Large thumb shutterstock 302396483

【DIY】ワトコオイルの使い方は?塗り方や乾燥時間・仕上げ方法も

更新:2019.06.21

DIYで木材の塗装に使われているワトコオイル。プロの方も愛用しているというワトコオイルはどのような塗り方をするとキレイに仕上げることができるのでしょうか。ワトコオイルの色の種類から、乾燥時間、簡単な使い方まで詳しくご紹介していきます。ぜひ、ワトコオイルを使ったDIYにチャレンジしてみましょう!

ワトコオイルとは?

ワトコオイルの特徴①体に悪い成分が少ない油性の塗料

ワトコオイルの特徴の1つ目は体に悪い成分が少ない油性の塗料であることです。具体的には、体に悪影響を及ぼすような化学物質を含まない、亜麻仁油などの天然の素材から作られた成分でできているという特色があります。塗料が乾いて揮発しても人間の体内に有害な物質は蓄積されにくいです。

体に悪い成分が含まれている塗料は屋外に使う木材にのみ使ったりと対策が必要になります。しかしワトコオイルは天然由来の成分でできているので、家の屋内に配置するような家具にも使いやすいです。また子どもがいる家庭でもしっかりと乾かせば臭いを飛ばしやすく、日常使いするインテリアの塗装にも向いています。

ワトコオイルの特徴②簡単に綺麗な色になるのでよくDIYに使われる

ワトコオイルの特徴の2つ目は簡単に綺麗な色になるのでよくDIYに使われるということです。ワトコオイルは木材に直接染み込み、木材らしさのある見た目の風合いも活かしながらおしゃれな色味にすることができます。木の温もりを残したまま色味だけより深みを出したい方が好んで使います。

またワトコオイルを複数使って混ぜ合わせ、より自分好みの色味を作り出して使うという方もいます。気に入った模様の木材を、どんな色味にするか考えながらDIYを楽しめるので、使う時にもより愛着の湧くインテリアに仕上げやすくなる塗料です。

ワトコオイルの色見本8選

ワトコオイルの色見本①ミディアムウォルナット

ワトコオイルの色見本の1つ目に紹介するのは、ミディアムウォルナットです。ミディアムウォルナットは木材を秋を感じるような黄色がかった茶色にすることができる塗料です。温かみと親しみを感じさせるような色味なので、使っていてリラックスするような雰囲気のインテリアに仕上げやすくなります。

より家庭的なイメージを与えるインテリアを作りたい時に重宝する色味の塗料です。オレンジの照明が合うような柔らかい雰囲気の部屋に合うインテリアを加えたい方におすすめです。

ワトコオイルの色見本②ダークウォルナット

ワトコオイルの色見本の2つ目に紹介するのはダークウォルナットです。ダークウォルナットは名前が表しているようにミディアムウォルナットの明度を少し下げたような色味になっています。明るく親しみやすい印象のミディアムウォルナットの色味よりも大人っぽい余裕のある雰囲気のインテリアに近づけやすくなります。

また古民家風の味わいのある木材にしたい時にもおすすめの色味の塗料です。より濃い目の茶色で彩ったインテリアで、部屋の雰囲気を少し引き締めたいという方におすすめです。

ワトコオイルの色見本③チェリー

ワトコオイルの色見本の3つ目に紹介するのはチェリーです。チェリーを使えば赤味の強い茶色に変えていくことができるので、アメリカ風の可愛らしくおしゃれなインテリアを作りたい時に役立ちます。また、木の模様がより引き立つ色でもあるので、木の風合いを活かしながら年代物のインテリア風に仕上げることもできます。

部屋をよりレトロでおしゃれな雰囲気にするようなインテリアを作りたい時におすすめな塗料です。木材の温かみと懐かしさや可愛らしさを両立させたい方にもおすすめです。

ワトコオイルの色見本④マホガニー

ワトコオイルの色見本の4つ目に紹介するのはマホガニーです。マホガニーを塗料として使った木材の色味は、チェリーと比べた時により赤味の強い茶色になります。よりレトロで格式高い雰囲気を演出したい時に有用な塗料です。金色の金具が合うインテリアになるので、使いたい金具の色味にもこだわると良いでしょう。

