Large thumb shutterstock 575297851

送別会で送られる側の挨拶の例文は?異動やケース別の贈る側のスピーチも

更新:2019.06.21

送別会での挨拶はどんな話をしたら良いんだろう?と迷ってしまいませんか。今回は送別会で送られる側のメッセージ、逆に送る側の挨拶のコツや、スピーチの例文についてまとめました。異動や退職などのケース別にご紹介します。別れ際に贈るメッセージのポイントを押さえておきましょう。

送別会で送られる側の挨拶やスピーチのコツは?

感謝の気持ちをメッセージで贈る

ありがとう

送別会で送られる側の挨拶で必要なのは、これまでの「感謝の気持ちを伝える」ことです。お世話になった上司や先輩、同僚や後輩などたくさんの仲間たちへの感謝の気持ちを伝えましょう。

その際にエピソードを交えると、グッと心に残るスピーチになります。どんな小さなことでも「ありがとう」の気持ちを感じていることをメッセージとして伝えられたら、聞いている方もとても嬉しくなるでしょう。些細なことでもあなたが覚えていてくれたことにも感動してしまうはずです。

ネガティブな言葉は避ける

ネガティブ

送別会の挨拶では、ネガティブな言葉は避けましょう。あなたが異動や退職をすることで、迷惑をかけてしまう場合には、感謝とともに申し訳ない気持ちを伝えましょう。もしあまりにも何度も「ごめんなさい」を連発するとみんな恐縮してしまいます。謝るのは一度だけにしておきましょう。

逆に怒っていることや恨んでいることがある場合にも、送別会をしてくれている人の前で披露するのは適切ではありません。聞いてくれている方が不愉快な気持ちにならないように配慮するのが良いでしょう。

ネガティブな言葉を避けて、ポジティブな言葉を選んでいきましょう。あなたのために送別会を開いてくれている感謝にフォーカスしてみてくださいね。

別れの理由は言わなくてもOK

OK

送別会の挨拶では、別れの理由は言わなくても問題ありません。というのも、別れの理由はさまざまにあります。異動や配置換えなど栄転もあればで、左遷といった社内事情に巻き込まれた不本意な異動もあることでしょう。また、転職や自己都合での退職、会社と折り合いがつかずに退職といった場合もあります。

個人的なデリケートな問題でもあるので、それをわざわざみんなの前で披露しなくても大丈夫です。言いたくないことは、言わずにおきましょう。

最後はみんなへのエールを交える

仲間

送られる側の挨拶として自分のことを伝えるのも良いですが、最後に送り出してくれるみなさんへのエールを交えると良いでしょう。「ご活躍を祈っています」「陰ながら応援しています」という言葉があるだけで、心のこもったメッセージに変わります。

送別会のメッセージは3分以内にまとめる

時間

送別会の挨拶では、3分以内にまとめましょう。今までの感謝を伝えたり、エピソードを盛り込んでいると話している方も、聞いている側も盛り上がってきてしまいます。特に在籍年数が長く、みんなと仲の良かった方はエピソードは多く、思い出も多いことでしょう。しかし全てを話していると時間がいくらあっても足りません!

もっとも心に残っているエピソードや、みんなが聞いていて幸せな気持ちになれるようなエピソードに絞って、3分以内でまとめられるようにしましょう。「もっと聞きたい」と思わせるくらいの時間がちょうど良いボリュームです。

異動や退職などケース別の送別会で送られる側の挨拶の例文は?

【送られる側の挨拶】異動するとき・壮行会で贈るメッセージのポイント

異動

送られる側のスピーチや挨拶のコツをつかんだら、今度は異動するときや退職するときに使える実際の例文についてまとめました。できるだけシンプルにまとめると伝わりやすくなりますよ。

異動するときには、まだ社内で会えるチャンスはあるものです。人脈は財産にもなりますので、これまでの感謝を伝えるとともに、今後も関係性を持っていけるような挨拶をしていきましょう。スピーチや挨拶の流れは、下の順番で構成していくと話がスムーズに進められます。

【送られる側の挨拶】異動するとき・壮行会の例文

  1. 送別会のお礼
  2. 異動する日付・異動先の部署
  3. 感謝の気持ち・エピソード
  4. 今後の抱負
  5. 皆さんへのエール

【送られる側の挨拶】異動するとき・壮行会の送別会例文①

乾杯2

「本日はこのような素晴らしい会を開いていただき、ありがとうございます。この度、◯月◯日付けで〇〇部に異動をすることになりました。この部署で過ごした3年間は本当にあっという間でした。

入社したての私にたくさんのことを教えてくれた先輩方、いつもさりげなくフォローしてくれた後輩たちには感謝しかありません。特に昨年のイベントでは、全員で作り上げる楽しさを全身で感じることができ、本当に感動しました!

