Large thumb shutterstock 429415018

防音室を自作するのに簡単なやり方は?DIY/防音壁/だんぼっち

更新:2019.06.21

こちらの記事では、防音室を自作するために必要な材料や道具について紹介しています。実際に自作する簡単なやり方についても、壁へのウレタン材の付け方など、具体的に説明しています。防音室がほしいけれどコストは抑えたいという方はぜひご覧になって下さい。

防音室を自作するのに必要な材料は?

防音室を自作するのに必要な材料①MDFなど音を遮る材質の板

防音室を自作するのに必要な材料の1つ目は、MDFなど音を遮る材質の板です。木材は、厚みがあったり層が厚く重なっている材質のものを選ぶようにすると、より音を通しにくい防音室を作ることができます。また、木材を2重にして固定し、層を増やしてから使うのもおすすめです。

木材を2重にして使う際には、ぴったりとくっつけて加工するのではなく、間に空気が入る余裕を持たせて繋げるようにすると中空の構造となり、より音が外に漏れるのを妨げる効果が期待できます。

防音室を自作するのに必要な材料②床に敷くためのマット

防音室を自作するのに必要な材料の2つ目は、床に敷くためのマットです。防音室の床部分を木材にせず、マットにすることで下の階の部屋により音が通りにくくなるようにすることができます。また、マットはジョイントタイプのものを選ぶようにするとより自分の好みの大きさにカスタマイズしやすくなるためおすすめです。

防音室に入った時に直接足が触れる場所となるので、より触り心地が良い床になるようにマットの品質にこだわるのも良いでしょう。

防音室を自作するのに必要な材料③音漏れを防ぐウレタン材

防音室を自作するのに必要な材料の3つ目は、音漏れを防ぐウレタン材です。使わなくなった布団のマットに含まれているウールや、防音や断熱効果があるグラスウール材など、色々なものがありますが、特に安価で導入しやすいのはグラスウール材です。

グラスウール材は、素手で触ると肌をちくちくと刺すため、扱う際には手袋が必要です。また、長時間作業する場合はガラスの繊維を吸い込みすぎないようにマスクも装着しておくと良いでしょう。

防音室を自作するのに必要な材料④扉を開けられるようにする蝶番と取っ手

防音室を自作するのに必要な材料の4つ目は、扉を開けられるようにする蝶番と取っ手です。扉を自作するためには、木材の他に使いやすくするための蝶番やドアノブとなるパーツが必要になります。防音室の外観にこだわって作りたい方は、蝶番の色味や取っ手のデザインなどを重視して選ぶと良いでしょう。

またネジやビスで簡単に取り付けやすい構造になっているパーツを選ぶようにしたり、自分好みに塗装してアレンジしやすい素材のパーツにしたりと、好みに応じてチョイスすると良いでしょう。

また、蝶番のパーツは、100均で探すこともできます。こちらの記事では、100均で購入することができる蝶番の具体的なデザインなどを6種類紹介しています。扉を作るためのアイテムとして使いやすいものや、アンティークなイメージのものなど、色々な蝶番を見てみたい方はぜひご覧になって下さい。

防音室を自作するのに必要な材料⑤壁を固定するL字の金具

防音室を自作するのに必要な材料の5つ目は、壁を固定するL字の金具です。L字の金具には色々なサイズがありますが、なるべく大きいものにした方がしっかりと防音室の壁を繋げて固定しやすくなります。また2つの壁につき1つではなく、複数用意して何箇所も固定したほうが丈夫な防音室になります。

防音室を自作するにあたっては、金具をどのくらい使ったかが防音室がどのくらい長持ちするかに関わってきます。少し多く取り付けすぎではと感じるくらいの量を用意しておくと良いでしょう。

防音室を自作するのに必要な材料⑥木に使えるネジ

防音室を自作するのに必要な材料の6つ目は、木に使えるネジです。木材への使用に適したネジやビスには、簡単に作業しやすいコーススレッドや自然の素材に適した木ネジ、色々な用途に適した万能ネジ、硬い木材にも使いやすいタピックスなどがあります。

実際に使う木材の厚みや硬さによってネジやビスの種類を使い分けるようにすると良いでしょう。また種類を決めたらその中でステンレスのネジやビスを選ぶようにするとより長持ちしやすくなるためおすすめです。