またレースの装飾が合うようなガーリーな印象のインテリアにも近づけやすくなる色味でもあります。部屋の印象をより可愛く、そして格式高くするようなインテリアを作りたい時におすすめの塗料です。

ワトコオイルの色見本⑤ナチュラル

ワトコオイルの色見本の5つ目に紹介するのは、ナチュラルです。ナチュラルを使うことで名前が表しているように、木材の色味をそのまま活かしてより色に深みを持たせたような色味に変えていくことができます。油性塗料ならではのこっくりとした色の変化がより味わえる塗料でもあります。

木材のもともとの色味が気に入っている時や、大きく色を変えずにインテリアとしておしゃれに見えるようにしたい時に重宝する塗料です。飾らないシンプルな木材の美しさが活かされたインテリアで部屋の印象を柔らかくしたいという方にもおすすめな塗料です。

ワトコオイルの色見本⑥ホワイト

ワトコオイルの色見本の6つ目に紹介するのはホワイトです。ホワイトの塗料を使うことで木材の色味をより柔らかく薄めることができます。ホワイトの資料は油分が多めなためしっかりと拭き取って仕上げる必要があります。しかし、その分木材の本来の色を和らげるという他の7種類の色の塗料とは違った働きを見せてくれます。

木の模様は活かしながら、より白い部屋に合うようなインテリアにしたい時におすすめな塗料です。また自然の素材の温かみは残しながら北欧風のインテリアに仕上げたいという方にもおすすめな塗料です。

ワトコオイルの色見本⑦エボニー

ワトコオイルの色見本の7つ目に紹介するのはエボニーです。エボニーを塗料として使うことで濃い目の茶色に仕上げるだけでなく、木の模様をより黒くすることができます。男らしい印象のあるおしゃれなインテリアを作りたい時や、和風の趣のあるインテリアに仕上げたい時に重宝する塗料です。

また木の模様が黒くなることによってより木の模様がはっきりするので、もともとの木材の見た目が気に入っていた方にもおすすめな塗料です。堅い印象のインテリアを加えて部屋の雰囲気をかっこいいものに近づけたい時に使いやすいです。

ワトコオイルの色見本⑧ドリフトウッド

ワトコオイルの色見本の8つ目に紹介するのはドリフトウッドです。ドリフトウッドも木の模様がはっきりとする塗料です。エボニーに比べると茶色みがかっていて、より緑に合う色味にすることができます。植物を取り入れている部屋との親和性が高いインテリアにすることができるので、植物が好きな方にもおすすめな塗料です。

またカフェのようなテイストを加えられる塗料でもあるので、コーヒーやトーストが合うようなおしゃれな部屋にしたい方にもおすすめです。ドリフトウッドを塗料に選ぶことでよりシックで雰囲気の良い部屋に仕上げることができるでしょう。

ワトコオイルの使い方|塗る前の下準備は?

ワトコオイルの使い方|塗る前の下準備①塗りたい材料にやすりをかける

ワトコオイルを塗る前の下準備の1つ目は、塗りたい材料にやすりをかけることです。塗料でペイントしたい木材などの材料にやすりをしっかりとかけることで、より塗料を染み込みやすくして綺麗に仕上げやすくなります。木の模様の流れに合わせてやすりをかけると木の風合いを損なわずに表面をなめらかにすることができます。

木材にもともと付いている傷が深い場合は100番台のサンドペーパーを使い、特に大きな傷がなければ240番のサンドペーパーでヤスリをかけていきます。また木材によって木の蜜などが付いていることがありますが、こちらもアルコールを含んだ布などで拭き取ると良いでしょう。

ワトコオイルの使い方|塗る前の下準備②ワトコオイルをよく振る

ワトコオイルを塗る前の下準備の2つ目は、ワトコオイルをよく振ることです。しっかりと振ってから使うことで、沈殿している塗料の成分を混ぜることができます。またワトコオイルを複数混ぜて新しく自分好みの塗料を作る時にも使う塗料を振っておくと良いでしょう。より綺麗に色を混ぜやすくなります。

