INDEX

どんど焼きとは?意味や由来は?

どんど焼きは小正月に行う無病息災を願う祭り

どんど焼きは、小正月である1月15日前後に行われる無病息災を願う行事です。お正月のしめ飾りや門松やだるま、お札やお守りや書き初めなどを持ち寄り、これらを燃やした火にあたるのは、ご利益の意味があると言われています。どんど焼きを行う場所は、神社の他、地域の行事で行う場合は空き地や田んぼなどで行われます。

どんど焼きの火にあたると、無病息災や五穀豊穣のご利益があるとされています。またこの際にどんど焼きの火で焼いた団子を食べると、一年間健康でいられると言われています。お正月飾りを燃やすのは、神様を空に送り出し感謝すること、書き初めを燃やすのは、字が上手くなり学問に秀でるようにということから燃やされます。

以前は、子供たちが竹を山から取ってきて、やぐらを組み立てていました。そして、子供たちが火をつける時に燃やすという意味の「もっつけるぞー!」とアナウンスして始まるという由来がありました。最近は、子供の数も少なくなり、場所の確保も難しくなったので、いつの日からか、大人がやぐらを作るようになっています。

どんど焼きの意味は火がどんどん燃える様子のどんどんから

どんど焼きの意味は、火がどんどん燃える様子からその名がついたと言われています。また、青竹がはじける音がどんという音がするからと言う説、また、火が燃える様子をはやしたてる言葉の「とうと」が、「とうと、とうと」とはやしたてていくうちに、なまってどんどになったと言う説もあります。

どんど焼きは、日本全国で行われていて、地域により違う名称で呼ばれています。どんど焼きの違う名称として、「さぎちょう」、「どんどん焼き」、「とんどさん」、「どんどや」、「とんど正月」、「とんど焼き」、「どんと焼き」などがあります。名称が違っても、いつ行われるかなどの基本や行事の内容は一緒です。

どんど焼きの由来は平安時代から

どんど焼きの由来は、平安時代の宮中行事からと言われています。平安時代の宮廷内で、毬杖(ぎっちょう)と呼ばれる貴族のお正月の遊びがありました。杖は青竹でできており、毬(まり)は、遊びで使う弾力性のあるボールです。杖でボールを打ち合う遊びが毬杖(ぎっちょう)で、小正月である1月15日に行われていました。

この青丈を縦に3本束ねて結び、この上に扇子や短冊などを重ねて燃やしたのが、どんど焼きの由来ではないかと言われています。どんど焼きの違う呼び名として左義長(さぎちょう)と言うのがありますが、青丈を3本結ぶことから「三毬杖(さぎちょう)」と呼ばれたと言う由来があります。

どんど焼きはいつ行われるの?

小正月の1月15日がメイン

どんど焼きがいつ行われるのかというと、小正月である1月15日が主な日になります。成人の日が1月15日で祝日だった時は、1月15日にするところがほとんどでした。しかし最近は、15日に近い土日のどちらかに開催されることが、多くなっています。

最近では、どんど焼きは減ってきていると言われています。防災面での観点や環境面での燃やしたものからダイオキシンが発生するなど、また、神社以外の地域の行事として行っている場合、場所の確保が難しいという点もあります。しかし、日本の伝統行事を見直して、継続していこうと言う取り組みをしているところもあります。

どんど焼きでは、正月飾りなどを燃やすだけでなく、地域によりさまざまなものを用意しているところもあります。代表的なものは、どんど焼きの残り火で焼く団子や餅、甘酒などです。地域でどんど焼きを行うところは、豚汁などを用意しているところもあります。

近所の神社でどんど焼きの日にちがいつか聞いてみよう

どんど焼きは、小正月である1月15日に主に開催されますが、住んでいる地域により違うこともあります。そこで、近所の神社にお正月のお参りに行った際に、どんど焼きが行われるか、また行われるのなら、いつか聞いてみましょう。お守りなどもどんど焼きで引き取ってもらえるかも聞いておくと良いでしょう。

