INDEX

関西弁が嫌いな理由10個

関西弁が嫌いな理由①威圧的で不快

関西弁が嫌いな理由の1つ目として、威圧的できつく不快に感じることをご紹介します。関西の中でも特に大阪の人は、普段から会話の中でツッコミを入れることが多いです。他県の人には「なんでやねん!」と言われるだけで、怒られているような気分になりきついとか、不快で嫌いという負の感情が芽生えてしまうのです。

同じ関西弁を使う関西人でも、若い人にはコテコテの関西弁を使うおじさん、おばさん達に対して威圧的できついと感じることも少なくないです。関西人同士でも不快に思うのならば、あまり聞きなれない他県の人が嫌いだと言うのも当然です。

関西弁が嫌いな理由②言葉が汚いから不快

関西弁が嫌いな理由2つ目として、言葉が汚いから不快ということをご紹介します。関西弁では、人が嫌がることや傷つける言葉も簡単に使われることが多いです。例えば普通に「アホ」は悪口ですが、関西弁では愛情を含んでいます。そんな他人を小馬鹿にするような物言いをするため、関西弁は嫌いだと言われるのです。

関西弁が嫌いな理由③見た目が派手でうざい

関西弁が嫌いな理由3つ目として、見た目が派手でうざいについてをご紹介します。関西の代表大阪は、見た目が強面だったり下品に見られがちです。例えば大阪のおばさんはトラ柄を好んだり、派手なものが好きだったりで上品さはあまり感じられません。見た目から敬遠されているのです。

関西弁が嫌いな理由④声が大きくてうざい

関西弁が嫌いな理由4つ目に、声が大きくてうざいについてご紹介します。関西人の県民性で目立ちたがり屋が多いため、声も大きい人が多いのです。またお笑いの世界が当り前で、家庭でもボケとツッコミを大きな声で言わないと、気づいてもらえない可能性があるために大きくなるのですが人にはうるさいと不快感を与えます。

関西弁が嫌いな理由⑤なまりにこだわる

関西弁が嫌いな理由5つ目として、なまりにこだわることについてご紹介します。旅行で他県に行っても標準語は使わず、なまりの強い関西弁を使い続ける人が多いです。関西で特に大阪人は、昔の都は長期に渡って関西圏にあったため、日本の文化の源は関西にあるのだと自負しています。

関西人は、関東の特に東京に対して対抗意識が強くあり、そのために関西弁にこだわります。そのうえ、他の方言のなまりはバカにしますが、自分がなまりが強いと言われると激怒します。そういうところが嫌いと思われる理由です。自分勝手なこだわりはうざいと思われてしまうのです。

関西弁が嫌いな理由⑥独特なノリがある

関西弁が嫌いな理由6つ目として、独特なノリがあることについてご紹介します。お笑いが基本な関西人は、話にオチを求めたり、他者へも面白い話を求めたりします。そういう独特なノリに会話が面倒だと思われ、嫌いと言われる原因です。

関西弁が嫌われる理由⑦真面目な話ができない

関西弁が嫌いな理由7つ目として、真面目な話ができないことをご紹介します。とても真面目な話をしても、関西人は関西弁を使って笑い話にしようとしたり、相手の話がつまらないと言うことがあり、まったく相談もできないため嫌いだと思われてしまうのです。

関西弁が嫌いな理由⑧早口すぎてなまりが強い

関西弁が嫌いな理由8つ目として、早口すぎてなまりが強いということについてご紹介します。他県の人は関西弁を聞くと、早口すぎて何を言ってるのかわからないため、関西弁を理解できにくいことから苦手意識が作られてしまい嫌いになるのです。

関西弁が嫌いな理由⑨馴れ馴れしい

関西弁が嫌いな理由9つ目として、馴れ馴れしいということについてご紹介します。関西弁には敬語や丁寧語があまりなく、つい馴れ馴れしくなってしまいます。そのために、相手に「馴れ馴れしい失礼な人だ」と思われ、嫌いと思われてしまうのです。TPOを気にすることは、やはり大切なことです。

関西弁が嫌いな理由⑩きついし怖い

関西弁が嫌いな理由10個目として、きついし怖いということについてご紹介します。関西弁は語尾が強いため、荒々しく感じたり怒られるような感じがするのです。よく話の途中に「ちゃうで!」と言われるようなことがあります。叱られているような感じがして関西弁は不快だと思われてしまうのです。

きついイメージで嫌いだと思われている関西弁ですが、実はかわいい方言もあるのです。下に載せていますので是非読んでみてください。

Small thumb shutterstock 570090319
関連記事 【女子必見】大阪の方言(関西弁)を徹底解説!かわいい方言も紹介!

