INDEX

結婚式の柄物ドレスのマナーは?

結婚式にお呼ばれしたらゲストのドレスコード・服装を確認しよう

結婚式にゲストとしてお呼ばれしたら、まずはドレスコードを確認しましょう。ドレスコードとはパーティーなどに適した服装のルールのことです。パーティーの内容や自分の立場によってふさわしい服装を選ばなければなりません。「かわいい」「きれい」「おしゃれ」というのも大切ですが、それだけではいけないのです。

結婚式のドレスコードはセミフォーマルと呼ばれるもので、披露宴に呼ばれたゲストが着るドレスをさします。正装のようにかしこまって堅苦しい格好をする必要はなく、自分の好みのおしゃれを楽しむことができます。結婚式が昼間に執り行われる場合は膝丈から膝下丈のドレスを選びます。

袖が付いているドレスを選ぶのもマナーです。袖付きではないドレスの場合は、ボレロやスカーフを羽織るようにしましょう。夜の結婚式にお呼ばれした場合は昼間の結婚式よりも露出が多くなってもOK。もちろん過度な露出は避けるべきですが袖が無いくらいなら良いでしょう。デザインも昼間より華やかなものが着られます。

\ POINT /

アクセサリーは光り物を

夜の結婚式では昼間よりも華やかなファッションが許されます。ラメやシルクなどのツヤや輝きがある素材のドレスはぐっと華やかな雰囲気を演出してくれます。パールのほか、エメラルドやルビーなどの宝石をあしらったアクセサリーも存在感があるのでファッションのアクセントになります。薄暗い会場でもしっかりと存在を主張するゴールドのアクセサリーもおすすめです。足下にキラッと光るパンプスをチョイスしても良いでしょう。ナチュラルメイクも素敵ですが、夜は薄化粧だとドレスに負けてしまうのでしっかりメイクを心がけてください。

花嫁のドレスの色とかぶらないようにするのがマナー

花嫁のドレスの色とかぶらないようにするのがマナーとされています。結婚式の披露宴では花嫁が数回お色直しで違う色のドレスに着替えます。ドレスを購入する前に、花嫁のお色直しのドレスの色を確認しておきましょう。教えてもらったらその色を避けてドレス選びを楽しんでください。

ただし、「お色直しのドレスは当日のお楽しみ」にしたいという花嫁も少なくありません。その場合は無理に聞き出そうとしなくて良いでしょう。それで当日ドレスの色がかぶってしまっても仕方がありません。花嫁をよく知っているのなら、好きな色や良く着ている色を避けることで予防することはできます。

また、招待状にドレスコードが明記してあった場合はそのルールに従って服装を選びましょう。小物を揃えるドレスコードのほか、デニムをファッションに取り入れるという個性的なドレスコードもあるようです。新郎新婦の好みや思い入れによってドレスコードが設定されていることもあるので、しっかりチェックしてください。

結婚式向きの柄物ドレスは?

結婚式向きの柄物ドレスはドレッシーなデザイン

結婚式向きの柄物ドレス・ワンピースはドレッシーなデザインを選ぶのが基本です。柄物というとカジュアルな印象になってしまうものも多いのですが、結婚式に行くということを忘れてはいけません。ホテルの結婚式・会場に行っても恥ずかしくないドレス・ワンピースを選びましょう。

結婚式にお呼ばれしても着ていくドレスがイメージできない方には下の関連記事がおすすめ。女性が結婚式や二次会に着ていけるコーディネートがチェックできます。

結婚式向きの柄物ドレスはプリント柄ではなく織物柄

結婚式向きの柄物ドレスを切る場合は気をつけなければならないことがあります。柄物だからいけないということはないのですが、柄がプリントのものはNGとされているのです。柄がプリントされているドレス・ワンピースはどうしてもカジュアルな印象が強くなります。結婚式という場にはふさわしくないドレスなのです。

