INDEX

営業電話の話し方の基本5選

営業電話の話し方の基本①声の大きさを適切にする

営業電話で声の大きさを適切にするように心がける人の画像

営業電話の話し方の基本の1番目は、声の大きさを適切にするということです。相手がどのような状況にいるかによって、声を大きくした方が良いか、小さくした方が良いかの判断ができます。

相手が大きい声で話している時や、相手が騒々しい場所にいる時は、こちらが小さな声で話してしまうと相手に聞こえませんので、大きな声で話しましょう。

その反対に相手が会議中の場合など、とても静かな所にいる時にこちらが大きな声で話してしまうと、こちらの声が相手の電話口から漏れて迷惑をかけてしまうことがあります。基本的には、相手の声と同じくらいの大きさで合わせれば問題ありませんが、相手の様子を察知して適切な声の大きさで話すように心がけましょう。

営業電話の話し方の基本②対面の会話よりも遅めに話す

営業電話の話し方の基本の2番目は、対面の会話よりも遅めに話すことです。電話で話す時には相手の表情や仕草が見えないので、声だけを頼りに情報を得るしかありません。そのため電話での会話は、対面での会話よりも意思疎通が難しいと言われています。

電話で話す時には、対面で話す時よりも遅めのスピードでゆっくり話すように心がけることで、話の内容や言葉のニュアンスを相手に感じ取ってもらいやすいと言われています。

営業電話の話し方の基本③滑舌良く話す

電話で滑舌良く話す女性の画像

営業電話の話し方の基本の3番目は、滑舌良く話すことです。電話で話すと、余計な雑音が入ったり、音声がクリアに聞こえなかったりして、相手が聞き取りにくいケースがあります。

電話越しの声が聞き取りにくいうえに、滑舌が悪いと、さらに相手は聞き取りにくいと感じてしまうので、滑舌良くハッキリと話すように心がけましょう。

営業電話の話し方の基本④端的に話す

営業電話で端的に話す人の画像

営業電話の話し方の基本の4番目は、端的に話すことです。電話でだらだらと長い話を聞かされると、相手は疲れてしまいますし、内容の把握も難しくなると言われています。そのため電話で話す際には、話す内容をわかりやすくまとめて端的に話すように心がけましょう。

営業電話の話し方の基本⑤聞き取りが難しい言葉は丁寧に説明する

営業電話で丁寧に説明する人の画像

営業電話の話し方の基本の5番目は、聞き取りが難しい言葉は丁寧に説明することです。いくらゆっくりと滑舌良く話すように心がけていても、電話で話すと聞き取りづらい言葉はあります。

例えば英語の「B」と「D」などがそうです。話している側は「ビー」、「ディー」と明確に言っているつもりでも、聞いている側からすると同じに聞こえることがあります。そんな時は、「ボールのBです」とか「ドライのDです」というように、わかりやすく説明するように心がけましょう。

営業電話をかける前に意識したいこと7選

営業電話をかける前に意識したいこと①目的を明確にする

電話営業の目的の明確化のために話し合う人の画像

営業電話をかける前に意識したいことの1番目は、目的を明確にするということです。これからかける営業電話で、一体自分は何をすべきなのかといったことを把握しておかなければ、うまく結果を出すことはできませんので、まずは目的を明確にしましょう。

ちなみに、仕事の目的を明確にすることは得意でも、自分の人生の目的を明確にできていないという人は少ないと言われています。以下の記事では、人生の目的の見つけ方について詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

営業電話をかける前に意識したいこと②話す相手を明確にする

話す相手を明確にして営業電話をする人の画像

営業電話をかける前に意識したいことの2番目は、話す相手を明確にすることです。電話口に出る人が、営業をするべき相手とは限りません。

受付係の人が最初の電話に出る会社は多いと言われていますが、受付の人に営業をしても詳細を把握していなかったり、決定権を持っていないことがほとんどです。そのため、あらかじめ話す相手を明確にしておき、その人に話ができるように事を運べるように意識しておきましょう。

営業電話をかける前に意識したいこと③礼儀正しく話す

営業電話をかける前に意識したいことの3番目は、礼儀正しく話すことです。礼儀正しく話ができない人は、営業トークを聞いてもらえない可能性が高いと言われています。

いくら営業の内容に魅力があっても、営業マンがだらしなかったり無礼だったりすると、営業は失敗してしまうので、営業電話をかける前には礼儀正しく話をするように心がけましょう。

営業電話をかける前に意識したいこと④伝えるべきことをわかりやすく伝える

営業電話でわかりやすく伝えようとする人の画像

営業電話をかける前に意識したいことの4番目は、伝えるべきことをわかりやすく伝えることです。相手が営業トークに耳を傾けてくれても、円滑に説明ができなければ電話を切られてしまいます。そのため、なるべくスムーズに、わかりやすく伝えられるように意識しましょう。

営業電話をかける前に意識したいこと⑤質問されることを想定する

質問されることを想定する人のイメージ画像

営業電話をかける前に意識したいことの5番目は、質問されることを想定することです。相手が営業トークを熱心に聞いてくれるほど、不明点や関心のあることなどを質問されるケースが増えると言われています。

そういった場合のために、あらかじめ「質問されるかもしれない」という内容を想定し、回答内容を明確にしておけば、慌てることなく対応できるので、営業電話をかける前の意識が大切だと言われています。

