INDEX

パーコレータ―とは?

パーコレータ―とはコーヒーを抽出するための道具

自動のコーヒーメーカーやサイフォン式メーカーなど、コーヒーを抽出する機械はたくさん販売されていますが、パーコレーターも実はコーヒーを抽出するための道具なのです。コーヒーをセットして、コンロや焚き火などで直接火にかけるだけで簡単にコーヒーを作ることができます。

パーコレーターはアウトドア・調理でも大活躍!

また、パーコレーターは他のコーヒーメーカーのように電気を必要としないうえ、ステンレスなどで耐久性が高いため、普段使いはもちろんアウトドアでもしっかり活躍してくれます。パーコレーターはコーヒー作りだけでなく、紅茶ポット・スパゲッティ用鍋などといった調理にも活用できるモデルも存在しています。

パーコレーターの仕組みとは?

パーコレーターの仕組み①熱くなったお湯が噴出する仕組みになっている

パーコレーターの仕組みにおいて、最大の特徴ともいえるのが「熱くなったお湯が噴出する仕組み」です。一見普通のやかんや鍋のような形状をしているパーコレーターの本体内は、お湯・コーヒー豆・循環用の管という3つから構成されています。

本体中央に設置されている循環用の管から吸い上げられたお湯がコーヒー豆に染み込むことによって、コーヒー独特の色・風味がバスケットを通してお湯に戻っていくという仕組みがパーコレーターの基本的な構造となっています。この工程が繰り返されることにより、少しずつコーヒーが濃くなっていくのです。

パーコレーターの仕組み②豆を逃がさないバスケットと蓋

バーコレーターの仕組みを解説するうえで、欠かせないのが「バスケット」の存在です。パーコレーターのモデル・本体の大きさによって、様々な大きさのバスケットが付属していますが、基本的に茶ごしのような細かいすき間や丸い小さな穴を持っており、コーヒー豆を支えるとともに抽出作業をおこなってくれます。

パーコレーターの仕組み③コーヒーの様子が分かる透明ノブ

パーコレーターの仕組みにおいて、パーコレーター初心者やコーヒー好きには心強い味方であるのが「透明ノブ」です。パーコレーターの上に付いている「ノブ」ですが、ただ蓋を取るためだけでなく、ノブの位置からパーコレーター内部の様子を確認するためという美味しいコーヒーを淹れるために重要な役割を担っているのです。

ふつふつと沸騰していくコーヒーの様子はもちろん、抽出中のコーヒーの色味が目で確認できるため、自分好みの濃さにコーヒーを調節したいという方にも安心して使える仕組みになっています。

パーコレーターの使い方とは?

パーコレーターの使い方・入れ方①下準備の方法

パーコレーターの使い方・入れ方の1つ目にご紹介するのが「下準備の方法」です。パーコレーターを使って美味しいコーヒーを入れる時には、お湯やコーヒー豆の準備から大切です。基本的にパーコレーター本体に水を入れて直接火にかけますが、この時に本体に付いている目盛りを使って水の量を計ってから火にかけましょう。

また、パーコレーターでコーヒーを入れる時にはあらかじめ挽いたコーヒー豆を使用しますが、一般的に販売されているコーヒーの粉ではバスケットの穴から出てしまうほど細かくなっている場合もあります。そのため、コーヒー豆を丁度良い細かさに調節できるようにコーヒーミルを用意しておくと良いでしょう。

パーコレーターの使い方・入れ方②コーヒーをパーコレーターに入れる

パーコレーターの使い方・入れ方の2つ目にご紹介するのが「コーヒーをパーコレーターに入れる」というステップです。パーコレーターの仕組みにおいて重要な役割を持つバスケットへ挽いたコーヒー豆を入れていきます。入れ方のコツはバスケットを本体から取り出してから豆を入れていくと、量の加減がしやすいですよ!

パーコレーターの使い方・入れ方③コーヒーを抽出する

パーコレーターの使い方・入れ方の3つ目にご紹介するのは「コーヒーを抽出する」ステップです。コーヒー豆を必要量パーコレーターに入れたら、バスケットを戻してしっかり蓋をしておきましょう。抽出中の様子は逐次、本体の上部にある透明ノブから確認しながら抽出をしていきましょう。

パーコレーターの使い方・入れ方④使用後の洗いものはモデルによって異なる

パーコレーターの使い方・入れ方の4つ目にご紹介するのは「使用後の後片付けの方法」についてです。パーコレーターは本体がシンプルな設計になっているものが多いですが、バスケットや管・ノブなどといった細かいパーツがあるため、使用後の手入れに悩むという方も少なくありません。

