INDEX

人気編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP3

人気編!ポーランドの名所ランキング|3位:マルタンスキエ湖

人気編!ポーランドの名所ランキングの第3位は【マルタンスキエ湖(Malta_Lake)】です。【マルタンスキエ湖(Malta_Lake)】はポーランドの西部にある都市「ポズナン」の人気観光地です。

【マルタンスキエ湖】には湖の周りにジョギングコースやバイクロード、子供用のアトラクションなどもあり、リラックスして過ごせる観光地となります。ウォータースポーツも楽しめますよ。ポズナンには観光のためのホテルも多くありますので、安心ですね。

人気編!ポーランドの名所ランキング|2位:バルバカン

人気編!ポーランドの名所ランキングの第2位は【バルバカン(Barbakan)】です。【バルバカン(Barbakan)】とは戦争時に要塞として作られた「砦」です。ポーランドには【バルバカン】が2箇所あり、「ワルシャワ地区のバルバカン」と「クラフク旧市街のバルバカン」があります。

「ワルシャワ地区のバルバカン」は16世紀に作られましたが、第二次世界大戦にてナチス・ドイツに破壊されました。その後国民が復元したものが今見られる姿となります。「クラフク旧市街のバルバカン」は15世紀に作られ、非常に大きく迫力があります。

どちらの「バルバカン」も悲しい戦いの歴史や戦争の爪あとが残りますが、今ではとても平和な観光名所となっています。ポーランド旅行の際は訪れたい人気のスポットです。ドイツ側の歴史や観光名所も知りたいという方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 398229709
関連記事 ドイツの観光名所19選!旅行におすすめの人気スポットランキングも!

旅行の計画を立てるのは楽しいですね。ドイツは観光名所もたくさんあります

人気編!ポーランドの名所ランキング|1位:ワルシャワ王宮

人気編!ポーランドの名所ランキングの第1位は【ワルシャワ王宮(Royal_Castle)】です。【ワルシャワ王宮(Royal_Castle)】もまた、第二次世界大戦にて破壊されてしまったため、現在観光できるものは復元されたものです。

外観はレンガ色でとても美しいです。内部も観光することができます。豪華絢爛な装飾などで見ごたえがあります。宴会場や大理石の間、王座などの家具や内装の装飾はどれも豪華で美しいものばかりです。ぜひ訪れてくださいね。

建築物編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP3

建築物編!ポーランドの観光スポット|3位:文化科学宮殿

建築物編!ポーランドの観光スポットランキングの第3位は【文化科学宮殿(Palace_of_Culture_and_Science)】です。【文化科学宮殿(Palace_of_Culture_and_Science)】はワルシャワの街に高くそびえ立つシンボルタワーです。

展望台になっているため、タワーの上からは街が見渡すことができ、とても良い眺めです。歴史的に国民の中には批判的な意見も持つタワーではありますが、現在は劇場や映画館などがあり、人の集まる施設となっています。

建築物編!ポーランドの観光スポット|2位:ヴァヴェル大聖堂

建築物編!ポーランドの観光スポットランキングの第2位は【ヴァヴェル大聖堂(Wawel_Cathedral)】です。【ヴァヴェル大聖堂(Wawel_Cathedral)】はポーランド南部にある都市「クラクフ」にある大聖堂です。

非常に美しく、14世紀~18世紀頃はポーランド国王の戴冠式が行われました。ライトアップされる夕方~夜にかけては更に美しい大聖堂が見られますので、おすすめです。美しく華やかな内部も見ることができますが、写真撮影はNGとなっていますので旅行の際はご注意ください。

建築物編!ポーランドの観光スポット|1位:マルボルク城

建築物編!ポーランドの観光スポットランキングの第1位は【マルボルク城(Malbork_Castle)】です。【マルボルク城(Malbork_Castle)】は「マルボルクのドイツ騎士団の城」として1997年に世界遺産登録されている名所です。

【マルボルク城(Malbork_Castle)】は非常に広大で、東京ドーム4個ほどの大きさがあります。3つのエリアがありそれぞれ見学できますが、見どころが多いため一日かかる可能性もあります。

中でも「琥珀展」にある「小祭壇」はかなりの大きさもあり美しく、【マルボルク城(Malbork_Castle)】に訪れた際には必見です。琥珀について詳しく知りたい方は下記の記事もチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 383569219
関連記事 琥珀(アンバー)の意味や効果とは?浄化方法や偽物の見分け方を解説!

