INDEX

お正月の初詣の歴史的背景や由来・意味とは?

お正月の初詣の歴史的背景

初詣は、「年籠り(としごもり)」と呼ばれる日本の古代からの風習が変化したものが起源であると考えられています。「年籠り」とは、村や家の長が、地域の氏神様が祀られている神社等に、大晦日の夜から元旦の朝まで寝ずに籠る、という日本古来の風習で、平安時代の書物にも記されています。

この「年籠り」がその後、大晦日に詣でる「除夜詣」と元旦の朝に詣でる「元旦詣」の二つに分けて行われるようになります。この「元旦詣」が初詣の由来になっていったと考えられています。

また「元旦詣」は氏神様が祀られている神社や、自宅から見て恵方の方角にある神社にお参りすることが決められていた為「恵方詣」とも呼ばれました。その後明治時代に日本に鉄道が開通し、方角を限定せずに参拝するという考え方が広まり、大正時代に現在の初詣のスタイルが取られるようになったと言われています。

お正月の初詣の由来・意味

初詣の由来とされる「年籠り」とは、そもそも氏神様に昨年の感謝をしたり、次の年の豊作や家内安全を祈願する為のものでした。また、お正月に家に来てくださる歳神様をお迎えする為、氏神様に籠って体を清めたとも言われています。

このことから、初詣も年始に神社や寺院に出向いて参拝し、神様に挨拶するという意味合いと、1年間無事に過ごすことができたという感謝の意を表し、家内安全など新年の平安や無事を祈るという意味合いが込められた行事となっています。昔も今も、家族の幸せを祈るという人の心は変わっていないということですね。

最近では「初詣」という言葉は、季語になるほど有名になり、大正時代以降は俳句にも使われるようになりました。またパワースポット等の登場によって、氏神ではなく遠方の有名な寺社仏閣に参拝するなど「レジャー」として楽しむ方も増えています。ここで初詣デートにおすすめの神社の記事がありますので参考にしてください。

初詣のお参り期間はいつからいつまで?

初詣のお参り期間は1月1日から1月7日まで(関西は1月15日まで)

一般的に、元日や3日までに初詣に行く人が多いですよね。実際には、初詣に行く期間はいつからいつまで、と明確には決まっていないようですが、三が日(1月1日~1月3日)、または松の内までに行くのが良いとされています。

松の内というのは、門松を飾っている期間のことを言います。この門松は、毎年お正月に各家庭にやって来る歳神(年神)様の依代(よりしろ)で、関東では1月7日、関西では1月15日までの間飾っておくことから、この期間を松の内と呼ぶようです。ここで歳神(年神)様についての記事がありますので参考にしてください。

Small thumb shutterstock 465736094
関連記事 歳神様・年神様の読み方と意味とは?お正月飾りの飾り方や期間も

歳神様または年神様は、お正月にまつわる神様です。しかし、具体的なことは

しかし、その時期を過ぎたからといってマナー違反となり初詣のご利益が無いというようなことはありません。最近はお正月の時期に仕事が忙しい方もいらっしゃいます。初詣の由来となった「年籠り」は元々、12月31日と1月1日の二日間で行われる行事でした。時代の流れとともにお参りの期間も変化していったようですね。

初詣のお参りは神社でもお寺でもOK

一般的には神社にお参りするという方が多いのではないでしょうか?実はお正月に初詣でお参りする際の明確な決まりはなく、どこに参拝しても良いようです。神社とお寺の違いは鳥居と仏像の有無だけで、どこに何回行っても構いません。神社とお寺の両方に行っても問題ありませんよ。

お住いの地域や家庭によって、考え方や風習も違ってきますが、神社仏閣に多数参拝することで、様々なご利益を得ることができるという説もあるようです。ここで人気の神社とお寺を紹介した記事がありますので、参考にしてみてください。

Small thumb shutterstock 552164044
関連記事 お祓いや除霊で運気が上がるかも?人気の神社とお寺25選!【エリア別】

除霊やお祓いで運気をリセットしたいという人のために、全国の霊験あらたか

神社|初詣のお参りの参拝方法

まず鳥居の前で軽く一礼してから神社内に入るようにしましょう。この時は、真ん中を歩かず端を歩くよう気をつけてください。また、右側を歩くときは右足から、左側を歩くときは左足から入ってください。