パーコレーターのモデルによっては食洗機が使えるもの、水洗いでいいものなどといった様々な手入れ方法が可能なものがあるため「手入れに時間をかけたくない」という方は各モデルがどのような手入れ方法がいいかを確認しておきましょう。

パーコレーターの使い方のコツ5選

パーコレーターの使い方のコツ①コーヒーの分量をしっかり計ること

パーコレーターの使い方のコツ1つ目は「コーヒーの分量をしっかり計ること」です。パーコレーターを使用するにあたって、1度に使うコーヒー豆の分量は人によって異なりますが、まずいコーヒーになってしまう原因の1つとして「お湯の量に合わない稜の豆を使用している」という点があります。

パーコレーターを使う時には、通常バスケットの半分ぐらいの量が一般的とされています。また、有名なコーヒーブランド「UCC」によると、カップ1杯分のコーヒーの目安は「コーヒー12gに対してお湯が160cc程度」となっていますので、自分の好きな濃さや必要量に応じて調節してきましょう。

パーコレーターの使い方のコツ②コーヒーは粗挽きにすること

パーコレーターの使い方のコツ2つ目は「コーヒーは粗挽きにすること」です。パーコレーターのバスケットには丸い穴が空いており、あまりに細かすぎるコーヒーを使用していると、穴からコーヒーの粉が入り込んでしまい、渋み・エグみが出てまずいコーヒーになってしまうことがあります。

そのため、パーコレーターでコーヒーを作る時の豆は穴から下に落ちないようにするためにも、必ず中挽き~粗挽きにしておくようにしましょう。

パーコレーターの使い方のコツ③沸騰や長時間の煮出しに注意

パーコレーターの使い方のコツの3つ目は「沸騰や長時間の煮出しに注意」ということです。パーコレーターでコーヒーを入れる時に「より濃いコーヒーが飲みたい」と思って強火で煮出したり、長時間火にかけてしまう人も多いです。

しかし、この方法では過剰に抽出してしまったり、コーヒーが酸化してしまい、まずいコーヒーになってしまいますので注意しましょう。

パーコレーター使い方のコツ④まずいコーヒーにならない味・濃さの調整方法

パーコレーター使い方のコツ4つ目は「まずいコーヒーにならない味・濃さの調節方法」です。「パーコレーターで入れたコーヒーはまずい」というイメージを持つ人も少なくありませんが、味や濃さを調節するコツは「透明ノブから抽出液の色を確認すること」と「火の強さで調整していくこと」です。

はじめは強火で加熱していきますが、ノブから見た時に液の色がだんだん濃くなってきたり、水分量が減ってきたら煮詰まってきた証拠です。弱火にしたり、本体を火から離したりするとより細かい調整ができます。

パーコレーターの使い方のコツ⑤抽出後の注ぎ方

パーコレーターの使い方のコツ5つ目は「抽出後の注ぎ方」です。熱々のコーヒーが出来上がった後はすぐにでも飲みたくなるものですが、パーコレーターの場合、沸騰直後は粉が液中に浮いているため、まずいコーヒーになりやすくなります。粉が沈殿するまで少し待ちましょう。

アウトドアにおすすめのパーコレーター10選

アウトドアにおすすめのパーコレーター①ビアレッティ直火モカエキスプレス

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーターの1つ目は「ビアレッティ直火式モカエキスプレス」です。こちらのパーコレーターではイタリア発の世界最大手コーヒーメーカー会社である「ビアレッティー社」が手掛けた製品であり、エスプレッソをはじめとしたコクの深いイタリアンコーヒーを手軽に作ることができます。

本体はアルミ製になっているため、使えば使うほどコーヒーの香りが染み込んで、よりおいしいコーヒーを作ることができます。パーコレーターのデザインにもこだわっており、シンプルかつ洗練された美しいフォルムは多くのコーヒー好きを魅了しています。

「ビアレッティ直火式モカエキスプレス」の詳細
価格(税込) 3,108円
大きさ(mm) 80×140×145
重さ 2カップ:約290g

アウトドアにおすすめのパーコレーター②キャプテンスタッグコーヒーポット

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター2つ目は「キャプテンスタッグコーヒーポット」です。構造はシンプルですが、ストレーナーの穴が小さいため、パーコレーター用より小さい粒のコーヒーでも美味しいコーヒーを作ることができます。フタを押さえなくても熱いコーヒーを淹れることができるため、アウトドアでも便利です。

また、ストレーナーを外すことでコーヒーの抽出だけでなくケトルやティーバックポットとしても活用することができるため、普段使いとしてもおすすめできます。

「キャプテンスタッグコーヒーポット」の詳細
価格(税込) 2,536円
大きさ(mm) 170×105×145
重さ 390g

アウトドアにおすすめパーコレーター③コールマンステンレスパーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター3つ目は「コールマンステンレスパーコレーター」です。こちらはアウトドアグッズの有名ブランドである「コールマン」が開発したパーコレーターであり、パーコレーターの「命」ともいえる本体やストレーナーがステンレス製であり、丈夫で扱いやすいためアウトドアにもおすすめです。

