Large thumb shutterstock 166600271

文章力を鍛えるトレーニング方法とは?わかりやすい文章の書き方や構成も

更新:2019.06.21

この記事では、文章力の高い文章の書き方や構成の仕方、文章力をつけるにはどんなトレーニングがあるのかをはじめ、分かりやすい文章を書くことのできる能力が高い人の文章の特徴などをご紹介しています。文章力に自信がないという方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

文章力とは?

文章力とは①相手に分かりやすい文章を書くことができる能力のこと

文章力とは①相手に分かりやすい文章を書くことができる能力のこと

文章力とは、1つ目は「相手に分かりやすい文章を書くことができる能力」のことです。相手に読んでもらう必要のある文章というのは、相手に理解してもらうために書く文章でもあります。

このため、相手にどれだけ自分が伝えたいことを分かりやすく伝えられる文章であればあるほど、文章力が高いと言うことができるのです。相手に読んでもらう文章の場合には、日記などに記載する自分が書く自分のための文章と同じモチベーションで書かないように気をつけましょう。

文章力とは②論旨がはっきりした文章を書くことができる能力のこと

文章力とは②論旨がはっきりした文章を書くことができる能力のこと

文章力とは、2つ目は「論旨がはっきりした文章を書くことができる能力」のことです。分かりやすい構成やワードのチョイスをしていたとしても、最終的に論旨がずれていたり、いろいろな内容が入り混じってしまっていると、相手はモヤモヤとした気持ちを抱いてしまいます。

相手に分かりやすく、さらにすっきりと読むことができる文章が分かりやすい文章だと言われていますので、文章を書き出す前にポイントごとにどこにどのような内容を書くのか整理してから文章を書くと良いでしょう。

文章力を鍛えるトレーニング方法は?

文章力を鍛えるトレーニング方法①文章力をつけるには読書で語彙力向上

文章力を鍛えるトレーニング方法①読書をして語彙力を向上させる鍛え方

文章力を鍛えるトレーニング方法1つ目は、「読書をして語彙力を向上させる」というトレーニング方法です。分かりやすい文章を書くためには、伝えたい内容に合わせたぴったりのワードを選択して文章を作らなければなりません。文章力をつけるには難しい本である必要はなく、読みやすそうな本でこの鍛え方を始めてOKです。

しかし、語彙力がないために本来伝えたいことよりも少しずれたニュアンスのワードを文章の中で使ったりすると内容がうまく相手に伝わらない場合があります。このため、知らないワードに触れることの多い本を使って、語彙力を高めていく必要があるのです。

読書をしていく中で知らないワードに出会った時には、必ず意味を確認するようにしましょう。また、この方法なら文章の書き方も同時に学ぶこともできます。最近では、お風呂の中で読書を楽しむ人も増えています。以下の記事では、お風呂での読書を楽しむ方法やグッズが紹介されていますので、気になる方はぜひご覧ください。

文章力を鍛えるトレーニング方法②文章力をつけるには添削もおすすめ

文章力を鍛えるトレーニング方法②文章力をつけるには添削もおすすめ

文章力を鍛えるトレーニング方法2つ目は、「添削で文章を書く能力を向上させる」というトレーニング方法です。この方法は、文章の中で書き方が誤っている点を教えてもらえるWordの校正機能を使えば簡単に行うことができ、文章力をつけるにはぴったりです。Wordの校正機能の使い方については、以下をご覧ください。

Wordの校正機能の使い方

  1. Wordでデータを新規作成する。
  2. 画面の上の方にある「校閲」タブをクリックする。
  3. 「文章校正」の▼ボタン(プルダウン)をクリックし、「スペルチェックと文章校正」をクリックする。
  4. コンピューターが誤りだと感知したものがある場合にはその箇所が表示され、該当箇所がない場合には「文章校正が終了しました」と表示される。

