INDEX

洋服ブラシの種類と選び方は?

洋服ブラシは馬毛と豚毛などの種類がある

洋服ブラシには馬毛や豚毛など、ブラシ部分に使われている毛が種類ごとに異なります。豚毛のほかにはヤギの毛のブラシや、化学繊維が使ってあるブラシなどもありさまざまです。

一般的に馬や豚などの天然毛でつくられたブラシの方が、洋服の手入れが上手にできて長持ちするといわれています。また豚の毛は馬の毛よりも固い特徴があるので、繊維がしっかりした繊維や革製品によく使われていますが、中にはカシミヤなどのデリケートな素材にも使うことができるほどやわらかいブラシもあります。

洋服ブラシの選び方はスーツなど洋服の素材によって選ぶ

洋服ブラシをどのブラシを使うかは、洋服ブラシを主に使う素材で選ぶといいでしょう。スーツや革製品のお手入れが主な方は豚毛のブラシを、カシミヤやウールなどのデリケートな素材をお手入れする方は馬毛が良いといわれています。

とはいうものの、ブラシの中には豚毛でもデリケートな素材を扱える商品もあり一概には言えません。洋服ブラシの商品の特徴をもとに、どの洋服ブラシのブランドが良いか決めると良いでしょう。

洋服ブラシはブラシの平野や無印良品などのブランドで選ぶ

洋服ブラシはブラシの平野や、無印良品、KENTといったブラシのブランドで選んでも良いでしょう。品質の良いブラシブランドのブラシは安心して使用できます。ブラシの平野、KENTは特に品質が良いので安心です。。

無印良品の洋服ブラシは女性にも扱いやすい大きさでコンパクトに使うことができます。無印良品では品薄になりやすい商品ですが、冬物が出るころには店頭に並ぶかもしれませんのでチェックしてみてください。

おすすめ洋服ブラシ13選

おすすめ洋服ブラシ①無印良品の豚毛ブラシ

おすすめ洋服ブラシ①は、無印良品の豚毛ブラシです。価格も手ごろながら程よい品質の洋服ブラシです。スーツのお手入れに便利で、花粉や細かいごみを払い落とすのに使えます。無印良品のブラシは大きさも女性の手にちょうど良く使いやすくコンパクトです。

無印の豚毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:890円
  • 材質:豚毛

おすすめ洋服ブラシ②ブラシの平野の洋服ブラシ

おすすめ洋服ブラシ②は、ブラシの平野の洋服ブラシです。ブラシの平野のブラシは職人気質の手植えブラシが特徴で、こだわりの洋服ブラシとなっています。ブラシの平野のブラシは馬毛を使用したやわらかなブラシで、スーツだけでなくカシミヤなどのデリケートな素材にも使用することができます。

ブラシの平野の馬毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:10,800円
  • 材質:天然木・馬毛

おすすめ洋服ブラシ③Himartの馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ③は、Himartの馬毛ブラシです。お値段が手ごろで、購入しやすい商品となっています。馬毛なので静電気が起こりにくいです。スーツのほか革製品やスエード製品にも使うことができます。

Himartの馬毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:920円
  • サイズ:23x5x1cm
  • 材質:天然木・馬毛

おすすめ洋服ブラシ④KENT豚毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ④は、KENT豚毛ブラシです。KENTは英国王室御用達のブランドで、スーツの国イギリスで愛用されているブラシを販売しています。豚毛へのこだわりがあり、品質の高いブラシとして安心して購入することができます。

KENT豚毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:5,500円
  • サイズ:22×5cm
  • 特徴:豚毛だがカシミヤやウールもお手入れ可能

おすすめ洋服ブラシ⑤Misirin馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑤は、Misirin馬毛ブラシです。やわらかいブラシなので、カシミヤやウールのようなデリケートな素材にも使うことができます。また洋服の他靴のブラシとしても使うことができ、多用途に活躍するブラシです。

Misirin馬毛ブラシ
  • 参考価格:1,250円
  • サイズ:長さ:22.5cm 幅:5.5cm 高さ:3.9cm
  • 材質:馬毛

おすすめ洋服ブラシ⑥Hiveseen馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑥は、Hiveseen馬毛ブラシです。価格もお手頃でお求めやすく、馬毛なのでカシミヤなどのデリケートな素材にも使うことができます。革製品、靴、革製ソファなど幅広い用途に使うことができます。

Hiveseen馬毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:699円
  • 材質:馬毛
  • サイズ:25x5.5x3cm

おすすめ洋服ブラシ⑦HST馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑦は、HST馬毛ブラシです。馬毛のブラシなのでスーツや革製品からカシミヤなどのデリケートな素材にまで幅広く使うことができます。小さな靴用クリームを塗るためのブラシもついているので、靴のお手入れをしたい方にはお得です。

HST馬毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:1,199円
  • 素材:馬毛
  • 特徴:靴クリーム用の小ブラシつき

おすすめ洋服ブラシ⑧Joytoop馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑧は、Joytoopの馬毛ブラシです。お値段がお値打ちで試しに洋服ブラシを使ってみたいという方にもおすすめできます。スーツのほか革製品などのお手入れにも使用できます。

Joytoop馬毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:499円
  • 材質:馬毛

おすすめ洋服ブラシ⑨KENTカシミヤ用豚毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑨は、KENTのカシミヤ用豚毛ブラシです。KENTは英国王室御用達のブランドで確かな品質の洋服ブラシを販売しています。カシミヤ用の洋服ブラシは特に毛足が柔らかく、デリケートな素材の衣類を大切にケアすることができおすすめです。

