INDEX

DIYの扉の簡単な作り方と取り付け【本棚】

本棚編|DIYの扉の簡単な作り方①取り付けする本棚のサイズを測る

簡単なDIY本棚の扉の作り方の1つ目は、取り付けする本棚のサイズを測ることです。まずは、どれくらいの大きさの扉を作ればいいかメジャーを使って正確に採寸を行いましょう。採寸した寸法は、図などに書き示して置き、設計図に生かします。

尚、本棚の内側に蝶番をつける場合には、本棚の内側のサイズを測りましょう。そして、外側に蝶番を取り付ける場合は、本棚の外寸を測りましょう。また、内側に蝶番で取り付ける場合は、本棚に取り付ける扉の厚さについても考慮しておく必要があります。大体の厚みについても把握しておきましょう。

本棚編|DIYの扉の簡単な作り方②材料を準備する

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIY本棚の扉の作り方の2つ目は、材料を準備することです。一枚板を使って扉を作る場合には、普通合板(コンパネ)を使うのがおすすめです。厚さが色々揃っているうえ、比較的度のホームセンターにも在庫があるので、手に入りやすいといったメリットがあります。

普通合板以外の材料としては、蝶番、取っ手、ペンキを準備しましょう。蝶番も色々なサイズがありますが、取り付けする本棚のサイズに応じた蝶番を用意します。ちなみに、扉の花形でもある取っ手はインターネットで購入すると、色々な種類の取っ手が揃っているうえ、個数もきちんと用意することができます。

本棚編|DIYの扉の簡単な作り方③採寸通りに板をカットする

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIY本棚の扉の作り方の3つ目は、採寸通りに板をカットすることです。カットする際は、のこぎりや電動のこぎりを使い、正確にカットしていきます。また、L型定規や水平器を使い、直角や水平であることを確認しながらカットしていきましょう。

また、合板をカットすると、バリ(断面の凸凹)が出ますので、カンナややすりを使って平らにならしましょう。また、お子さんのいるご家庭なら、扉やドアの角にエッジがあると、ぶつかった際に怪我をしますので、斜めになるようカットを入れたり、やすりで丸くしておいたりするとよいでしょう。

本棚編|DIYの扉の簡単な作り方④板に装飾を施す

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIY本棚の扉の作り方の4つ目は、板に装飾を施すことです。ペンキを塗りたい方は、この段階で塗っておきましょう。既存の本棚に合ったテイストの装飾でもいいですし、そこだけをオリジナルの扉に変えても楽しいですね。

ペンキが乾いたら、お気に入りの取っ手を取り付けます。ネジどめで取り付ける場合は、電動ドリルがあると非常に便利です。ハンドルタイプの取っ手の場合は、ネジが長すぎると板を貫通してしまいますので、長さにも十分気を付けて取り付けましょう。

本棚編|DIYの扉の簡単なつくり方⑤蝶番で取り付ける

簡単なDIY本棚の扉の作り方の5つ目は、蝶番で取り付けることです。外側に取り付ける場合には、蝶番を外側に設置して取り付けます。また内側に取り付ける際は、フラッシュ蝶番を使うと蝶番通しが重なっても蝶番1枚分の厚みしかでないので便利です。

蝶番を取り付ける際は、取っ手同様ネジ止めしていくことになりますので、電動ドリルを使ってネジ止めしていきます。ケガにきをつけながら、慎重に取り付けをしていきます。まっすぐにネジを入れないと、脇からネジがはみ出すこともあるので、ゆっくり止めていきましょう。

DIYの扉の簡単な作り方と取り付け【カラーボックス】

カラーボックス編|DIYの扉の簡単な作り方①カラーボックスの採寸をする

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIYカラーボックスの扉の作り方の1つ目は、取り付けするカラーボックスのサイズを測ることです。カラーボックスは、その商品ごとにサイズが異なります。そのため、だいたいこれくらいだろうと高をくくらずにきちんと採寸を行いましょう。

カラーボックスの扉もまた、本棚の扉と同様に、蝶番を取り付ける場所によって採寸の仕方が異なりますので、どういう感じの扉を取り付けるかしっかり考えて採寸を行いましょう。ちなみに、カラーボックスのように小型の扉の場合は、比較的リメイクがしやすいのが特徴です。100均などの材料で応用してみるのもいいですね。

カラーボックス編|DIYの扉の簡単な作り方②材料の準備をする

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIYカラーボックスの扉の作り方の2つ目は、材料を準備することです。カラーボックスの場合、合板を使って作るのもいいですが、プラスチックでできているアクリル板を使うのもおすすめです。アクリル板は、インターネットで購入するとよいでしょう。種類も豊富なうえサイズもある程度指定できます。