後ほどの項目で文章力がある人の文章の特徴をご紹介していますので、日頃から分かりやすい文章を書いていると感じている人に文章の書き方などの添削をお願いしてみるのも良いでしょう。プラスで他の書き方や文章を書く能力を向上するための方法を教えてもらえることもあるので、文章能力をより向上することができます。

このようなトレーニングをすることで、ご自分が書く文章のクセなど向上できるポイントをあぶり出すことができます。特に、漠然と文章力がないと感じていらっしゃる方は、この方法でどこがいけないのか見つけることができて文章を書く能力をつけるにはおすすめです。

文章力を鍛えるトレーニング方法③他の分かりやすい文章を書き写す鍛え方

文章力を鍛えるトレーニング方法③他の分かりやすい文章を書き写してみる

文章力を鍛えるトレーニング方法3つ目は、「他の分かりやすい文章を書き写してみる」というトレーニング方法です。このトレーニングを行うことで人が分かりやすいと感じる文章とご自分が書かれる文章とのギャップや問題に気がつくことができ、文章力をつけるにはぴったりの方法です。

この鍛え方ならご自分が書かれる文章のどこが良くないのかを理解することができます。また、読書で得られる語彙には及びませんが、他の分かりやすい文章を書くことで語彙力を増やすこともできておすすめです。手書きは大変ですので、パソコンに打ち込むのがおすすめです。

語彙力をつけるには、意味の分からないワードに出会ったら必ず意味を調べてインプットするのがおすすめです。ワードのインプットには、ノートに意味の分からなかったワードとその意味を一緒に書く方法が良いでしょう。以下の記事では、無印良品のノートが紹介されています。こちらもぜひご覧になってみてくださいね。

文章力がない人の文章の特徴は?

文章力がない人の文章の特徴①内容が相手のニーズに合っていない

文章力がない人の文章の特徴①内容が相手のニーズに合っていない  編集 削除 ここにアイテムを追加!

文章力がない人の文章の特徴1つ目は、「内容が相手のニーズに合っていない」ということです。この場合は、書いた文章の内容が相手が思っていた内容と異なっていた場合や、途中で論点がずれてしまい、最終的に相手が求めていた内容に関する結論と違う場合のことを指します。

この状況が起こると、文章を読んでいる相手は違和感を覚えてしまいます。また、相手が求めていた内容に関する結論でない文章になってしまっていることで適切な文章が書けていないと感じられてしまうことになるのです。

文章力がない人の文章の特徴②1文が長い

文章力がない人の文章の特徴②1文が長い

文章力がない人の文章の特徴2つ目は、「1文が長い」ということです。1文の中に複数の要素が含まれていると、どうしても文章が長くなってしまいます。また、内容も伝わりにくくなってしまいますし、読む気が失せてしまう人もいるでしょう。

この場合には、1文には1つの要素を盛り込むことを意識すれば改善に近づけられます。こういった自覚がある方が文章力をつけるには、文章の長さを見直してみると格段に文章を書く能力が上がる可能性があります。

文章力がない人の文章の特徴③助詞の使い方が不適切

文章力がない人の文章の特徴③助詞の使い方が不適切

文章力がない人の文章の特徴3つ目は、「助詞の使い方が不適切である」ということです。助詞とは、ワードとワードの関係性を繋げるフレーズのことで「てにをは語」とも言われています。たった1文字ですが、うまく文章力がない人の文章ではこの助詞がうまく使われていないという特徴もあります。

例えば、「ハンバーグが好きだ」という文章と「ハンバーグは好きだ」という文章の場合について考えてみましょう。前者の助詞は「が」で、ハンバーグのみについて強く主張し、他の要素は感じられません。それに対して後者の助詞は「は」で、他のものは好きではないがハンバーグは好きだというニュアンスの文章になります。

このように、どのような助詞を使ってワードをつなげるかどうかで相手に伝わる意味合いが変わってきます。助詞の使い方に自信がないという方が文章力をつけるには、適切な助詞の使い方をすると良いでしょう。

