INDEX

お茶出しの準備方法は?

お茶出しの準備方法①お茶出しの道具を準備する

お茶出しの準備方法一つ目は、お茶出し道具の準備です。お茶出しの準備をする場合、まず一番にお茶出しする道具を準備します。お客様にお茶の好みがある場合は、そのお茶の葉を準備するようにしましょう。準備する道具は下記のとおりです。

お茶出しの道具
  • 茶碗
  • 茶托
  • お盆
  • お茶の葉
  • 急須

お茶出しの準備方法②お茶を淹れる

お茶出しの準備方法二つ目は、お茶を淹れることです。お茶出しの道具を準備したら、次はお茶を淹れていきます。お湯を沸かし、急須にお茶の葉を淹れましょう。お茶はお盆の上ではなく、机の上で淹れるようにしてください。

また急須にお茶を淹れたら、十分にお茶が出るように1分は蒸らすようにしてください。もしもお客様にお茶の好みがある場合は、あらかじめ把握しその通りに淹れるようにするのがおすすめです。

お茶出しの準備方法③お茶出しする人数分均等な濃さになるように注ぐ

お茶出しの準備方法三つ目は、お茶出しする人数分均等な濃さになるように注ぐです。お茶を淹れ終わったら、次は茶碗にお湯を注いでいきます。茶碗も急須同様にお盆に乗せず注いでいくようにします。

その場合お茶の濃さが均等になるように、少しの量を順番に注いでいきます。お茶は七分目ほど入れるのが目安になります。その以上入れてしまうと、飲むときに飲みにくくなっているため注意しましょう。

お茶出しの準備方法④お盆に茶碗と茶托を別々に乗せる

お茶出しの準備方法四つ目は、お盆に茶碗と茶托を別々に乗せるということです。お盆に茶碗を乗せる時、茶托に乗せておくとお茶出しが難しくなってしまいます。そのため茶碗と茶托は別々にお盆に乗せ、お茶出しの準備を行いましょう。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナーは?

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー①部屋をノックする

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー一つ目は、部屋をノックするです。お茶出しの準備ができたら、来客を対応している部屋へ向かいします。部屋に入る場合は、必ず部屋をノックして入るようにしましょう。

もしもお盆が重すぎてノックができそうにない場合は、ワゴンなどを使い落さないようにすることがおすすめです。ワゴンを使わない場合は、できるだけしっかりと握って落とさないようにしてください。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー②会釈して入室する

会釈して入室する

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー二つ目は、会釈して入室するということです。ノックをしたら次は部屋へ入っていきます。中では会話をしている可能性もあるため、大きな声を出さず軽く会釈して入室するようにしてください。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー③机に盆を置く

机に盆を置く

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー三つ目は、机に盆を置くということです。入室したら、次は下座がわから机に近寄ります。ワゴンを使っている場合は必要ありませんが、ワゴンを使っていない場合は机の下座にお盆をおくようにしましょう。

下座は入り口から一番近い席のことです。上座一番偉い人が座っているため、上座の方にお盆を置くのは非常識のため注意が必要です。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー④茶托を先に置く

茶托を先に置く

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー四つ目は、茶托を先に置くということです。お盆を下座に置いたら、次はお茶を出していきます。まずはテーブルや机の高さに腰を落とし、茶托を置いていくようにしてください。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー⑤茶托に茶碗を置く

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー五つ目は、茶托に茶碗を置くということです。茶托を置いたら、次は茶碗を置いていきます。茶碗と茶托を一緒にして出すと、不安定でこぼしてしまう可能性があるためやってはいけません。

茶托が置かれたところに茶碗を置く場合、腰はテーブルと同じ高さにして出すと綺麗に出すことができるためおすすめです。お茶は邪魔にならないようにさっと出すようにしましょう。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー⑥一言声をかける

一言声をかける

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー六つ目は、一言声をかけるということです。お茶を出す場合、一言声をかけると礼儀正しく好印象になります。しかし会話をしている時は、その会話を遮ってしまうため無理して声をかける必要はありません。

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー⑦話し中は軽く会釈

話し中は軽く会釈

来客にお茶をお出しする際のお茶の出し方や順番・マナー七つ目は、話し中は軽く会釈するということです。無理して声をかける必要はないといいましたが、何もないのは失礼ですので最後は必ず軽く会釈するようにしてください。

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナーは?

