INDEX

歳神様・年神様の読み方と意味とは?

歳神様・年神様の読み方はたくさん

歳神様・年神様は、「としがみさま」と読みます。そのまんまで拍子抜けした!と、ツッコミが入ってしまいそうですね。しかし、歳神様にはたくさんの呼び方があります。お正月様、お年徳(とんど)様、歳徳神(としとくじん)、大年神(おおとしのかみ)、恵方神(えほうしん)など、バリエーション豊富です。

歳神様の名前と読み方は、地方によって異なります。ちなみに、秋田のナマハゲも、来訪神という歳神様の一種とされています。神様のイメージとのギャップが激しすぎて、驚きですね。

お正月に各家庭を訪れる来訪神の話

お正月に各家庭を訪れる歳神様・年神様を、豊かな実りや幸せを持ってくる、来訪神とする話です。年に一度、初日の出とともにやってきて、家々の1年の守護をしてくれる神様です。元日に、日の出をお参りする習慣は、歳神様の降臨に由来しています。

田んぼを守護する穀物神の話

歳神様・年神様の「年」という言葉は、稲の実りを意味する「登志(とし)」がルーツです。「登志神→年神」と変換したように、もとは田んぼを守護する穀物神だったという話があります。

昔から稲作が盛んだった日本では、米を育ててから収穫するまでの周期が、「年」という概念に転じたといいます。この話から、年の始めに豊作を祈願するようになり、年神様を迎えるお正月の行事になりました。

家を見守るご先祖の話

家を見守るご先祖が、歳神様・年神様の由来という話もあります。人は亡くなると祖霊となり、お正月に歳神となって、子孫の家を守護するという考え方です。また、祖霊は、春には「田の神」、秋には「山の神」になるとも信じられています。なかなかオールマイティなご先祖様方ですね。

歳神様・年神様とは複数の話の集合体

「来訪神」「穀物神」「祖霊」と、歳神様には、さまざまな話があります。しかし、どれをとっても物足りないと感じませんか?実は、私たちが漠然と知っている歳神様は、それぞれの神様が習合したものと考えられています。

有名な民俗学者の柳田國男は、歳神様・年神様は民間信仰において「来訪神」「穀物神」「祖霊」の話が合体して生まれたものだとしています。このおおらかさは、教会で結婚式、お寺でお葬式、神社へのお参りもOKな日本ならではのものですね。

お正月飾りの種類と飾り方は

歳神様を招く目印!門松の飾り方

門松は、歳神様が家を訪れる際に、迷わないようにする目印です。そのため、門松は門の脇に飾るようにします。マンションなどの場合は、玄関脇に置くようにしましょう。基本的に二体一対なので、向かって左側に雄松を飾り、右側に雌松を飾ります。いちばん長い竹が、内側にくるように配置すれば、間違えることはありません。

本式の門松は、常緑で長寿を意味する竹と松、新春に花が咲く梅を組み合わせたものです。しかし、住居のスペースなどの問題で、若松を一本だけをくくりつける略式の門松も存在します。ミニサイズの門松を、一つだけ飾るケースも増えてきました。

また、花屋さんのフラワーアレンジメント技術を駆使したオシャレ門松なども、見ていて楽しいですね。小ぶりの松などを花瓶にいけて、自分でアレンジするのも面白そうです。園芸好きの方は、寄せ植えに挑戦してみるのもアリです。松竹梅の他に、次の植物がよく使われます。

アレンジや寄せ植えに使える縁起物の植物
  • 南天:「難を転じる」力を持つ
  • 葉ボタン:葉の重なりが、「吉事の重なり」につながる
  • 千両:金運上昇や子孫繁栄を意味する

歳神様を守る!しめ縄飾りの飾り方

しめ縄飾りは、神様を穢れから守る結界となる「しめ縄」に、紙垂(かみしで)、ゆずり葉、橙(だいだい)など、いつまでも家が繁栄することを願う縁起物がついたものです。家の中を清浄な場所に保つために、門や玄関ドアなどに飾ります。目線よりも高い位置に設置するのがベストですね。

しめ縄飾りには、まっすぐな「しめ縄」、しめ縄を丸く結んだ「玉飾り」、前垂れをつけた「輪飾り」といった種類があります。形が豊富なことから、手作りにも挑戦しやすいお正月飾りです。クリスマスリースのように、おしゃれ感にあふれた飾りとなるので、女性に人気となっています。