文章力がない人の文章の特徴④全体的に内容が薄くまとまっていない

文章力がない人の文章の特徴④全体的に内容が薄くまとまっていない

文章力がない人の文章の特徴4つ目は、「全体的に内容が薄くまとまっていない」ということです。文章力がない人の文章は文章の内容にまとまりがないため、文章全体の内容が薄くなってしまいます。

このため、文章力がある人の文章と比較すると文章全体に説得力がなく、内容もつまらない文章になってしまうのです。こういったことを防ぐためにも、文章力をつけるには、いきなり文章を書き始めるのではなく、全体の文章の構成や、何を主張したいのかをはっきりさせてから文章を書き始めると良いでしょう。

文章力がある人の文章の特徴は?

文章力がある人の文章の特徴①使われているワードが適切である

文章力がある人の文章の特徴①使われているワードが適切である

文章力がある人の文章の特徴1つ目は、「文章の中で使われているワードが適切である」ということです。文章力がある人の文章は、伝えたいことにその都度ぴったりなワードをチョイスして作られていますので、とても分かりやすい内容となっています。

このため、相手に伝わりにくいということがなく、しっかりと自分が伝えたいことを相手に伝えることができます。このことは文章を書く上でとても大切なことですので、結果的にワードのチョイスが適切だと文章力があると言えることになるのです。

文章力がある人の文章の特徴②文章の構成が良い

文章力がある人の文章の特徴②文章の構成が良い

文章力がある人の文章の特徴2つ目は、「文章の構成が良い」ということです。分かりやすい文章を書くためには、相手に伝わりやすい文章の構成をする必要があります。適切な順番で書くことで、同じ内容でも伝わり方が大きく異なります。

相手に内容を理解してもらいやすい文章の構成にするために、どのような文章展開にすれば良いのかについては後ほどご説明しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

文章力がある人の文章の特徴③同じワードを繰り返さない

文章力がある人の文章の特徴③同じワードを繰り返さない

文章力がある人の文章の特徴3つ目は、「同じワードを繰り返さない」ということです。文章は、1つのテーマに沿って作るものですので、何度も同じようなワードを使いたくなるのは仕方のないことです。しかし、ここで同じ言葉を繰り返すと、しつこく感じられてしまい、文章も全体的にスマートではなくなってしまいます。

また、1つのワードを使いすぎてしまうと、そのワードに含まれる意味合いが弱く伝わってしまう恐れもあります。こういったことを防ぐために、文章力がある人の文章では同じワードはできるだけ繰り返し使わず、その代わりに同義語や類義語が使われています。

わかりやすい文章の書き方や構成は?

わかりやすい文章の書き方や構成①濁点は適切な場所に入れる

わかりやすい文章の書き方や構成①濁点は適切な場所に入れる

わかりやすい文章の書き方や構成1つ目は、「濁点は適切な場所に入れる」ということです。わかりやすい文章とは、内容がしっかりと相手に伝わり、相手が気持ちよく読むことができる文章です。

このため、相手が違和感を感じてしまうような不適切な場所に濁点があると気持ちよく読むことはできません。また、異なったニュアンスで内容が伝わってしまうことがあります。1度ご自分が書いた文章を声に出して読んでみて、違和感を感じるところがあれば修正するようにしましょう。

このため、相手が違和感を感じてしまうような不適切な場所に濁点があると気持ちよく読むことはできません。また、異なったニュアンスで内容が伝わってしまうことがあります。1度ご自分が書いた文章を声に出して読んでみて、違和感を感じるところがあれば修正するようにしましょう

わかりやすい文章の書き方や構成②序論本論結論の流れで構成をする

わかりやすい文章の書き方や構成②序論本論結論の流れで構成をする

わかりやすい文章の書き方や構成2つ目は、「序論→本論→結論の流れで構成をする」ということです。このような文章の流れにすることで、一般的に分かりやすい文章になるとされています。以下に、各項目でどのようなことを書くべきかをまとめていますので、文章の構成に自信のない方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

