Large thumb shutterstock 575351377

鉱物レジンの作品15選|UVやおゆまるでの作り方やグラデーション方法も

更新:2019.10.21

UVレジンを使って水晶などの天然石にそっくりの鉱物レジンを作りませんか。UVレジンやおゆまるなどの材料や作り方についてご紹介します。鉱石そっくりに作るコツや、グラデーションの作り方をお届けしますので、自分の好みにぴったりの鉱石を作りましょう。

鉱物レジンとは?

鉱物レジンとは人気のハンドクラフト

水晶

鉱物レジンは、UVレジンを使って作る鉱石風のアイテムです。水晶などの天然石を自分自身で作ることができ、オリジナルアクセサリーを作ることができる人気のハンドクラフトです。

実際の天然石から型を取ったり、鉱石・天然石ならではのグラデーションのカラーをつけたり、内包物を入れたりすることで、リアルな鉱石風のアイテムを作ることができます。

鉱物レジンを作る場合、本物の鉱石や天然石を見ながら色などを考えると、ますます本物らしい美しいものを作ることができます。こちらの記事も参考に、魅力たっぷりなパワーストーンも手にしてみてはいかがでしょうか。

UVレジンで手作りできる鉱石風アイテム

水晶

人気のハンドクラフト「鉱物レジン」の材料は、100均で揃えることが可能です。UVレジン、UVレジンに色をつけるためのパステル、型を取るためのおゆまる、さらには、より本物っぽく見せるためのデコレーションアイテムなども、100均で用意することができます。

ただし、UVレジンを効果させるためのUVライトは100均では購入できない場合が多いので、別途用意する必要があります。UVライトを使わない場合は、非常に時間はかかりますが、太陽光に含まれる紫外線で硬化させることも可能です。太陽光で硬化させる場合は、サイズや型によっては固まらない場合もあります。

鉱物レジンの作り方は?

鉱物レジンの作り方|材料①UVレジン

M keep aspect %e3%83%ac%e3%82%b7%e3%82%99%e3%83%b3%e6%b6%b2
REJICO UV-LED対応 レジン液 100g 大容量 ハードタイプ レジコ 日本製
Amazonで商品の詳細を見る

鉱物レジンの作り方、材料の一つ目はUVレジンです。UVレジンは、紫外線を吸収することで硬化する紫外線硬化樹脂のことです。人気のハンドクラフトアイテムで、手芸用品店や通信販売、100均などで購入することが可能です。

UVレジンには、クリアなタイプ、カラー付きのタイプ、ラメなどが入ったものなど、いくつかの種類がありますので、作る鉱石をしっかり観察して選ぶと良いでしょう。

鉱物レジンの作り方|材料②おゆまる

M keep aspect %e3%81%8a%e3%82%86%e3%81%be%e3%82%8b
ヒノデワシ プラスチックねんど おゆまる1000 12色 OO-1000 24個入
Amazonで商品の詳細を見る

鉱物レジンの作り方、材料の一つ目はおゆまるです。おゆまるは、お湯で温めると柔らかくなり、冷やすと固まるプラスチック粘土です。おゆまるを使って天然石などから直接型を取ることで、本物と同じ形の鉱物レジンを作ることができます。

おゆまるに代表されるプラスチック粘土は、お店によって違う商品名の場合もありますが、100均で購入することが可能です。また、鉱物の型に使えるシリコンモールドなども販売されていますので、型にできる天然石がない場合などは、そちらを使っても良いでしょう。

鉱物レジンの作り方|鉱物レジン作りの流れ

M keep aspect %e3%82%b7%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%83%a2%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%88%e3%82%99
レジン シリコンモールド レジン型 シリコン 鉱石 宝石 アクセサリー パーツ 作成 バチカン付き (14種類 14個)
Amazonで商品の詳細を見る