防音室を自作するのに必要な材料⑦密閉用のゴムやシリコン

防音室を自作するのに必要な材料の7つ目は、密閉用のゴムやシリコンです。防音室の効果を高めるためには、しっかりと隙間なく密閉することが大切になってきます。そのため、木材をしっかりと繋げるだけでなく、ゴムのシートやシリコン材を用意して取り付けることで隙間を埋めやすくなります。

特にシリコンはコーキングガンを使って隙間に塗っていくため、余分に用意しておいて、気密性を高められるようにしておきましょう。

防音室を自作するのに必要な道具⑧縦置き照明

防音室を自作するのに必要な道具の8つ目は、縦置きできる照明です。防音室は設置した部屋の光が入らないほど閉じられた空間になるため、中に設置するための照明が必要になります。照明にはコードを部屋から引いて紐を引っ張って照明を付けたり消したりするシェード型のものや、電池式のものなど色々なものがあります。

防音室の内部の雰囲気にこだわりたい場合はおしゃれな照明を置いたりと、好みに応じて選ぶと良いでしょう。自立して置くことができるタイプの照明は設置が簡単なためおすすめです。

また、照明として使えるLEDライトを買うことができる場所には、100均も含まれます。こちらの記事では、LEDライトの使い方やおしゃれな照明の作り方などについて紹介しています。照明を自作したい方やコストをなるべく抑えたい方、防音室の内装にこだわりたい方はぜひこちらの記事をご覧になって下さい。

防音室を自作するのに必要な道具は?

防音室を自作するのに必要な道具①電動のドリルやドライバー

防音室を自作するのに必要な道具の1つ目は、電動のドリルやドライバーです。ドリルは部屋から機材のコードを引き込むための穴を開けたり、ネジやビスのための下穴を開けるために、またドライバーはネジやビスを締めるために使います。

ドリルドライバーという1つの工具で2つの機能が付いているタイプを選ぶのも良いですが、ネジやビスの使い方に合ったドライバーをチョイスすることも作業をスムーズに進めるためには大切です。

防音室を自作するのに必要な道具②木材の加工用のノコギリ

防音室を自作するのに必要な道具の2つ目は、木材の加工用のノコギリです。木材はもともとカットしてもらったものを使うと便利ですが、防音室を自作する際に大きさを微調整したいこともあります。そのため、ノコギリを道具に加えておき、木材を組み立てた時に寸法に狂いが出たら対応できるように備えておくと良いでしょう。

また、ノコギリき100均でも探すことができます。これからノコギリを使う機会が多くなる場合はメーカー品のノコギリを購入するのも良いでしょう。しかし、より手軽にノコギリを手に入れたい場合は100均にどのようなノコギリがあるか情報を集めるのもおすすめです。ぜひこちらの記事をチェックしてみて下さい。

防音室を自作するのに必要な道具③隙間を埋めるためのコーキングガン

防音室を自作するのに必要な道具の3つ目は、隙間を埋めるためのコーキングガンです。コーキングガンには種類があり、手で押してコーキングすることができるタイプや、引き金を引くとコーキングできるタイプがあります。

防音室を作る際には作業時間が長引きやすいため、どんなコーキングガンを用意すればよいか迷ったら引き金タイプのコーキングガンを選ぶと良いでしょう。手に掛かる負荷を軽減できおすすめです。

また、コーキングガンをどこで手に入れることができるか、また具体的な使い方についてチェックしておくことで、より賢く工具を入手したり扱えるようになります。こちらの記事では、100均で手に入るコーキングガンがどのようなものか、3種類紹介しています。ぜひご覧になってコーキングガンについて調べてみて下さい。

防音室を自作するのに必要な道具④ウレタン材を取り付けるタッカー

防音室を自作するのに必要な道具の4つ目は、ウレタン材を取り付けるタッカーです。ウレタン材はシールなどで貼るよりも、専用の大型のタッカーを使った方がしっかりと壁に貼り付けることができます。木材に打ち付けるために使うので、より強力なタッカーを選ぶようにしましょう。使う針も大きめのものを選ぶと良いです。

防音室を自作するのに必要な道具⑤ウレタン材加工用のカッター

防音室を自作するのに必要な道具の5つ目は、ウレタン材加工用のカッターです。グラスウールを切ることでサイズを調整でき、より防音室に隙間なく敷き詰められるようになります。グラスウールは加工が容易なため通常のカッターでも切ることができますが、断熱材カッターなどの専用のカッターを使うとより作業しやすいです。

