INDEX

妊婦さんでも楽にパンツが履ける!マタニティアジャスターベルトとは?

妊娠しても手持ちパンツをマタニティ仕様にできる便利アイテム!

最近妊婦の間で口コミが広がる「マタニティアジャスターベルト」。これは妊娠してお腹が大きくなってもこれまで通り手持ちのパンツが履けるようになる、とても便利なアイテムです。マタニティウェアに抵抗がある人や、ファッションにこだわりを持つ人など幅広い妊婦から定評があります。

妊婦でも!わざわざマタニティパンツを買わずに済む

妊娠したらマタニティウェアを買わないといけない、これが従来の流れでした。普段スカートを履かない人にとってマタニティワンピースは抵抗があり、かと言って短期間しか履かないマタニティパンツを買うのはどこかもったいない気がするものです。そんな悩みは全てマタニティアジャスターベルトが解決してくれます。

妊娠初期から後期まで使えるから便利!と口コミ多数

マタニティアジャスターベルトは微調整が可能なので月齢に合った使い方が可能です。妊娠初期の頃のポッコリお腹から大きく膨らむ臨月まで妊婦の間はずっと使い続けることができるので、妊娠をしたら手に入れたいマストアイテムとして口コミが広まっています。妊娠のお祝いとして選んでもとても喜ばれるのでおすすめです。

マタニティアジャスターベルトの使い方は?

マタニティアジャスターベルトの使い方①:ズボンのボタンに引っ掛けるだけ

マタニティアジャスターベルトの使い方はとても簡単。手持ちズボンのファスナーを開けてボタンに装着するだけ。これでゆったりとしたマタニティパンツに生まれかわります。ウェストサイズの微調整に使うアジャスターベルトの応用であり、マタニティ用としても実は太ってしまった人にもこっそり使えるアイテムです。

マタニティアジャスターベルトの使い方②:緩めにサイズ調整をする

妊婦のお腹は締め付けないのが大前提。マタニティアジャスターベルトのサイズ調整には細心の注意を払いましょう。少しでも締め付けを感じた場合は緩めに調整をすべきです。もしずり下がりが気になるようならゴム部分を少し折って縫い縮めます。自分のサイズにジャストフィットするものを手作りするのもおすすめします。

マタニティアジャスターベルトの使い方③:ズボンを覆う大きめ上着を選ぶ

手持ちパンツのファスナーを開けた状態でマタニティアジャスターベルトを使うため、前部がすっぽりと隠れるようなTシャツやトレーナーなどを合わせましょう。ファスナー部分は腹巻きをかぶせておけば見える心配がありません。腹巻と合体したマタニティアジャスターベルトは冷えやすい冬場に活躍します。

妊婦になってもこれまでと変わらないファッションを楽しみましょう。マタニティウェアの延長上としてマタニティアジャスターベルトも活躍します。関連記事も合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 520159816
関連記事 オシャレな妊婦さんの服装コーデ22選|春夏用のマタニティウェアは?

オシャレな妊婦さんは、マタニティウェアを始めとする服装選びにも気を抜い

マタニティアジャスターベルトの選び方は?

マタニティアジャスターベルトの選び方①季節に合わせてタイプを変える

マタニティアジャスターベルトには2タイプあり、腹巻きと合体したタイプとベルトだけのタイプがあります。夏場に選びたいのはベルトだけのタイプ。厚手の腹巻きと合体しているタイプでは暑くなってしまいます。お腹をエアコンの冷えから守るためには必要ですが、ベルトと腹巻きが別々に使えた方が利便性が高いです。

薄手の素材を使用したマタニティアジャスターベルトも室温が変わりやすい夏場に最適です。妊婦のお腹は冷えやすいのでエアコンが効いた部屋はご注意ください。腹巻き部分が独立するタイプなら、産後もそのまま使用することができます。

タニティアジャスターベルトの選び方②妊娠時期に合わせて選ぶ

ズボンのベルトに引っ掛けるだけの簡易的なマタニティアジャスターベルトもあります。とくに妊娠初期から中期頃の、まだお腹が大きく膨らむ前の時期に活躍します。マタニティパンツを買う前に、マタニティアジャスターベルトを使用してみるのもおすすめします。

妊婦のお腹は日々大きくなるのでサイズの微調整ができるものを選びましょう。おすすめマタニティタイツについてもコーディネートの参考にしてください。

Small thumb shutterstock 425598076
関連記事 マタニティタイツ14選!無印の妊婦用ストッキングや冬のおすすめは?