では、どのような柄物のドレスを選べば良いのでしょうか?そのポイントとなるのが織物柄です。プリントは布に柄を印刷したようになっています。そのため少し安っぽい印象になってしまうのでしょう。しかし、織物柄は布の色に色が付いており、織り上げることで柄ができあがっていきます。

高級感があり、落ち着いた印象のドレス・ワンピースになっているので柄物を着る場合は織物柄をチョイスしてください。織物柄でもカジュアルすぎると感じるような柄は避け、結婚式に着ていっても違和感がないものを選びましょう。

結婚式向きの柄物ドレスはさりげない花柄刺繍やレースがおすすめ

結婚式向きの柄物ドレスを期待のなら、さりげない花柄刺繍やレースがおすすめです。複数の色で花柄刺繍が施されたドレスもかわいいのですが、結婚式のゲストとして着ていく場合は色の数を抑えるのがおすすめ。

気の知れた友人だけが集まる二次会であれば着ていても良いでしょうが、披露宴ではシンプルにまとめるのがベターです。刺繍やレースもドレス全体の色が統一されていれば落ち着いた印象になります。花柄もシンプルなものなら良いのですが、カラフルなものはお姫様のようで花嫁の邪魔をするので注意が必要です。

ピンクやパステルカラーはふんわりと可愛らしく清楚な雰囲気になりますし、ネイビーのように深みのある色は大人っぽくシックな印象を与えてくれるでしょう。

シックなグレンチェックワンピースは小物使いがポイント

チェック柄のドレスは織物柄でもカジュアルな印象になってしまうことも少なくありません。ダークグレーのような色ならシックな印象にもなりますが、結婚式のドレスには華やかで明るい色の方が適しています。暗い糸を足すと重たくなるので注意が必要です。

華やかなカラーのドレスを着ているゲストの中に1人だけグレーというのも悪目立ちする可能性があります。なので、落ち着いたグレンチェックのドレスを着る場合は小物で華やかさを演出しましょう。ワンピースで肩が露出する場合は、ストールに明るい差し色となるものをチョイスしましょう。

結婚式にNGな柄物ドレスは?

結婚式にNGな柄物|白いドレスは花嫁の特権

結婚式にNGな柄物は白いドレスです。結婚式と聞いて花嫁の真っ白なウェディングドレスをイメージする方も多いのではないでしょうか?白いドレスは花嫁の特権なので、ゲストが白いドレスを着るのはマナー違反です。結婚式の主役は新郎新婦で、ゲストは2人を祝福して華を添えるのだと考えましょう。

また、白いドレスだけではなくピンクやベージュのドレスにも注意が必要です。ピンクのドレスは可愛らしく、ベージュのドレスは大人っぽくて素敵です。しかし、色が薄いドレスは白に見えてしまうこともあります。

ある程度色がはっきりとしたものを選ぶように意識しましょう。写真に写ると色が飛んで白く見えることもあるので、ドレスを選ぶときにはそのようなことにも注意しながら選ぶ必要があるのです。色が薄めで不安な場合はストールやボレロに濃いめの色をチョイスすれば良いでしょう。

\ POINT /

純白のウェディングドレスの由来とは?

結婚式といえば純白のウェディングドレスをイメージします。この純白を「純潔」を表しているのだと思っている方も多いと思いますが、実はイギリスのロイヤルウェディングでヴィクトリア女王が白いドレスを着たことが始まりなのだそうです。ロイヤルウェディングの影響で純白のドレスが流行したのでしょう。

結婚式にNGな柄物|真っ黒のドレスは喪服を連想させる

喪服を連想させるような真っ黒のドレスも結婚式にはふさわしくないNGなドレスです。また、黒いストッキングもお葬式を連想させるので、ストッキングはベージュのものを選びましょう。しかし、黒いドレスはすべて着手はいけないというわけではありません。