また、厚めのアクリル板を使う場合には、アクリル板カッターがあると便利です。尚、蝶番についても、穴をあける必要のない、アクリルタイプの蝶番を用意すると簡単に取り付けができます。取り付けに際し、専用接着剤も併せて準備しておきましょう。

カラーボックス編|DIYの扉の簡単な作り方③採寸通りに板をカットする

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIYカラーボックスの扉の作り方の3つ目は、採寸通りに板をカットすることです。合板を使う場合は、本棚のカットの仕方同様、水平、垂直に気を付けてカットし、やすりでならします。アクリル板を使う際は、カッターや専用アクリル板カッターを使ってカットし、こちらもエッジを加工しておきます。

カラーボックスの場合は、ある程度隙間ができたとしても基本的に気密性を求めるものではないので、そう難しく考えなくても大丈夫です。水平、垂直さえ気を付けていれば、隙間が多少あったとしても見た目に問題はありません。

カラーボックス編|DIYの扉の簡単な作り方④板に装飾を施す

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIYカラーボックスの扉の作り方の4つ目は、板に装飾を施すことです。合板の場合は、好きなペンキで色を塗ったり、もっと手軽に行いたいならマスキングテープ等で装飾を行いましょう。アクリル板を使う場合は、カッティングシールを使うと、素敵なデザインに仕上げることができます。

その後、合板の場合は取っ手をネジ止めしていきます。こちらも本棚同様、ハンドルタイプの取っ手はネジの長さに気を付けましょう。アクリル板の場合は、専用の接着剤を使って取っ手を取り付けます。しっかりくっつくよう、取り付け後はしっかり乾燥させましょう。

カラーボックス編|DIYの扉の簡単な作り方⑤蝶番で取り付ける

簡単なDIYカラーボックスの扉の作り方の5つ目は、蝶番で取り付けることです。合板でドアを作った場合には、ネジ止め式の蝶番を使いますので、本棚と同じ要領で新調に取り付けを行いましょう。こちらも内側に取り付けをする場合は、フラッシュ蝶番を使うと便利です。

また、アクリル板を使って扉を作っている場合には、蝶番を専用の接着剤で固定することになります。専用の接着剤を蝶番に塗り、しっかり密着させます。しっかり密着させるため、安定させてしっかり乾燥を行いましょう。

カラーボックスの扉のリメイクは?

カラーボックスの扉のリメイク方法①すのこを使う

カラーボックスの扉のリメイク方法1つ目は、すのこを使うことです。すのこをカラーボックスの扉にしたい大きさにカットし、蝶番で止めましょう。組み合わせの大きさが合わない場合は、一度解体し、丁度いい大きさに組み直してからリメイクに使うとよいでしょう。

ちなみに、次の記事では100均のすのこの色々なDIYでの使い方についてを紹介しています。お店別、サイズ別と、様々なすのこを紹介していますので、すのこを使ったDIYで素敵なインテリアづくりをしてみたい方は、こちらもぜひ参考にしてみてくださいね!

Small thumb shutterstock 578731717
関連記事 100均のすのこ9選!ダイソー・セリア別!サイズ別!棚をDIYしよう

100均のすのこはサイズは豊富で低価格です。100円で購入できるのでと

カラーボックスの扉のリメイク方法②コルクボードを使う

カラーボックスの扉のリメイク方法2つ目は、コルクボードを使うことです。リメイクとしてもよく使われる100均でも手に入るコルクボードを蝶番で止めれば、あっというリメイク間に扉の完成です。コルクボードなら、画鋲で何かを止めることもできるので、実用性もありとてもおすすめです。

また、次の記事では100均のコルクボードについても紹介しています。材料はなるべく安く揃えたいという方はぜひ、次の記事で紹介しているコルクボードについてチェックしてみてくださいね!また、併せてコルクボードのアレンジ方法についても一読してみましょう。

Small thumb shutterstock 534191419
関連記事 100均のコルクボード7選!ダイソー・セリア別!種類やサイズも

100均のコルクボードは種類やサイズも多く、使い勝手もいいのでとても人

カラーボックスの扉のリメイク方法③チキンネットやワイヤーネットを使う

カラーボックスの扉のリメイク方法3つ目は、チキンネットやワイヤーネットを使うことです。こちらもリメイク目的でよく100均で販売されているワイヤーネットに、バンドなどを使って金具を固定し、カラーボックスに取り付けましょう。ワイヤーネットにお気に入りの布を張っても素敵な扉になります。