ワトコオイルは油性塗料なので、よく振らずに使ってしまうと油分だけが先に押し出されてしまって上手く色付けしにくくなってしまうことがあります。しっかりと発色させるためにも塗る直前に振ってから使うようにしましょう。

ワトコオイルの使い方|塗る前の下準備③壁や床に付かないように対策する

ワトコオイルを塗る前の下準備の3つ目は壁や床に付かないように対策することです。ワトコオイルは乾くまで油性塗料独特の臭いが気になるという方もいます。特に屋内で作業した時壁や床にワトコオイルが付いてしまうとなかなか臭いが取れない事態になってしまうこともあります。

また壁や床に塗料が付いたところだけ変色してしまうこともあります。塗りたい木材に塗料を塗る作業に集中するためにも、しっかりと汚れてもいいシートなどを敷いて周囲が汚れないように対策しましょう。また服装なども塗料が付いてもいいものにしておくとより万全の体制で作業に臨むことができます。

ワトコオイルの使い方|塗り方とコツは?

ワトコオイルの使い方|塗り方とコツ①油性塗料用のハケで塗る

ワトコオイルの塗り方とコツの1つ目は、油性塗料用のハケで塗ることです。塗料を塗るために使われるハケには、油性塗料に使うのに適したものもあります。油性塗料用のハケを使って塗ることでよりスムーズに作業を進めやすくなります。新しくハケを用意した時には、あらかじめハケについている汚れを取る必要があります。

ハケの持ち手部分を両方の手のひらで挟むようにして、ハケを回します。ハケの毛の部分を手で引っ張るようにしながら、ハケに付いた汚れを取り除きましょう。また100番台のサンドペーパーなどでハケの毛の先端部分を擦ると良いでしょう。新しいハケの使い方を押さえておくことで、より綺麗に塗料を塗ることができます。

ワトコオイルの使い方|塗り方とコツ②木の模様に沿って塗る

ワトコオイルの塗り方とコツの2つ目は、木の模様に沿って塗ることです。木の模様に沿うように心がけながら塗料を塗ることでハケを滑らせやすくなります。また油性塗料が木の模様に引っかかって溜まってしまうのを防ぐことができます。ハケを使って塗る方向はなるべく一定に保つようにしましょう。

より均等に着色しやすくなれば、仕上がりも変に色が濃くなっている箇所などがない、綺麗なものにすることができます。塗料を塗る前に木の模様の流れをしっかりと確認するようにするとよりスムーズに作業しやすくなります。

ワトコオイルの使い方|塗り方とコツ③塗りすぎないようにする

ワトコオイルの塗り方とコツの3つ目は塗りすぎないようにすることです。色がしっかりと付くように木材の全体に満遍なく塗料を塗るように心がけることは大切です。しかし、あまりにも過剰な塗り方をしてしまうと後で塗料を拭き取る作業をする時の手間を増やしてしまうこともあります。

また1度目の塗りで塗料を使いすぎてしまうと、2度目の塗りをした後に思っていたよりも木材の色味の仕上がりが濃くなってしまうこともあります。1度目の塗りの時は自分が近づけたい色味よりもやや薄めになるように意識してみましょう。

ワトコオイルの使い方|乾燥時間と重ね塗りのコツは?

ワトコオイルの使い方|乾燥時間と重ね塗りのコツ①30分ほど待つ

ワトコオイルの乾燥時間と重ね塗りのコツの1つ目は、まず30分ほど待つことです。ワトコオイルでの1度目の塗りが終わったら、風通しの良い所に塗料を塗った木材を立てかけて30分ほど乾燥させます。ここでしっかりと乾燥させる時間を守ることで、塗料を木材に定着させやすくなり、より綺麗な色味に近づけられます。

ワトコオイルの使い方|乾燥時間と重ね塗りのコツ②表面を拭いて1時間待つ

ワトコオイルの乾燥時間と重ね塗りのコツの2つ目は、表面を拭いて1時間待つことです。一旦表面を拭き、木材に染み込まなかったワトコオイルを取り除きます。木材を着色させる効果のない余った塗料を減らすことで、木材をより乾燥させやすくします。この時塗料を拭いた布は、しっかりと水で濡らすように注意しましょう。