大阪の方言(関西弁)は、比較的メジャーな方言ではありますが、とりわけ関

エセ関西弁が嫌いな理由5つ

エセ関西弁が嫌いな理由①好きな関西弁のイントネーションが違う

エセ関西弁が嫌いな理由1つ目に、好きな関西弁のイントネーションが違うことをご紹介します。エセ関西弁は関西に住んでない人が関西弁を真似することです。イントネーションやアクセントが違うために、関西弁を使う人にとって聞いていて気持ち悪くなるらしく嫌われてしまいます。

エセ関西弁が嫌いな理由②標準語まじりで中途半端

エセ関西弁が嫌いな理由2つ目に、標準語まじりで中途半端についてご紹介します。エセ関西弁は、ずっと関西弁を話すことはなく、途中途中に入れてくるためかなり中途半端です。語尾に「やねん」などの関西弁をつけるだけなのも多く、関西人にはかなり嫌われます。

エセ関西弁が嫌いな理由③汚い言葉になる

エセ関西弁が嫌いな理由3つ目に、汚い言葉になることをご紹介します。関西人が滅多に使わない「~でんがな」などを乱用したり、違う意味で言葉を使うためただの下品な言葉になってしまうことが嫌われる理由です。関西弁を愛するため、汚い言葉にしてほしくないと関西人は思っているのです。

エセ関西弁が嫌いな理由④バカにしている感じがある

エセ関西弁が嫌いな理由4つ目に、バカにしている感じがあることについてご紹介します。関西弁を含め、方言が自然と出ることが自分を隠さないナチュラルさがあって良いと言われますが、エセ関西弁は嘘っぽくて不自然でバカにしている感じがあると思われています。特に関西弁を使う人にはうざいと嫌われます。

エセ関西弁が嫌いな理由⑤挑発されている

エセ関西弁が嫌いな理由5つ目に、挑発されているということをご紹介します。エセ関西弁は、関西弁の喋り方や仕草を誇張したモノマネであざ笑っていると思われ、それは関西人への最大の挑発に感じ嫌いだと思われているのです。

関西弁を使う関西人と、エセ関西弁をつかう関東人についてご紹介しましたが、関東・関西のそれぞれの特徴の違いについて興味ある方もいると思います。下に載せていますので是非そちらも読んでみてください。

Small thumb shutterstock 400147483
関連記事 関東人・関西人の特徴の違い16選|関東人と関西人は合わない?

関東人・関西人の性格や特徴の違いは関東弁・関西弁といった言葉の違いだけ

関西弁の種類は?

関西弁の種類①大阪弁の摂津弁

関西弁の種類1つ目として大阪弁の摂津弁をご紹介します。摂津弁は大阪府北摂地区と兵庫県阪神地区で使用されている近畿方言の一種です。一般的な大阪弁は摂津弁であることが多いです。

関西弁の種類②大阪弁の河内弁

関西弁の種類2つ目に、大阪弁の河内弁についてご紹介します。河内弁は、大阪府東部の河内地方の方言です。地理的傷害がないため、大阪市も利用している人が多い方言です。特徴として、二人称は「われ」で、疑問の終わりは「け」が使用されています。関西弁の種類はマイナーなものを合わせるとかなり細かくなります。

関西弁の種類③京都弁

関西弁の種類3つ目に、京都弁をご紹介します。京都弁は、ア段+はるになるのが特徴的で「行かはる」「言わはる」など、とにかくはるを多く使います。大阪や神戸も似たようにはるを使いますが、行きはる、言いはるとなります。

関西弁の種類④神戸弁

関西弁の種類4つ目に、神戸弁をご紹介します。神戸弁では、何かと~とうを使います。このとうは、武庫川を超えた西宮市から西の地域で頻繁に使われます。大阪や京都では~とうの使用はありません。神戸弁の最大の特徴です。

他に嫌われても関西人は関西弁を愛している

関西弁が他県にとって不快に思われていたり、汚いと思われているように関西人にとっては、エセ関西弁を使う他県の人を同じように嫌いに思ったりうざいと感じているのです。

きつい・汚いイメージの関西弁ですが、本来は好きな人も多いのかもしれません。標準語に憧れる関西人もいれば、関西弁に憧れる関東人もいるのです。お互いがイライラすることなく好きな言葉を使えれば良いですね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。