どんど焼きは、お正月にいらした歳神様をお見送りするための行事でもあります。ですので、その年のお正月に飾った門松やしめ飾りを燃やして、神様をその煙と共に空へお送りするのです。小正月の1月15日前後に行われるのは、お正月気分を改めて、日常生活に戻るという意味合いもあります。

どんど焼きは、開催場所により昼間から行われる場合と夜から行われる場合があります。神社の場合は、朝からまたは昼からなどの時間帯が主になります。イベントの場合は、夜にかけてのところも多いです。いつスタートするのか事前に聞いて、時間前には到着しておきましょう。

どんど焼きですることは?

青丈などでやぐらをつくる|地域で作る場合もあり

どんど焼きですることの一番初めは、やぐらを作ることです。やぐらは、青竹でメインとなる骨組みを作っていきます。そこに他の木や板などですきまが少なくなるように、たてかけていきます。だいたいの形が出来たら、まわりを何重か太い縄でぐるっと巻きます。青竹を使うのは平安時代の毬杖(ぎっちょう)からの由来です。

太い縄をやぐらにぐるっと巻いたところに、しめ飾りをどんどんまわりに飾っていきます。また、だるまに穴を開けて棒に刺すなどし、やぐらにセットします。書き初めの紙は、燃えた後、風で舞うこともあり得るので、やぐらの中に入れることが多いようですが、この書き初めの紙が燃えて高く舞うと、良いといわれていました。

準備が出来たら、やぐらに火をつけます。しめ飾りは、前述のように火をつける前にセットされることが多いですので、先日までに神社などに持っていくと尚、良いでしょう。火をつけたあとは、しばらく見守ります。やぐらを作った人同士は、仲間の一体感が生まれる時間です。火が燃え出すまでは、寒く感じます。

火のついたやぐらを見守る|どんと祭のスタート

どんど焼きでは、神社で燃やしていいものが決められています。燃やしていいものは、その年のお正月に飾ったしめ飾りと門松がメインです。いつ購入しただるまを燃やせるかというと、前年飾った祈願を成就したものを燃やすことが出来ます。しかし、だるまに関しては、燃やせるかどうか、事前に確認することをおすすめします。

お守り、お札、破魔矢は、基本的にその神社で購入したものを燃やすことが出来ます。また、それは去年のお守り、お札、破魔矢になります。今年購入したものは、来年燃やしましょう。準備が出来たら、やぐらに火がつけられます。どんと祭りのスタートです。神社ではやぐらに火をつける前に、神事を行うところが大半です。

どんど焼きとは別にお守りやお札を回収しているところもあり、神社により見解が違いますので、事前に聞いてみるのが良いでしょう。下の記事では、破魔矢の飾り方と魔除けができる置き場所や方角や向きを、解説しています。破魔矢の飾り方にも意味があり、参考になりますので、合わせてご覧下さい。

Small thumb shutterstock 305302817
関連記事 破魔矢の飾り方とは?魔除けができる置き場所の方角や向きも

神社の破魔矢とは厄災かを払う魔よけの意味がある縁起物です。飾り方や置き

まゆ玉団子を味わう|まゆ玉団子とは

どんど焼きの火が落ち着いてきたら、どんど焼きの残り火でまゆ玉団子を焼きます。こちらのまゆ玉団子は、上新粉で作られています。地域により何に刺すかは違いはありますが、竹や柳の枝の先に、まゆ玉団子を突き刺して焼いて食べるのが一般的です。色は紅白が主になりますが、黄色など違う色も見ることができます。

まゆ玉の形は、まん丸ではなく蚕のように楕円形をしています。この由来は、以前の日本には養蚕農家が多くいて、豊穣を願った時の名残であると言われています。また、まゆ玉団子を焼いた後の枝の燃えかすは、厄除けになると言われています。この燃えかすは、玄関の外などに置いておくと運が良くなるラッキーアイテムです。

このまゆ玉団子には、味も何もついていなく、そのまま食べるのが伝統になります。その場で焼きあがったアツアツの団子をやけどしそうになりながら、食べるのを毎年楽しみにしている人たちもいます。まゆ玉団子を作るのは手間がかかるので、作ったり焼いたりの奉仕作業を神社で行うことは、徳を積む行為だと言われています。

各地域のどんど焼きの様子は?おすすめ神社やスポットは?