黒いドレスでも素材がレースの軽やかなものやラメなどでキラキラしているものなら良いという意見も多いのです。小物に明るい色のものをチョイスすれば黒いドレスも華やかなパーティードレスになります。カラフルなドレスが会場に華を添えるので、黒いドレスの人が多くなると会場の雰囲気も暗くなるという意見もあります。

とはいえ、カラフルなドレスは年齢を重ねるにつれて「恥ずかしい」「若すぎる」と感じるようになる方も少なくないでしょう。そのような場合は、黒いドレスをいかに華やか演出するのかを考えてください。

結婚式にNGな柄物|殺生をイメージさせるアニマル柄は避ける

ドレスの柄物に着ていってはいけないのがアニマル柄です。ヒョウ柄やゼブラ柄などのアニマル柄は、パンクでワイルドな印象を受ける方も多い柄です。好き嫌いが分かれる柄ともいえるでしょう。そんなアニマル柄が結婚式でマナー違反とされているのは、殺生をイメージさせてしまうからです。

お祝いの席である結婚式にはふさわしくない柄なのです。アニマル柄だけではなくファーもNGなので、ふわふわの小物が好きな方は気をつけてください。アニマル柄にも賛否両論あり、「小物に取り入れるくらいなら良いのではないか」という意見もあるようです。

しかし、結婚式にはしきたりを重んじるタイプの人も来ている可能性があります。新郎新婦の両親や祖父母が「あんなマナーのなっていない友達がいたなんて」と感じるかもしれません。自分の友人が悪く言われるのは気持ちの良いものではありません。自分の個性は抑えて新郎新婦をお祝いすることに重きを置きましょう。

結婚式の柄物ドレスに合う小物は?

結婚式の柄物ドレスに合う小物|ネックレスは2連の真珠を

毛婚式のドレスにどのようなアクセサリーを合わせるべきか悩む方も多いのではないでしょうか?結婚式には2連3連のパールネックレスを付けるのが良いとされています。これには「良いことが2重3重にもなるように」「幸せ・喜びが重なるように」という意味が込められているのです。

2連3連になっているものでもジャラジャラ下カジュアルなネックレスはNGです。上品さを感じられるようなシンプルなものを選びましょう。夜に執り行われる結婚式の場合はゴールドやルビーのような光り物を付けても良いとご紹介しましたが、昼間の結婚式の場合は避けるべきです。

昼間に執り行われる結婚式にお呼ばれした場合は室内だけではなく屋外での撮影などもあるからです。ゴールドのアクセサリーは太陽の光を反射してしまうので撮影の妨げになるので注意してください。

結婚式の柄物ドレスに合う小物|小物はシンプルにまとめる

結婚式に柄物のドレスを着る場合は小物はシンプルにまとめるのがコツです。柄物のドレスに賑やかな小物を合わせてしまうとコーディネートがまとまらなくなります。落ち着きがなく、フォーマルな印象にならなくなってしまうのです。

子どもっぽい印象も強くなるので、柄物のドレスを着るときは小物はシンプルで華やかなものを選びましょう。花柄をあしらったものを選ぶ場合は、生地の色と刺繍の色に統一感があるものがおすすめです。ドレスや小物ばかりに気をとられていると指先のおしゃれを忘れてしまいます。

テーブルで食事していると手元にも目線が行くので、結婚式ではネイルにも気合いを入れましょう。花柄などのかわいいお呼ばれネイルのデザインは下の関連記事からチェックできます。

Small thumb shutterstock 554826721
関連記事 結婚式のお呼ばれネイル!マナーはあるの?おすすめデザイン40選!

結婚式にゲストとして呼ばれた!特別な日のネイルは気合いが入りますよね。

柄物ドレスを結婚式に適したスタイルで

結婚式で柄物のドレス・ワンピースを着る場合はいくつかの注意点がありました。花柄やチェック柄などのドレスも素敵なので、上手にコーディネートしてファッションを楽しみましょう。そこにはお呼ばれしたゲストとしてのマナーも忘れずに入れてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。