妊娠中でお腹が大きくなってきて、今までのタイツやストッキングはきついけ

妊婦後期や臨月の大きなお腹は注意!きつく感じたら中止する

臨月を迎えた妊婦のお腹はとても大きく、マタニティアジャスターベルトを最大限のサイズにしてもきつく感じる場合もあります。無理せずにゆったりとしたマタニティパンツに切り替えることも大切です。産後にもマタニティアジャスターベルトは活躍するので、その時までに保存しておきましょう。

マタニティアジャスターベルトは、妊娠7ヶ月ごろまでの使用を目安に考えておくことをおすすめします。お腹のサイズはその人によって違いますが「臨月になったらきつく感じた」という口コミも多いです。きつく感じた速やかに使用を中止し、マタニティウェアへの切り替えをしてください。

おすすめのマタニティアジャスターベルト口コミ商品8選

おすすめマタニティアジャスターベルト①:西松屋

西松屋「アジャスターバンド」は、妊婦のお腹をすっぽり覆うタイプの商品です。パンツのボタンに引っ掛けてサイズ調整をし、柔らかい腹巻きでお腹と前部を包みます。これなら上着がめくれても恥ずかしい思いをすることなく、マタニティパンツの代わりに手持ちズボンを履き続けることができます。

おすすめマタニティアジャスターベルト②:イーザッカマニアストアーズ

イーザッカマニアストアーズ「マタニティアジャスターベルト」も妊婦の間で好評と口コミが広がっています。ストレッチ性のある生地がお腹とファスナー部分をすっぽり覆うので、おしゃれな妊婦ライフを送ることができます。前部のボタンに引っ掛けて使うだけなのでとても簡単です。

おすすめマタニティアジャスターベルト③:犬印本舗

Amazonで商品の詳細を見る

犬印本舗「リラックスアジャスターEX」は、ベルト穴に通して使うマタニティアジャスターベルトです。スライダーで少しづつ伸ばせるので、ジャストサイズに微調整ができる点が妊婦の間で好評です。腹巻きとして使えるサッシュも付属していますが、ベルト部分と別々になっているので使い勝手が良くてお手頃価格です。

おすすめマタニティアジャスターベルト④:エリカランド

Amazonで商品の詳細を見る

エリカランド「マタニティベルト」は、ベルト穴があるズボンやスカートがマタニティ仕様として使えるようになる便利なマタニティアジャスターベルトです。スライダー式だから妊娠時期に合わせたサイズに変更可能、産後のお腹にもそのまま使い続けることができるので1つは持っておきたい商品です。

おすすめマタニティアジャスターベルト⑤:カネソン

Amazonで商品の詳細を見る

カネソン「アジャスターW」は、ボタンと鍵フックの2タイプがセットになった便利なマタニティアジャスターベルトです。2タイプなのでボタンがないズボンやスカートも選ぶことなく、幅広くファッションが楽しめます。お腹を包むフロントガードを上からすっぽりと被せてしまえば、お腹もファスナー部分も隠せます。

おすすめマタニティアジャスターベルト⑥:ズーティ

Amazonで商品の詳細を見る

ズーティ「マタニティアジャスターバンド」は、妊娠初期から産前産後まで手持ちのズボンを活用できるのでプレママに好評です。ファスナー部分を開けて履くことに抵抗がある人も「しっかり隠せるから大丈夫だった」という口コミを寄せています。お腹を覆うカットソーが冷えを防いでくれます。