琥珀(アンバー)にはどのような意味があるのでしょうか?独特の渋い色合い

博物館編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP3

博物館編!ポーランドの名所ランキング|3位:ワルシャワ蜂起博物館

博物館編!ポーランドの名所ランキングの第3位は【ワルシャワ蜂起博物館(Warsaw_Uprising_Museum)】です。【ワルシャワ蜂起博物館(Warsaw_Uprising_Museum)】には悲しい歴史の記録が多く残されています。

第二次世界大戦で壊滅的な破壊の歴史を持つポーランドの首都、ワルシャワですが、中でもこちらの博物館では「ワルシャワ蜂起」について学べます。日本語のガイドオーディオがありますので、より深く学びたい方におすすめです。

博物館編!ポーランドの名所ランキング|2位:キュリー夫人博物館

博物館編!ポーランドの名所ランキングの第2位は【キュリー夫人博物館(Marie_Curie_Museum)】です。ワルシャワの旧市街から北に進むと、ノーベル賞を2回受賞した白衣の天使、「キュリー夫人」の博物館があります。

「キュリー夫人」の生家が博物館となっているため、一見普通のおうちのようですが、「キュリー夫人」の残した功績を知れる貴重な名所となっていますので、旅行の際にはぜひ訪れてみてください。

博物館編!ポーランドの名所ランキング|1位:ショパン博物館

博物館編!ポーランドの名所ランキングの第1位は【フレデリック・ショパン博物館(Frederik_Chopin_Museum)】です。【フレデリック・ショパン博物館(Frederik_Chopin_Museum)】はワルシャワ旧市街近くにあるので、アクセスしやすい場所にあります。

楽譜やピアノ、ショパンのお葬式の様子などが展示されておりますが、専用のカードをかざすことであらゆる場所からショパンの音楽が流れたり、ヘッドホンで音楽鑑賞をすることが出来るなど、他ではあまり無い展示の仕方となっています。

建物も美しく、音楽が好きな方はもちろん、あまりショパンについて知らない方にもおすすめできる博物館です。月曜日は定休日なのでご注意ください。日曜日は無料で見学することができます。

教会編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP3

教会編!ポーランドのおすすめスポット|3位:聖アンナ教会

教会編!ポーランドのおすすめスポットの第3位は【聖アンナ教会(St_Anne's_Church)】です。【聖アンナ教会(St_Anne's_Church)】はワルシャワの旧王宮の南側にある、柔らかいクリーム色が特徴の教会です。



内部の祭壇やシャンデリア、パイプオルガンなどが大変美しいと評判の教会です。イベントとして、バロック様式のパイプオルガンを使ったコンサートも開催されています。

教会編!ポーランドのおすすめスポット|2位:聖十字架教会

教会編!ポーランドのおすすめスポットの第2位は【聖十字架教会(Church_of_the_Holy_Cross)】です。【聖十字架教会(Church_of_the_Holy_Cross)】はポーランド南部の都市「クラクフ」の郊外通りにある、大きな教会です。

教会内の柱には、「ショパンの心臓」が安置されています。これは祖国ポーランドに帰りたかったショパンが遺書として残したことから、心臓のみ取り出され【聖十字架教会(Church_of_the_Holy_Cross)】に埋められたのです。

柱の下にはいつも花がたむけられています。美しく厳かな【聖十字架教会(Church_of_the_Holy_Cross)】の観光の際には、ぜひショパンと平和に祈りを捧げてみてください。

教会編!ポーランドのおすすめスポット|1位:聖マリア教会

教会編!ポーランドのおすすめスポットの第1位は【聖マリア教会(St.Mary's_Basilica_in_Krakow)】です。【聖マリア教会(St.Mary's_Basilica_in_Krakow)】はポーランド南部の街「クラフク」の中央部にある教会です。

外観も美しくはありますが、内部は別世界のように豪華でカラフルな教会のため、その美しさをひと目見ようと、多くの観光客が訪れる名所です。

他にはあまりない、青色で塗られた天井や細かく大胆できらびやかな装飾の数々など、迫力のある美しさで印象的です。祭壇後ろのステンドグラスは思わず息が止まるほど美しいです。ポーランドでは最も美しい教会とされています。

街編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP2

街編!ポーランドの名所ランキング|2位:ルブリン

街編!ポーランドの名所ランキングの第2位は【ルブリン(Lublin)】です。【ルブリン(Lublin)】はポーランド東部の中心街です。中世の姿をそのままに残していて、建物の姿や色が非常に可愛らしく、自然の緑も多いためおとぎの国のような雰囲気の名所です。

