Large thumb shutterstock 507679744

10年後消える職業ランキングTOP10|2020年のAIや人工知能は?

更新:2019.06.21

10年後消える職業をランキング形式で紹介していきます。10年後にはAIや人工知能の発達によりなくなる職業が、今あなたに深く関連している職業かもしれませんよ!逆にどんな仕事が消えないかも合わせて見ていきたいと思います。社会人必見の内容ですよ!

人工知能(AI)によって消える職業とは?

人工知能(AI)によって消える職業とは機械による自動化できる職業

人工知能(AI)によって消える職業とは機械による自動化できる職業です。人工知能(AI)も時代が進むにつれて様々なことができるようになってきていますが、まだまだ人工知能(AI)にできないことはたくさんあります。しかしながら人工知能(AI)にできる仕事からはどんどん人がいなくなることでしょう。

人工知能(AI)によって消える職業とは機械によって生産できるものづくり

人工知能(AI)によって消える職業とは、具体的に機械によって生産できるものづくりの仕事等です。こういった仕事は機械の技術の進化が目覚ましく、次々と機械にとって代わられることでしょう。また、ルールやマニュアルが決まっていてオートメーション化しやすいものも、大いに該当するジャンルです。

10年後消える職業ランキングTOP10

10年後消える職業ランキング第10位|タクシーの運転手

10年後消える職業ランキング第10位には、タクシーの運転手がランクインです。先述した仕事には当てはまらないのですが、自動車の運転技術は目覚ましく進歩しています。オートブレーキ等も導入されるようになってきており、運転のオートメーション化が進んで来るとタクシーの運転手がいなくなる日が来るかもしれません。

しかしながらタクシーの運転手がいなくなる時代にはバスの運転手もいなくなりますし、当然人々が自家用車を運転する機会もなくなることでしょう。自動車に行先を入れれば勝手に連れて行ってくれるような時代も、現代の運転技術の進歩を見ていると決して遠くはないでしょう。

10年後消える職業ランキング第9位|専門職の補助スタッフ

10年後消える職業ランキング第9位には、専門職の補助スタッフがランクインです。これは弁護士事務所や税理士事務所等の補助スタッフがこれに当たります。税務や法律における事務処理についてはオートメーション化できる部分が大きいことがランクインの要因です。

もちろん本当に事務処理しかしていないスタッフから、専門職の仕事に限りなく近いような業務を担当している人まで幅広いので一概には言えませんが、人件費を減らすことができるようなソフトやシステムがここ10年で出て来る可能性は極めて高いと言えるでしょう。

10年後消える職業ランキング第9位には、専門職の補助スタッフがランクインです。これは弁護士事務所や税理士事務所等の補助スタッフがこれに当たります。税務や法律における事務処理についてはオートメーション化できる部分が大きいことがランクインの要因です。

10年後消える職業ランキング第8位|機械の修理工

10年後消える職業ランキング第8位には、機械の修理工がランクインです。機械の修理は機械で行うことができるようになってきています。今まで活躍してきたような機械にはまだまだ手作業で修理が必要なものもたくさんありますが、これから出て来る製品は修理の過程も考慮されたものが出てきます。

そのため「この製品のこの修理はこのレーンで」というようなオートメーション化が進む可能性が極めて高くなっていると言えるでしょう。しかしながら、この分野に関してはずっとオートメーション化が進むと言われていながらまだまだ人間の手作業や目検が必要な業務がたくさんあります。

10年後消える職業ランキング第7位|レジ係

10年後消える職業ランキング第7位には、レジ係がランクインです。レジ係がなくなるであろう実感は、最近のスーパーを見ていると非常に持てるのではないでしょうか。セルフレジのお店が増えてきており、レジ係の数が明確に減ってきているような小売店が目立つようになっています。

セルフレジのようなシステムが増えるだけでもレジ係は相当減ってくるでしょうし、現在は店に入ってそのまま店を出ると買ったものが計算されてクレジットカードからその合計額が引かれている、というようなシステムの開発まで進んでいます。田舎の方はまだまだレジ係は必要ですが都心から激減することでしょう。

10年後消える職業ランキング第6位|チケットのもぎり

10年後消える職業ランキング第6位には、チケットのもぎりがランクインです。チケットのもぎりはコンサートや映画館になくてはならない仕事ですが、この仕事もオートメーション化できる仕事であり、徐々に数を減らして10年後には消えている可能性が高い職業であると言えます。