営業電話をかける前に意識したいこと⑥断られるパターンを想定する

断られるパターンを想定したイメージ画像

営業電話をかける前に意識したいことの6番目は、断られるパターンを想定することです。営業トークを聞いてくれる人は少数ですので、あらかじめ断られることを意識しておくことで、営業がうまくいかなかったことに対して、過度に落ち込むといったことを避けられると言われています。

些細なことで落ち込んでしまう人の中には、神経質な人も少なくないと言われています。以下の記事では、細かいことを気にしない方法や神経質の改善方法などを詳しくお伝えしているので、ぜひ合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 412945732
関連記事 神経質な男女の性格や特徴13選|イライラしない付き合い方や改善方法も

神経質な男性や女性には性格にいくつかの特徴があります。悪い事ばかりでは

営業電話をかける前に意識したいこと⑦笑顔で明るく話す

営業電話をかける前に意識したいことの7番目は、笑顔で明るく話せるように意識しておくことです。営業トークでは、明るくて良い印象を与えられる人の方が話を聞いてもらいやすいと言われています。営業電話では自分の顔は相手に見えませんが、だからこそ笑顔を意識することが大切であると言われています。

営業電話の話し方のコツ7選

営業電話の話し方のコツ①相手の機嫌を損ねない

営業電話の話し方のコツの1番目は、相手の機嫌を損ねないことです。いくら営業する商品やサービスに魅力があっても、営業マンが相手の機嫌を損ねてしまうと、営業は上手くいかないと言われています。

その反対に、商品やサービスに魅力がなくても、営業マンが気に入られていれば営業が成功する確率が高まると言われているので、できる限り相手に好かれるための努力が大切であると言われています。

営業電話の話し方のコツ②相手を否定しない

「相手を否定してはいけないと主張する」女性の画像

営業電話の話し方のコツの2番目は、相手を否定しないことです。相手の言っていることや考えを否定してしまうと、相手の機嫌を損ねてしまいます。例え、全く共感できないことであっても相手のことを否定しないで、相槌をうつなどの対応で真剣に話を聞いているところをアピールすることが賢明です。

営業電話の話し方のコツ③口癖を多用しないようにする

口癖を多用しないように意識する人の画像

営業電話の話し方のコツの3番目は、口癖を多用しないようにすることです。口癖は無意識に出てしまうものなので自覚しづらいのですが、聞いている相手側からすると、無性に気になってしまって、話の内容が入ってこなくなるケースが見られます。

例えば、「ふむふむ」や「なるほど」など、営業マンのちょっとした相槌が気になってしまって、気持ちよく話ができずに失敗してしまうケースもあります。相手との相性もありますが、できる限り相手に不快感や違和感を与えないように話すことが営業電話のコツです。

営業電話の話し方のコツ④営業する商品やサービスの魅力を理解する

営業する商品やサービスの魅力を理解するために勉強する女性の画像

営業電話の話し方のコツの4番目は、営業する商品やサービスの魅力を理解することです。これから営業しようとする商品やサービスについて深く理解し、魅力を知っておくことは、営業電話の成功率を向上させると言われています。

その商品に心から魅力を感じている営業マンの営業電話と、仕事だから仕方なく営業しているといった営業マンの営業電話には明らかな違いが出ると言われていますので、あらかじめ商品について深く理解し、魅力的な部分を把握しておきましょう。

営業電話の話し方のコツ⑤営業する商品やサービスの魅力をうまく伝える

営業電話の話し方のコツの5番目は、営業する商品やサービスの魅力をうまく伝えることです。営業する商品の魅力を十分に理解できても、それをうまく相手に伝えられないことには、営業の成功にはつながりません。

どのように表現すれば魅力が伝わりやすいかといったところを中心に考え、その後の営業電話の中でより良い言い回しを模索していくことが、営業電話でうまく話すコツであると言われています。

営業電話の話し方のコツ⑥相手の関心度合いを見極める

営業電話の話し方のコツの6番目は、相手の関心度合いを見極めることです。営業電話の経験が増えるほど、相手がどれだけ営業に対して関心を示しているかがわかるようになってきます。

営業電話は全く興味のない人に一生懸命アプローチしても成功しないどころか、「しつこい」という理由でクレームになってしまう恐れもあります。そのため、相手の関心度合いを見極めて、聞いてもらえそうな人に全力を尽くすことが営業電話の話し方のコツであると言われています。

営業電話の話し方のコツ⑦相手のテンションに合わせて話す

相手のテンションに合わせる人の画像

営業電話の話し方のコツの7番目は、相手のテンションに合わせて話すことです。営業電話では、相手のテンションに合わせた対応が、相手の心をつかむきっかけになると言われています。

営業電話をかけた時に相手が上機嫌なのか不機嫌なのかを素早く察知し、話し方を合わせていくことが営業電話を成功させるコツです。具体的には、相手が上機嫌なほど営業電話は成功しやすく、相手が不機嫌なほど営業電話は成功しづらいと言われています。

特に不機嫌な相手に対して元気よく営業をすると、不快感を与えてしまいクレームになる恐れがあるので注意が必要だと言われています。

営業電話の話し方の基本やコツを押さえてスキルの向上に努めましょう

営業電話は相手の顔や仕草が見えないので、とても難しいと言われています。そのうえ、断られるのが当たり前の世界ですので、精神的な負担が重なって苦手意識を持つ人も多いです。

しかし、そういった難しい仕事だからこそ、身につけられるスキルはたくさんあります。コミュニケーションスキルや説明能力、迅速な判断能力など、今後役立つスキルを伸ばせるチャンスですので、営業電話の話し方の基本やコツを押さえてスキルの向上に努めましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。