KENTカシミヤ用豚毛ブラシ基本情報
  • 参考価格:5,970円
  • 材質:豚毛
  • サイズ:約 28×5.4cm

おすすめ洋服ブラシ⑩池本刷子工業の静電気除去ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑩は、池本刷子工業の静電気除去ブラシです。馬毛と静電気を除去する繊維の両方を使っています。馬毛で繊維を整えて、中央部分の繊維で静電気を除去します。ほこりや花粉を寄せ付けないようにしたい方にはおすすめです。

池本刷子工業の静電気除去ブラシ基本情報
  • 参考価格:3,013円
  • 材質:馬毛・静電気除去繊維(銅イオン含浸アクリル繊維)

おすすめ洋服ブラシ⑪MARUEISWANカシミヤシルク用ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑪は、MARUEI SWANカシミヤシルク用ブラシです。材質は豚毛で、カシミヤやシルクなどデリケートな素材にマッチするほどやわらかい毛の洋服ブラシとなっています。主にニットのお手入れをしたい方におすすめです。

MARUEISWANカシミヤシルク用ブラシ基本情報
  • 参考価格:3,292円
  • 材質:豚毛
  • 特徴:カシミヤ・シルク用のブラシ

おすすめ洋服ブラシ⑫コロニル馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑫は、コロニル馬毛ブラシです。やわらかい馬毛でスーツのほか、革製品やスエードなどのお手入れにも使うことができます。ブラシの部分が大きいので広い範囲のブラシかけにも便利です。

コロニル馬毛ブラシの基本情報
  • 参考価格:3,294円
  • 材質:馬毛

おすすめ洋服ブラシ⑬Minao馬毛ブラシ

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめ洋服ブラシ⑬は、Minao馬毛ブラシです。やわらかい馬毛なので革製品からカシミヤまで幅広く使うことができます。お値段もお手頃なので、洋服ブラシが初めてという方もお求めやすいでしょう。

Minao馬毛ブラシの基本情報
  • 参考価格:1,280円
  • 材質:馬毛

また、下記の記事はスエード靴のお手入れについて書かれた記事です。スエード靴のお手入れについて興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。お手入れグッズも紹介されています。

洋服ブラシの使い方は?

洋服ブラシの使い方①繊維に逆らってブラシをかける

洋服ブラシの使い方①は、繊維に逆らってブラシをかけていきます。繊維にさからってブラシをかけることで、洋服に含まれている細かい繊維やごみが繊維の表面に浮かんできます。

また繊維に逆らってブラシをかけることで、ぺしゃんこになっていた毛が立ちあがってふんわりとした質感やツヤがよみがえります。まずは全体的にブラシをかけてから細かいところを続いてブラシかけする使い方をしてください。

洋服ブラシの使い方②繊維に沿って払うようにブラシをかける

洋服ブラシの使い方②では、繊維に沿って払うようにブラシをかけます。最初に繊維に逆らってブラシをかけて浮き上がらせた汚れを、繊維にそってブラシをかけることで払い落とす使い方です。

ブラシを繊維に沿ってかけるときは、浮き上がったごみを払うようにかけていくのが使い方のコツです。全体的にブラシをかけて続いて細かいところのごみも払い落としてあげましょう。

洋服ブラシのメリットは?

洋服ブラシのメリット①スーツなどの洋服が長持ちする

洋服ブラシのメリット①は、洋服が長持ちするということです。繊維が常にお手入れされていると毛玉になって繊維がボロボロになることを、極力防ぐことができます。

繊維が長持ちするので、洋服もいたみにくく長持ちするようになるというわけです。洋服が長持ちするという実感を持つのは、こまめにお手入れして数年後と言われています。それまで頑張ってお手入れを続けましょう。

洋服ブラシのメリット②ニットに毛玉ができにくい

洋服ブラシのメリット②は、毛玉ができにくいということです。洋服ブラシを使ってお手入れをすることで、繊維を常にきれいな状態にキープすることができるので、繊維が絡まらず毛玉になりにくくなるのです。

毛玉ができるとそれが落ちたときにどんどん繊維が薄く擦れていってしまうので、なるべくできないようにケアしていきたいところです。毛玉ができにくい繊維は風合いやツヤの美しさを長く保つことができます。

洋服ブラシのメリット③洋服が汚れにくくなる

洋服ブラシのメリット③は、洋服が汚れにくくなるということです。洋服の汚れは繊維が絡まった部分にさらにほこりや花粉がたまっていくことで蓄積していきます。繊維をこまめに洋服ブラシできれいにお手入れしてあげることで、ごみがたまりにくくなります。

春先の花粉などもつきにくくなるので、花粉症で苦しい思いをしている方は洋服ブラシで洋服をお手入れしてみてはいかがでしょうか。ウールやカシミヤなどは特に花粉を付着させやすいので、洋服ブラシのお手入れは特におすすめです。

また、下記の記事は革靴のシワの取り方や伸ばし方について書かれた記事です。革靴のシワの取り方や伸ばし方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。革靴のお手入れ方法についても紹介されています。

Small thumb shutterstock 278714081
関連記事 革靴のシワの取り方・伸ばし方にはコツがある!そのお手入れ方法とは?

せっかく購入したきれいな革靴であれば、いつまでも大切に使っていきたいも

洋服ブラシを使ってお気に入りの洋服を長く着ましょう

洋服ブラシを使うと、カシミヤなどのニットやスーツ、革製品がきれいな状態で長持ちします。お気に入りの洋服や革製品を長持ちさせたい場合は、洋服ブラシでのお手入れがおすすめです。洋服ブラシを上手に使ってお気に入りをより長く楽しんでいきましょう。

また、下記の記事は洋服についたガムの取り方について書かれた記事です。洋服についたガムの取り方に興味がある方は、下記の記事もあわせて読んでみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。