似ているものには、駅の改札があります。これは自動改札が一般化されて、駅員の業務から改札が減ったことにも似ているかと思います。どの施設においてももぎりのような仕事がなくなる日はそう遠くないかもしれません。

10年後消える職業ランキング第5位|各施設の総合窓口

10年後消える職業ランキング第5位には、各施設の総合窓口がランクインです。各施設の総合窓口とは、デパートや遊園地等の総合窓口が挙げられます。各種手続きや施設内の案内等は機械に置き換えられる業務が多く、システム化が進められることでここ10年こういった仕事は無くなってくると思われます。

「人間が案内しないと人間味がなくなる」という批判の声もありますが、例えば図書館やネットカフェでの書籍検索のシステムも出てきてからだいぶ時間が経っています。今では気軽に読みたい本が検索できるという部分で助けられている人も多いかと思います。人は意外に環境に適応していくものなのです。

10年後消える職業ランキング第4位|集金人

View this post on Instagram

NHKの下請け会社と思われる集金人がしつこいです。 昼間もインターホン二回押してなんか言ってたけどそこはモニター見て無視。 すると、夜20:30頃に襲来。 さすがにこの時間居留守使うのもなと思ってとりあえず出てみたら『玄関先で対応お願いします』の一点張り。 NHKなら母が手続きとか全部してたし、もう済んでいるんですけども? 手続き済んでます〜と伝えたところとにかく扉を開けろの一点張り。 お前はロボットなのか?(笑) 今のAIロボットの方がコミュニケーション取れるわ!(笑) そんなことはさておき、何の用件ですかと聞いても『玄関先で対応お願いします』しか言わない。 とにかくうちは手続きしてるし、何の落ち度もございません。 20:30過ぎの訪問もあり得ない。 対処法をやんわり調べ始めたところだったから動画を撮るしか覚えてなくてとりあえずモニター越しに途中から撮りましたw 玄関先で〜しか言わなくて頭にきたので立て込んでるので失礼しますとブチ切り(笑) その後モニターで様子見てたら何かを手元の資料に書いて退散してました。 おそらくまた来る。 対処法を調べたので今度は最初から動画撮りながら実践してみたいと思います(笑) 上手くいったら動画載せようかな(笑) この写真は動画のキャプチャーをぼかしていますが、きちんとお顔映ってるので今後の展開によって出るとこに出られると思います◟̑◞̑ 今後どうにもならなかったらおまわりさん呼ぶのでご安心を! 受信料を払う払わないは個人の自由だが、うちは払ってるんだよ!!! そもそもお前はどこのどいつなんだ!! ってことで、次回は会社名と名前(フルネーム)をきちんと伺います(笑) #NHK #集金人 #我が家は受信料払っています #扉は開けません #注意喚起 #次は通報

A post shared by ちーちゃん (@chihiro_o_orihihc) on

10年後消える職業ランキング第4位には、集金人がランクインです。集金人はNHKの集金等が有名ですが、どうやってお金を払うかのシステム化を進めていくことで集金人は減っていくことでしょう。しかしながらどこの業界にも集金や支払いを免れようとする人達はいるものです。

集金のシステムがその機能を高めていくことで、集金人は減ってくるかもしれませんが、負債の回収に関する仕事というのは様々な部分で残ってはくるでしょう。このカテゴリに関しては昔からいたちごっこになっている側面がありますよね。

10年後消える職業ランキング第3位|金融審査の担当

金融審査の担当

10年後消える職業ランキング第3位には、金融審査の担当がランクインです。最近では機械が審査をする、という売り文句の金融商品が出現してきています。このカテゴリに関しても非常にオートメーション化が著しくなっています。最終的な判断は人間が下すとしても、途中過程はだいぶ機械にその業務が移譲されています。

サラ金については時代によりその業態の変化が激しくなっていますので、ここから10年についても非常に目まぐるしく動くことでしょう。

10年後消える職業ランキング第2位|銀行窓口担当

10年後消える職業ランキング第2位には、銀行窓口担当がランクインです。消える職業ランキング第2位の銀行業務については、キャッシュレス化の動きも手伝ってATMの縮小が最近では大きく取り上げられています。キャッシュレス化の波に、日本は世界的に見て遅れをとっているとも言われています。