防音室を自作する簡単なやり方

防音室を自作する簡単な作り方①設置する場所にマットを敷く

防音室を自作する簡単な作り方の工程の1つ目では、設置する場所にマットを敷きます。防音室の床面積をどのくらい広くしたいのか考えながら配置しましょう。マットの上に木材の板を組み立てていくので、防音室に入るとマットを置いた範囲よりも床が狭く感じられることもあります。

実際に防音室に入った場合を想定して、望ましい床の広さよりも、一回り大きめにマットを配置しておくようにすると良いでしょう。

防音室を自作する簡単なDIY方法②壁になる板3枚を設置して固定する

防音室を自作する簡単なDIY方法の工程の2つ目では、壁になる板3枚を設置して固定します。壁部分となる板3枚のうち2枚を直角となるよう配置して、L字の金具で固定しましょう。最初に真ん中のあたりにL字金具を配置して固定したら、より上部や下部など、他の部分にもL字金具を配置して固定していきましょう。

板2枚を繋げられたら、もう1枚の板も上から見てカタカナの「コ」という字になるように繋げましょう。こちらも同じようにL字金具を複数使って固定します。

防音室を自作する簡単なやり方③天井部分と小さいパーツを取り付ける

防音室を自作する簡単なやり方の工程の3つ目では、天井部分と小さいパーツを取り付けます。天井部分の板を壁部分となる3枚の板の上に被せ、寸法に狂いがあればノコギリで天井に使う板の大きさを調整しましょう。天井となる板を取り付けたら、ドアを取り付ける部分の横幅の長さを測ります。

縦は5cm弱、横は測った横幅よりも数mmだけ短い長さの板を、2枚のパーツとしてノコギリで切り出し、ドアを取り付ける面の、天井付近と床付近に取り付けましょう。横幅が足りないことで生まれる隙間にはゴムシートを入れて塞ぎます。

防音室を自作する簡単なやり方④扉用の板を蝶番で取り付け取っ手を付ける

防音室を自作する簡単なやり方の工程の4つ目では、扉用の板を蝶番で取り付け取っ手を付けます。壁用の板と同じサイズの、扉用の板を蝶番で取り付ける時には、ドアが右開きがいいか、左開きがいいかを考えてから作業するようにしましょう。同じように自分の聞き手に応じて使いやすい位置に取っ手を付けると良いでしょう。

防音室を自作する簡単なやり方⑤コーキングガンで隙間がないようにする

防音室を自作する簡単なやり方の工程の5つ目ではコーキングガンで隙間がないようにする作業をします。防音室の内部の、板が隣り合っている部分に、コーキングガンを用いてシーリングしていきましょう。そのまま固まるのを待っても良いですが、見た目が気になる場合はパテで表面を整える作業をするのもおすすめです。

防音室を自作する簡単なやり方⑥コードを設置するための穴を作る

防音室を自作する簡単なやり方の工程の6つ目では、コードを設置するための穴を作る作業をします。防音室に置きたいものによっては、器具や照明のコードを部屋から防音室に入れる必要があることもあります。

コードを通すための最低限の穴をドリルを使って開けましょう。隙間が気になった場合はゴムシートなどで覆うと音漏れしづらくなります。

防音室を自作する簡単なやり方⑦扉が触れる場所にゴムを貼る

防音室を自作する簡単なやり方の工程の7つ目では、扉が触れる場所にゴムを貼ります。特に扉が触れる内側の部分のうち、取っ手に近い辺の部分にゴムを貼りましょう。ここでゴムをしっかり貼ることで、扉が閉まった時にゴムと扉が密着します。何も作業しない場合よりも、隙間ができるのをしっかりと防ぐことができます。

防音室を自作する簡単なやり方⑧ウレタン材を加工して内側に貼る

防音室を自作する簡単なやり方の工程の8つ目では、ウレタン材を加工して内側に貼ります。内側の壁の大きさを測ったら、ウレタン材のサイズを合わせます。ウレタン材をそのまま貼り付けると、特にグラスウールを使った場合ちくちくとして壁に触れられなくなってしまうため、新聞紙などでウレタン材を包むと良いでしょう。

ウレタン材を新聞紙や紙で包んだら、タッカーで防音室の内側に貼り付けていきます。タッカーで取り付けづらい場所は、シールなどを用いて加工したウレタン材を貼っていきましょう。

防音室を自作する簡単なやり方⑨照明と器具を置く

防音室を自作する簡単なやり方の工程の9つ目では、照明と器具を置きます。防音室に置きたい器具を防音室の中に配置し、コードは専用の穴を通して防音室の外に出しましょう。照明の他にも楽譜台などを置くと、より楽器を持ち込んだり歌ったりしやすい環境に近づけることができ、過ごしやすいスペースとなるでしょう。

防音室を自作するのに必要な予算は?

