INDEX

冬におすすめの帽子3選|メンズ

冬におすすめ帽子①秋冬に個性を出すならハット

最近お洒落なおじ様が被っているのをよく見かけるハット。自分は若いからまだ…なんて思っていませんか?挑戦しないなんてもったいないです!ジャケットを着ていなくてもクールな雰囲気にしてくれるアイテムです。ハットはリボンの色でも楽しめます。写真のようにカットソーに合わせるのもお洒落ですよね。

自分の顔にはハットは似合わないから嫌だ。そんなこともありますよね。帽子は自分の顔の形に合うものを選びましょう。ハットは特に「丸顔」「四角い顔」「ホームベース顔」と言われている人に似合いやすいです。上へのボリュームやツバの広さもたくさんあるので、実際にお店で試すと好きなのが見つかりますよ。

冬におすすめ帽子②防寒対策&ジャケットにも合うニット帽

今や大定番アイテムになったニット帽は季節問わず持っている人も多いです。ブランドも色も特に多くあるニット帽は、選ぶ楽しさもあります。お洒落するなら寒さは我慢!なんてさすがに嫌ですよね。ニット帽は特にフィット感もあるので、耳まで被ると寒さ対策も一緒にできる冬のマストアイテムです。

ニット帽は特に「面長の顔」の人におすすめです。ハンチングやベレー帽もそうですが、帽子自体の面積が少ないものの方が、顔全体のシルエットが広がりにくいからです。ニット帽は生地が柔らかいこともあり、長さが様々です。見てみると意外と長さに違いがありますので、選ぶときには比べてみてください。

冬におすすめ帽子③メンズらしさならキャップ

キャップは夏っていうイメージを持っている人多いですよね。ただ冬こそ被ってください。秋冬はお洋服の色がモノトーンや大人しい色になりやすいです。なんだか味気ないならキャップを被ってスポーティにしてみましょう。黒やグレーなどのベーシックカラーのもので合わすと、キャップだけが浮かず合わせやすいです。

キャップは特に「逆三角形の顔」の人にぜひ被ってほしいです。逆三角形の人は丸みのある帽子が似合うので、キャップは被りやすいですよ。フェイスラインのシャープさも際立つので男性ならではのかっこよさが出ます。男らしさを求めるならキャップでコーディネートするのがおすすめです。

冬におすすめの帽子3選|レディース

冬におすすめ帽子①種類も多いレディースハット

夏は麦わら、冬はフェルトと女性は季節と帽子を楽しむもの。ハットは女性の冬のマストアイテムとして愛用している人も多いです。ロングヘアでもショートヘアでもバランスが取りやすいのがハットの魅力です。中折ハットが多い中で、トップが丸いクロッシェなどもレディースライクで可愛いですよね。

冬にはブーツが定番ですが、スニーカーも外せません。スニーカーはキャップしか似合わない…そんな事はありません。写真のようにベーシックカラーで合わせて、ハットを外しアイテムとして使いましょう。カジュアル過ぎない・スポーティ過ぎない綺麗めのコーディネートにしたいなら、ハットがおすすめです。

冬におすすめ帽子②コートとも合わせたいキャスケット

お洋服をダークカラーで遊びやすい冬でも、淡いカラーでコーディネートがレディースライクで素敵です。素材の種類もありますので、コーデュロイ素材などを選ぶと季節感もしっかり取り入れられます。今までニット帽やハットを愛用してきて、飽きてきたなぁと思うならキャスケットでいつもの冬との差を出してみましょう。

秋冬のお洋服でニットと同じぐらい活躍するのがスウェットですよね。スウェットでコーディネートするなら少し固めの素材でキャスケットを合わせましょう。トータルで見た時にゆるくなり過ぎずバランスが良くなります。オーバーサイズの可愛さでもあるゆるゆる&キャスケットの固めの素材がミックスされて可愛いです。

冬におすすめ帽子③今季大注目のフライトハット

フライトハットご存知ですか?もこもこの見た目の暖かさと耳当てにもなる使えるアイテムです。流行先取りしてる人にはもう定番化し始めていますね。メンズライクなアイテムだからこそ女性が被ることで可愛さが出るので、女性にぜひ被ってほしいです。今までと違った、都会でするカジュアルコーデに活躍します。

フライトハットにもブラックやベージュ以外のカラーも増えています。いつもお洋服がシンプルやベーシックなら色で遊んでみましょう。眼鏡なども合わせてメンズライクとレディースライクをダブルで楽しむのもおすすめです。冬は白ニットが活躍する季節です。こちらの記事だと白ニットコーデもたくさんあるので見てください。

