INDEX

女医と結婚するメリット5つ

女医と結婚するメリット①嫁の職業として自慢できる

医者

女医と結婚するメリット1つめは、嫁の職業として自慢できることです。「奥さん何の仕事しているの?」と聞かれたときに、「医者だよ!」と答えるのは、女医と結婚したときに誇らしげに感じるものでしょう。必ず「すごい!」と言われます。

自分が医者というわけではありませんし、すごいのは、女性医師である嫁です。しかし、結婚したことで、自分の自慢が増えたように感じるのはメリットです。医者は尊敬される仕事なので、自分の嫁が多くの人に尊敬されているというのも、自慢でしかないでしょう。

女医と結婚するメリット②金銭的余裕がある

金

女医と結婚するメリット2つめは、金銭的余裕があることです。女医と結婚することで、まずお金に困ることはないでしょう。これは、結婚生活をしていく中で、とても大きなメリットになります。

嫁が女医となると、稼いでくる金額も桁外れの可能性もあります。今は、女性が稼ぐ時代にもなっているので、女医と結婚した男性は、ある意味勝ち組になれるのです。金銭的余裕があると、男性は、変なプレッシャーから解放されるので、金銭面でのストレスも緩和されるでしょう。

例えば、仕事で嫌なことがあったとしても、金銭的余裕があれば、どこか落ち着いていられるものです。そういった面も、女医と結婚することのメリットには含まれてくるでしょう。

女医と結婚するメリット③自由な時間が取りやすい

時間

女医と結婚するメリット3つめは、自由な時間が取りやすいことです。女医は、仕事で忙しいので、結婚相手の旦那は、自分のやりたいことを比較的多くすることができるでしょう。

結婚すると、自分の時間が取れなくなることって多くなります。しかし、女医との結婚なら、自由時間も多くなるので、バランスが結婚生活と、自分とのバランスが取りやすいというメリットがあるのです。自分の時間を邪魔されないというのは、結婚している周りからも、羨ましいと思われる要素になります。

女医と結婚するメリット④子供の教育に熱心になれる

子供

女医と結婚するメリット4つめは、子供の教育に熱心になれることです。女医と結婚して、子供が生まれたら、子育てに悩むことも当然増えます。しかし、女医となら、子育てを一緒に考えて、一緒に熱心になることができるでしょう。

なぜなら、女医自身が、親から熱心な教育を受けてきているからです。親にしてもらったことは、子供にもしてあげるものです。そのため、女医と結婚して、子供が生まれたら、比較的熱心な教育を子供にすることができ、子供も優秀な人材に育てることができるでしょう。

子供が凄いというのは、親にとって1番の自慢になります。女医と結婚することで、多くの自慢を増やすこともできるというメリットもあるのです。

女医と結婚するメリット⑤病気に関しては安心することができる

病気

女医と結婚するメリット5つめは、病気に関しては安心することができるというものがあります。ちょっと具合が悪くなったり、心配があっても、女医が近くにいるというだけで安心することができるでしょう。

また、子供が熱を出したときや、親の具合が悪くなったときなども、女医が嫁なら、できる応急処置をしてもらうことも可能です。金銭面だけでなく、健康面に関しても、女性医師と結婚することで、安心できる要素はたくさんあるのです。

女医と結婚するデメリット5つ

女医と結婚するデメリット①性格が合わないと感じやすい

喧嘩

女医と結婚するデメリット1つめは、性格が合わないと感じやすいことです。女医は、女医としてのプライドもありますし、女医としてやってきているので、勝気な性格もしているでしょう。さらには、女医としてのプライドのせいで、価値観が合わないと感じることもあるはずです。

性格や価値観が合わないと感じたら、結婚生活は難しいものになってきます。しかし、女医と結婚することで、見下されたりして、意見が合わないと感じることは多くなるでしょう。

女医と結婚するデメリット②共通の時間が取りにくい

共通の時間

女医と結婚するデメリット2つめは、共通の時間が取りにくいことです。自由時間が取りやすいのは、大きなメリットですが、一緒の時間が取れないのはデメリットです。なぜなら、コミュニケーション不足になってしまうからです。

女医と結婚したときは、できる限りコミュニケーションを取る時間を増やさないと、全くの赤の他人との同居みたいな感覚になっていくでしょう。ラブラブでいられないのは、デメリットです。

女医と結婚するデメリット③嫁としての仕事ができない

家事

女医と結婚するデメリット3つめは、嫁としての仕事ができないことです。仕事的にも、不規則な仕事になりますし、いつ呼び出されるかも分かりません。そのため、家庭内での仕事を期待することができないでしょう。

女医と結婚したら、普通の一般家庭のような環境は望めません。男性のほうが家事や洗濯をすることもあるでしょう。ここで、料理が下手な妻についての記事を紹介しますので、参考にされてください!

Small thumb shutterstock 680916895
関連記事 メシマズ嫁とは?料理がまずい妻とは離婚する?うまいご飯の作り方も

あなたは「メシマズ嫁」という言葉を聞いたことがありますか?メシマズ嫁と

女医と結婚するデメリット④男のプライドが傷つきやすい

プライドが高い

女医と結婚するデメリット4つめは、男のプライドが傷つきやすいことです。女医と一緒にいると、確かに女医って凄いと尊敬する部分はあるでしょう。しかし、同時に、自分を惨めに感じる瞬間も多くなるのです。

周りからも、「奥さん女医って凄いね!」などのように、嫁の職業ばかりを褒められるようになるので、プライドがズタズタになることもあります。時には、嫁自身からプライドを踏みにじられることもあるでしょう。

女医と結婚するデメリット⑤ヒモと思われる

ヒモ

女医と結婚するデメリット5つめは、ヒモと思われることです。女医と結婚することで、周りから「ヒモじゃん!」と、冗談で言われることも多くなります。これは、男性にとって笑えない冗談になるでしょう。

男性は、やっぱりどこかで女性を引っ張っていきたいと考えているものなので、ヒモなんて思われるのは、心外なのです。しかし、周りから見ると、ヒモに見えてしまうこともあるのです。

女医の結婚相手に多い職業は?