鉱物レジンの作り方の流れは、おゆまるを使って型を作り、UVレジンに着色し、おゆまるの方に流し込んで硬化させ、型から取り出し、余分な部分を取るなど仕上げをしてできあがりです。

天然石風に仕上げる鉱物レジンは、自然なゴツゴツ感を出すことがポイントです。UVレジンを硬化させた後、余分の部分は削り、ブリオンなどをまぶしてわざとザラザラ感を出すことで、より自然に仕上げることができます。

鉱物レジンの作り方

  1. 天然石または、氷砂糖、鉱物風に形を作った消しゴムなどを用意します。
  2. おゆまるを80℃以上のお湯につけて柔らかくします。
  3. おゆまるを取り出し、型を取りたい天然石をしっかりと包み込んで型を取ります。
  4. おゆまるはしばらく冷やします。
  5. UVレジンを少量ずつ小分けして必要なカラーに着色します。
  6. 冷えたおゆまるから天然石を取り出し、余分な部分を切り取っておきます。
  7. おゆまるの型の中に、UVレジンを少しずつ注いでいきます。
  8. UVレジンをUVライトまたは太陽光で硬化させます。
  9. UVレジンがしっかりと硬化したら、型から取り出します。
  10. UVレジンから余分な部分をカッターなどで削り落とします。
  11. 硬化させた鉱物レジンの表面にUVレジンを塗り、再度硬化させてツヤを出します。
  12. 鉱物レジンの根元部分に透明なボンドまたはUVレジンをつけ、ブリオンをまぶして固めます。
  13. 鉱物レジンの表面にヤスリをかけるなどして仕上げをしたらできあがりです。

鉱物レジンをグラデーションにしたい場合は?

鉱物レジンのグラデーションの作り方|少しずつ硬化させながら作る

アメジスト

鉱物レジンの美しいグラデーションの作り方は、UVレジンに着色をしたのち、一番先に入れるカラーを型に入れ、少し斜めにした状態で軽く硬化させます。次のカラーを入れて角度を変えて、再度硬化させます。

型にUVレジンを少量ずつ流し、少しずつ硬化させていくことで、美しいグラデーションを作ることができます。型との間に隙間ができると、グラデーションにした部分が取れてしまう場合がありますので、UVレジンを流すときは、しっかりと隙間がないようにしましょう。

鉱物レジンのグラデーションの作り方|美しいグラデーションを作るコツ

水晶

鉱物レジンの美しいグラデーションを作るコツは、カラーの種類を多めに作ることと、少しずつ型に注いでいくことです。クリアからブルーへのグラデーションを作る場合でも、ブルーの着色料の分量を変えたUVレジンを何種類か作ることで、美しいグラデーションを作ることができます。

また、UVレジンを流し込む際に、型を斜めにしたり、爪楊枝などで細かい部分にランダムに色が入るようにして流し込むことで、天然石ならではの自然なグラデーションを作ることができます。

水晶のような鉱物レジンの置きもの7選

水晶のような鉱物レジンの置きもの①水晶風アクセサリートレイ

水晶のような鉱物レジンの置きもの1つ目は、水晶風アクセサリートレイです。美しいクラスター水晶の形をしたトレイです。クリアのレジンをメインに、少し黒っぽいカラーと金色のパウダーなどを混ぜることで、クリスタル、スモーキークリスタル、ルチルクォーツなどが複合したクラスターのようになっています。

水晶のクラスターの形をしたアクセサリートレイですので、リングなどのアクセサリーを置いておくのに使えます。キッチンなどに置いておくと、おしゃれな上に便利です。

水晶のような鉱物レジンの置きもの②アクアマリン風ポインター

水晶のような鉱物レジンの置きもの2つ目は、アクアマリン風ポインターです。スモーキーなブルーが印象的なポインターです。中にはドライフラワーが入っており、とても美しい置きものです。お部屋のどこに飾っても目を引くこと間違いなしです。