ブリザードフラワーや100均一アイテムなどを使うと、おしゃれ感がアップします。こちらは縄をなうところから説明してくれる動画です。縄をなう時間を節約するなら、100均やホームセンターなどで売っている縄を活用しましょう。

\ POINT /

神棚のしめ縄の向き

神棚がある場合は、神棚にもしめ縄を飾ります。神棚用のしめ縄は、まっすぐなものを使います。地域差はありますが、向かって左側に細い方を、右側に太い方が来るようにしましょう。

歳神様が宿る!鏡餅の飾り方

鏡餅は、神様の依代となる、御神体の鏡を模したものです。お正月に訪れた歳神様に、宿ってもらうために飾ります。床の間の中央や、玄関の入り口、神棚の前などに置きます。

鏡餅自体の飾り方としては、スーパーやネット通販で購入したものであれば、図付きで手順が記されているものがほとんどです。本格的に、一から準備して飾りたいという方は、次の手順で行うのが一般的です。

鏡餅の飾り方
  1. 三宝の上に、奉書紙か四方紅(しほうべに)を敷く
  2. 裏白(うらじろ)と呼ばれるシダやゆずり葉を、前に見えるように敷く
  3. 紙垂あるいは御幣(ごへい)を、前に見えるように垂らす
  4. 丸餅を2段に重ねて置き、橙を乗せる

この他に、折り紙の縁起物を飾ることもできます。こちらの記事で紹介している扇は、「末広がり」というおめでたい意味を持つので、鏡餅の上に飾ることがあります。鏡餅の周りに、折り紙の小物を置くのも素敵ですね。

Small thumb shutterstock 305302817
関連記事 折り紙のお正月飾りの折り方|簡単な干支や立体のリースの作り方は?

お正月の飾りが折り紙で簡単にできる折り方・作り方をご存知ですか?立体の

邪気を祓う!破魔矢の飾り方

破魔矢の「はま」の語源は、弓の的です。後に「破魔」の文字が当てられ、邪気を射抜く矢としての意味を持ちました。ネットで購入することも可能ですが、通常は、お正月に神社で授けてもらいます。床の間や神棚、玄関の入り口などに飾る縁起物なので、目線より高い位置に飾るようにしましょう。

飾るときは、横にしても、立てかけても構いません。横にする場合は、とくに向きなどを気にする必要はありません。しかし、方角などをとくに気にする場合は、鬼門とされる方角に矢先を向けると良いでしょう。干支によって変化する、その年の凶の方角でも良いです。立てる場合は、羽を上にするようにして飾ります。

鏡餅や破魔矢といったお正月飾りは、床の間を活用します。床の間があるなら、お正月の飾り方だけでなく、一年を通して工夫してみるのも素敵です。こちらの記事を参考に、「自分だけの床の間」を演出してみませんか。

Small thumb shutterstock 313813409
関連記事 おしゃれでモダンな床の間の飾り方9選|花や掛け軸活用(収納)方法は?

床の間の飾り方は様々で、多種多様に活用できます。掛け軸や、お花や香炉を

歳神様の御札!神棚への祀り方

お正月に向けて、歳神様の御札を飾ることがあります。御札は、神様の写し身なので、飾るというより祀ると言った方が正確ですね。

祀り方は、神棚の有無によって変わります。神棚がある場合は、歳神様の御札を貼って、ふだんより豪華なお供え物を準備します。神棚がない場合は、家の中の清潔で明るい、高い場所に御札を貼ります。本棚やタンスの上などに、御札立などを利用して立てかけると良いでしょう。

歳神様の御札は、12月1日から12月28日までの間に、神社で受けることができます。最近は御札を祀らず、他のお正月飾りだけですませることが増えてきましたが、思い切ってお祀りするのも良いですね。詳しくは、こちらの記事をご参照ください。

Small thumb shutterstock 131126819
関連記事 神社のお札の飾り方や祀り方|方角や貼り方と神棚がない場合の置き方は?

