Large thumb shutterstock 219905725

ひつまぶしの食べ方|薬味や出汁の美味しいレシピや作り方は?

更新:2019.06.21

ひつまぶしにさらにおいしい食べ方と作り方、レシピをご紹介します。ひつまぶしとは、うなぎ料理の一つで、ご飯に細かく切ったうなぎを乗せ、おひつに入れた料理です。薬味を乗せたり、お出汁をかけてお茶漬けにしたりと、いくつもの食べ方を楽しめる料理です。ぜひひつまぶしをさらにお楽しみください。

ひつまぶしとは?

ひつまぶしとはおひつに入れたうなぎ料理

ひつまぶしとは、おひつにもったご飯の上に、細かめに切ったうなぎの蒲焼を乗せた(まぶした)うなぎ料理の一つです。発祥には諸説あり、うなぎの出前の際、器が割れないように木製のおひつに入れ、別の器に取り分けていた食べていた説、固いうなぎを細かく切っておひつのご飯に混ぜた賄いだった説などがあります。

ひつまぶしが食べられるお店は、そこそこ高級店だったり、老舗だったりと、少し敷居が高いと思うかもしれません。また、食べ方がわからなくて心配、そんな風に思ってしまうかもしれません。ひつまぶしは、ささっと食べるファーストフードではありませんが、お値段の分、ゆっくりじっくり味わえるメニューです。

ひつまぶしは、格式の高いお店もありますが、カジュアルに入れるお店もありますので、心配な場合は、事前にお店について調べておくと良いでしょう。また、大体のお店では、忙しい・混んでいる場合などを除き、わからないことは聞けばちゃんと教えてもらえますので、安心しておいしいひつまぶしを食べに行きましょう。

名古屋めしの一つでもあるひつまぶし

View this post on Instagram

❤︎ふわふわ鰻に舌鼓❤︎
. フワッフワの身にパリッとした皮が特徴のうな幸のひつまぶし みんなに愛される特製ダレも1度は味わってみたい一品です💕 .
写真提供 : @happy_eat_ai さん
素敵なお写真をありがとうございました♡
.
[うな幸]
住所:愛知県長久手市前熊溝下80-6 電話番号:0561-61-1888 営業時間:11:00~14:00,17:00~20:00 予算:¥3,000~3,999 アクセス:東部丘陵線 芸大通駅から徒歩18分 シチュエーション:ランチやディナーに❤︎ .
あなたが撮影したベストグルメpicに
「#aumoグルメ」を付けて教えて下さいっ☺︎
あなたの投稿が紹介されるかも♪
.
aumoアプリは毎日配信!おでかけや最新グルメなどaumo読者が気になる情報が満載♡
ダウンロードはプロフィールのURLから✔︎ (iPhone&Android版) .
. #鰻 #ひつまぶし
#aumo#愛知ごはん#愛知ディナー #美食日記#夕飯記録#食べるのもったいない#食べきれない#デブ活🐷#gourmets#ランチ部#グルメ女子#グルメな人と繋がりたい#グルメ部#グルメ旅#たべすたぐらむ#グルメ好きな人と繋がりたい#おいしいよ#食べもの好きな人と繋がりたい#食べまくり#ごはん記録#美味しいご飯#グルメ女子#グルメ部#グルメ#ランチ🍴#🍚#ごはん記録

A post shared by aumoグルメ〈公式〉 (@aumo_gourmet) on

ひつまぶしは、名古屋の名物「名古屋めし」の一つでもあります。名古屋めしとは、名古屋の名物料理の総称で、ひつまぶしの他は、味噌煮込みうどんや手羽先、イタリアンスパゲティー、台湾ラーメン、小倉トーストなど、多くのおいしい料理があります。

ひつまぶしは、数多くある名古屋めしの中でも、高級な部類のグルメです。お値段は安いお店で2,000円くらいから、高いお店だと5,000円以上のものもあります。また、名古屋の人気店では、数時間並ぶこともありますので、行きたいお店が決まっている場合は、事前に予約をしていくと良いでしょう。

名古屋めしであるひつまぶしのお店は、老舗の高級店から比較的リーズナブルなお店まで、たくさんあります。名古屋のひつまぶしといっても、お店によって味も特徴も様々ですので、行く前にはこちらの記事もチェックしてみてください。ぜひ、一番お気に入りのひつまぶしのお店を見つけてください。

ひつまぶしのおいしい食べ方の準備|綺麗に切り分けるポイントは?

