INDEX

思い込みが激しい心理や原因は?

思い込みが激しい心理は自分を信じすぎている!

信じる

思い込みが激しい心理には、自分を強く信じすぎているという背景が垣間見えます。本来であれば、人間は自分の思いや考えについて、「実は間違っていたのではないだろうか」と振り返る時間があります。つまり、人間の多くには自分を客観的に見る時間を持つものです。

しかし、思い込みが激しい人は、「間違っていたのでは?」と振り返る時間も、自分を客観的に見る時間も持っていません。その理由は、思い込みが激しい人は自分を強く信じているので、自分が間違っているとは思いもしないからです。このような心理から、自分の意見や行動などが正しいと激しいくらいに思い込むのでしょう。

思い込みが激しい原因は決めつけること!

決め付ける

思い込みが激しい一番の原因は、決め付けてしまうことです。これだけを聞くと、当たり前ではないかと思う人もいるでしょう。しかし、今回申し上げたい「決め付けること」というのは、自分の気持ちをコントロールできないがために生じる決めつけることです。

人間は、自分の気持ちをコントロールできないほどに追い詰められると自分の考えや行動が正しいと決めることによって気持ちを安定させようとします。しかし、気持ちが安定していない時の考えや行動ですから、周りからすると正しいものとは程遠いということも少なくはありませんから十分な注意が必要なのです。

思い込みが激しい性格の特徴7選!

思い込みが激しい性格の特徴①感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しい

思い込みが激しい性格の特徴として、普通の人より感情の起伏が激しい傾向があります。人間は、地球上の生き物で唯一、感情を繊細に使い分ける動物だといわれています。したがって、感情を持っているということは人間として当たり前のことです。しかし、当たり前のことも過ぎてしまうと悪影響を与えます。

しかも、感情の起伏が激しい人が思い込んでしまうと、思い込むたびに怒ったり泣いたり笑ったりと周りの人を巻き込んでの大騒ぎとなることも珍しくはありません。こうなってしまうと、周りの人は感情の起伏が激しい上に思い込みまで激しいような人とは付き合いたくないと考えるでしょう。

思い込みが激しい性格の特徴②短気である

短気

思い込みが激しい性格の特徴として、短気であることも良くある特徴の1つです。短気な人は、気が短いですから周りの人の話をあまり聞きませんし、聞き入れることもありません。思い込みが激しい上に短気と来れば、周りの人と考えや行動が異なるたびに、怒ったり泣いたりしてしまいます。

短気な性格というのは、生まれ持ったものである場合が多いので直すことは難しいものです。しかし、人と付き合っていく上で障害となりやすい上に、思い込みが激しい性格と相乗効果で悪影響を与えるということは覚えておいた方が良いでしょう。

また、短気な性格というのは思い込みが激しくなくても他人と付き合っていく上で障害になりやすい性格の1つです。したがって、できることなら直す必要のある性格でもあります。そんな短気を直すためには、短気の特徴や原因や直し方が詳しく書かれた下記の「短気な人の特徴10個をご紹介!」の記事がおすすめです。

Small thumb shutterstock 384978976
関連記事 短気な人の特徴10個をご紹介!その原因や直し方とは?

今回は、『短気な人の特徴10個とその原因や直し方』にはどんなものがある

思い込みが激しい性格の特徴③理不尽である

甘い

思い込みが激しい性格の特徴として、自分は許せても他人は許せないという理不尽な性格の人も多いでしょう。このように理不尽な性格であると、他人には厳しく意見するくせに自分には甘いという二面性があり他人から信用されにくくなえいます。

それだけではなく、思い込みが激しいものですから自分の殻に閉じこもりがちになるので、周りから孤立してしまう可能性が高いでしょう。信用されにくい上に孤立してしまうというのは、現代社会で生きていくうえで非常に不便です。どちらかの性格を改善する必要があるでしょう。

理不尽な性格の代表格である他人に厳しく自分に甘い人というのは、嫌な性格だと思われていますが知らず知らずの間に自分もその素質を発揮している場合もあります。そこで、下記の「他人に厳しく自分に甘い人の特徴10選」でこの機会にチェックすることをおすすめします。

Small thumb shutterstock 366094484
関連記事 他人に厳しく自分に甘い人の特徴10選!賢い付き合い方とは?

