Large thumb shutterstock 554826721

セルフで簡単ニットネイルのやり方やデザイン|ジェル/ポリッシュ

更新:2019.06.21

ニットネイルと言えば、可愛らしく女性らしいデザインが多くて、オシャレ女子の必須アイテムの一つですね。一見難しそうに見えるニットネイルですが、実は意外と簡単に自分でできちゃうんです!今回は、セルフで簡単にできるニットネイルのやり方や、マットで可愛いいちおしデザインをご紹介していきます!

今更聞けない!ニットネイルとは?

ニットネイル|デザインと特徴

数年前から大流行しているニットネイル。ニットネイルとは、セーターやニットなどの編み目模様を、立体的にデザインする方法です。ぷっくりと立体感があり、ニットのような柔らかい素材感を出すことで、可愛らしく女性らしい印象になります。また、ニットネイルのデザインで一番のポイントはなんと言ってもマット感!

表面をマットにすることで、一気にニット感が増します。インパクトの強い色合いだって、マットにすると派手さを抑えられ、色々なファッションに合わせることもできるのです!マット専用のトップコートをしようするだけなので、やり方も簡単!

とっても簡単にマット仕上げができ、こなれ感を出すことができます。ネットでも簡単にゲットできますので、是非調べてみてください!

ニットネイル|やり方の特徴

なんといっても、このぷっくり立体感のあるデザインが特徴のニットネイル。流行当初はプロのネイリストさんが、ボリュームの出やすいジェルネイルを使ってデザインしていました。でも、実はこの立体感は、何度も柄を重ね塗りする事でボリュームを出すことができるので、セルフ思考の方や初心者さんにもおすすめなのです!

セルフニットネイル・やり方手順

  • ベースカラーを塗る
  • ポリッシュまたはジェルでニットの模様を描く
  • 模様を何度も重ね塗りして立体感を出す
  • 乾いたら(硬化したら)ベースカラーとトップコートを塗る 完成!

こんな簡単な手順でニットネイルに挑戦できるのです!初心者の方におすすめなのは、「8」の字や「ドット」です。これを縦ラインや斜め模様と組み合わせるだけであっという間にニットらしいデザインになりますよ!詳しい描き方などは下でたっぷりとご紹介していきます!

セルフで簡単ニットネイルのやり方|ポリッシュの柄の描き方は?

セルフで簡単ニットネイルやり方・ポリッシュ編|①ポリッシュを重ね塗り

ジェルネイルのセットが家にない方でも、ポリッシュで手軽にニットネイルに挑戦できるやり方があります!必要な物はポリッシュと爪楊枝です!(可能であれば、毛先の細い筆もご用意ください)まずは、上でご紹介した通り、ベースカラーを塗っていきます。

次に、爪楊枝の先端にポリッシュを少ずつ付けながら模様を下書きしていきます。上の画像の様な「8」の字にする場合は楕円をいくつも鎖のように繋げて描く方法と、「S」の字を左右対象に組み合わせる方法があります。下書きが終わったら、爪楊枝の先端のポリッシュを少し乾かし、先端を丸くします。

こうすることで、ポリッシュが適量ついて、重ね付けしやすくなります。そのままボリュームが出てくるまで何度も重ね、仕上げにベースカラーやトップコートを全体に塗ったら完成です!

セルフで簡単ニットネイルやり方・ポリッシュ編|②100均ネイルシール

100均にはニットネイル用の3Dシールが売られています。なんと言っても簡単!シールの長さを自分好みにカットして貼るだけです!厚みのあるシールなので、簡単にニット風のデザインを楽しめます。でもお手頃で簡単なシールですが、弱点があります、カラーバリエーションがホワイトしかないのです。

ベースコートを上から重ねることもできるのですが、塗りすぎると立体感や凹凸までわかりにくくなってしまいます。ホワイトベースのデザインにしたい方にはとってもおすすめです。100均の他のデコパーツと組み合わせれば、高級感もアップしますよ!100均ネイルパーツの関連記事も合せてご覧下さい。

セルフで簡単ニットネイルやり方・ポリッシュ編|③100均ラメポリッシュ

100均ラメポリッシュもとってもおすすめです!通常のポリッシュよりもラメが入っている分、ボリュームが出やすいのが特徴です。ボリュームが出る分、重ね塗る回数が減ります。また、100均のラメポリッシュは、乾燥しやすいので、時短もできて重ねやすく、使い勝手がいいのです。

ラメは固まりやすく、模様がでこぼこになりやすいです。そのため筆ではなく、先端の硬い爪楊枝等を使用して模様を描くと固まり始めたポリッシュも成形する事ができます。ラメで模様が少しざらついた表面になりますので、ベースカラーやトップコートは何度が重ねるのがおすすめです!

セルフで簡単ニットネイルのやり方|ジェルの柄の描き方は?

セルフで簡単ニットネイルのやり方・ジェル編|①3Dパウダー

家庭用キットが安く購入できる様になり、セルフでジェルネイルと行う女子が増えていますね!そんなジェル派の女子のおすすめの、ニットネイル用アイテムがこちらの「3Dパウダー」です。このパウダーの使い方はとっても簡単。お手持ちのジェルと混ぜて使うだけなんです!ジェルと混ぜると、流れにくいテクスチャーが完成!