DIYの扉の簡単な作り方と取り付け【テレビ台】

テレビ台編|DIYの扉の簡単な作り方①テレビ台の採寸をする

簡単なDIYテレビ台の扉の作り方の1つ目は、取り付けするテレビ台のサイズを測ることです。ここでは、蝶番を上部に取り付けて開閉するタイプの扉を参考にしていきます。採寸は取り付けるテレビ台の仕様にもよりますが、蝶番を上部の外側に取り付ける場合には、外寸を測りましょう。

尚、取り付けができるテレビ台かどうかもあわせて見ておきましょう。例えば、シアター付きのテレビ台などの場合には、中に配線等が張り巡らされていることから、無理やり穴をあけると破損や故障を引き起こしかねません。素材や、内部の構造についてもきちんと把握しておきましょう。

テレビ台編|DIYの扉の簡単な作り方②材料を準備する

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIYテレビ台の扉の作り方の2つ目は、材料を準備することです。テレビ台の扉には色々なものがありますが、一番簡単なのは合板をまるごと1枚使う方法です。大きめの厚みのある合板を用意しましょう。また、蝶番は大きな扉を開けるのに役立つフリーストップ機能がついたトルクヒンジが便利です。

フリーストップ機能付きのトルクヒンジなら、軽い力でも扉の開閉がスムーズにできるうえ、好きな角度で開閉を止めて置けます。このトルクヒンジを扉の上部に取り付ければ、DVDレコーダーなどの操作がしやすい環境を作ることができます。

テレビ台編|DIYの扉の簡単な作り方③採寸通りに板をカットする

簡単なDIYカラーボックスの扉の作り方の3つ目は、採寸通りに板をカットすることです。テレビ台では、大きめの一枚板を使いますので、もしお店でカットが可能なら、採寸通りにカットしてもらう方がとても簡単で時短にもつながります。

自分でカットする場合には、ケガに気を付けてカットしましょう。L字型定規と水平器を使いながら、正しい大きさにカットしていきましょう。

テレビ台編|DIYの扉の簡単な作り方④板に装飾を施す

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIYテレビ台の扉の作り方の4つ目は、板に装飾を施すことです。今回は一枚板を活かして作る扉ですので、オイルステインなどを使って木目の美しさを強調させるデザインもおすすめです。また、モール材を使えば、さらに雰囲気を出すことも可能です。

取っ手は、上部に蝶番を取り付けて開閉させますので、下部の中央部に取り付けます。テレビ台が大きい場合には、ハンドルタイプの取っ手をつけると持ち上げる際も安定して開閉することができます。大きい板は重みもあるので、怪我に気を付けて取り付けしましょう。

テレビ台編|DIYの扉の簡単な作り方⑤トルクヒンジで取り付ける

簡単なDIYテレビ台の扉の作り方の5つ目は、トルクヒンジで取り付けることです。トルクヒンジも、基本的には他で使っている蝶番と同じです。トルクヒンジの場合、色々な種類がありますが、基本的にはネジ止めすることになります。

扉となる板をテレビ台の上部に合わせて固定するため、誰かに手伝ってもらい、板を押さえてもらう必要があります。しっかり押さえてもらっている間に、電動ドリルを使ってトルクヒンジでテレビ台と扉となる板を固定していきましょう。

DIYの扉の簡単な作り方と取り付け【室内ドア】

室内ドア編|DIYの扉の簡単な作り方①ドアの大きさを採寸する

簡単なDIY室内ドアの作り方の1つ目は、取り付けするドアのサイズを測ることです。まずは、どれくらいの大きさのドアを作ればいいか、入り口の大きさの採寸を行いましょう。ちなみに、採寸にあたり引き戸をドアに変える際は、既存の扉のサイズを測ったのでは大きさが異なることがあります。

引き戸の場合、上部部分を埋め込むことを想定しているため、サイズがやや大きくなります。引き戸からドアにDIYやセルフリフォームする際には、入り口の大きさで採寸するようにしましょう。また、引き戸とのレールが残っている場合には、レールをはがしてから採寸を行いましょう。

室内ドア編|DIYの扉の簡単な作り方②材料を準備する

簡単なDIY室内ドアの作り方の2つ目は、材料を準備することです。室内ドアの場合、ある程度厚みがないと、気密性を保つことができません。建材・エクステリア用の厚みのある合板を用意するか、元々あった引き戸や古いドアをリメイクして作るのがおすすめです。

また、室内ドアのような厚みのある板は、自分で切るとなるとかなりの量力を使います。きちんとした設備で材料を加工しなければなりません。設備がない方は、工務店等で加工してもらい、作業は取っ手などの取り付けに専念することも大切です。自分のできる範囲で行いましょう。

