肩の位置とは違う所で乾いてしまいます。そうなると着た時に変なシワが出来てしまっていたり、首がよれてしまったりします。襟もとがよれない、伸びない為にも気を付けましょう。

Tシャツが伸びない・首よれしない干し方|平干しネットを使う

ハンガーを使わない干し方もおすすめです。セーターやニットを干す時に良く聞く平干し。平干しはTシャツの襟が伸びるのを防いでくれ、よれない干し方です。平干しは伸びやすい洋服に負担をかけずに干す方法でTシャツを平たく寝かせて乾かせるのでTシャツの肩などに負担がかかりません。

ハンガーでTシャツを干すことによりどうしても洗濯で含まれている水分の重みでTシャツの下の部分に負荷がかかります。乾いたTシャツのハンガーの跡が…これはハンガーが細いことにより出来てしまう跡ですが、平干しの場合はその跡がつく心配はありません。

平干しのやり方は簡単!初めはハンガーに掛けて干す場合と同じで、洗濯が終わったTシャツのシワを取る為にしっかりと手でパンパンと叩いてシワを取ります。その後に、平干しネットの上に乗せて乾かすだけです。平干しネットはあると便利。ない場合はピンチハンガーの上の部分の天面を使うと平干しできます。

Tシャツが伸びない・首よれしない干し方ができる!おすすめグッズ4選

おすすめグッズ①肩がしっかりとしているハンガー

洗濯物を干すスペースなどの事を考えると干し方はTシャツをハンガーにかけて干すのが1番場所も取りません。しかし、Tシャツをハンガーにかけて干すなら針金のハンガーやTシャツの肩のあたる部分が尖っているタイプのハンガーでは首よれや肩のラインに跡が付いてしまいます。肩が合っていないと型崩れの原因になります。

干す時にTシャツが伸びない、しかも首よれしない、襟もよれないおすすめのハンガーはハンガー自体が厚みがあり肩が丸くしっかりとあるタイプのハンガーです。スーツやジャケットに使われているハンガーがしっかりとしていておすすめです。

Tシャツを干す時におすすめなハンガーですが厚みがあるために場所を取ります。たくさんあれば常備するのは大変ですから数本持っていると便利。ローテーションでTシャツがヨレヨレにならない干し方をしましょう。

おすすめグッズ②よれないアーチラインのハンガー

Tシャツをハンガーにかける干し方でもう1つおすすめなハンガーは体のラインに沿ってTシャツが干せるハンガーです。人間に近いゆるいカーブを描いた形のハンガーです。針金のハンガーでは肩の部分に重みがかかってしまいますが、この体のラインハンガーなら上手く重みを逃がしてTシャツがよれません。

この体のラインにそったハンガーは緩やかな肩のラインなのでTシャツ以外にもセーター、ニットなんかも伸びない、襟もともヨレヨレにならずに最適。ピッタっと捉えてくれるのでよれないで型崩れを防いでくれます。

このタイプのハンガーはハンガー自体が薄いので収納スペースが限られてしまう人にはおすすめです。そのままTシャツをハンガーにかけて収納する場合も場所を取らないのでクローゼットはスッキリと片付きます!

おすすめグッズ③ステンレス製のハンガー

普段の洗濯は天気が良い日は屋外に干している人が多く干し方にもよりますが、気になるのがハンガーの劣化です。プラスチック製のハンガーはどうしても屋外で日に当たると劣化してしまいます。私も何回かハンガーが割れてしまった経験がありますが、このステンレス製のハンガーなら劣化は気になりません。

劣化に強く丈夫!それにさびにくいのがステンレス製の特徴です。そして、やはり収納も気になる所ですがステンレス製のハンガーもハンガー自体が薄いのでTシャツをたくさん干しても場所を取りません。収納もスッキリです。

Tシャツのハンガーでの干し方は下からハンガーを通さないと襟もとが伸びてしまいますが、このハンガーは肩の部分にくぼみがあるので、襟もとからハンガーを通しても襟もとがよれないしくみになっています。その他にもハンガーはたくさんあります。アイテムによってハンガーを変えてみたり参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 566248510
関連記事 100均のハンガー10選!ダイソー・セリア別!おすすめ洗濯便利グッズ!

100均にはたくさんのハンガーがあります。ダイソーやセリアなどの100

おすすめグッズ④平干しネット

Tシャツの干し方で1番首元やTシャツ自体に負荷が掛からない干し方が平干しです。しかし、平干しは場所も取りますし難しいのが現状ではないでしょうか。私も気にはなっている平干しですが、洗濯の場所も取りますし購入できずにいます。

平干しネットは吊り下げるタイプのもが一般的。吊り下げタイプは物干し竿などに掛けて使うもので、1~3段のものがあります。少ないスペースで数枚干す事が出来ます。下の段もしっかりと間が空いていれば乾きますから何枚かTシャツを干す時に便利です。

平干しネットは大きさも様々。Tシャツを干すなら小さめでは広げて干すのは難しいので、ニットやセーターの平干しが出来るタイプの物を選びましょう。風で飛ばされないようにTシャツを押さえてくれるネットやひもがある物を選ぶのがベストです。

洗濯が終わりTシャツが乾いてからのたたみ方も大切!シワが出来てしまったらTシャツはカッコ悪いです。合わせて参考にしてみて下さい

Tシャツが伸びないように洗い方・干し方を気を付けよう

Tシャツ1枚でもお気に入りのものなら大切に着たいものです。洗濯による首よれや伸びはネットにしっかりと入れて洗えば洗濯によるダメージは避けることが出来ます。干す時も平干しがおすすめですが、難しいようならハンガーをしっかりとしたタイプの物を使えば伸びは防げると思います。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。