女医の結婚相手に多い職業①医者

医者

女医の結婚相手に多い職業1つめは、医者です。男性医師と女性医師が結婚することは、よくある話です。というのも、忙しいので、なかなか出会いの場がないのです。そのため、職場恋愛になる女医が多く、結婚相手も医者になるのです。

両親が医者で、医学部に進学する子供ってよくいるので、医者同士の結婚が多いことは証明されています。医者同士の結婚のほうが、価値観があって上手くもいきやすいでしょう。ここで、医者と付き合うことについての記事について紹介します。参考にチェックしてください!

Small thumb shutterstock 483798256
関連記事 医者と付き合うのは難しい?モテる医者との恋愛の裏事情!

みなさんは「医者」というとどんなイメージがあるでしょうか?かっこいい?

女医の結婚相手に多い職業②商社

商社

女医の結婚相手に多い職業2つめは、商社です、商社マンは、比較的給料が高く、仕事も忙しいので、女医と釣り合う職業になります。女医は、妊娠したり、子育てで産休を取ることもあります。その間も安定した収入がある商社マンは、女医にとって安心できる存在です。

女医が商社マンと出会うには、紹介や、合コンなどになるでしょう。しかし、お互いに忙しいのでなかなか恋愛が進まないこともあります。それでも、一緒の時間を過ごすことで結婚を決める人もいるのです。

女医の結婚相手に多い職業③公務員

公務員

女医の結婚相手に多い職業3つめは、公務員です。公務員のイメージは、お堅いイメージでしょう。このイメージが、女医は好きなのです。女医もプライドがかなり高いところがあるので、旦那の職業がしっかりしていたほうがいいのです。

公務員なら、安定した収入もあれば、安定した職種でもあります。女医の収入よりは少なくても、社会的に見ると、女医と公務員の夫婦って申し分ないでしょう。女医としてのプライドも維持できる結婚相手になります。

女医と結婚した!女性医師と幸せな結婚生活を送るコツは?

女性医師と幸せな結婚生活を送るコツ①自立してお互いの性格を認め合う

結婚

女性医師と幸せな結婚生活を送るコツ1つめは、自立してお互いの性格を認め合うことです。相手に執着していると、忙しい女医に相手にされないと悲しくなるでしょう。そのため、自分は自分と自立してください。

また、女医のプライドの高さを認め、男としての威厳も認めてもらうことで、お互いの性格を理解することができます。お互いに歩み寄るところはしっかり歩みよりましょう。そして、離れるところは離れるのです。女医との結婚生活は、何よりもバランスが大事です。

ここで、精神的に自立する方法について書かれた記事を紹介します。精神的に自立することで、女医との結婚生活も素晴らしいものになるでしょう。是非、参考にしてください。

Small thumb shutterstock 696809851
関連記事 精神的に自立する方法13選!自立したいと思ったら読むべきガイダンス!

この記事をチェックしているあなたは、精神的に自立する方法を探しているで

女性医師と幸せな結婚生活を送るコツ②嫁として扱うこと

結婚

女性医師と幸せな結婚生活を送るコツ2つめは、女医を嫁として扱うことです。女医だからといって、引いてしまう部分を作ってはいけません。女医であっても、嫁なのです。嫁なのに、どこか一線を置いてしまうと、女医のほうが可哀相になります。

女医は凄いとか、女医は偉いという風に家でも接してしまうと、女医が休まる場所がありません。しっかりと嫁として扱い、女として扱ってください。女医にとって、心のオアシスになることです。そうすることで、女医も素直に甘えることができます。

結婚相手である旦那に、女医だからといって一歩引かれてしまうと、結婚生活は上手くいきません。お互いに、どこか遠慮してしまいます。ちゃんと家族になるためにも、嫁として見てください。

女性医師と幸せな結婚生活を送るコツ③男としてのプライドを持つこと

結婚

女性医師と幸せな結婚生活を送るコツ3つめは、男としてのプライドを持つことです。女医と結婚したからといって、男としての価値が下がるということは一切ありません。自分が自分であることには、何も変わらないのです。そのため、男としてのプライドを捨てないでください。

女医も、医者という仕事に就いているだけで、心は女です。女性というのは、男性に引っ張って欲しいですし、男性の男らしいところが見たいものです。そのため、男としてのプライドをしっかり持って結婚生活を送りましょう。そうすることで、女医は自然とついてきてくれます。そして、いい結婚生活が送れるようになります。

女医との結婚を楽しもう!

結婚

女医との結婚について紹介しましたが、いかがでしたか?女医との結婚は大変そうだと思う人も多いのが事実です。確かに、医師としての仕事への理解は高くないと結婚することができないでしょう。他にも、女医はプライドが高いとか、性格がキツイといったイメージもあるでしょう。

しかし、女医と結婚することは、デメリットばかりではなく、メリットもあります。何よりも、女医という嫁をゲットできた自分の運の良さを褒めたいとも思うでしょう。さらには、周りへの自慢にもなります。

ただ、1番の自慢になるのは、女医と結婚したことではなく、女医と幸せな結婚生活が続くことです。幸せな結婚生活を送るためにも、女医の職業を理解し、性格を理解し、男としての威厳を保ちましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。