INDEX

証明写真を自作するメリットは?

証明写真を自作するメリット①何度も撮影することができる

証明写真を自作するメリット①何度も撮影することができる

証明写真を自作するメリット1つ目は、「何度も撮影することができる」ということです。機械などを使って証明写真を撮影した場合、お好みの仕上がりでない場合があります。しかし、証明写真を自作してご自分で撮影することにより、何度も撮影し直しをすることができます。

このことから、証明写真の仕上がりにこだわりがあったり、免許証やパスポート用の写真などで綺麗な写真を使いたい場合などは、証明写真を自作するのがおすすめです。

証明写真を自作するメリット②自由に加工することができる

証明写真を自作するメリット②自由に加工することができる

証明写真を自作するメリット2つ目は、「自由に加工することができる」ということです。証明写真を自作した場合、ソフトやフリーアプリ、加工サービスなどを使えば簡単に背景やご自身の顔色などを加工することができます。このため、より綺麗な証明写真に仕上げることができるのです。

証明写真を自作するメリット③自作の証明写真なら何枚でも安く印刷できる

貯金する女性

証明写真を自作するメリット3つ目は、「自作の証明写真なら何枚でも安くで印刷できる」ということです。証明写真を自作した場合、お手持ちのスマートフォンや、デジカメを使って撮影し、そのデータを加工することで証明写真のデータを自作することになります。

この時作成した証明写真のデータが残っている限り、何枚でも安くで印刷することができるのです。このため、就職活動のためのエントリーシートやバイトの履歴書など、証明写真を利用する頻度が高い方におすすめの方法でもあります。

自作証明写真の作り方|必要なものは?

自作証明写真の作り方で必要なもの①スマートフォンやデジカメ

自作証明写真の作り方で必要なもの①スマートフォンやデジカメ

自作証明写真の作り方で必要なもの1つ目は、「スマートフォンやデジカメ」です。撮影するために必ず必要なアイテムとなりますので、必ずどちらか準備するようにしましょう。撮影の手軽さを重視される方やスマートフォンアプリで加工したいという方にはスマートフォンがおすすめです。

また、パソコンで加工したいという方や、より綺麗な画質で撮影した写真を使いたいという方はデジカメの使用がおすすめです。ご自身のニーズに合わせて撮影アイテムを選びましょう。

自作証明写真の作り方で必要なもの②三脚

Amazonで商品の詳細を見る

自作証明写真の作り方で必要なもの2つ目は、「三脚」です。三脚があることで、より安定した場所から撮影することができますので、写真が斜めになってしまったり、顔の位置がずれてしまうことを避けることができます。この画像の三脚は、XIANRUI(シャンルリ)から販売されている「くねくね三脚」です。

このくねくね三脚は、スマートフォンやデジカメを置く台を360度回転することができますので、お好きな場所から撮影することができておすすめです。また、付属のリモコンを使えば撮影することができますので、1人で撮影する方にはぴったりとなっています。

くねくね三脚
価格(税込) 999円
重さ 59g
スマートフォン 対応可能
デジカメ 対応可能

自作証明写真の作り方で必要なもの③自撮り棒

Amazonで商品の詳細を見る

自作証明写真の作り方で必要なもの3つ目は、「自撮り棒」です。自撮り棒があることで、お一人で証明写真を撮影するときにとても便利でおすすめです。この画像の自撮り棒は、ファイト産業から販売されている「ミニセルカ棒」です。

このミニセルカ棒は、本体に付属しているボタンを押すだけで簡単に撮影することができて便利です。また、このミニセルカ棒のように、自撮り棒は三脚よりも価格が安いものが多いですので、コストを最小限にしたいという方にはぴったりです。

ミニセルカ棒
価格(税込) 200円
重さ 499g
スマートフォン 対応可能
デジカメ 対応可能

自作証明写真の作り方で必要なもの④パソコン

自作証明写真の作り方で必要なもの④パソコン

自作証明写真の作り方で必要なもの4つ目は、「パソコン」です。デジカメのデータを使用する場合や、自作の証明写真にスマートフォンではできない細かい加工を施したいという方は、パソコンを使われるのがおすすめです。