水晶のような鉱物レジンの置きもの③ブルーの水晶ランプ

水晶のような鉱物レジンの置きもの3つ目は、ブルーの水晶ランプです。本物の水晶で型をとりつつ真ん中に空洞を作った鉱物レジンを作り、中に小型のLEDライトをつけた水晶ランプです。

ライトをつけずにそのままでも美しい置きものですが、ライトをつけることで、鉱物レジンの透明感がまし、さらに美しい姿になります。ライト自体にもレジンをつけて少し加工することで、台座も一体化したできあがりにすることができます。

水晶のような鉱物レジンの置きもの④ピンクの天然石風オルゴナイト

水晶のような鉱物レジンの置きもの4つ目は、ピンクの天然石風オルゴナイトです。オルゴナイトとは、オルゴンエネルギーを発生させてくれる装置と言われていて、室内のエネルギーを浄化し、ポジティブに変えてくれると言われているアイテムです。

オルゴナイトは、三角すいなどの形で作ることが一般的ですが、同じ作り方で天然石の型を使うことで、また違った印象に仕上げることができます。

水晶のような鉱物レジンの置きもの⑤フローライト鉱石の鉱物レジン

水晶のような鉱物レジンの置きもの5つ目は、フローライト風の鉱物レジンです。神秘的なカラーのフローライトのような鉱物レジンの中には、細かい特殊な模様が入っており、小さな森のように見えます。見ていて飽きない鉱物レジンです。

水晶のような鉱物レジンの置きもの⑥本物のローズクォーツ入りの鉱物レジン

水晶のような鉱物レジンの置きもの6つ目は、本物のローズクォーツ入りの鉱物レジンです。本物の天然石とUVレジンで作った鉱物レジンを組み合わせることで、より一層本物らしく美しい鉱物レジンを作ることができます。

円柱状の型にUVレジンの中には気泡や亀裂を入れて本物のクリスタルのようにし、円柱の上にローズクォーツを並べて硬化させることで一体化し、本物の天然石と鉱物レジンを融合させた美しい置きものに仕上げることができます。

水晶のような鉱物レジンの置きもの⑦ローズクォーツ風鉱物レジン

ローズクォーツ

水晶のような鉱物レジンの置きもの7つ目は、ローズクォーツ風鉱物レジンです。天然石としても人気のローズクォーツのクラスター型風の置きものです。カラーを調節することで、本物らしさを出すこともできますし、好みに合わせて本物のローズクォーツよりも透明度の高い仕上がりにすることもできます。

鉱物レジンを使ったアクセサリー9選

鉱物レジンを使ったアクセサリー①水晶クラスター風鉱物レジンのリング

クラスター

鉱物レジンを使ったアクセサリー1つ目は、水晶クラスター風鉱物レジンのリングです。小さいサイズの水晶のクラスターから直接型をとって作った鉱物レジンは、本物そのままの自然な形なので、本当に本物らしい仕上がりです。リング台につけてあります。

鉱物レジンを使ったアクセサリー②アクアマリン&アメジスト風ピアス

鉱物レジンを使ったアクセサリー2つ目は、アクアマリン&アメジスト風ピアスです。一粒ピアスサイズのロッククリスタルのシリコンモールドを使っています。薄いカラーが自然なアクアマリンやアメジストに見せてくれます。

鉱物レジンを固める際に、ピンを直接入れた状態で固めていますので、その後の加工も簡単です。実際の天然石では、非常に難しい加工ですが、鉱物レジンなら簡単にできます。

鉱物レジンを使ったアクセサリー③アメトリン風天然石のペンダント

鉱物レジンを使ったアクセサリー3つ目は、アメトリン風天然石のペンダントです。アメジストとシトリンが混ざった天然石「アメトリン」は、珍しい鉱物で、自分好みのアクセサリーは見つけにくいかもしれませんが、鉱物レジンで作れば、自分の好みにぴったりのものを作ることができます。