防音室を自作するのに必要な予算①節約すると3万円前後

防音室を自作するのに必要な予算の1つ目の情報は、節約すると3万円前後であることです。木材やウレタン材を安価に手に入れやすいものにしたり、防音室の広さを1人で使える最低限のものに抑えれば、3万円前後で防音室を作ることができます。工具のレンタルなどを利用すればよりコストを抑えやすくなるでしょう。

防音室を自作するのに必要な予算②換気を付けると6万円ほど

防音室を自作するのに必要な予算の2つ目の情報は、換気を付けると6万円ほどであることです。防音室の中は密閉される空間となるため、夏場は熱がこもりやすく長時間いることは難しくなります。換気の設備を施すと小型の換気セットを用意する必要があり、予算が増え、最低限の設備の場合よりも2倍近いコストがかかります。

防音室の自作例3選

防音室の自作例①黒い壁や床がシックな防音室

防音室の自作例の1つ目は、黒い壁や床がシックな防音室です。防音用のウレタン材の色味に合わせ、床の色も黒を選ぶことで統一感が出てシックな雰囲気になっています。また色を統一するとより集中しやすい空間にも仕上げやすくなります。

防音室の自作例②壁の模様にこだわった防音室

防音室の自作例の2つ目は、壁の模様にこだわった防音室です。色違いの防音用の壁材を交互に組み合わせることで、チェック柄のおしゃれな模様を作ることができます。白一色や黒一色の内装は味気ないと感じる方におすすめなアイディアです。

防音室の自作例③白い壁で覆った防音室

防音室の自作例の3つ目は、白い壁で覆った防音室です。防音室を置ける広い面積と豊富な材料があれば、ドラムを置くことができる防音室を作ることもできます。複数人で自作することで、より防音室らしい設備を整えやすくなるでしょう。

防音室を自作する時間がない方におすすめの簡易防音室3選

防音室を自作する時間がない方におすすめの防音室①ダンボール製だんぼっち

防音室を自作する時間がない方におすすめの防音室の1つ目は、ダンボール製のだんぼっちです。こちらの防音室は簡単に組み立てやすく換気機能も付いていますが、10万円を切る価格が魅力的なポイントとなっています。

防音室を自作する時間がない方におすすめの簡易防音室②ライトルーム

防音室を自作する時間がない方におすすめの簡易防音室の2つ目は、ライトルームです。テントのようにチャックを閉めれば簡単に防音室を作り出すことができ、見た目もかわいらしく部屋の雰囲気に合いやすいデザインとなっています。

防音室を自作する時間がない方におすすめの簡易防音室③ナサール

防音室を自作する時間がない方におすすめの簡易防音室の3つ目は、ナサールです。価格はかなり高めとなっていますが、工事の代金も含まれています。また独立した部屋になっているため家にしっかりとした防音室を作りたい方におすすめです。

防音室を作ってマナーを守りながら音楽を楽しもう

家の中で楽しむ音楽は、音量によっては周囲の人々に迷惑がかかってしまうこともあります。また、特に夜の時間帯の音楽は近隣の人々の睡眠を妨げる原因となってしまうこともあり、マンションなどでは問題として取り上げられやすいです。防音室を作れば、周りをあまり気にせずに伸び伸びと音楽を楽しめるようになります。

しかし、部屋が防音室になるように工事をしてもらうと費用がとても高くなってしまうでしょう。自分1人で使う防音室であれば、自作したりキットを組み立てることでコストを抑えながらある程度の防音ができる設備を整えることができます。安価に作れる防音室を使って、自分も他人もストレスのない生活にしていきましょう。

また、防音になる対策としては、防音室以外に防音マイクというものもあります。防音室よりも手軽に導入しやすいだけでなく、防音室と併用して使うことでより音漏れを防ぎやすくなるでしょう。こちらの記事では、防音マイクを自作するための方法を説明しています。家で気兼ねせず歌いたい方はぜひご覧になって下さい。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。