Large thumb shutterstock 479891623

楽天家になる方法9つ!前向きな考え方や意味も

更新:2019.06.21

楽天家な人を見ると、いつも前向きでポジティブに人生を楽しんでいるように見えますよね。自分も楽天家になりたいと思いつつも「考え方がネガディブになってしまう」「嫌なことを引きずる」「将来が不安でしょうがない」と悩まれている方も多いのではないでしょうか?今回はそんなお悩みを解決する方法をご紹介します!

楽天家になる方法9つ

楽天家になる方法①「ポジティブワード」を唱える

楽天家になる方法の1つ目は、「ポジティブワード」を唱えることです。ポジティブワードとは「大丈夫」や「きっと上手くいく」といった、前向きな言葉のことです。

親しい友人を励ますような気持ちでポジティブワードを自分に向けて唱えていると、不思議と心が前向きになるのを感じられると思います。

こちらの記事に、ポジティブになれる自己暗示の方法がまとめられています。いろいろな方法がありますので、参考にしてみてくださいね。

楽天家になる方法②「自分のいいところ」をあげてみる

楽天家になる方法の2つ目は、「自分のいいところ」をあげてみることです。「自分のいいところ」が分からないと自己評価が低くなってしまい、「自分は何をやっても上手くいかない」と、人生を前向きにとらえることができなくなります。

そうならないために、「自分のいいところ」を思いつくかぎり、最低でも20個あげてみてください。いいところは何でも大丈夫です。「素直」「挨拶をかかさない」「お茶をいれるのが上手」といった小さな「自分のいいところ」の積み重ねが、高い自己評価につながっていきます。

楽天家になる方法③「嬉しかったこと」リストをつくってみる

楽天家になる方法の3つ目は、「嬉しかったこと」リストをつくることです。嫌なことがつづくと、どうしても「自分には良いことなんて起こらない」と悲観的に考えてしまいがちです。しかし実際には、嫌なことだけでなく、嬉しかったこともあったはずです。そういった「嬉しかったこと」をリストにして書き出してみましょう。

「嬉しかったこと」は、今までの人生でも、今日1日あったことでも、どちらでも大丈夫です。「好きな人と付き合えた」や「ヘアメイクがきまった」などとリストを見返してみると、自分には嫌なことばかり起きているわけではないと認識できるはずです。

楽天家になる方法④「悲観的な未来」が実現したか確認する

楽天家になる方法の4つ目は「悲観的な未来」が実現したか確認することです。「悲観的な未来」を想像して楽天的になれないときは、その未来が本当に実現したか確認をしてみましょう。手法としては、想像しうる「悲観的な未来」を書き出し、それが実際に起こったか、起こらなかったかを確認します。

確認をしてみると、想像していた「悲観的な未来」がそうそう実現するわけではない、ということに気づくはずです。そうすると「悲観的な未来」を想像していたことが、だんだんと無駄なことに思え、未来を楽天的にとらえられるようになっていきます。

楽天家になる方法⑤自分の好きなことをする

楽天家になる方法の5つ目は、自分の好きなことをする、です。嫌なことを考えていると、次から次へと嫌な考えが出てくるのは、気分と考えが一致するためです。つまり、ネガティブな気分はネガティブな考えと結びつきやすく、逆にポジティブな気分はポジティブな考えと結びつきやすいのです。

多少無理やりにでも「自分の好きなこと」をすると、だんだんと気持ちが前向きになっていきます。気分転換のコツはこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

楽天家になる方法⑥笑顔をつくる

楽天家になる方法の6つ目は、笑顔をつくることです。嬉しいときに笑うのは当たり前ですが、実は笑うことにより嬉しい気分になることも可能なのです!これは「表情フィードバック仮設」といって、科学的にも研究されています。

方法は簡単で、口角に「きゅっ」と力を入れるだけです。このとき、楽しかったことや嬉しかったことを思い出しながら行うと、より効果的です。笑顔によって気分が良くなれば、自然とものごとを楽天的にとらえられるようになれます。

