INDEX

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方①まち針で固定する

手縫い

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方の1つ目は「まち針で固定する」です。バイアステープ片面を広げた状態で、縁に沿って中表の状態でまち針で留めます。真っすぐつける場合でも必ずまち針でバイアステープを固定してから縫い始めましょう。キレイにつけるためには遠回りも必要です。

次に、ミシンや手縫いで塗っていきますが、まち針を刺した状態で縫い始めるのが刺さりようで怖いという方や、ミシンを途中で止めてまち針を度々抜くのは面倒くさいという方は、もう一つ手間をかけて、しつけ縫いをしてまち針を抜いてから縫い始めるといいでしょう。

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方②縁と同じ幅で真っすぐ縫う

ミシン

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方の2つ目は「縁と同じ幅で真っすぐ縫う」です。バイアステープについている折り目に沿って真っすぐ縫ってください。まち針やしつけがしてあればずれることはないかと思いますが、縁と同じ幅で縫うのがコツです。バイアステープをかぶせたときに、キレイに仕上がります。

手縫いでもミシンでも、両端は必ず返し縫いをしましょう。直線縫いは簡単ですが、バイアステープの縁をキレイにつけるために一番重要な部分ですので、丁寧に縫ってくださいね。手縫いでの縫い方、ミシンの使い方から学びたいという方は、以下の記事をまずご覧ください。

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方③縁取るようにアイロン

手縫いの道具

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方の3つ目は「縁取るようにアイロンをかける」です。バイアステープを先程の縫い目で返して、布端をくるむようにアイロンを使って折ります。そして表と同じように裏側も端を折りこんだ状態でアイロンをかけてください。手縫いでバイアステープを付ける場合は裏表同じ幅です。

ミシンで縫う場合、裏のバイアステープは表のものより1ミリ~2ミリ長くとると、「落としミシン」を行って、表に縫い目が響かないように縫うことが出来ます。表と裏のバイアステープの幅が同じだった場合は、「端ミシン」になります。詳しくは、この後ご紹介する「バイアステープのミシンの縫い方は?」をご覧ください。

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方④裏側を縫う

縫物する女性

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方の4つ目は「裏側を縫う」です。表側は②でぬった直線縫いで固定されているので、手縫いの場合は裏側をなるべく縫い目が見えない縫い方で塗っていきます。詳しくはこの後ご紹介する「手縫いのバイアステープの使い方は?」をご覧ください。

ミシンでバイアステープを付けていく場合は、③でアイロンをかける時のバイヤステープの裏表の幅によって縫い方が異なります。以下のバイアステープの付け方の動画を参考にして、まずは練習してみてください。

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方⑤ふちどり角の付け方

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方の5つ目は「ふちどり角の付け方」です。真っすぐバイアステープを付ける場合は先保護の紹介通りでOKですが、写真のように90度にふちどりしたい場合は最初に、端を折っておく必要があります。この時角を45度でカットしてから折りこみます。

角まで直線縫いをしたら、45度で折って角に沿うようにテープを折り返すと額縁のようにきれいに直角にバイアステープを施せます。しつけ縫いの時点で行っておくと縫うのが楽ですよ。反対側に折りこむときも折った部分をしつけ縫いしましょう。詳しい縫い方は、以下の動画をご覧ください。

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方⑥ふちどりカーブの付け方

バイアステープの手縫いの簡単な縫い方や付け方の6つ目は「ふちどりカーブの付け方」です。バイアスは英語で伸びるという意味ですので、カーブを付ける時にはこの記事の伸びを利用します。引っ張りながらカーブにバイアステープを付けていきますが、なるべく細かくまち針を打っていきましょう。

あとは、直線のふちどりと同じ手順ですが、カーブをキレイに仕上げるために、折り返した後もバイアステープを引っ張りながらまち針やしつけ縫いを細かく行い、ゆがみやよれが出ないように縫っていきましょう。詳しいカーブの付け方は、以下の動画をご覧ください。

バイアステープのミシンの縫い方は?

バイアステープのミシンの縫い方①落としミシン

バイアステープのミシンの縫い方の1つ目は「落としミシン」です。バイヤステープの裏側が表側よりも1ミリ以上長い場合は、この落としミシンがおすすめです。落としミシンは裏側だけが抑えるように縫われて、表側に縫い目が見えない縫い方なので、見た目がとてもキレイに仕上がります。

写真のように、表からバイヤステープの際を塗っていきます。生地と同じ色の糸を使用してください。詳しい落としミシンの方法は、以下の動画をご覧ください。

バイアステープのミシンの縫い方②端ミシン

処理した糸

バイアステープのミシンの縫い方の2つ目は「端ミシン」です。バイヤステープの裏側の幅が表の幅と比べて同じくらい、1ミリ以下だった場合は、この端ミシンがおすすめです。こちらも表側から塗っていきます。売屋テープの足を塗っていきましょう。この場合、糸はバイヤステープの色に合わせてください。

また、糸をバイヤステープと全く違う色にして、デザインの一部にしてしまうのもおしゃれですね!詳しい端ミシンの縫い方は、以下の動画をご覧ください。

手縫いのバイアステープの使い方は?

手縫いのバイアステープの使い方①コの字縫い

手縫いのバイアステープの使い方の1つ目は「コの字縫い」です。バイヤステープの端同士をつないで輪にしたい時や、バイヤステープをはぎ合わせたい時に便利な、縫い目が見えない縫い方です。その名の通り、カタカナのコの字のような縫い目になります。コの字縫いの詳しい縫い方は、以下の動画をご覧ください。

手縫いのバイアステープの使い方②まつり縫い

手縫いのバイアステープの使い方の2つ目は「まつり縫い」です。バイヤステープの縁を拾いながら、斜めにくの字になるように縫い進める方法です。生地側を縫うときにあまり多くすくわないように意識すれば、表にあまり響かないで縫うことが出来ます。ですので、表も確認しながら塗っていくようにしましょう。

このまつり縫いは、バイアステープを付ける時だけでなく、スカートやズボンの裾上げや、縫物の端の処理などでも活躍してくれる縫い方になります。以下の動画を見ながらぜひ覚えてください。

手縫いのバイアステープの使い方③たてまつり縫い

手縫いのバイアステープの使い方の3つ目は「たてまつり縫い」です。まつり縫いと同じ縫い方ですが、くの字で縫い進まずに写真のように見える縫い目が縦なのが特徴です。針で生地をすくうときに、折り目裏側をすくうように意識すれば、表に縫い目が響かずに縫うことが出来ます。以下の動画を見ながらチャレンジして下さい。

バイアステープでキレイにふちどりしよう!

いかがでしたでしょうか。バイヤステープでふちどりをすると、見た目のキレイさだけでなく補強にもなりますので、ぜひお裁縫の仕上げに行ってみてください。バイアステープの付け方を覚えて、様々なハンドメイドに活かしてくださいね!

Small thumb shutterstock 607492355
関連記事 【初心者用】お裁縫の縫い方知ってる?手縫いのグッズと縫い方6種類

手縫いでサッとほつれを直せるようなお裁縫女子って素敵ですよね。手縫いの

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。