鉱物レジンは、色の組み合わせやバランスも自在に変えることができますので、アメトリンのように複合した鉱物の場合、アメジストとシトリンの混ざり方のバランスを変えることもできます。鉱物レジンならではの楽しみ方です。

鉱物レジンを使ったアクセサリー④ピンクの水晶風ピアス&ペンダント

ローズクォーツ

鉱物レジンを使ったアクセサリー5つ目は、ピンクの水晶風ピアス&ペンダントです。ロッククリスタルのシリコンモールドを使って作った鉱物レジンですが、特殊な色をしています。濃いめのカラーのピンクトルマリン風ですが、天然石ではなかなか見つけられないカラーかもしれません。

鉱物レジンを使ったアクセサリー⑤クリアとブルーの水晶風チェーンリング

リング

鉱物レジンを使ったアクセサリー5つ目は、クリアとブルーの水晶風チェーンリングです。クリアからブルーに変わるグラデーションの美しい鉱物レジンにチェーンを通したタイプのリングです。本物の水晶では穴を開けないと通すことができませんが、鉱物レジンなら、簡単にチェーンをつけることができます。

鉱物レジンを使ったアクセサリー⑥グラデーションカラーの天然石風ピアス

鉱物レジンを使ったアクセサリー6つ目は、グラデーションカラーの天然石風ピアスです。実際の天然石でも同じようなカラーの混ざり方がないとは言えませんが、見つけるのが非常に困難なカラーです。鉱物レジンならではの特別なカラーです。

鉱物レジンを使ったアクセサリー⑦鉱物レジンのワイヤーアクセサリー

水晶

鉱物レジンを使ったアクセサリー7つ目は、鉱物レジンのワイヤーアクセサリーです。大ぶりなサイズのロッククリスタルのシリコンモールドを使って鉱物レジンを作り、それをワイヤーで巻いてアクセサリーにします。ワイヤーアクセサリーにすることで、鉱物レジンはより本物らしいアクセサリーになります。

鉱物レジンを使ったアクセサリー⑧大粒トパーズ風ピアス

鉱物レジンを使ったアクセサリー8つ目は、大粒トパーズ風ピアスです。鉱物レジンは、自分のオリジナルの鉱石を作ることもできますが、色や形にこだわることで、より本物っぽく、高級感のあるものを作ることができます。

UVレジンで作る鉱物レジンは、本物の天然石よりずっと軽いため、同じサイズのものでも、アクセサリーとしては使いやすくなります。カラーや質感などにこだわり、さらに大きな天然石のアクセサリーを作ることが可能です。

鉱物レジンを使ったアクセサリー⑨かすみ草入り水晶風リング

かすみ草

鉱物レジンを使ったアクセサリー9つ目は、かすみ草入り水晶風リングです。実際の水晶に白くきれいなかすみ草を入れることは、まず不可能ですが、透明のUVレジンを使うことで、より特別なアクセサリーを作ることが可能です。

鉱物レジンで自分だけのオリジナル天然石を作りましょう

鉱物レジンは、100均で材料を揃えることができ、作り方も簡単ですので、気軽に始めることができますが、本格的に作れば、本物の天然石と見間違えるような素晴らしいものを作ることができ、さらには、作り方を工夫することで天然では存在しないようなカラーや形のオリジナルの天然石を作ることもできます。

自分で作ったオリジナルの天然石の鉱物レジンは、実際の鉱石ではないので、その後の加工などもしやすく、オリジナルのアクセサリーを作ることもできます。オリジナルの宝石で、自分専用のアクセサリー作りを楽しみましょう。

100均でも購入することのできるUVレジンは、クリア、カラー付きのもの、ラメ入りのものなど、様々な種類が販売されています。それぞれが違った味わいの鉱物を作り出してくれますので、こちらの記事もチェックし、色々な種類のUVレジンを試してみるのもおすすめです。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。