好きな形や高さに盛ることできるので、自分好みのデザインが再現できます!また、ジェルネイルに共通するメリットとして、一度失敗しても、硬化前なら拭き取りが可能ということです。セルフでやるとどうしても利き手でない方の手で描くのは難しいですよね。でも、ジェルなら失敗してもやり直しが効くので安心です。

硬化前に専用のクリーナーで拭き取りは、途中からでもやり直せます。ポリッシュよりも揃えるものが多くてコストはかかりますが、ジェルのやり方に慣れてしまえば仕上がりも綺麗にできます。ポリッシュと違い、途中でライトを当てないと固まらないので、細いラインの筆で描くのがおすすめです。

セルフで簡単ニットネイルのやり方・ジェル編|②クリアのアクリルパウダー

アクリルパウダーとは通常スカルプチュアをする際に使用する、元となる粉です。これを使用したいジェルと混ぜて、模様の上に乗せていきます。やり方としては、まずベースカラーを塗って硬化した後、模様の下書きをしてからミクスチャーを乗せていきます。できるだけ細い筆を使用してください。

アクリルパウダーの良いところは、一度爪に乗せてから、少しずつ形を整えて行けるところです。たとえば、「8」の字のデザインを入れたい時、ポリッシュやジェルだとしっかり「8」の穴が残る様に描いて行かなければなりません。テクスチャーが流れやすいと、穴が埋まってしまいがちです。

でもアクリルパウダーを混ぜたジェルを使えば、一度丸く爪に乗せたあと、好みの大きさに穴を空けて調節できるのです。最近では100均でも販売しているアクリルパウダー、是非トライしてみて下さい。

セルフで簡単ニットネイルのやり方・ジェル編|③ハードジェルを重ねて

ジェルネイルのクリアトップコートにはハードとソフトがあります。今回はハードのクリアジェルとカラージェルを混ぜて使う方法をご紹介します!ハードジェルはぷっくりとボリュームがでやすく、もったりとした硬いでテクスチャーが特徴です。お好みの色と混ぜて使います。

この時注意してほしいのが、ジェルの量です。いくらハードジェルとは言え、塗ってから少しすると輪郭がぼやけて、ダレてしまいます。少量ずつ描いては硬化、描いては硬化していくのが最大のコツです。ハードジェルのやり方を習得すれば、カーブやハネなどの細かい部分も簡単にデザインできるようになります。

わざわざ専用のアイテムを買わなくてもトップコートを利用するので挑戦しやすいですね!マット感がポイントのニットネイルですが、普通のトップコードのツヤをあえて生かしたデザインも可愛らしく仕上がります。

秋冬におすすめニットネイルデザイン15選!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|①ツイードとニットでオシャレ上級者

こちらの赤チェックのツイード風ネイルとホワイトニットネイルのコンビがとってもオシャレ!それぞれカラーが違うのにしっかりまとまりあってオシャレ上級者の風格です!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|②ネイビーと雪の結晶

ダークネイビーと雪の結晶のデザインが、ホワイトニットネイルを引き立たせてくれるデザインですね!シックで冬のオシャレを満喫できそう!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|③プチプラポリッシュでマット仕上げ

プチプラポリッシュで人気のネイルホリックでもこんなに可愛いデザインができます!マットにすれば高級感まで出てきますね。合わせやすい色合いで秋に大活躍のデザインです!ネイルホリックの関連サイトも合せてご覧下さい。

秋冬におすすめニットネイルデザイン|④アーガイル柄がポイント

こちらもホワイトニットネイルに、中指のアーガイル柄がポイントのデザイン。イエロー系を持ってくることで秋も冬も楽しめそうですね!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑤くすみカラーを品良くアレンジ

くすんだ色味を選ぶことで、派手さを抑えることができますね。文字やゴールドの星をあしらえれば、ガーリーだけど使いやすいデザインのできあがりです!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑥ニットの手袋がポイント

ポイントの手袋にもしっかりニットが描かれていてとっても可愛いデザインです!さりげない可愛らしさに、思わず声をかけてしまいたくなりそうです!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑦水色とシルバーラメで上品に

とっても上品な色味のデザインです。ホワイトニットネイルと水色やシルバーラメを合わせることで凜としたイメージを演出できそうです!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑧マットでこなれ感演出

ダークグリーンやホワイトニットの表面にマットを使用していますね。つま先をシックに決めたオシャレなデザインで、こなれ感もUPです!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑨定番ベージュは必須アイテム

オフィスで派手なネイルができない女子でもニットネイルを楽しみたい!そんな方にはこちらがおすすめ!ベージュ系で統一する事で、さりげない冬のニットネイルを楽しめますよ!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑩こだわりのニットデザイン

こちらは一つ上級者のニットネイルですね。薬指のデザインはとても複雑でボタンまで精密に描かれています。器用なセルフネイル派女子は是非挑戦してみてください!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑪クリアなニットネイル

敢えてベースカラーをクリアにする事でケーブル模様を目立たせるでざいんですね!抜け感があって、そんなファッションにも合わせやすそうです!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑫レッドを合せてクリスマス気分

クリスマスに彼氏とデートを予定している女子にはとってもおすすめなデザインです!赤とパールを合わせることで、可愛らしさ、ホワイトニットで柔らかさを演出できます。

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑬ベージュピンクが一番人気

やはり根強い人気なのはこちらのピンクベージュですよね?どんなスタイルにも合わせやすく、清楚に見えて男性受けも抜群です。セルフでも一色で済むので簡単です!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑭足にもニットネイル

社員旅行やクリスマスのお泊まりが増えるこの季節!足だってニットネイルでオシャレしましょう!グレートワインレッドの組み合わせで、秋を先取りできますね!

秋冬におすすめニットネイルデザイン|⑮マットなニットネイルを親指に

ホワイトニットをポイントに、ベージュやブラックのノーカラーを持ってくることでどんなファッションにも合わせやすく、シックにまとめることができます。

簡単ニットネイルのやり方をマスターしてセルフネイルを楽しもう!

今回は色々なニットネイルのやり方やデザインをご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?筆者も色々調べてみて、今年はセルフでニットネイルに挑戦したいと思いました!皆さんも色々なデザインでセルフネイルを楽しんでみてくださいね!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。