これからはご指導いただいたことを活かして、〇〇部でも頑張っていきたいと思います。最後に、みなさまのご健勝とご活躍をお祈りして、お礼の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。」

【送られる側の挨拶】異動するとき・壮行会の送別会例文②

乾杯

「本日はこのような素晴らしい壮行会を開いていただき、ありがとうございます。この度、◯月◯日付けで東京本社に異動することになりました。こちらで過ごした5年間は本当にあっという間でした。

温かい皆さんのおかげでここまで育てていただいたことに、本当に感謝をしています。本社で営業力を磨き、しっかりとノウハウを学んできます。数年後にはこれまで以上に成長した姿で部署に持ち帰り、貢献できるように力をつけてくる所存です。部長をはじめ、みなさまには本当にお世話になりました。

最後に、この部署の発展と、みなさまのご健勝とご活躍をお祈りして、お礼の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。」

【送られる側の挨拶】退職するときの送別会例文(結婚や出産)

結婚

結婚や出産で退職をするときの送別会での挨拶もご紹介したいと思います。おめでたい退職となりますが、残されて負担がかかっているメンバーもいるので配慮するような気持ちを込めたメッセージが伝えられると良いでしょう。

【送られる側の挨拶】退職するときの例文(結婚や出産)

  1. 送別会のお礼
  2. 退職する日付
  3. 感謝の気持ち・エピソード
  4. (退職後のこと)
  5. 皆さんへのエール

「本日はこのような素晴らしい送別会を開いていただき、ありがとうございます。この度は結婚により、◯月◯付けで退職することになりました。みなさんとお仕事できた日々が私の宝物です。最後に、みなさまのご健勝とご活躍をお祈りして、お礼の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。」

【送られる側の挨拶】退職時(自己都合)に贈るメッセージのポイント

会社

自己都合で退職するときの送別会の送られる側の挨拶は、挨拶の場を借りてしっかりと感謝の気持ちのメッセージを贈ることができるといいですね。送別会が終わると完全なお別れとなり、顔を合わさなくなる人もいるでしょう。退職理由については話せる範囲で問題ないので、省略してしまっても大丈夫です。

【送られる側の挨拶】退職するときの例文(自己都合)

  1. 送別会のお礼
  2. 退職する日付
  3. 感謝の気持ち・エピソード
  4. (退職後のこと)
  5. 皆さんへのエール

【送られる側の挨拶】退職するときの送別会例文(自己都合)①

悲しい

「本日はこのような素晴らしい送別会を開いていただき、ありがとうございます。みなさんから温かい言葉をたくさんいただいて、感謝の気持ちでいっぱいです。この度◯月◯日付けで、退職することになりました。ご迷惑をおかけすることになり、申し訳ありません。

皆さんとお別れすることは寂しいですが、入社以来、いつも優しく丁寧にご指導いただいたみなさんには本当に感謝しています。最後に、みなさまのご健勝とご活躍をお祈りして、お礼の挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。」

【送られる側の挨拶】退職するときの送別会例文(自己都合)②

スーツケース

「本日はこのような素晴らしい送別会を開いていただき、ありがとうございます。みなさまから温かい言葉をかけていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。私は今月末をもちまして、この職場とお別れをすることになりました。ここで過ごした4年間は、充実した日々を過ごすことができたと感じています。

本当にお世話になりました。退職後は愛媛に帰り、実家の会社を継ぐ予定です。最後になりましたが、みなさまのご健勝とご活躍をお祈り申し上げ、ご挨拶とかえさせていただきます。今まで本当にありがとうございました。」

送別会で送る側の挨拶やスピーチのコツは?

スピーチには感謝と活躍エピソードがあるとgood

拍手

反対に、送別会で送る側の立場になった場合には、送られる側の方を気持ちよく送り出せるような言葉を贈るのがポイントです。送る側になった場合には、挨拶やスピーチにどんなコツがあるのでしょうか?送る側のコツについてもまとめました。

送る側の挨拶でも、相手にお世話になった感謝のメッセージを伝えましょう。さらに、その方の活躍した経験などを盛り込んだエピソードがある気持ちのこもったメッセージを贈ることができます。これまでの功績を讃える場にもなります。

「本当はお別れしたくないけど送り出す」をベースに

拍手2

送別会で送り出す側のスタンスとしては「本当はお別れをせずに、もっと一緒に仕事をしたかったけれど、異動や退職で仕方なく送り出さなければいけない」という形をとるとベストです。

