Large thumb shutterstock 305302817

お餅の焼き方は?オーブントースター/電子レンジ/網焼き/フライパン

更新:2019.06.21

意外に難しいお餅の焼き方をおさらいしましょう!お正月にも欠かせないお餅はお子様から大人まで大好きですよね。オーブントースターや網焼き、電子レンジやフライパンなど道具に合わせた焼き方をご紹介します。余ってしまった切り餅の大量消費にも役立つ美味しい食べ方のレシピを取り入れれば、食べ飽きずに楽しめますよ。

お餅の上手な焼き方は?|オーブントースター編

オーブントースターでのお餅の上手な焼き方:余熱で庫内を温める

オーブントースターでのお餅の上手な焼き方のコツは、あらかじめトースター庫内を余熱する方法です。オーブントースターを使った焼き方はスタンダードな定番の方法で、3分前後加熱したらすぐに取り出さずに1分蒸らすとより美味しく仕上がります。

お餅同士がくっついてしまったりトースターの焼き網にひっついてしまうのを回避する焼き方には、あらかじめアルミホイルやクッキングシートを、トースター庫内で余熱するのがおすすめです。

アルミホイルに張り付いてしまうのは、くっつきにくいアルミホイルやクッキングシートを活用した焼き方で回避可能です。アルミホイルを丸めてクシャクシャとシワをつけてから広げて使用すれば、凹凸ができてさらにくっつきにくくなりますね。また、アルミホイルを使用する場合には余熱する際に一緒に余熱しておきましょう。

オーブントースターでの焼き方の裏技&ポイント:グリルではサイドに切り目

オーブントースターでのお餅の焼き方の裏技&ポイントは、魚焼グリルではお餅のサイドに切り目を入れる方法です。オーブントースターのないご家庭などでは魚焼グリルを使ったトーストを焼く裏技も人気ですが、もちろんお餅を焼くのにも応用可能です。

しかしオーブントースターに比べ庫内の高さがないので、お餅が膨らみすぎてしまうと張り付いてしまうのが心配ですよね。そこでおすすめなのがお餅のサイドに切り目を入れる方法です。高さが均等に膨らむので、一箇所だけがぷくっと膨らむ心配がありません。アルミホイルを敷いて切り目を入れたお餅を焼けば失敗しませんね。

オーブントースターで焼くお餅のおすすめメニュー:磯辺餅やお汁粉など

オーブントースターで焼いたお餅におすすめなメニューは、磯辺餅やお汁粉などの定番メニューです。焼き餅の食感を楽しめるのが魅力ですね。

お餅の上手な焼き方は?|電子レンジ編

電子レンジでのお餅の上手な焼き方:加熱時間と水分

電子レンジでのお餅の上手な焼き方のコツは、加熱時間と水分のバランスです。あまり長時間、お餅を電子レンジで加熱するとふっくらとした食感やボリュームがダウンしてしまうので注意しましょう。水分と一緒に加熱すればふっくらと蒸され、つきたてのお餅のような柔らかさが戻りますね。

電子レンジでの焼き方の裏技&ポイント:もちレンジ

電子レンジでのお餅の焼き方の裏技&ポイントは、溶けたお餅がお皿に張り付いてしまわないようにあらかじめ濡らしておくことです。電子レンジでのお餅の加熱でドロドロになりすぎたり、べちゃっとした食感になってしまうのを防ぐには100均などでも購入できる「もちレンジ」などの便利グッズを活用するのもおすすめです。

電子レンジで加熱したお餅のおすすめメニュー:きな粉餅などトッピング系

電子レンジで加熱したお餅のおすすめメニューは、きな粉餅などお餅にトッピングを和えるメニューです。電子レンジを使用した場合には、焼き餅に比べて焼き目はつかず、つきたてのお餅のように、しっとり柔らかな食感になるので、焼かないお雑煮や、きな粉などを和えて食べるきな粉餅にもおすすめです。

お餅の上手な焼き方は?|網焼き編

網焼きでのお餅の上手な焼き方:温度や火力の加減を調整

網焼きでのお餅の上手な焼き方のコツは、目を離さずに、こまめにひっくり返して温度や火力の加減を調整することです。網焼きを使ってお餅を焼く場合には、直火に触れて焦げてしまわないように注意が必要です。

網焼きでのお餅の焼き方は、七輪など直火の場合には弱火にすることが、簡単に上手な焼き方になるポイントです。また、網焼きは、ストーブの上に乗せても使用できますね。

網焼きでの焼き方の裏技&ポイント:上手に膨らむ切れ目やお醤油

網焼きでのお餅の焼き方の裏技&ポイントは、上手に膨らむ切れ目やお醤油などを使った裏技です。直火に触れてしまうと、あっという間に膨らんで焦げてしまいやすいお餅を網焼きで上手に焼くには、お餅の上になる部分に一工夫を加えることで、変な形に膨らんで破裂しにくくなります。

お餅の上になる部分に最初に切り目を入れておくとその部分から膨らむので、斜めに膨らんで網焼きの上で転がる心配もありません。また、切り目の代わりに、醤油を少し垂らしておく方法も、その部分から蒸発させようとして膨らむので、綺麗な形に焼きあがると話題のアイデアです。