また、データを何度も使い回ししたいという方にも、プリンタやUSBへのデータの転送が簡単ですので、スマートフォンよりもパソコンを使われることをおすすめします。

自作証明写真の作り方で必要なもの⑤USBメモリ

Amazonで商品の詳細を見る

自作証明写真の作り方で必要なもの5つ目は、「USBメモリ」です。USBメモリは、ローソンやセブンイレブンといったコンビニでプリントされる方におすすめです。自作の証明写真をコンビニでプリントされる場合には、USBメモリにデータを転送しておいたほうがプリントをスムーズに行うことができておすすめです。

この画像のUSBメモリは、トランセンドジャパンから販売されている「スライド式USBメモリ」です。このUSBメモリは、スライドを使って簡単に取り外しができて便利でおすすめです。このため、キャップをなくすリスクがないためUSBを差し込む部分が傷つくこともなく安心です。

スライド式USBメモリ
価格(税込) 1,245円
重さ 36.3g
サイズ 縦幅:6cm、奥行き:2.1cm、横幅:11cm

自作証明写真の作り方|自撮りや自分で撮影するポイントは?

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント①白色のライトの下で撮影

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント1つ目は、「白色のライトの下で撮影する」ということです。これは、光が黄色がかったものなど真っ白ではないという場合には、顔がはっきり写らないためです。このため、自作の証明写真を撮影するには、LEDや真っ白な蛍光灯などを使ったお部屋で撮影するのが良いでしょう。

また、電気が数種類あるお部屋の場合には、光が散乱してしまい綺麗に写すことができないので、電気は1種類のみのお部屋で撮影すると良いでしょう。こうすることで、光にムラができず、撮影後に背景を加工する手間をなくすことができておすすめです。

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント②背景は白色の壁がおすすめ

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント2つ目は、「背景は白色の壁がおすすめ」だということです。これは、一般的に、証明写真は白色の背景か青色の背景で撮影されることが多く、青色の壁か、白色の壁で撮影すれば違和感のない証明写真を撮影することができるためです。

特に、白色の壁は再現や加工がしやすくおすすめです。もし白色や青色の壁がないという場合でも、白い模造紙など白い背景が演出できるものでも代用することができます。模造紙は文房具店やインターネットをはじめ、ダイソーやセリアといった100均でもゲットすることができます。

以下の記事では、100均の模造紙をはじめとするボール紙が紹介されていますので、100均で自作の証明写真に必要なアイテムを揃えたいと思われている方は、こちらの記事もぜひご覧になってみてくださいね。

Small thumb shutterstock 556544935
関連記事 100均のボール紙15選!ダイソー・セリア別!厚紙/色画用紙/模造紙

100均のボール紙を使ったことあるでしょうか。そこで今回は、100均ダ

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント③背景とは距離を作る

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント②背景は白色の壁がおすすめ

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント3つ目は、「背景とは距離を作る」ということです。これは、壁などの、自作の証明写真の背景になる部分に近づきすぎると、返って影ができてしまい不自然な証明写真になってしまうためです。

このため、30cmから1m程度離れて撮影するのがおすすめです。ただし、お部屋のライトの位置によっては、ちょうど良い立ち位置が異なる場合もあるので、その場合は場所を変えながら調整するようにしてください。

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント④カメラは首の前に

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント4つ目は、「カメラは首の前に持ってきて撮影する」ということです。これは、首の前にスマートフォンやデジカメなどの撮影アイテムを持ってくることで、証明写真らしく胸から上の綺麗な写真を撮影することができるためです。