次に手水舎で手と口を清めます。まず最初に柄杓で水をすくって左手を洗います。次にその左手で柄杓を持って右手を洗います。そして右手で柄杓を持って左手に水を受け、口をすすぎます。さらにその左手をもう一度洗います。最後に柄杓に水を入れ、柄を縦に持って柄を水で洗い流しましょう。

そして神社の本殿で参拝する際は中央からずれたところに立って、一礼します。次にお賽銭を入れ、鈴を静かに1回だけ鳴らし、魔よけ・清めをします。そして二礼二拍手一礼で参拝します。この時、自分の住所・氏名・年齢をきちんと名乗り、心の中で願い事を唱えます。最後に鳥居をくぐって向かいなおし、一礼しましょう。

お寺|初詣のお参りの参拝方法

まず山門の前で一礼してから、お寺に入ります。次に手水舎で手と口を清めます。これは神社と同じです。鐘をついても大丈夫なお寺では、参拝前に鐘をつきます。また、線香の煙を浴びることができる香閣で心を清めましょう。煙を身体の悪い部分にあてると良いとされています。

本堂の前についたら、線香とろうそくをお供えします。そして一礼します。賽銭を入れて鰐口(わにぐち)を鳴らします。姿勢を正して目を閉じ、静かに胸の前で手を合わせ、お願いごとを伝えます。寺院によってはこの際、題目や真言を唱えます。合掌したまま一礼します。帰る際も、山門を出たら本堂に向かって一礼しましょう。

大きなお寺には、複数お堂があるところがありますが、まずは本堂のご本尊に参拝するようにしましょう。仏様に敬意を持って参拝することが重要です。そして、初詣が終わった後は、寄り道をしないで一旦家に帰りましょう。お正月に初詣で神様にいただいた福を落としてしまわないようにしましょう。

初詣のお参りのマナー

初詣のお参りの服装

皆さんはお正月初詣のお参りに行く際、どのような服装でお出かけしますか?中には着物やスーツでお参りに行くという方もいらっしゃいますよね。

そもそも「除夜詣」とは普段着のまま「一年無事に過ごすことができ、ありがとうございました。」と神様に感謝しに行くこと、「元旦詣」とは正装でお清めをし、「新年を迎えさせていただきありがとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします。」と神様に挨拶をしに行くこととされていました。

初詣が「元旦詣」に由来した行事であることを考えると、正装で行かなければならない、と考えがちですが、実際には特に決まり事はありません。ただ、神社やお寺の参拝時には帽子やマフラーを外す程度のマナーは身に着けておいた方が良いかもしれませんね。

初詣のお参りのお賽銭金額

あなたは神社やお寺でお賽銭を入れる際、いくら入れるか迷ったことはありませんか?お賽銭はあくまでも気持ちですので、特にいくらという決まりはありません。気持ちが籠っていればいくらでも構いません。一般的には1円から500円の方が多いようです。しかし、語呂合わせで意味を持たせた金額を入れるという方もいます。

よく聞くのは、5円玉で「ご縁がありますように」という意味を持たせるものです。5円玉2枚(10円)で「重ね重ねご縁がありますように」、5円玉3枚(15円)で「十分ご縁がありますように」、5円玉4枚(20円)で「よいご縁がありますように」、などの意味もあります。

まだまだ枚数ごとに色々な意味があると思うので、調べて自分の希望に合ったお賽銭をするのも面白いかもしれませんね。ぜひ試してみてください。

初詣の由来・意味を理解し、お正月をより楽しく

さあ、みなさん、いかがだったでしょうか?初詣の由来や意味・歴史的背景はおわかりいただけましたか?また、お参りの期間など初詣についての疑問は解決されましたか?来年はぜひこれらの予備知識を持って、初詣に臨んでくださいね。

家族と行ったり、友人や恋人同士で行ったり、あるいは仕事始めの日に会社の同僚と一緒に行くという方もいらっしゃいますよね。初詣の知識と正しいマナーを知って、ぜひこれまでよりさらに、初詣を楽しんでください。みなさんの一年が良い年となりますよう、祈っています。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。