この記事では他人に厳しく自分に甘い人の特徴を10選にまとめてご紹介しま

思い込みが激しい性格の特徴④1つのことしか考えられない

考える

思い込みが激しい性格の特徴として、本来であれば一度にいくつかのことを考えられるはずなのに1つのことしか考えられない傾向にあります。そのくせ、自分は色々なことを考えられていると思い込んでいる節があるので非常に厄介な性格でもあります。

思い込みが激しい上に1つのことしか考えられない性格であると、何かを選ぶ時に1つの選択肢しか思いつかず、その1つの選択肢こそが正解であると思い込んでしまいます。また、仕事や勉強などでいくつかのことを考える必要がある場面でも、目の前の1つのことしか考えることができません。

思い込みが激しい性格の特徴⑤頑固である

頑固

思い込みが激しい性格の特徴には、頑固な性格であるがゆえに自分の考えや行動などが正しいと思い込む上に、他人の考えや意見を聞けない傾向があります。このような性格の場合、他人の考えや意見を機構としないだけではなく、自分に意見してくる人を敵だとみなすことすらあります。

思い込みが激しい上に頑固な性格であると、性格を変えるチャンスである他人からのアドバイスをことごとく無視し、自分の考えや行動こそが正しいのだと一層、頑固になる傾向があります。そして、周りの人を敵だとみなして遠ざけアドバイスしない人だけと付き合っていくので思い込みは激しくなる一方でしょう。

思い込みが激しい性格の特徴⑥自分が悲劇のヒーロー・ヒロインである

悲劇

思い込みが激しい性格の特徴として、自分だけが不幸だと思い込む悲劇のヒーロー・ヒロインタイプの性格の人もいます。この思い込みが激しい上に悲劇のヒーロー・ヒロインタイプの性格の人は、思考がネガティブであるため、思い込む方向性もネガティブになってしまいます。

したがって、常に何かや誰かを妬んで、「自分は不幸だ」「自分だけが辛い」「自分の生きる道だけが茨の道だ」と思い込んでしまいます。聞いているだけでも比較にいると迷惑な人ですが、実際に側にいると自分まで不幸だと思い込んでしまいそうな影響力のある人ですので注意しましょう。

思い込みが激しい性格の特徴⑦自分中心に世界が回っている

自己中

思い込みの激しい性格の特徴には、自分中心に世界が回っていると思い込んでいる人もいます。このような性格の人は、自分のことしか考えませんので思い込みの激しい性格にも拍車がかかる一方です。

したがって、周りの人と良好な関係を持って付き合うことがどんどんできなくなり、性格を直すことも難しくなる一方となります。しかも、自分中心に世界が回っていると思い込んでいる性格の人は、この環境にすら自分が悪いのではなく周りの人が悪いのだと思うので直すどころか救いようがない人も少なくはありません。

自分中心に世界が回っていると思い込んでいる人、いわゆる自己中な人には様々な特徴があります。そんな自己中な人の性格の特徴が詳しく書かれた下記の「自己中な人の性格は我慢ができない人?自己中な人の特徴15選をご紹介!」の記事がわかりやすいので、この機会にぜひチェックして下さいね。

Small thumb shutterstock 678594811
関連記事 自己中な人の特徴は我慢ができない人?自己中な人の特徴15選をご紹介!

自己中な人の特徴は、自分中心に物事を考え、我慢ができない人です。誰にも

思い込みが激しい性格の改善や直す方法5選!

思い込みが激しい性格の改善や直す方法①思い込みが強いことを自覚する

気付く

思い込みが激しい性格の改善や直す方法っで、第一に取り組んで欲しいことは思い込みが強いを自覚することです。とはいっても、生まれながらに思い込みが激しい性格だから無理だと考える人もいるでしょう。しかし、これこそが思い込みで、思い込みが激しいのは実は性格ではなく思い込む習慣がついているだけなのです。

したがって、他の習慣を改善し直すように、まずは思い込身が激しい習慣があることを自覚しましょう。そして、思い込みが激しい習慣があることを自覚できたら、なぜ思い込みが激しい習慣があるかの原因を広い範囲から考えます。身についてしまった思い込みが激しい習慣を見直すことが改善や直すことの第一のポイントです。