油性塗料を布に含ませた状態のままごみと一緒に放置していると、ごみから出たガスなどと反応して出火する原因になることがあります。ワトコオイルを拭いた布は必ず水で濡らし、布に含まれた油分を薄める処置をしてから捨てるようにしましょう。

ワトコオイルの使い方|乾燥時間と重ね塗りのコツ③重ね塗りは薄く塗る

ワトコオイルの乾燥時間と重ね塗りのコツの3つ目は2度目の塗りは薄く塗ることです。2度目の塗りをする時は、1度目の塗りで使った塗料の1/3ほどの量に抑えるようにしましょう。ワトコオイルを塗りすぎると乾燥させるために必要な時間を伸ばしかねません。

塗料をしっかりと塗るというよりも、薄く木材の表面をコーティングするような意識で作業するとより適量を守りやすくなるでしょう。

ワトコオイルの使い方|仕上げ方法は?

ワトコオイルの使い方|仕上げ方法①乾燥しない間に耐水ペーパーで研磨する

ワトコオイルの使い方で紹介する仕上げ方法の1つ目は、乾燥しない間に耐水ペーパーで研磨するという方法です。この時に使うサンドペーパーは240番台から400番台のものを使うと良いでしょう。木材の表面の塗料が乾燥していないうちにやすりをかけることで、より表面をなめらかに仕上げやすくなります。

やすりをかける作業はワトコオイルの塗り方や使い方で紹介しているもののなかでも特に地道な作業です。しかし、やすりがけをしっかりと行うことで新品のインテリアならではのツヤ感をより際立たせ、手触りの良いインテリアに近づけることができます。インテリアの仕上がりにこだわりたい方はぜひ取り組んでみましょう。

ワトコオイルの使い方|仕上げ方法②しっかりと塗料を拭く

ワトコオイルの使い方で紹介する仕上げ方法の2つ目は、しっかりと塗料を拭くことです。塗料が木材に多めに残ったまま時間が経つとややベタベタとした仕上がりの木材になりがちです。木材に付いた塗料をしっかりと拭いて取り除けば、塗料でコーティングされた、綺麗な仕上がりの木材が出来上がります。

ワトコオイルの塗り方や使い方で紹介した作業のうち、塗料をどのぐらい丁寧に取り除けたか、ということは塗料を塗った木材をより綺麗に仕上げる上でとても大切なポイントになります。特に木材に付いた塗料を拭き終わった後に1時間経つとまた木材から塗料が染み出してくることがあるので注意しましょう。

ワトコオイルの使い方|仕上げ方法③しっかり乾燥するまで24時間ほど待つ

ワトコオイルの使い方で紹介する仕上げ方法の3つ目は、しっかり乾燥するまで24時間ほど待つことです。ワトコオイルが乾燥して木材を使えるようになるまではかなり時間がかかるので、その間にインテリアを作るために行いたい作業の工程の確認をするなどして気長に待つようにしましょう。

またワトコオイルの臭いは一週間前後経過すれば自然になくなっていくことが多いです。どうしても臭いが気になる場合は屋外で乾かす方法がおすすめです。

またワトコオイルのように木材をおしゃれな風合いに仕上げるためによく使われている油性の塗料は、オイルステインと呼ばれています。こちらの記事ではオイルステインの塗料の色や塗り方、活用例などが紹介されています。どんなインテリアを作りたいか検討したい方はぜひご覧になって、ヒントを得てみましょう。

ワトコオイルの塗り方や使い方を知って木材をおしゃれに仕上げよう

ワトコオイルの塗り方や使い方を知って木材をおしゃれに仕上げましょう。正しい塗り方や使い方を押さえておけばより長持ちしやすい綺麗な塗装ができます。自分が使いたい色味にできるワトコオイルを探してDIYなどで使う木材の見た目をよりおしゃれにして、適した使い方でお気に入りのインテリアを作りましょう。

またワトコオイル以外の塗料には、100均などで手頃に手に入るものもあります。こちらの記事では100均の塗料の説明だけでなく、実際にDIYに活用するための使い方なども紹介されています。カラフルなインテリアに仕上げたい方やひとまず安価な塗料で塗装を試してみたいという方はぜひチェックしてみましょう。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。