ひつまぶしのおいしい食べ方の準備|4杯分に分ける

ひつまぶしのおいしい食べ方の準備は、まずひつまぶしを4等分することです。ひつまぶしは、3種類の違う食べ方をすることができますので、3等分でもいいのですが、分けやすいように、そして最後に好きな食べ方で食べられるように、4等分しておくと良いでしょう。

ひつまぶしを分ける際は、付いてくるしゃもじを使って、思い切ってざっくりと分けましょう。うなぎも一緒に切ってしまうイメージで、ガッと切るようにしゃもじを入れると、一番きれいに分けることができます。

お店によっては、ご飯の中にもうなぎが入っていたり、ご飯の中にもうなぎの層があったりと様々ですので、うなぎのことは気にせずにしゃもじを入れてしまいましょう。上からざっくり分けることで、うなぎとご飯をバランスよく分けることができます。

ひつまぶしのおいしい食べ方の準備|分け方のポイント

ひつまぶしのおいしい食べ方の準備、分け方のポイントは、うなぎは気にせず、思い切ってしゃもじを差し込むことです。ひつまぶしのうなぎは、細めに切ってあること、またうなぎは柔らかいことから、しゃもじを思い切ってざっくりと差し込んで、しっかりとご飯まで全部を分けてしまいましょう。

ひつまぶしは大体4杯ほどに分けて食べると、ちょうどおいしくいただけますので、4等分しますが、お好みで、もっと細かく分けたり、分けずに食べても問題はありません。ただし、最初にしっかりと分けておいた方が、最後までご飯とうなぎをバランスよく食べることができますので、おすすめです。

ひつまぶしの1杯目のおいしい食べ方

ひつまぶしの1杯目のおいしい食べ方|そのまま食べる

ひつまぶしの1杯目のおいしい食べ方は、まずはそのまま食べます。4等分したひつまぶしを、お茶碗によそい、薬味等は使わずにそのままいただきます。そのままの食べ方は、うなぎとご飯の味を一番味わえる食べ方ですので、最初はまず、何もかけずにそのままいただきましょう。

うなぎは、小骨や皮が苦手という方もいらっしゃいますが、ひつまぶしのうなぎは、蒲焼やうな重、うな丼などのうなぎより、小さく切られていることが多いので、小骨や皮が苦手という人にも食べやすくなっています。

うなぎの甘辛のたれに、こんがりと焼いたひつまぶしならではの焼き方のうなぎがぴったりと合い、ご飯がどんどん進むことでしょう。ひつまぶしのお店の特製の味を思いっきり堪能しましょう。

ひつまぶしの1杯目のおいしい食べ方|食べ方のポイント

ひつまぶしに1杯目は、まずは、そのままのうなぎとご飯のおいしさを味わいましょう。うなぎは、お店によって焼き方が違いますし、たれもお店によってまったく違いますので、しっかりと味わいましょう。ご飯の種類や炊き方なども、細かいところにまでたくさんの気配りがされていますので、ご飯もしっかり味わいましょう。

ひつまぶしに使われるうなぎは、お店によって異なりますが、蒸さずに焼く調理法で作られることが多く、こんがりと焼かれた香ばしいうなぎを楽しむことができます。小さく切ってあるからこそ味わえる味を楽しむと良いでしょう。

最初におひつのひつまぶしを4等分しているときは、お茶碗4杯分もあって、もしかしたら食べきれないと思う方もいるかもしれませんが、1杯目を食べた段階で、全部食べられるとわかってしまうかもしれません。もし、最初から食べきれなさそうであれば、少なめによそって、様子を見ながら食べていくと良いでしょう。

ひつまぶしの2杯目のおいしい食べ方

ひつまぶしの2杯目のおいしい食べ方|薬味を乗せて

ひつまぶしの2杯目のおいしい食べ方は、薬味を乗せて食べます。4等分したひつまぶしを、再びお茶碗によそい、ねぎやわさび、大葉、山椒、のりなどの薬味を乗せていただきます。薬味を乗せることで、味わいが全く変わります。

ひつまぶしについてくる薬味は、量も種類もお店によって様々です。お好みの薬味を、お好みの量だけ使って、おいしく食べましょう。もし薬味を食べ切ってしまった場合は、追加をお願いすると、だいたい追加してもらえますので、なくなったらお店の方に声をかけてみましょう。