網焼きで焼くお餅のおすすめメニュー:焼き目の食感が美味しい汁物メニュー

網焼きで焼くお餅のおすすめメニューは、焼き目の食感が美味しい汁物メニューです。お雑煮や力うどんなどお出汁と一緒に食べる汁物メニューは、カリッとした外側の食感がお出汁に浸って変化したり、内側の食感とのコントラストも楽しめますね。

お餅の上手な焼き方は?|フライパン編

フライパンでのお餅の上手な焼き方:じっくり火力でしっかりと

フライパンでのお餅の上手な焼き方のコツは、じっくり火力でしっかりと焼くことです。フライパンなら、お好みの加減で焼き目をつけたりと、膨らみすぎないように調整しやすいのが特徴です。テフロン加工のフライパンを使えば、油もいらず簡単手軽に美味しいお餅が焼けますね。

また、テフロン加工のフライパンでない場合には、くっつかないアルミホイルを敷いて焼くとくっつきにくくなりますよ。フライパンなら焦げすぎと膨らみすぎといった心配も少なく、手軽に作れるのが魅力です。

フライパンでの焼き方の裏技&ポイント:焦げない焼き加減に注意

フライパンでのお餅の焼き方の裏技&ポイントは、やはり、焼いている間はお餅から目を離さないことです。少し目を離してしまうと焦げ付いてしまうので、中火から強火の間の火力で両面3分ずつ焼くとちょうど良い仕上がりになります。焦げ目をつけたい場合には、プラス2分前後加熱する焼き方がおすすめです。

フライパンで焼くお餅のおすすめメニュー:タレを絡めるおかず系お餅

フライパンで焼いたお餅におすすめなメニューは、タレを絡めるおかず系のお餅レシピです。お餅の肉巻きやトッポギ風の切り餅などは、フライパンならおかずとしてまとめて味付けができますね。

美味しい焼き餅レシピ6つ

美味しい焼き餅レシピ①磯辺餅

美味しい焼き餅レシピ1つ目は、「磯辺餅」です。焼けたお餅に醤油をかけて海苔で挟んだだけなのに、昔ながらの味わいで子供から大人まで人気の定番レシピです。

磯辺餅には、お好みでチーズを挟んだり、バター醤油や砂糖醤油で甘じょっぱく味付けをしたりと、アレンジしやすいので、飽きずに美味しく楽しめますね。

美味しい焼き餅レシピ②ベーコン餅

美味しい焼き餅レシピ2つ目は、「ベーコン餅」です。切り餅にベーコンを巻きつけ、フライパンで弱火で加熱します。蓋をすることでふっくらと仕上がります。

お好みでベーコン餅にチーズや海苔も一緒に巻いたり、マヨ醤油や甘辛いタレを絡めたりと、味付けのアレンジの幅が広いのも魅力です。

美味しい焼き餅レシピ③からすみ餅

美味しい焼き餅レシピ3つ目は、「からすみ餅」です。電子レンジで柔らかくしたお餅でからすみを包むように挟み、トースターなどで焼き目をつけるだけと簡単なのに、お酒のおつまみにも合う絶品メニューが完成します。有名割烹などでも人気のからすみ餅が、自宅で楽しめるのは嬉しいですね。

高級珍味としても人気のからすみは、せっかくならからすみ餅以外の美味しい食べ方も楽しみたいですよね。カラスミのおすすめレシピや美味しい食べ方については、以下の記事も参考にしてみて下さいね。

美味しい焼き餅レシピ④焼き餅入りぜんざい

美味しい焼き餅レシピ4つ目は、「焼き餅入りぜんざい」です。鍋にゆであずきと、倍量の水、砂糖を加え、塩で味を調整してぜんざい(お汁粉)を作り、焼いたお餅を入れれば完成です。ゆであずきの代わりに市販のあずき缶でも可能です。

美味しい焼き餅レシピ⑤力うどん

美味しい焼き餅レシピ5つ目は、「力うどん」です。お好みの味付けの出汁のうどんに焼き餅をトッピングした力うどんは、食感も美味しく、ボリューム満点で腹持ち抜群ですね。

美味しい焼き餅レシピ⑥揚げ出し餅

美味しい焼き餅レシピ6つ目は、「揚げ出し餅」です。食べやすいサイズに切ったお餅に片栗粉をまぶし、少し多めの油を使ってフライパンで中火で揚げ焼きにしたら、だし汁をかけて、海苔や鰹節、大根おろしをトッピングして完成です。

出汁に醤油とみりんで味付けをしただし汁と、サクッとした食感が美味しい揚げ出し餅は、居酒屋などの一品でも人気のメニューですね。おかきとお餅の中間のような揚げ餅は、そのまま食べてももちろん美味しいですよね。