バブルの頃は銀行が潰れるということは考えられませんでしたが、それから約30年が経ち銀行はどんどん淘汰されていきました。これからも銀行自体の窓口の数が減り、効率化を目指す状況になればなるほど、銀行窓口担当の業務は姿を消していく様相を強めていくことでしょう。

10年後消える職業ランキング第1位|スポーツの審判

10年後消える職業ランキング第1位には、スポーツの審判がランクインです。スポーツの審判は、各スポーツの伝統を考えて消えないかもしれません。私は消えない可能性も高いとは思っています。しかしながらはっきり言えることはここで紹介したどの業務よりも、その業務を機械に移譲することができます。

スポーツの審判という仕事がここから残っていく理由は伝統と雰囲気しかないと言っても過言ではないでしょう。ただ単にルールに合わせてジャッジをしていくのであれば機械の方が適しています。個人的に思うのはボクシングのようなとても不透明なジャッジは機械に変わった方がトラブルも減るかもしれないということです。

スポーツに人の感情が入るのは、スポーツにそういう味を出す効果が今までにあったのかもしれませんが、スポーツに変な利権が絡むことも少なくなかった事実も否定はできません。そういう意味では人間の審判がいなくなることで、スポーツは新しい時代に突入するかもしれません。

10年後残る職業ランキングTOP9

10年後残る職業ランキング第9位|歌手

10年後残る職業ランキング第9位には、歌手がランクインです。機械で生み出せる音楽の幅も年々広がってきていますが、人間の歌声はまだまだ機械では出せないものです。歌手は何年経っても健在の職業だと言えるでしょう。

10年後残る職業ランキング第8位|司法(弁護士や裁判官等)

10年後残る職業ランキング第8位には、弁護士や裁判官等の司法関係者がランクインです。司法については人間が最後の判断を下すべきものです。何故ならその人の一生を左右するからです。そして同じ判断が常に正しいとは限りません。正しい判断は状況や時代によりケースバイケースなのです。

10年後残る職業ランキング第7位|行政(主に政治家)

10年後残る職業ランキング第7位には、弁主に政治家等の行政関係者がランクインです。行政関係者は、人間が必要なものを、人間の心で考えだす必要があり、機械に代えることができない仕事です。これも何年経っても健在の職業です。

10年後残る職業ランキング第6位|芸術家

10年後残る職業ランキング第6位には、芸術家がランクインです。芸術家の仕事は決してマニュアル化できるものではありませんし、その人と同じものはその人しか作れません。また、芸術には偶然が生み出すものもたくさんあります。

10年後残る職業ランキング第5位|作家やライター

作家やライター

10年後残る職業ランキング第5位には、作家やライターがランクインです。作家やライターの活動も、ただ文章を書くだけではなくどうやったら相手に理解され、感動されるかを考える職業です。マニュアル化できない部分が多く、残っていく仕事のひとつです。

10年後残る職業ランキング第4位|スポーツ選手

10年後残る職業ランキング第4位には、スポーツ選手がランクインです。スポーツ選手は西暦以前の時代から続いている職業です。ここまで紹介してきた職業の中でも最古の職業であると言えるかもしれません。無くならない、古くから続く職業の一つです。

10年後残る職業ランキング第3位|教育

教育

10年後残る職業ランキング第3位には、教育がランクインです。教育は今までもこれからも、社会において非常に重要視される職業です。そのため、形を変えることはあっても絶対になくならない職業の一つと言えます。

10年後残る職業ランキング第2位|コンサルティング

コンサルティング

10年後残る職業ランキング第2位には、コンサルティングがランクインです。コンサルティングは時代を追うごとに多様性を増している職業です。そしてこれからはよりクリエイティブなコンサルティングをできる人が生き残っていくことでしょう。

10年後残る職業ランキング第1位|コンピューター開発

10年後残る職業ランキング第1位にはコンピューター開発がランクインです。様々な仕事をオートメーション化していくのはコンピューター開発です。仕事を効率化して消える職業が担っている部分の効率化を図りクリエイティブの最先端を走るコンピューター開発の仕事は10年後、ますますその勢いを増していることでしょう。

2020年までになくなる仕事とは?