薬味は、追加してもらえることがほとんどですが、お店によっては追加がない、薬味の種類によっては追加がない場合がないわけではないので、気に入った薬味があったら、食べ切ってしまう前に、お店の人に追加が可能かを確認しておいた方が良いでしょう。可能なことを確認して、安心していただきましょう。

ひつまぶしの2杯目のおいしい食べ方|食べ方のポイント

ひつまぶし2杯目は、薬味をかけますが、すべてをかけなくてはいけないわけではありません。ただし、お店で「使うとおいしい」として揃えられている薬味ですので、全部使ってみると、新しい味が楽しめますので、使ってみると良いでしょう。

ひつまぶしに薬味を乗せると、1杯目とはまた味が変わって、どんどんお箸が進んでしまうことでしょう。定番のねぎはもちろんのこと、大葉とわさびは、ぜひ乗せて味わっていただきたい薬味です。うなぎの重厚な味が、爽やかな大葉とわさびの味で、ますますおいしくなります。

お店によって、提供されている薬味は違っていますが、どこもそのお店のひつまぶしに一番合う薬味が厳選されていますので、ぜひそのお店ならではの味を堪能しましょう。

ひつまぶしの3杯目のおいしい食べ方

ひつまぶしの3杯目のおいしい食べ方|お出汁をかけてお茶漬けに

ひつまぶしの3杯目のおいしい食べ方は、お出汁をかけてお茶漬けにして食べます。再びお茶碗にひつまぶしをよそいます。お好みで薬味を乗せたら、そこにお出汁をかけていただきます。今までの2杯とは、またまったく違ったひつまぶしの味を楽しむことができるでしょう。

お出汁は、最初からついてくるお店もあれば、後で出してくれるお店もあります。後者の場合は、欲しいと思ったタイミングでお願いすると良いでしょう。お出汁はたっぷりかけてもいいですし、少しずつ、何度かに分けてかけてもいいでしょう。お出汁の量によって、味の濃さが変わりますので、お好みの量を探してみましょう。

ひつまぶしの3杯目のおいしい食べ方|食べ方のポイント

ひつまぶし3杯目は、ひつまぶしの醍醐味とも言えるかもしれない食べ方ですが、うなぎにお出汁をかけて食べる食べ方は、「うな茶」という別のメニューとして用意してあるほど人気のメニューでもあります。濃い味のうなぎに、あっさりとしたお出汁をかけることで、薄味が好みの人にも好まれる味になるでしょう。

お出汁をかけたひつまぶしは、濃厚なうなぎのたれが、さっぱりとしたお出汁で薄められますので、うなぎは1杯目2杯目に比べると、さっぱりとした味になります。さらに、うなぎのたれとうなぎの旨味がお出汁に溶け出しますので、お出汁もおいしくいただけますので、しっかりと飲み干しましょう。

ひつまぶしの最後のおいしい食べ方

ひつまぶしの最後のおいしい食べ方|お好きな食べ方で

ひつまぶしの最後のおいしい食べ方は、お好きな食べ方で食べます。最後の1杯は、今まで食べてきた、そのまま、薬味を乗せて、お出汁をかけて、お好きなものを選んで食べましょう。もちろん、そのまま食べた後、薬味を乗せて食べて、最後にお出汁をかけるなど、全部をもう一度味わってもいいでしょう。

ひつまぶしは、お店の特製の作り方やレシピで作られているたれ、お店独特のうなぎの焼き方、ご飯の炊き方など、こだわりの集まったメニューです。最後の一杯は、ぜひ、お店のすべてのおいしさを堪能するつもりで、味わってください。

ひつまぶしの最後のおいしい食べ方|食べ方のポイント

ひつまぶしは、3杯分の楽しみ方がありますが、4杯分に分ける理由は、最後に、気に入った食べ方でもう一度食べられるようにです。気に入った食べ方で、おいしくいただきましょう。どの食べ方もおいしいので、迷ってしまうかもしれませんが、まだ残り1杯ありますので、目一杯おいしくいただきましょう。

ひつまぶしには、お吸い物やう巻きがついてくる場合もありますが、お好きなタイミングで、おいしくいただきましょう。ひつまぶしは、最後の一口まで、おいしく食べさせてくれるでしょう。

おいしいひつまぶしの作り方やレシピは?