おかずにもなるお餅消費レシピ6つ

おかずにもなるお餅消費レシピ①切り餅のスライスで餅ピザ

おかずにもなるおすすめなお餅消費レシピ1つ目は、「餅ピザ」です。あらかじめ水に浸しておいたお餅を半分くらいの厚みにカットして、生地状繋がるようにフライパンを使ってオリーブオイルで焼きます。裏返したら、とろけるチーズとお好みのソースや具材を乗せれば、もっちりとした食感が美味しい餅ピザの完成です。

おかずにもなるお餅消費レシピ②切り餅でトッポギ風

おかずにもなるおすすめなお餅消費レシピ2つ目は、「トッポギ風・甘辛切り餅」です。同量の水、はちみつ、酒、コチュジャンでタレを作り、お好みで醤油やごま油、豆板醤で辛さや味付けを調整します。タレに、トッポギ風のスティック状に切った切り餅を加えれ加熱しながら絡めるだけと簡単です。

お好みで具材やチーズを加えて、チーズタッカルビ風にアレンジするのもおすすめです。チーズタッカルビのおすすめの具材については、以下の記事でご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

おかずにもなるお餅消費レシピ③食べ応え抜群な肉巻き餅

おかずにもなるおすすめなお餅消費レシピ3つ目は、「肉巻き餅」です。お餅の肉巻きはボリューム満点で、晩御飯のおかずにも最適です。

切り餅に牛肉、もしくは豚肉の薄切りを巻きつけ、こんがり焼き色がつくまでフライパンで加熱します。お肉に焼き色がついてお餅が柔らかくなったら、お好みで醤油やみりんで味付けをしたり、焼肉のたれでしっかり濃い目の味付け絡めて完成です。

おかずにもなるお餅消費レシピ④お弁当のおかずには餅入りちくわ磯辺揚げ

おかずにもなるおすすめなお餅消費レシピ4つ目は、「餅入りのちくわ磯辺揚げ」です。スティック状に切った切り餅をちくわの穴の中に詰め、青海苔を混ぜた天ぷら粉で衣をつけて約180度の油でさっと揚げる簡単メニューです。ちくわを使ったお弁当におすすめなおかずレシピについては以下の記事も参考にしてみて下さいね。

おかずにもなるお餅消費レシピ⑤餅入り巾着のおでん

おかずにもなるおすすめなお餅消費レシピ5つ目は、「餅入り巾着」です。油抜きをした油揚げを割いて袋状にして中にお餅を入れた、餅入り巾着はおでんでも人気の具材ですよね。

お好みでチーズや卵、湯葉などを入れるアレンジもおすすめです。だし汁に、同量の薄口醤油とみりんを加えて火にかけ、砂糖と塩で味付けを調整したおでんの汁でしっかりと味を染み込ませて完成です。

おかずにもなるお餅消費レシピ⑥餅グラタン

おかずにもなるおすすめなお餅消費レシピ6つ目は、「餅グラタン」です。サラダ油を塗った耐熱容器に食べやすい大きさにカットしたお餅を入れ、お好みでミートソースやホワイトソース、擦った長芋やスライスしたジャガイモなどお好みの具材や味付けをして、チーズをのせてトースターで加熱すれば完成です。

おやつにもなるお餅レシピ3つ

おやつにもなるお餅レシピ①定番人気のきな粉餅

おやつにもなるお餅レシピ1つ目は、「きな粉餅」です。電子レンジで加熱、もしくは沸騰した後に火を止めたお湯の中に入れて、つきたてのように柔らかくなり、きな粉も絡みやすくなりますね。きな粉に加える砂糖と塩の分量はお好みに合わせて調整して下さいね。

おやつにもなるお餅レシピ②SNSでも話題の秋田名物・バター餅

おやつにもなるお餅レシピ2つ目は「バター餅」です。水に浸し電子レンジで柔らかく加熱したお餅に、卵黄と砂糖、塩、バターをあえてよく混ざったら片栗粉を加えて一口大にまとめます。お好みで卵黄や塩なしでも作れます。バター餅の作り方については以下の記事でも詳しくご紹介していますので、参考にしてみて下さいね。

おやつにもなるお餅レシピ③切り餅でも作れる変わり種スイーツ・チョコ餅

おやつにもなるお餅レシピ3つ目は、「チョコ餅」です。耐熱容器に切ったお餅とチョコレート、牛乳と砂糖を加えて3分前後加熱し、柔らかく溶けたら混ぜ泡褪せてなじませます。

ココアパウダーの上で一口大に形成しながらココアをつけたら完成です。冷やし固めた後に、カットしてからココアパウダーをふりかける方法でも可能です。定番のきな粉餅の他にも、スイーツメニューにアレンジできるのは嬉しいですね。

お餅の焼き方を覚えて美味しい食べ方で楽しもう!

オーブントースターや網焼きの他に、電子レンジやフライパンを使った焼き方の方法やコツを覚えておけば、お正月に余ってしまったお餅の大量消費にも役立ちそうですね。焼き方に合わせて、美味しい食べ方のレシピも取り入れてみて下さいね。

お餅の美味しい食べ方や簡単な味付けのレシピ、変わり種レシピやアレンジレシピについては、以下の記事もチェックしてみて下さいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。