2020年までになくなる仕事の誤解

2020年までになくなる仕事の誤解

2020年までになくなる仕事の誤解について話しておきます。ここで無くなるというのは0になるという話ではなく著しく減る、ということです。世の中から仕事が消えたり増えたりすることは珍しくありません。ここで紹介する仕事はその可能性が高い仕事だということであり、そして激減する可能性が高い仕事です。

女性や若者がが働ける仕事がなくなる可能性がある

女性や若者が働きくい社会になる可能性がある

2020年以降、今存在している仕事がなくなってくると、女性や若者が働きくい社会になる可能性があります。何故なら比較的業務に慣れる時間が短い労働が減り、専門性の高い仕事が増えて来るからです。学業と両立するために働く学生や、育児出産で経験を積む前に休みに入る女性にとっては辛い状況です。

2020年までになくなるか激減する仕事の例

2020年までになくなるか激減する仕事としては、レンタルビデオショップの店員が挙げられます。これはネット配信がメインになってきているのでレンタル自体の存続が危ういからです。また、電気メーターの検針員も激減するでしょう。電気の使用量がそのまま電力会社の本部に送られるようになってくるからです。

10年後消える職業と消えない職業の違いは?

10年後消える職業と消えない職業の違い①将来性がある仕事かどうか

将来性がある仕事かどうか

10年後消える職業と消えない職業の違いには、将来性がある仕事かどうかが挙げられます。将来性がない仕事については、いつその業務が消えるか分かりません。それは世の中からの需要が常にあるかどうかが分からないからです。

10年後消える職業と消えない職業の違い②専門性があるかどうか

専門性があるかどうか

10年後消える職業と消えない職業の違いには、専門性があるかどうかが挙げられます。専門性がある仕事であればあるほど、その人にしかできない仕事である可能性が上がってきますので、その仕事が消える確率は著しく下がります。

10年後消える職業と消えない職業の違い③人工知能(AI)にできる業務か

10年後消える職業と消えない職業の違いには、人工知能(AI)にできる業務かどうかが挙げられます。人工知能(AI)にできる仕事はそちらに任せた方がコストが安く済むので、人間から機械にとって代わっていく可能性がグンと上がります。

人工知能(AI)にはまだ出来ないことは?

人工知能(AI)にはまだ出来ないこと①芸術活動

人工知能(AI)にはまだ出来ないことには、芸術活動があります。人間の心に何が響くのかを理解して芸術作品を生産することが、人工知能(AI)にはできません。ここが追い付いてくると、もしかしたら本当に人間が機械に支配される時代が来てしまうかもしれません。

ちなみに芸術家肌な人には変わり者がたくさんいますが、そういった人は将来有望な人が多いものです。下記の関連記事はそんな芸術家肌の人との恋愛について書かれた記事になりますので、こちらも併せて読んでみてください。

人工知能(AI)にはまだ出来ないこと②完全なる会話

完全なる会話

人工知能(AI)にはまだ出来ないことには、完全なる会話があります。最近ではiPhoneのSiri機能に代表されるような会話ができる人工知能(AI)が登場していますが、やはりまだまだ会話がかみ合わないことが多くあります。

会話は私たち人間にとっても本当に難しいものです。下記は長続きするカップルの会話の秘訣をまとめたものになりますので、こちらも是非読んでみてくださいね!

人工知能(AI)にはまだ出来ないこと③プログラムにない判断

プログラムにない判断

人工知能(AI)にはまだ出来ないことにはプログラムにない判断があります。人工知能(AI)はプログラムにあるものに関しては有能ですが、その判断がプログラムにないカテゴリに関してはまったくの無能と化してしまいます。1か0なのです。しかしながら人工知能(AI)の性能は年々目まぐるしく上がっています。

人工知能(AI)にとって代わられないような専門スキルを身に着けよう!

人工知能(AI)にはできない仕事を私たちはたくさんできますが、人工知能(AI)の方が適正が高い仕事がたくさんあるのも事実です。私たち人間にしかできない仕事はこれからも確実に残り続けていきます。そういうスキルを身に付けて行くことで社会人としての価値をより高めていくことができるでしょう。

そして人工知能(AI)をうまく利用することで、業務の効率はさらに上がっていきます。人工知能(AI)を否定せずに利用できる人材になれるといいですよね!

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。