Small thumb shutterstock 226435555
関連記事 冬の鉄板白ニットコーデ15選!少しの工夫で品のある大人モテファッションに

冬の鉄板【白ニットコーデ】 抱きしめたくなるふわふわとした白ニットは冬

冬の帽子コーデ4選|メンズ

冬の帽子コーデ①ハット×ロングコート

冬の帽子コーデ1つ目は、ハットにロングコートを合わせたコーデです。デニムとスニーカーのスポーティな足元の定番に、ロングコートとハットの大人なスタイルのミックスです。遊びもあるコーディネートは女性は特に嫌いな人のほうが少ないでしょう。カメラデートにも、街中デートにもぴったりです。

冬の帽子コーデ②ハット×ジャケット

冬の帽子コーデ2つ目は、ハットにジャケットを合わせたコーデです。黒のハットはボリュームもあり存在感がありますね。英国のような雰囲気は個性的なスタイルです。そこに黒で統一する自分色を忘れないコーディネートは真似するにはハードル高めです。ですが出来ると周りとの差もありかっこいいですね。

冬の帽子コーデ③ニット帽×ダウンコート

冬の帽子コーデ3つ目は、ニット帽にロング丈ダウンのコーデです。雪の中オレンジとブラックの華やかで目を惹きます。ダウンとハイカットスニーカーのオレンジが目を惹きますが、ブラックで引き締め効果が抜群ですね。ロング丈のダウンはもたつきやすいですが、黒でスタイル良く見えながらニット帽で防寒もばっちりです。

冬の帽子コーデ④キャップ×カーディガン

冬の帽子コーデ4つ目は、キャップにカーディガンのコーデです。カーディガンと革靴にキャップを合わせる高度なスタイルがかっこいいです。メンズらしさのモノトーンの中に優しい雰囲気はデートスタイルにも良いですね。コーディガンで合わすのも素敵なので、こちらの記事も一緒に見てみてください。

Small thumb shutterstock 249095608
関連記事 コーディガンの着こなし方とは?ロングカーディガンのメンズコーデ5選

コーディガンを使ったコーデは、今年の冬も注目されています。流行の着こな

冬の帽子コーデ4選|レディース

冬の帽子コーデ①ハット×大判ストール

冬の帽子コーデ1つ目は、ハットに大判ストールのコーデです。まだコートの出番じゃない秋によく活躍する大判ストール。ハットと合わせることで、薄着なのに冬らしさがアップします。写真ではストールの柄をメインにハットやお洋服をベーシックカラーで合わせています。ごちゃごちゃ感もなく綺麗にまとまっています。

冬の帽子コーデ②キャスケット×ミニスカート

冬の帽子コーデ2つ目は、キャスケット×ミニスカのコーデです。ゆるめのトップスに華奢なミニスカはガーリースタイルの定番です。可愛すぎる時にキャスケットがぴったりです。キャスケットはハットより存在感が大きくないので、さらっと合わせやすいです。テーマパークデートスタイルもたくさんあるこちらも見てください。

Small thumb shutterstock 583442647
関連記事 USJデートでの服装・コーデって?天気別ファッションのポイント

新たにミニオンタウンも出来たUSJは定番のデートスポットです。テーマパ

冬の帽子コーデ③キャスケット×デニム

冬の帽子コーデ3つ目は、キャスケットにデニムのコーデです。こんな秋冬ならではの柄物キャスケットをメインにコーディネートするのも可愛いですね。出来るだけトップスなどは統一したカラーやデニムで合わせましょう。デニムだとキャスケットとの素材の違いも楽しめます。髪もオイルなどで濡れ感があると可愛いです。

冬の帽子コーデ④フライトハット×ミリタリージャケット

冬の帽子コーデ4つ目は、フライトハットにミリタリージャケットのコーデです。メンズライクだからこそミリタリースタイルは合わせやすく、カーキ色のアウターとの相性も抜群です。足元はレディースライクに、スカートやパンツの足首が見える長さがおすすめです。華奢な足首がちらっと見えるのが可愛いです。

Small thumb shutterstock 226435555
関連記事 冬の鉄板白ニットコーデ15選!少しの工夫で品のある大人モテファッションに

冬の鉄板【白ニットコーデ】 抱きしめたくなるふわふわとした白ニットは冬

帽子で秋冬のコーディネートを楽しもう

今回帽子にだけ注目してみましたが、秋冬は帽子を楽しむには最適な季節ですね。素材感も多くて楽しくなるのが秋冬です。ジャケットやコート・ブーツとこの時期ならではのアイテムと、帽子を合わせるて楽しんでください。帽子はメンズ・レディース問わずハマると被りたくなります。ハマると1年中楽しくなりますよ。

帽子にはぜひ挑戦して欲しいです。「丸顔」「四角い顔」「ホームベース顔」ならハットを。「面長の顔」ならニット帽。「逆三角形の顔」ならキャップです。ちなみに「たまご顔」はどの帽子も楽しめます。顔の形によって似合う帽子も違うので、メンズ・レディース問わず選ぶきっかけに読んでいただけたなら嬉しいです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。