「コールマンステンレスパーコレーター」の詳細
価格(税込) 4,180円
大きさ(cm) 約径12×23×17
重さ 630g

アウトドアにおすすめのパーコレーター④本間製作所仔犬印パーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター4つ目は「本間製作所仔犬印パーコレーター」です。パーコレーターのなかでも珍しい日本製であり、アウトドアはもちろんのことIHヒーターでの利用もできるため、インドアにもおすすめのパーコレーターです。蓋取っ手部分が透明なため、中のコーヒーの色が確認できるのも魅力的です。

「本間製作所仔犬印パーコレーター」の詳細
価格(税込) 4,789円
大きさ(mm) 119×186
重さ 870g

アウトドアにおすすめのパーコレーター⑤スノーピークパーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター5つ目は「スノーピークステンレスパーコレーター」です。アウトドア時の使用でも安心できるステンレス製で耐久性が高いのが魅力的です。1回の抽出で最大6カップ分のコーヒーまで作れるため、大人数でアウトドアをする方や「朝昼晩いつもコーヒーを飲む」という方におすすめです。

「スノーピークステンレスパーコレーター」の詳細
価格 10,152円
大きさ(mm) 115×190
重さ 820g

アウトドアにおすすめのパーコレーター⑥チヌークコーヒーパーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター6つ目は「チヌークステンレスコーヒーパーコレーター」です。アウトドアグッズの有名なブランドである「チヌーク」から登場したこちらのパーコレーターは、本体とパーツのつなぎ目がないデザインとなっているのが特徴です。

取っ手部分はステンレスを木製のカバーで挟んでいるため、熱が伝わりにくくなっているので、シンプルな見た目に反してアウトドア・インドアでの様々なシーンでの利用に対応できるよう工夫が施されています。

「チヌークステンレスコーヒーパーコレーター」の詳細
価格(税込) 5,785円
大きさ(cm) 16.76×13.46×22.61
重さ 370g

アウトドアにおすすめのパーコレーター⑦ロゴスステンレスパーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター7つ目は「ロゴスステンレスパーコレーター」です。錆や腐食にも強いステンレス製のパーコレーターであり、丸みのあるコンパクトデザインが人気です。

パーコレーター内がノブ部分から確認できるため、終出具合やコーヒーの濃さを調節しやすいのも魅力的です。また、取っ手部分は木製で熱くなりにくいため、抽出後の熱々のコーヒーを簡単に淹れることができます。

「ロゴスステンレスパーコレーター」の詳細
価格(税込) 6,274円
大きさ(cm) 21×12.8×16
重さ 600g

アウトドアにおすすめのパーコレーター⑧コールマンアルミ製コーヒーポット

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター8つ目は「コールマンアルミ製コーヒーポット」です。こちらの製品は耐久性・軽量性を追求したコールマンの珠玉のパーコレーターです。

シンプルかつコンパクトなデザインでありながら、1度にコップ9~10杯分を作れるほどの大容量であるのが魅力的です。アウトドア・インドア問わず活用できます。

「コールマンアルミ製コーヒーポット」の詳細
価格(税込) 3,610円
大きさ(cm) 21×12.5
重さ 280g

アウトドアにおすすめのパーコレーター⑨スタンレーパーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター9つ目は「スタンレーパーコレーター」です。こちらのパーコレーターは、アメリカ発の老舗サーマルウェアブランド「スタンレー」から登場しており、本体にはブランドロゴが刻印されています。

アウトドアでも扱いやすいように、軍手をしても注ぎやすい大き目のハンドルが特徴的であり、本体は食洗機の使用が可能となっているため、使用後のメンテナンスも簡単に行うことができます。

「スタンレーパーコレーター」の詳細
価格(税込) 7,020円
大きさ(cm) 11.8×20.6×21.6
重さ 710g

アウトドアにおすすめのパーコレーター⑩GSIコーヒーパーコレーター

Amazonで商品の詳細を見る

アウトドアにおすすめのパーコレーター10個目は「GSIホウロウコーヒーパーコレーター」です。こちらの製品は、通常のパーコレーターが欠けてしまいやすい縁の部分がステンレスで補強されているため、耐久性が高いという特徴があります。まるでアンティークのようなおしゃれなデザインは女性を中心に大人気です。

「GSIホウロウコーヒーパーコレーター」の詳細
価格(税込) 5,184円
大きさ(cm) 約20×15×23
重さ 604g

美味しいコーヒーを長く楽しむためにも、コーヒー豆の管理は大切です。しかし、タッパーなどで保管してしまうと酸化してしまうため、味が劣化してしまいます。そこで関連記事では、コーヒー豆の保存容器である「キャニスター」を紹介している記事を掲載しています。

Small thumb shutterstock 688422304
関連記事 コーヒー豆の保存容器「キャニスター」おすすめ25選!真空になるものは?100均も

コーヒー豆の保存容器はとてもたくさんの種類があります。特にキャニスター

パーコレーターの口コミ4選

パーコレーターの口コミ①使い方に慣れたらまずいコーヒーにならない!