思い込みが激しい性格の改善や直す方法②決め付けることをなくす

やめる

思い込みが激しい性格の改善や治す方法として、決め付をなくすことも大切です。思い込みが激しい性格の人の口癖として、「○○に決まっている」「○○に間違いない」など、物事や考え方を決め付けるようなものが多いです。しかし、この世の中に絶対的なものというのはほとんどありませんので、この言葉こそが間違いです。

したがって、口から「○○に決まっている」「○○に間違いない」という言葉が出そうになったら、「この世の中に絶対的なものはほとんどない」という事実を思い出してみましょう。そうすると、物事や考え方を決め付けるということを少しずつなくすことができるでしょう。

思い込みが激しい性格の改善や直す方法③自分以外の他人を信じる

信じる

思い込みが激しい性格の改善や直す方法として、自分以外の他人を信じることも重要です。思い込みが激しい人は、他人は嘘を言っていると思い込んでいます。確かに、嘘は方便のように社交辞令などを使う場合もありますが、常にそうではありません。あまり他人を疑いすぎると、自分の信用をなくすことになります。

他人を信じるとはいっても、そう簡単にできることではありません。そこで、下記の「人を信じられない原因と心理10選」の記事で他人を信じられない原因や心理、信用する方法をチェックしてみましょう。

思い込みが激しい性格の改善や直す方法④視野を広げ1点集中をなくす

視野

思い込みが激しい性格の改善や直す方法として、視野を広げ1点集中の考え方をなくすということも必要です。自分が思い込んでいる考えの他に、この世の中には数え切れないくらいの考え方が存在します。

したがって、1点集中の考え方をしていると他の考え方を知ることができず非常に損をした人生を送ることとなります。思い込みをなくすことが、1点集中の考え方をなくすことが自分の人生をたのしくすることだと気付けば、「なくす」ことに抵抗がなくなるのではないでしょうか。

思い込みが激しい性格の改善や直す方法⑤自分以外の他人と話す機会を増やす

話す

思い込みが激しい性格の改善や直す方法として、自分以外の他人と話す機会を増やすことも大切です。思い込みが激しい人は、1人で過ごす時間が多い傾向にあります。したがって、自分以外のたくさんの他人と話すことで、他人の考え方に触れましょう。この機会を増やしていくと、1つに思い込むことが減ってくるでしょう。

思い込みが激しい人と付き合うポイントや対策3選!

思い込みが激しい人と付き合うポイントや対策①間違っても論破しない

論破

思い込みが激しい人と付き合うポイントとして、間違っても論破しないことです。これは思い込みが激しい人のためではなく、こちらのためです。思い込みが激しい人は、論破しようとしてもありとあらゆる言い訳を繰り広げるので解決にはなりません。それどころか、論破しようとしたこちらの方がダメージを受けてしまいます。

思い込みが激しい人と付き合うポイントや対策②下手に出て発言や行動をする

下手

思い込みが激しい人と付き合うポイントや対策として、下手に出て発言や行動することをおすすめします。そのうえで、相手の考えた行動を行ったん肯定してから、その他にもこのような考えや行動があるのだということを物腰柔らかく婚期よく提案することが大切です。こうすることによって、聞き入れる可能性が高くなります。

思い込みが激しい人と付き合うポイントや対策③紙に書き出してもらう

書く

思い込みが激しい人と付き合うポイントや対策として、思い込みが激しい人が思い込んでいることを紙に書いてもらうことも効果が高い方法です。思い込んでいることを紙に書くと、自分の思い込みを客観的に捉えることができます。思い込みを客観的に捉えることができれば、周りの人の意見を受け入れやすくなります。

思い込みが激しいと上手に付き合うには思い込みを捨てることが大切!

今回は、思い込みが激しい人の心理や特徴などについてご紹介して気増したが、いかがでしたでしょうか。思い込みの激しい人は、その性格もあいまって改善や直すのが難しい傾向にあります。しかし、付き合う側が「この人は思い込みが激しいから無理だ」と思い込まず、気長に付き合っていくよう心がけましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。