おすすめ神社|東京・花園神社

どんど焼きのおすすめ神社は、東京の「花園神社」です。花園神社は徳川家康の江戸開府以前から、東京の新宿の総鎮守として重要な役割を持っていました。元々は今の伊勢丹デパートのあたりにありましたが、処々の経緯を経て、現在の場所に移転した歴史ある神社です。

花園神社では、どんど焼きのことを「湯の花神事」や「湯花祭り」と呼んでいます。この日は、どんど焼きの火で沸かしたお湯を神前に供え、同じ湯で作った甘酒が参拝者にふるまわれます。時間を都合し参拝して、お守りも手に入れ、ぜひご利益にあずかりましょう。

おすすめ神社|千葉・稲毛浅間神社|お守りも手に入れよう

どんど焼きが行われているおすすめ神社は、千葉の「稲毛浅間神社」です。こちらは、「いなげせんげん神社」と読みます。西暦808年に富士山本宮浅間大社から御分霊を奉斎したのが、始まりといわれている歴史ある神社です。

また、稲毛浅間神社は木花咲邪姫命(このはなのさくやひめのみこと)が主祭神で、安産や子育てにご利益があることで知られています。どんど焼きは、恒例祭典として毎年1月14日に行われます。東京からのアクセスも良く、非常に美しい神社です。お守りも手に入れ、参拝しましょう。

下の記事では、神社での手水舎の作法やマナーをしっかり学べるよう、解説しています。作法にもいろいろな意味がありますので、合わせてご覧下さい。

おすすめスポット|長野・戸隠どんど焼き祭り

どんど焼きのおすすめスポットは「戸隠どんど焼き祭り」です。戸隠どんど焼き祭りは、長野の戸隠スキー場のゲレンデで行われます。どんど焼きだけではなく、地元の戸隠太鼓の演奏、最後には雪上大花火も打ち上げられるお祭りです。また、この花火は自分だけの花火を、事前申し込みにて打ち上げることも出来ます。

こちらは毎年1月の第3土曜日に行われています。主なスケジュールは、19:20に地区道祖神から松明行列が出発し、中社のゲレンデでどんど焼きの御神事が開始になります。その後、19:50から松明行列が到着し、やぐら点灯、戸隠太鼓の演奏、雪上大花火となります。雪上大花火は、21:00頃の終了予定です。

また、戸隠どんど焼き祭りでは、紅白餅、厄除け餅、甘酒、樽酒なども用意してあります。どんど焼きを楽しんだ後、冬の夜空を彩る大花火は大変人気で、毎年、多くの人々が訪れる有名なお祭りとなっています。ぜひ、訪れてみましょう。

どんど焼きは年明けの運を引き寄せるお祭り

どんど焼きを意味や由来、いつ行われるか、どのようなことをするのかなどを中心にご紹介してきました。どんど焼きは、平安時代から続く日本の伝統行事です。そして、現代でも引き継がれていて、今後も継承していくであろう魅力あふれるお祭りです。

どんど焼きは、その年の良い運を引き寄せる願いをするお祭りです。ただのお正月のしめ飾りや門松を燃やすだけではないとわかったら、早速参加してみたくなります。神社に参拝して、お守りも手に入れて、新年からこの美しい伝統であるどんど焼きに、参加して運を引き寄せましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。