パーコレーターの口コミとして1つ目にご紹介するのは「使い方に慣れたらまずいコーヒーにならない」という口コミです。パーコレーターは使い方の難しさから、初めて使う方のなかには出来上がったコーヒーがまずいという感想を持つ人も多いです。

しかし、以下の口コミのように、何度も回を重ねて使用することで、自分好みの濃さ・味に調節できるようになるという感想もあるため、時にはパーコレーターを使ったことがある人やコーヒーに詳しい人にコツなどを教えてもらいながら、何度もトライしてみましょう!

Q web

ちょっとしたコツがいりますが、熱々の美味しいコーヒーを淹れる事が出来ます。 挽く豆の大きさ、粉の量、沸騰してから止めるまでの時間、注ぎ方、全て好みで調節してみましょう。 私の場合はペーパードリップより気持ち少なめの粉、沸騰してから1分30秒、火を止めたら熱いけど粉はすぐに引き上げる、微粉末が沈むのを待ってからゆっくり注ぐ、カップのコーヒーは最後まで飲みきらない。という事でクドさを回避して楽しんでます。 家でも使ってますが、キャンプや山でも使いたいと思います。 不味いという意見もありますが、美味しく入れられますよ。

引用元:Amazon

パーコレーターの口コミ②初心者には難しい!まずいコーヒーができてしまう

パーコレーターの口コミの2つ目は「初心者には難しい!まずいコーヒーができてしまう」というものです。以下のような口コミはパーコレーターのモデル問わず多く寄せられる内容であり、初心者の多くが抱える悩みでもあります。

自動的に味・濃さを調節してくれるコーヒーメーカーなどに比べると、仕組みや扱い方や複雑なパーコレーターは、どうしても初心者向けとはいえない部分も多いです。

Q web

バスケットに入れた粉が浅くなるので、お湯が粉を通過する時間が短く、かなか好みの濃さになりません。長時間火にかければ煮詰まった薄味のコーヒーができるという、残念な結果になります。

引用元:Amazon

パーコレーターの口コミ③アウトドアの醍醐味!

パーコレーターの口コミの3つ目は「アウトドアの醍醐味」という内容の口コミです。耐久力の高さなどから、アウトドアでも多く活用されているパーコレーターは、焚き火で抽出していく過程やフツフツと煮えていく豆の様子が特徴的で、以下のような口コミや「キャンプしている感が出て良い!」という感想を持つ人も多いです。

Q web

キャンプ場で飲む朝のコーヒーに大事なのはやはりその時の雰囲気だと思います。パーコレーターを酷評する方もいらっしゃられるのも事実ですが、私の場合は沸かす楽しみの方が上です。

引用元:Amazon

パーコレーターの口コミ④エグみがない!まずいコーヒーにならない!

パーコレーターの口コミ4つ目は「エグみがない!まずいコーヒーにならない」という内容です。味・濃さの調節が初心者には難しいパーコレーターですが、1度調節のコツを掴んだらコーヒーメーカーではどうしても出てしまいがちなエグみがひかえめな飲みやすいコーヒーを作ることができるようになります。

Q web

初めて使ったときは、コーヒーが薄くて味気なかったですので、試行錯誤を始めました。今では、結構うまい、熱々のコーヒーを入れられるようになっています。段々愛着が涌いてきてます

引用元:Amazon

パーコレーターを使ってコーヒーを入れてみよう!

いかがでしたか?パーコレーターは仕組みや味の調節方法が複雑であるため、初心者にはどうしても扱いが難しく感じてしまうことも多いかもしれません。しかし、1度使い方に慣れると美味しいコーヒーを作ることができるようになります。是非パーコレターを使ってコーヒーを入れてみて下さいね!

美味しいコーヒーを入れるうえで必須アイテムともいえるのが「コーヒーミル」です。そこで関連記事では、おすすめの手動コーヒーミルを紹介している記事を掲載しています。

Small thumb shutterstock 679027663
関連記事 手動コーヒーミルおすすめ15選とその選び方!豆の挽き方で味が決まる!

コーヒーにこだわる人はコーヒーミル(グラインダー)にもこだわることをお

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。