神社で授かることができるお札の飾り方について紹介します。お札の向きや方

お正月飾りを飾る期間

いつまでに飾る?リミットは28日

お正月飾りは、いつまでに飾らなければいけないのか?非常に気になりますよね。12月13日は、正月事を始める日とされています。伝統的には、この時期から飾り始めることができます。

しかし、クリスマスのイベントが定着した現代では、25日以降に飾り始めるケースが多くなりました。飾り始めが遅くなっても、28日までには終わらせておきたいものです。いつまで!というリミットを、はっきりと意識しておくと良いですね。

リミット以降は忌み日続き

お正月飾りで注意しなければいけないのは、縁起が悪い忌み日です。「苦」や「二重苦」を連想させる29日や、31日に飾る「一夜飾り」が該当します。一夜飾りは、お葬式のように慌ただしく行うため、良くないとされています。旧暦の晦日である30日も、地域によっては一夜飾りとなるため、避けたほうが無難です。

\ POINT /

お正月飾りの前の大掃除も大事

歳神様をお迎えするには、大掃除をして、キレイな場所にお招きできるようにしましょう。1年の穢れを祓っておくという意味もあります。12月13日から、家の中や神棚の掃除が始められるとベストです。大きな神社やお寺の「煤払い」も、この時期ですね。こちらも、29日や31日の大掃除はNGとされているので注意が必要です。

師走と呼ばれるほど忙しい、12月の大掃除は大変ですが、気持ちの良いお正月を迎えるためには避けて通れません。いつまでも先延ばしにしないよう、掃除のやる気を引き出すコツがあるので、こちらの記事も合わせて御覧ください。

いつまでに片付ける?松の内が勝負

では、お正月飾りの片付けは、いつまでなのでしょうか。お正月飾りは、「松の内」と呼ばれる1月7日の朝に片付けます。一部の地域では、「小正月」である1月15日まで飾ることもあります。ただ、現代人の生活ペースから、お正月の三ヶ日が終了した時点で、片付ける人も増えています。

歳神様の飾りを処分するには

神社やお寺でお正月飾りをお焚き上げ

お正月飾りの処分で、最も利用されているのは「どんど焼き」です。1月15日に、お正月飾りなどを回収して、お焚き上げをする行事です。片付けた飾りを、いつまでも保管しておくのは良くないので、地域で行っているものを活用しましょう。

また、神社に引き取ってもらって、お焚き上げをしてもらう方法があります。お正月飾りの回収箱が設置されている神社に持ち込みましょう。お正月飾りを受け付けていない神社もあるので、事前にチェックしておくことが大切です。

お清めをしてゴミの日に出す

お正月飾りをゴミとして出してしまうのは、気が引けるかもしれません。しかし、歳神様に感謝し、塩でお清めをした後にゴミに出す処分法もあります。お正月飾りを捨てるゴミ袋には、他のゴミを混入させないようにしてくださいね。

お清めをして処分する方法
  1. 紙の上にお正月飾りを置く
  2. 左・中・右の順に、まんべんなく塩をふる
  3. 紙で包んだあと、ゴミ袋に入れて捨てる

大体は燃えるゴミですが、門松だけは、サイズによっては大型ゴミとなる地域もあるので注意です。自治体の決まりをチェックしておきましょう。

鏡餅だけは食べる

お正月飾りの鏡餅だけは、お焚き上げをしたり、ゴミに出したりすることはできません。食べ物を粗末にしてはいけないということですね。1月11日が「鏡開きの日」となるので、この日に食べてしまいます。

鏡開きの鏡餅は、包丁などの刃物で切ってはいけないとされています。切腹を連想させるため、武士が忌避したのです。歳神様が宿っていた御神体でもあるので、やはり刃物をあてるのは、ためらわれますね。重労働かもしれませんが、手か木槌で小さくしましょう。

万全の準備で歳神様を迎えよう

歳神様をお迎えするためには、門松や鏡餅などのお正月飾りの飾り方に注意しましょう。伝統的な方法に加えて、現代的な飾り方も増えてきています。地域色もあるので、地元のしきたりもチェックしてみるのも興味深いですね。

飾りはじめる時期は12月13日から。片付ける時期は1月7日または15日が一般的です。ただし、ライフスタイルの変化から、期間が短縮される傾向にあります。遅い時期の飾り始めや、早い時期の片付けなどは、時代の流れですね。29日~31日の飾り始めだけは、縁起が悪いので避けるようにしてくださいね。

一年の計は元旦にあり!万全の準備を整えて、歳神様をお迎えすることで、幸先のよいスタートを切ることができます。1年の守護を引き受けてくれること、間違いなしですよ。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。