おいしいひつまぶしの作り方・レシピ①簡単ひつまぶしの作り方

おいしいひつまぶしの作り方・レシピ1つ目は、簡単ひつまぶしの作り方です。すべてを手作りにしようとすると、非常に難しいひつまぶしの作り方ですが、スーパーなどでうなぎの蒲焼とうなぎのたれを買ってくることで、簡単なレシピでひつまぶし風のメニューをご自宅で楽しむことができます。

ご自宅でひつまぶしを楽しむ場合は、お好きな食べ方でお好きなように食べられるのが魅力です。好きな薬味をいつもよりたくさん入れたり、最初からお出汁をかけてお茶漬けにしたり、ご自宅ならではのレシピと楽しみ方で、お好きなようにいただきましょう。

ご自宅でのおいしいひつまぶしの作り方のポイントは、たれの量をご自身の好みに合わせることです。濃いめの味が好きなら多めに、薄味が好きなら少なめになど、ご自身いぴったりのレシピを作っておくと良いでしょう。

簡単ひつまぶしの作り方

  1. うなぎの蒲焼を1cm〜2cm幅に切ります。
  2. フライパンに切ったうなぎを入れ、酒を少し振り入れます。
  3. フライパンにフタをして、弱火で蒸し焼きにします。
  4. うなぎがしっかり温まったら、少し強火にして、お好みで表面を少しカリッとさせます。
  5. おひつ、またはどんぶりなど少し大きめの器に、お茶碗軽く4杯分のご飯を入れます。
  6. *ご飯の量は調整しましょう。
  7. おひつ、またはどんぶりに入れたご飯に、うなぎのたれをまわしかけます。
  8. 切ったうなぎの半量を、ご飯に混ぜます。
  9. うなぎを混ぜたご飯の上に、切ったうなぎの残りをきれいに並べます。
  10. うなぎの上から、お好みでさらにたれをかけます。
  11. ねぎは小口切り、大葉を千切りにして用意します。
  12. わさび、刻み海苔など、さらにお好みの薬味も準備します。
  13. お出汁を用意します。
  14. 全部ができあがったら、食べる準備は完了です。
  15. 食べる分だけお茶碗によそいます。
  16. お好みの食べ方で食べましょう。

おいしいひつまぶしの作り方・レシピ②ひつまぶし用お出汁の作り方

おいしいひつまぶしの作り方・レシピ2つ目は、ひつまぶし用お出汁の作り方です。ひつまぶしに欠かせないお出汁は、お茶などを使うこともできますが、一工夫した作り方・レシピを使うことで、ご自宅でもよりおいしく、本格的なひつまぶしをいただくことができます。

ひつまぶしに使うお出汁は、市販のだし汁やお吸い物の素でも代用することができます。しかし、ご自宅で取ったお出汁で食べるひつまぶしは格別ですので、お時間があるときは一度作ってみるのがおすすめです。お出汁の作り方は、そんなに難しいものではありませんが、他の料理でも使えますので、覚えておくと良いレシピです。

ひつまぶし用お出汁の作り方

  1. 水に昆布を入れ、しばらくおきます。
  2. 昆布の出汁が取れたら、そのまま中火にかけます。
  3. 水が沸騰する直前に、昆布を取り出します。
  4. 水の沸騰直前に、花かつおをたっぷり入れて火を止めます。
  5. 絞らないように注意しながら、ゆっくりと出汁をこします。
  6. 醤油と塩で味を整えます。
  7. *醤油と塩は、水1,000mlに対して、小さじ1杯ずつ程度ですので、水の量によって調整しましょう。
  8. お出汁を器に注いだら、できあがりです。

ひつまぶしの食べ方を知ってより一層おいしくいただきましょう

ひつまぶしは、なかなかの高級なメニューですので、ささっと食べてしまうのではなく、じっくりゆっくり食べられるように作られています。1杯目から4杯目まで、食べ方の順番はありますが、これはおすすめの食べ方であって、食べ方のルールではありません。自分の好きな食べ方で、おいしくいただきましょう。

そのお店で最初に食べる際は、お店おすすめの食べ方をするのがおすすめです。お店のおすすめは、そのお店で最もおいしい食べ方が紹介されているはずです。お店に書いてあるものなどをチェックしてみたり、お店の人に聞いてみたりすると良いでしょう。ちょっとリッチなひつまぶしで、優雅な食事時間を過ごしましょう。

ひつまぶしは、有名な名古屋めしですが、名古屋の名物といえば、喫茶店などで朝からいただける「モーニング」も外せません。早朝から楽しめたり、お店によっては夕方まで楽しめたり、出てくるメニューも多彩で、お楽しみが満載です。名古屋に行った際は、こちらの記事も参考に、ぜひモーニングも楽しんでください。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。