室内ドア編|DIYの扉の簡単な作り方③板に装飾を施す

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIY室内ドアの作り方の3つ目は、板に装飾を施すことです。ある程度板を加工してもらったら、あとは自分で板に装飾を施していきましょう。部屋の内装に合わせたテイストにペイントしていってもいいですし、インパクトのあるデザイン性豊かなドアに仕上げてもいいですね。

モール剤を使えば、より雰囲気のあるゴージャスな扉を作ることも可能です。自分好みのドアになるよう、色々な装飾を施しましょう。また、取っ手をつける場合は表裏どちらにも取り付けをしなければいけないので、ネジ止めで固定していきましょう。

室内ドア編|DIYの扉の簡単な作り方④蝶番で取り付ける

簡単なDIY室内ドアの作り方の4つ目は、蝶番で取り付けることです。ドアと入口の壁の部分に蝶番を取りつけます。フラッシュ蝶番を使うと、重なり部分が薄く済むのでおすすめではありますが、それでも多少の厚さがでるため、ひと手間加えることができるならば、蝶番の厚みの厚み分の板を削っておくとよりよいでしょう。

また、今後ドアのメンテナンスを今後も行いたいという方は、抜き差し蝶番という蝶番を使うのもおすすめです。抜き差し蝶番は、ネジ止めで固定してあっても、ドアを持ち上げると簡単に外すことのできる便利な代物です。

DIYの扉の簡単な作り方と取り付け【倉庫】

倉庫編|DIYの扉の作り方①倉庫の入り口の大きさを測る

簡単なDIY倉庫の扉の作り方の1つ目は、取り付けする倉庫のサイズを測ることです。倉庫もまた、容量は室内ドアと同じ要領で行うことができます。入口の大きさをメジャーで測り、きちんとメモを残しておきましょう。

倉庫の扉は、屋外に取り付けるものですので、隙間があると風雨が入りやすくなります。正確に大きさを測り、できれば設計図を作っておくようにしましょう。ちなみに、倉庫の扉に鍵を取り付けたいという場合には、厚さについても考慮しておく必要があります。あらかじめ想定しておきましょう。

倉庫編|DIYの扉の作り方②材料を準備する

簡単なDIY倉庫の扉の作り方の2つ目は、材料を準備することです。倉庫の扉もまた、室内ドアと同様で、厚みのある建材・エクステリア用の厚みのある合板が必要です。自分で用意するのもいいですが、加工するのに自信がない場合には、工務店、業者等にカットまでを依頼しておきましょう。

ちなみに、倉庫の扉に鍵を取り付けることを検討中の方は、どういった鍵を取り付けるかによって厚みも異なってきます。埋め込み式の鍵ならば、鍵の厚さも考えて合板も用意しなければいけません。鍵、取っ手、ペンキ等の材料をきちんと考えて用意しましょう。

倉庫編|DIYの扉の作り方③板に装飾を施す

Amazonで商品の詳細を見る

簡単なDIY倉庫の扉の作り方の3つ目は、板に装飾を施すことです。倉庫の扉の装飾は、室内ドアの装飾と同じ要領で行います。ただし、鍵の設置をする場合には、この間に鍵を設置する位置関係を把握しておきましょう。

取っ手と鍵が干渉しあわないよう、に気を付け、先に取っ手を取り付けておきます。ちなみに、倉庫用の扉は、屋外設置の場合には風雨にさらされることも想定し、ペンキは屋外用の防水タイプのものを塗るのがおすすめです。

倉庫編|DIYの扉の作り方④蝶番で取り付ける

簡単なDIY倉庫の扉の作り方の4つ目は、蝶番で取り付けることです。こちらも全く室内ドアと同様の要領で取り付けを行いましょう。蝶番はフラッシュ蝶番を使う場合は、こちらも同様に蝶番分の板を削って使いましょう。

尚、倉庫の扉の場合は防犯上抜き差し蝶番を使うのはあまりおすすめできません。鍵をつけていたとしても、できるだけ蝶番は固定しておいた方がよいので、この場合は通常の蝶番やフラッシュ蝶番で対応するようにしましょう。

DIYでオリジナリティあふれる扉を作ろう!

いかがでしたか?扉の作り方は意外と簡単だということがわかっていただけたことでしょう。合板をメインに使った方法を紹介しましたが、リメイクもしやすいため色々な素材で扉を作ることが可能です。みなさんもぜひ、オリジナリティあふれる素敵な扉作りにチャレンジしてみてくださいね!

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。