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー①席順を把握する

席順を把握する

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー一つ目は、席順を把握するということです。会社の会議でのお茶出しの場合、下座と上座やどこに一番偉い人が座っているか程度の情報は知っておく必要があります。

そういった席順を把握しておくことで、会議で失礼なくお茶出しすることにつながります。そのためあらかじめ、会議に出席する誰かに席順を教えてもらい把握するようにしておきましょう。

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー②ノックして入室

ノックして入室

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー二つ目は、ノックして入室するということです。会議の場合重要な話や聞いてはいけない内容である場合もありますよね。

そういった場合、一度ノックで確認しなければ失礼になるため必ずノックして確認してください。中から入っていいとの声がかかってから入るようにすると、丁寧でいいと思います。

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー③下座に盆を置く

下座に盆を置く

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー三つ目は、下座に盆を置くということです。ノックして入室したら、そのまま下座に向かうようにしましょう。そうして、下座の机の上にお盆を乗せます。

お盆を乗せる場合に机の上に乗せられないほど書類が広がっている場合は、一声かけるといいかもせれません。またお盆を乗せる場合は、できるだけ会議の妨げにならないように注意しましょう。

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー⑤左後ろから出す

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー五つ目は、左後ろから出すということです。下座にお盆を置いたら次は、左後ろからお茶を出していきます。来客時と同様、茶托を先に出し茶碗を乗せるようにしましょう。

どうしても左後ろから出せない場合は、前を失礼します。と一言声をかけると親切です。左後ろから出すと、視界を遮らなくていいためおすすめになります。

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー⑥一声かける

一声かける

会社の会議でお茶出しする際のお茶の出し方や順番・マナー六つ目は、一声かけるということです。お茶を出し終わったら、最後に一声かけるようにします。しかし会議の議論が活発であったり邪魔になったりする場合は、無理に声をかける必要はありません。声をかけるかどうかは臨機応変に対応する必要があります。

来客や会議でのお茶の出し方だけではなく、お土産の渡し方のマナーも気になりますよね。こちらの記事では、お土産の渡し方のビジネスマナーについて紹介しています。ビジネスマナーを学びたいという方は、合わせてチェックしてみてください。

Small thumb shutterstock 531987787
関連記事 手土産・お土産の渡し方やタイミングは?挨拶の言葉・ビジネスマナーも

手土産・お土産を持って行ったときに渡し方やタイミングで悩んだことはあり

お茶を出し終えて退室する際のマナーは?

お茶を出し終えて退室する際のマナー①話し中は声をかけない

お茶を出し終えて退室する際のマナー一つ目は、話し中は声をかけないということです。お茶を出し終え退出する場合、できれば一言声をかけたいところです。しかし来客や会議では、会話をしている場合がほとんどですよね。

そういった場合、無理して声をかけてしまうと逆に失礼になってしまいます。そのためその場の状況を観察し、声をかけると迷惑になる場合は声をかけないようにすることもマナーの一つになります。

お茶を出し終えて退室する際のマナー②軽く会釈をして退出する

お茶を出し終えて退室する際のマナー二つ目は、軽く会釈をして退出するということです。退出時声をかける場合もそうでない場合も、最後は必ず会釈して退出するのが退出時のマナーになります。

来客者は見ていないと思うかもしれませんが、実は視界に入っている場合が多いです。そうでなくても、最後は必ず会釈をして退出するとお互い気持ちよく対応できますよね。そういった心遣いも、ビジネスマナーの一つといえます。

お茶を出し終えて退室する際のマナー③左わきにお盆を抱える

お茶を出し終えて退室する際のマナー三つ目は、左わきにお盆を抱えるということです。お茶を出し終わった後、お盆はどうしたらいいか迷ってしまいますよね。お茶を出して退出する場合、お盆は左わきに抱えることがマナーになります。

左わきにお盆を抱えることで、通行の邪魔になることなく素早く退出することができます。また扉を開ける際にドアノブもすぐに開けることができるため、必ず左わきにお盆を抱えるようにしましょう。

お茶や飲み物の出し方やビジネスマナー・作法が身につくおすすめの書籍は?

飲み物の出し方やマナー・作法が身につく書籍①ビジネスマナーの解剖図鑑

飲み物の出し方やマナー・作法が身につく書籍一つ目は、ビジネスマナーの解剖図鑑です。こちらの書籍は、お茶出しのマナーだけでなく仕事ができる人を参考にしたビジネスマナーを紹介しています。

新社会人になるとすごく困ってしまう電話対応や、ビジネス敬語といったビジネスマナーを図解で紹介しているため非常に分かりやすいです。本当に初歩の初歩から解説してくれているため、ビジネスマナーが苦手な人はぜひ合わせてチェックしてみてください。

飲み物の出し方やマナー・作法が身につく書籍②マナー以前の社会人の基本

飲み物の出し方やマナー・作法が身につく書籍二つ目は、マナー以前の社会人の基本です。こちらの書籍は、ビジネスマナーだけでなく日常生活でも困ってしまう社会人の基本的なマナーから紹介してくれている書籍になります。

お葬式やご祝儀袋の書き方など日常生活でも分からないマナーは多いですよね。そういった基本的な社会人としてのマナーから知ることができるため非常におすすめの書籍です。マナー本をまず買ってみようと持っている方におすすめになりため、ぜひ参考にしてみてください。

ビジネスマナーの中でも、特に困るのが飲み会のマナーですよね。こちらの記事では、会社の飲み会のマナーについて紹介しています。飲み会のマナーに悩んでいる方は、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

来客へのお茶の出し方やマナーを知り実際に実践しよう!

来客や会議でのお茶出しの仕方や、ビジネスマナーについての書籍を紹介しましたがいかがでしたでしょうか。お茶出しのマナーやビジネスマナーに関する書籍について知っていただけたと思います。新社会人でビジネスマナーに困っているという方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。