三脚を使って撮影する場合には、テーブルの上に三脚を設置して、首の部分にカメラが来るような高さに調整した上で撮影するのがおすすめです。また、自撮り棒を使って撮影する場合には、持ち手をお腹の部分にするように持って、カメラを首の前に持ってきて撮影すると綺麗な自作の証明写真を撮影することができます。

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント⑤正しい姿勢で撮影する

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント⑤正しい姿勢で撮影する

自作証明写真の作り方で自分で撮影するポイント5つ目は、「正しい姿勢で撮影する」ということです。正しい姿勢で撮影することで、顔がはっきりと撮影できることはもちろん、より良い印象を与えることができます。このため、就職活動のために自作証明写真を使われるという方は特に姿勢は意識するようにすると良いでしょう。

このため、就職活動のために自作証明写真を使われるという方は特に姿勢は意識するようにすると良いでしょう。具体的な姿勢の作り方については以下の通りとなっています。自撮りする場合でも、他の人に撮影してもらう場合でも姿勢を正して撮影することは大きなポイントとなりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自作証明写真を綺麗に撮影するためのおすすめの姿勢の作り方
  • 背筋:風船でつられているようなイメージで伸ばす
  • 肩:力を抜いて下げる
  • 顎:気持ち下げる程度で少し下げる
  • 手:お腹のあたりで組む

自作証明写真の作り方|フリーソフトやサービスやアプリで加工するには?

自作証明写真の作り方でフリーソフトなどで加工する方法①データを保存する

自作証明写真の作り方でフリーソフトなどで加工する方法①データを保存する

自作証明写真の作り方でフリーソフトやサービスやアプリで加工する方法1つ目は、「データを保存する」ということです。フリーソフトやサービスやアプリで自作証明写真を加工する場合には、自作証明写真の撮影データをフリーソフトなどを使うデバイスに保存し、そのデータをフリーソフトなどに読み込ませる必要があります。

このため、1度元の証明写真の撮影データを保存しておく必要があるのです。また、1度加工前の元の証明写真の撮影データを保存しておくことで、フリーソフトやアプリなどさまざまなソフトやアプリで加工を試すことができるので、より自分込みの証明写真に近づけることも可能になります。

自作証明写真の作り方でフリーソフトなどで加工する方法②データを転送する

自作証明写真の作り方でフリーソフトなどで加工する方法②データを転送する

自作証明写真の作り方でフリーソフトやサービスやアプリで加工する方法2つ目は、「データを転送する」ということです。データをフリーソフトやサービスやアプリで加工するために、それぞれのデバイスに保存したら、今度は実際に使うフリーソフトやサービスやアプリにデータを転送する必要があります。

転送の方法については、それぞれ異なりますので、ご使用になられるフリーソフトやサービス、アプリの使い方に従って行っていただくことになります。基本的には、フリーソフトやサービスやアプリを開いて最初の画面で加工する撮影データを選択するようになっている場合がほとんどです。

このため、普段は画像編集はしないという方でも簡単に自作証明写真を加工することができておすすめです。以下の記事では、無料で写真を加工することのできるアプリがランキング形式で21種類紹介されています。スマートフォンでの加工をお考えの方は、こちらの記事もご覧になってみてはいかがでしょうか。

自作証明写真の作り方|安く加工できるソフトやサービスやアプリは?

自作証明写真の作り方で安く加工できるソフトなど①ケータイプリン

自作証明写真の作り方で安く加工できるソフトなど①ケータイプリン

自作証明写真の作り方で安く加工できるソフトやサービスやアプリ1つ目は、「ケータイプリン」です。このケータイプリンは、コンビニ大手のセブンイレブンが提供している自作証明写真の加工サービスとなっています。加工した自作の証明写真は、全国のセブンイレブンで受け取ることができるので、とても便利でおすすめです。

インターネット上にある加工サービスにアクセスして、そこに撮影した自作の証明写真を読み込み、加工を行います。この加工作業はパソコンからもスマートフォンからも使うことができます。また、実際に証明写真の機械で撮影した場合と同じような上質紙であるにもかかわらず安く印刷することができるのでおすすめです。