相手に伝わりやすい文章構成をするために各項目で書くべきこと

  • 序論:文章の趣旨や、これからどのような文章を書いていくのか、問題提起など
  • 本論:文章に説得力を持たせられるような具体例やデータなどの表示と解説など
  • 結論:序論や本論の中身を踏まえて、相手に一番伝えたいことなど

特に、本論では文章に説得を持たせることができるような具体例などを表示して解説を記載することになりますが、単なる解説ではなく、自分が主張したいことを後押しすることができるような解説を書くことがポイントです。本論部分が文章の中でも一番大切な部分になります。こういったことを踏まえて書くようにしましょう。

わかりやすい文章の書き方や構成③主語と述語をはっきりさせる

わかりやすい文章の書き方や構成③主語と述語をはっきりさせる

わかりやすい文章の書き方や構成3つ目は、「主語と述語をはっきりさせる」ということです。主語と述語をはっきりさせ、文章を作ることで同じ内容の文章でもかなり分かりやすくすることができます。こうすることで、「何がどうした」、「何が何のためにどうなった」など脈略のしっかりした文章にすることが可能になります。

わかりやすい文章を書くために、主語と述語を意識しながら文章を作っていきましょう。文章力を鍛えるトレーニング方法3つ目でご紹介した他の分かりやすい文章を書き写してみるトレー二ングを繰り返すことで、自然に主語と述語をはっきりとした文章を書けるようになってきますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

文章力を鍛えるためにおすすめの本2選

文章力を鍛えるためにおすすめの本①伝え方が9割

文章力を鍛えるためにおすすめの本1つ目は、ダイヤモンド社から販売されている佐々木圭一さんの「伝え方が9割」です。会話術の本として有名な1冊ですが、どのような文章構成で文章を作れば良いのかや分かりやすい文章の特徴など、文章力を向上したいと考えていらっしゃる方にぴったりの本となっていておすすめです。

また、文章力がないと感じていらっしゃる方は、会話力も同時に低い場合が多いです。このため、この本は1冊で文章力と会話力を向上することができるのもおすすめポイントの1つです。ぜひゲットしてみてくださいね。

伝え方が9割

値段(税込) 1,512円
本のタイプ ハードカバー
ページ数 213ページ

文章力を鍛えるためにおすすめの本②書く力私たちはこうして文章を磨いた

文章力を鍛えるためにおすすめの本2つ目は、朝日新書から販売されている池上彰さんと竹内政明さんの共同著書である「書く力〜私たちはこうして文章を磨いた〜」です。対話形式の本となっていますので、普段本を読まないという方でも気楽に読むことができておすすめです。

わかりやすい文章にするための文章構成のコツや、表現の方法などがとても詳しく解説されています。また、他の文章力を高める本とは異なり、辛口の批評文章を書くためのコツなども紹介されています。いろいろな文章を分かりやすく書く能力を高めることができますので、ぜひゲットしてみてくださいね。

書く力〜私たちはこうして文章を磨いた〜

値段(税込)(税込) 778円
本のタイプ 小説サイズ
ページ数 208ページ

繰り返しトレーニングをすれば文章力は向上することができる!

繰り返しトレーニングをすれば文章力は向上することができる!

この記事では、文章力とは何かや、文章力を鍛えるためのトレーニング方法をはじめ、文章力がある人とない人の文章の特徴、わかりやすい文章の書き方や構成などをご紹介しました。いかがだったでしょうか。文章力は、ご自宅でもできる簡単なトレーニングで向上させることができます。

もちろん、繰り返しトレーニングをすることが必要になりますが、繰り返しトレーニングをすることで分かりやすい文章を書くことができるようになり、ビジネス文章の作成なども効率良く行うことができるようになります。文章力に自信がないという方は、今回ご紹介したトレーニングをぜひ行ってみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。