現在は多くの人々が行き交う美しい印象ですが、人口の約半分がユダヤ人だったことからナチス・ドイツの迫害を受けた非常に悲しい歴史を持っている街でもあります。ツアーなどではたくさんの人が殺害された「マイダネク強制収容所」なども見学できます。

街編!ポーランドの名所ランキング|1位:ワルシャワ歴史地区

街編!ポーランドの名所ランキングの第1位は【ワルシャワ歴史地区(Historic_Centre_of_Warsaw)】です。【ワルシャワ歴史地区(Historic_Centre_of_Warsaw)】は第二次世界大戦で壊滅状態に陥ったところから、見事復興した街です。

建物の復元は壊滅前の姿を忠実に再現し、塗りなおしたため新しく美しい街としてよみがえりました。とても美しい街で観光名所も多いため、旅行の際には是非立ち寄ってみてください。

施設編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP3

施設編!ポーランドの観光スポット|3位:ロトゥンダ

施設編!ポーランドの観光スポットの第3位は【ロトゥンダ】です。【ロトゥンダ】はポーランド南東部にある「ザモシチ」という都市にあります。「ザモシチ」は今では非常に美しい街として有名ですが、【ロトゥンダ】は辛く暗い歴史を持っています。

【ロトゥンダ】はナチス・ドイツがユダヤ人やポーランド人を大量虐殺した処刑場です。現在では博物館として、当時の目を覆いたくなるような現実を知れる資料などが公開されています。歴史を振り返ってから現代の美しい街を眺めると、平和への想いが高まるのを感じます。

施設編!ポーランドの観光スポット|2位:百年記念会館

施設編!ポーランドの観光スポットの第2位は【百年記念会館(Hala_Stulecia)】です。【百年記念会館(Hala_Stulecia)】は「ヴロツワフの百周年記念ホール」として世界遺産に登録されています。「ヴロツワフ」はポーランド西部にあります。

当時としては画期的であった、鉄筋コンクリートが使われた美しい歴史的建造物です。現在ではイベントやコンサートなど、人の集まる場所として使われています。

施設編!ポーランドの観光スポット|1位:オソリネウム図書館

施設編!ポーランドの観光スポットの第1位は【オソリネウム図書館(Ossolineum)】です。【オソリネウム図書館(Ossolineum)】はポーランド西部の「ヴロツワフ」にある、大変美しい図書館です。

赤と白の外観が目を引くこちらの図書館では、ポーランドの歴史を深く学ぶことができます。かつては修道院として使われていました。図書だけでなく貴重な美術品なども展示されています。

自然編|ポーランド旅行のおすすめ観光名所・スポットランキングTOP2

自然編!ポーランドの旅行スポット|2位:ワジェンキ公園

自然編!ポーランドの旅行スポットの第2位は【ワジェンキ公園(Lazienki_Krolewskie_w_Warszawie)】です。【ワジェンキ公園(Lazienki_Krolewskie_w_Warszawie)】はポーランドのワルシャワ市内の東側にある広大な公園です。

公園内にはショパン像に湖、動物園や宮殿など様々な施設が建っており、とても広いです。日曜日にはショパンコンサートが開かれています。リラックスした旅行をするのにぴったりの綺麗な公園です。

自然編!ポーランドの旅行スポット|1位:ヴィエリチカ岩塩坑

自然編!ポーランドの旅行スポットの第1位は【ヴィエリチカ岩塩坑(Wieliczka_Salt_Mine)】です。【ヴィエリチカ岩塩坑(Wieliczka_Salt_Mine)】は世界遺産に登録されている岩窟掘場です。

塩の花が咲いている洞窟内の見学ができますが、距離がありますのでツアーで行くことをおすすめします。また、運動靴で行くようにしましょう。お土産にバスソルトなどが購入できますよ。バスソルトでお肌をつるつるにしたい方は、下記の記事もチェックしてみてくださいね。

Small thub shutterstock 543302017
関連記事 バスソルトの使い方おすすめ5選!効果や量は?追い炊きはしてもいいの?

バスソルトってよく聞くけど使い方がイマイチわからない!そんなバスソルト

ポーランドの観光名所を楽しもう!

いかがでしたか?ポーランドには街並みがどこも美しく、素敵な建物や施設もたくさんあります。絵本の中のような景色の中には悲しい歴史があったことも心の片隅に置いて、名所の観光旅行を楽しんでくださいね。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。