ケータイプリン
価格(税込) プリント代金:200円(サービス利用料金は無料)
1度にプリントできる証明写真の枚数 3枚

自作証明写真の作り方で安く加工できるソフトなど②Photoshop

Amazonで商品の詳細を見る

自作証明写真の作り方で安く加工できるソフトやサービスやアプリ2つ目は、アドビシステムズから販売されている「Photoshop」です。このPhotoshopは、ソフトの導入費用はかかってしまいますが、その分無料のフリーソフトなどとは違ってとても細かい部分まで加工することができておすすめです。

肌の色味、顔の幅や顎の高さ、笑顔の度合い、鼻の幅や高さ、目の大きさや間隔、口の幅などそれぞれの顔のパーツごとの調整も行うことができます。また、もし姿勢が良くない状態で撮影してしまったとしても、目の位置を不自然にならない程度にうまく調整したり、印象にもつながる毛穴や、シミを消すことも可能です。

Photoshop
価格(税込) 15,800円
1度にプリントできる証明写真の枚数 9枚(A4サイズの上質紙を使用した場合)

自作証明写真の作り方|印刷やプリントを安くするには?

自作証明写真の作り方で印刷やプリントを安くする方法①コンビニ

自作証明写真の作り方で印刷やプリントを安くする方法①コンビニ

自作証明写真の作り方で印刷やプリントを安くする方法1つ目は、「コンビニ」で印刷する方法です。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、サンクルKサンクスいずれのコンビニでも安くでプリントすることができます。また、コンビニですので、24時間いつでも印刷することができることもメリットの1つです。

特に1番撮影料金が安くで済むのがセブンイレブンで、1枚ずつの印刷にはなりますが、印刷のみであれば1枚30円で印刷することができます。先ほどご紹介したPhotoshopを使った作り方をされた場合や、そのほかの加工ソフトなどで作成したデータのコンビニでの印刷方法は以下の通りです。

コンビニで自作証明写真を印刷する方法
  1. それぞれのコンビニが提供しているプリント予約サービスアプリをダウンロードする。
  2. プリント予約サービスアプリにデータを転送し、プリント予約番号をゲットする。
  3. コンビニの印刷機で、「プリント」や「ネットプリント」、「プリント予約サービスからの印刷」などプリント予約サービスから印刷する旨の書かれた画面をタッチして選択する。
  4. プリント予約番号を入力し、料金を投入すればプリントされる。

自作証明写真の作り方で印刷やプリントを安くする方法②自宅で印刷

自作証明写真の作り方で印刷やプリントを安くする方法2つ目は、「自宅で印刷する」という方法です。自宅で印刷すれば、自作の証明写真の撮影から印刷まですべてご自宅で完結させることができるので、効率良く作業を進めることができます。このため、自作で証明写真を作りたいけどあまり時間がないという方におすすめです。

また、印刷する用紙を自分で選ぶことができるので、画質など仕上がりにこだわりがある方にもぴったりとなっています。さらに、時間に関係なくいつでも印刷することができますし、印刷して思ったイメージと違った場合に、すぐに修正して印刷することも可能です。

証明写真を自作すれば安くで納得できる仕上がりの証明写真になる!

証明写真を自作すれば安くで納得できる仕上がりの証明写真になる!

この記事では、自作証明写真を作るために必要なものや作り方、自作証明写真を作る上で綺麗に自撮りや自分で撮影するためのポイントなどをご紹介しました。いかがだったでしょうか。ご自身でデータを作成したら、フリーソフトやサービスやアプリで加工すれば簡単に自作証明写真を作ることができます。

自作証明写真は、免許証やパスポートなど長期間に渡って本人確認用のアイテムに使う証明写真が必要な方の場合で、安くで自分が納得した仕上がりの写真を使いたいという方にはぴったりの方法です。これから証明写真が必要になるという方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。