楽天家になる方法⑦「できていること」に目を向ける

楽天家になる方法の7つ目は、「できていること」に目を向けることです。特に意識が高い人ほど、わずかばかりの「自分ができていないこと」に目を向け、自分を責めてしまう傾向にあります。その自責の念が強すぎると「自分は何もできない人間」と思い込み、前向きな行動がしにくくなってしまいます。

そうならないためには、自分が「できていること」に目を向けることが大切です。そうすると、意外にも上手くできている自分に気が付けるはずです。

楽天家になる方法⑧失敗から学ぶ

楽天家になる方法の8つ目は、失敗から学ぶことです。失敗を恐れてしまう人もいるかもしれませんが、失敗=マイナスではありません。

失敗には多くの情報が含まれ、その中から改善点を見出すことができます。失敗は決してマイナスなことではなく、プラスのことなのです。失敗を恐れて消極的になってしまうのは、とてももったいないことです。

しかし、そうは言っても一度失敗をすると、なかなか立ち直れないこともあると思います。そんなときは、こちらの記事に失敗から立ち直る方法がまとめられていますので、ぜひご活用ください。

楽天家になる方法⑨いろいろな人と触れ合う

楽天家になる方法の9つ目は、いろいろな人と触れ合うことです。いろいろな人と触れ合うと、多種多様な価値観があることに気づかされます。価値観の幅が広がると、ものごとのネガティブな面だけでなく、ポジティブな面にも目を向けることができるようになります。

人間関係を築くには、コミュニケーション能力が必要になります。こちらの記事に、コミュニケーション能力を高めるコツがまとめられていますので、参考にしてみてください。

楽天家になる前向きな考え方や特徴4つ

楽天家になる前向きな考え方や特徴①行動力がある

楽天家になる前向きな考え方や特徴の1つ目は、行動力があることです。「前向き」という言葉には「発展的・建設的」という意味が含まれています。つまり「前向きな考え方」には何らかの行動がともないます。

「何とかなるさ」と何もしないのは、前向きとは言えません。本当の意味で、前向きな考え方のできる楽天家は必ず行動をしています。行動をするからこそ前へ進め、また前へ進めた自信から、さらに行動をすることができるのです。

楽天家になる前向きな考え方や特徴②自分と人を信頼している

楽天家になる前向きな考え方や特徴の2つ目は、自分と人を信頼していることです。まず「自分を信頼することができる」ということは、それだけ自分を評価しているということです。自信があると、それだけ積極的に前へ進むことができます。

また「人を信頼できる」と、相手に対してポジティブな態度をとることができるので、相手からも信頼されやすく、円満な人間関係が築けます。信頼関係を結べる相手がいるということは、安心感につながり、よりポジティブな行動がとりやすくなります。

楽天家になる前向きな考え方や特徴③ネガティブな考えを引きずらない

楽天家になる前向きな考え方や特徴の3つ目は、ネガティブな考えを引きずらないことです。楽天家でも、ときには落ち込んだり心配になったりするときもあります。しかし、いつまでもネガティブに考えることはありません。なぜなら、落ち込むことや心配することは、次へ進むためのステップだと考えるからです。

しかし、ネガティブな性格のため、なかなかそのように考えられないこともあるかもしれません。そんなときは、こちらの記事にネガティブな性格を治す方法がまとめられていますので、ぜひご覧ください。

楽天家になる前向きな考え方や特徴④人生はより良くなると考えている

楽天家になる前向きな考え方や特徴の4つ目は、人生はより良くなると考えることです。楽天家は、多少いやなことや辛いことがあったとしても、それは一時のことで、人生全体は発展していくととらえます。

また、価値観の幅が広いので、例えば「老い」に対してもネガティブなとらえ方ではなく、「経験や知識が増える」「後進(子ども)の成長を見届けられる」とポジティブなとらえ方をするため、より人生を楽しむことができます。

楽天家になって人生を前向きに進む

こちらの記事では、楽天家になる方法やその特徴をご紹介してまいりました。楽天家は、クヨクヨせず、未来に対する見通しが明るく、積極的に行動ができる人です。

前向きに生きるということは、実はさほど難しいことではありません。ほんのちょっとした、ものの考え方で前向きに生きることができます。せっかく一度きりの人生です。楽天家になって、思いっきり人生を楽しみましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。