おすすめマタニティアジャスターベルト⑦:ベリーベルト

Amazonで商品の詳細を見る

ベリーベルト「コンボキット」は、ボタン用とホック用それぞれS・Mサイズが入った合計4本セットです。妊娠前のズボンやスカートがそのまま履けるのと、ファスナー部分を隠す当て布付きなのが嬉しいポイントです。わざわざマタニティウェアを購入したくない妊婦から口コミが広まったマタニティアジャスターベルトです。

おすすめマタニティアジャスターベルト⑧:セリア

セリア「楽らく!ゴムベルト」は、マタニティアジャスターベルトではなく子供から大人まで使えるアジャスターベルトとして販売されています。しかし使い方は同じなので、妊娠初期の代用品として適しています。おすすめマタニティアイテムについても合わせてご覧いただき、マタニティライフの参考としてお役立てください。

マタニティアジャスターベルトを手作りする方法は?

穴あき平テープとボタンの2つで!簡単手作りアジャスターベルト

マタニティアジャスターベルトは手作りすることも可能です。簡易的なアジャスターベルトなら平テープとボタンの2つで完成します。ベルト穴幅の平テープは最初からボタン穴が開いているものがおすすめ。それに見合うボタンを取り付けるだけで完成するのでぜひ手作りに挑戦してみましょう。

穴あき平ゴムとボタンともに100均で手に入ります。ボタンの大きさは手持ちズボンのボタンホールに合わせて用意しましょう。実際に針と糸を使うのはボタンを装着する部分のみ。材料もたった2つで完成するので妊娠初期のうちに用意しちゃいましょう。

マタニティアジャスターベルトを腹巻きと平テープで簡単手作り!

お腹が大きくなったらスッポリ包めるタイプのマタニティアジャスターベルトが活躍します。先ほどの手作りベルトに腹巻きを被せるだけでも大丈夫ですが、合体させると本格的な手作りマタニティアジャスターベルトにリメイクできます。自分のサイズにフィットさせることも可能なのでぜひお試しください。

ヘアゴムでもOK!マタニティアジャスターベルトの代用品

実は、よくあるヘアゴムもマタニティアジャスターベルトの代用品として使えるんです。ズボンのボタン穴に通して引っ掛けるだけ。ゴムの長さを調整すればお腹のサイズに合わせることも可能です。通し方については動画を参考にお試しください。また、お腹にヘアゴムが食い込むと感じた場合は使用を中止しましょう。

腹巻きとサスペンダーもマタニティアジャスターベルトの代用に!

ボタンを留めるだけのマタニティアジャスターベルトはちょっと抵抗がある、手作りするのがが苦手。そんな方はサスペンダーを着用してお腹部分を腹巻きで覆ってしまうのもひとつの手です。上からロンTやチュニックなどを着てしまえば中が見えることなく、ゆったりとしたマタニティファッションが楽しめます。

おすすめリメイク!マタニティレギンスにTシャツを合体

ゆったりとしたマタニティレギンスはとても使い勝手が良いアイテム。ここに使わないTシャツを縫い付けるだけでお腹の冷えを防げるマタニティパンツに生まれかわります。マタニティアジャスターベルトが使えなくなった臨月にも対応可能です。よりマタニティライフを楽しみたい方はぜひ関連記事も合わせてご覧ください。

Small thumb shutterstock 147978782
関連記事 マタニティライフの楽しみ方とは?妊娠中やるべきことやおすすめの遊びも

9カ月弱の長いようで短いマタニティライフ。マタニティライフの楽しみ方や

マタニティアジャスターベルトで妊婦ファッションを楽しもう!

マタニティアジャスターベルトの存在を知っているだけで、マタニティライフが大きく変わると言っても過言ではありません。マタニティウェアを節約してベビーウェアをより楽しむことができます。より快適なマタニティファッションのためにもマタニティアジャスターベルトをゲットしましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。