社内の「異動」や「転勤」は、「栄転」という言葉で表現していきましょう。今までよりも良い地位にうつるという意味になるので、ポジティブな言葉になります。

異動や退職などケース別の送別会で送る側の挨拶の例文は?|上司編

【送る側の挨拶】上司が異動するとき・壮行会の送別会例文

上司

送る側の挨拶のコツをつかんだら、実際のメッセージの例文をみていきましょう。上司の方へ伝えたいメッセージの例文をまとめました。上司が移動をするときには「一緒に働けてよかった」「頼りにしている先輩」「ご指導いただいて感謝している」ことを伝えるようなメッセージを贈ることを意識していきましょう。

「この度〇〇さんがご栄転されることを聞き、本当に驚きました。入社以来、〇〇さんは大変お世話になり、厳しくも愛あるご指導をたくさんいただいたことに感謝しています。今の私があるのは〇〇さんのおかげです!お別れするのは寂しいですが、〇〇さんの今後のご活躍とご健勝を祈って、挨拶にかえさせていただきます。」

「〇〇さんがご栄転されることになり、寂しい気持ちでいっぱいです。〇〇さんは私の目標で、いつも頼りにしている先輩でした。〇〇さんがご栄転されることでいなくなってしまう穴は大きいですが、今後は私が〇〇さんの分も頑張っていきます。〇〇さんも新しい職場でがんばってくださいね。今までありがとうございました。」

【送る側の挨拶】上司が退職するときの送別会例文

じいちゃん

続いては、送別会で上司が退職するときの例文をご紹介します。退職の中には中途退職や定年退職など、会社に大いに貢献された先輩方の退職もあるでしょう。これまでの功績を讃えるとともに、感謝の言葉をたくさん贈ることで涙あり、感動ありの送別会にしていきたいですね。「定年退職」は「勇退」という言葉を使いましょう。

「◯月◯日付けで〇〇さんがご勇退されることになりました。入社以来38年以、営業職として尽力されてきました。大きな功績をあげられたほか、後輩指導にも多大な貢献をされてきた偉大な先輩です。〇〇さんの第2の人生ののご多幸とご健勝をお祈りして贈る言葉にかえさせていただきます。今までありがとうございました。」

「〇〇さん、これまで10年間本当にお世話になり、ありがとうございました。たくさんご指導をいただき感謝しています。ここまでこれたのは〇〇さんのおかげだと思っています。まだまだ教えていただきたこともありますが、〇〇さんが新天地でご活躍されることをお祈りしています。今までありがとうございました。」

異動や退職などケース別の送別会で送る側の挨拶の例文は?|同僚・部下編

【送る側の挨拶】同僚・部下が異動するとき・壮行会の送別会例文①

拍手3

同僚や部下を送別会で送る挨拶には、お別れしなければいけないのは悲しはありますが、「一緒に働けてよかった」という言葉を贈ることで、気持ちよく送り出しましょう。異動、退職別に例文をまとめました。

「〇〇さんのご栄転を聞いて、嬉しくもあり、一緒に働けないのかという寂しい気持ちもあり複雑です。ただ、〇〇さんならできると確信しています。キャリアアップは〇〇さんにとっても、会社の発展にとっても大事なことだと思うので、新天地でもがんばってくださいね。今までありがとうございました。」

「持ち前のコミュニケーション力と明るいキャラクターのおかげで実力をあげた〇〇さんは、私たちにとってなくてはならない存在でした。一緒に仕事ができて本当に良かった!〇〇さんの今後のご健勝とご多幸をお祈りしています。今までありがとう。」

【送る側の挨拶】同僚・部下が退職するときの送別会例文②

がんば

「今回〇〇さんが退職されることで、一緒に働けなくなってしまうのは寂しいですが、〇〇さんが新しいキャリアに進まれるのを応援しています。粘り強く頑張る〇〇さんなら、きっと困難なことでも乗り越えられると信じています。がんばってください。」

【送る側の挨拶】同僚・部下が退職するときの送別会例文③

チーム

「いつも頼りになる存在の〇〇さんは、私たちチームにとってなくてはならない存在でした。飲み込みが早くて、教えがいもある優秀な部下です。今後は寂しくなりますが、◯◯さんの今後のご健勝とご多幸をお祈りしております。今までありがとうございました。」

いい送別会の挨拶で綺麗なお別れをしよう!

送別会で送られる側、送る側の挨拶やスピーチについてご紹介しました。シンプルな言葉を選んで、エピソードを盛り込むことで相手への感謝は伝わりやすくなります。親しい方には個別に手紙などで気持ちをお伝えしても良いですね。送られる側も送る側も、気持ちよく過ごせる素敵な送別会にしていきましょう。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。