INDEX

1月の代表的なイベント・行事は?

元旦、元日|1月のおすすめイベント・行事

最初にご紹介する1月のおすすめイベント・行事は「元旦」「元日」です。みなさんご存知の通り1月1日の行事ですね。ちなみに「元日」は1月1日のことを指し、「元旦」は1月1日の初日の出のことを指します。「旦」が地平線から朝日が昇ってくる様子を表しているとイメージすると覚えやすいと思います。

お正月の元旦には、幸福をもたらしてくれる年神様が各家庭を訪れると伝えられています。その目印として門松、しめ飾り、鏡餅などの正月飾りを飾る風習があります。

正月|1月のおすすめイベント・行事

2番目にご紹介する1月のおすすめイベント・行事は「正月」です。お正月には、新しい年を無事に迎えられたことに感謝し、新年の豊作と幸運を祈る行事の一つです。寝正月などゴロゴロしてしまう人もいると思いますが、おせち料理や正月行事を通してお祝いするのが習わしです。

正月の期間は地域によって分かれているんです。主に関東は7日まで、関西は15日までが「松の内」でここまでがお正月の地域もあります。そして暦としての正月は1月31日までがお正月です。全国的に1月1日〜3日が「三が日」と呼ばれ、4日から仕事が始まるという方も多いと思います。

人日の節句・七草|1月のおすすめイベント・行事

次にご紹介する1月のおすすめイベント・行事は「人日(じんじつ)の節句」「七草」です。七草粥を食べる日としても知られる1月7日の行事です。七草粥を食べることで、その年に病気をせず元気で過ごせるように願う日とされています。あまり知られていませんが、桃の節句や端午の節句と並ぶ、日本の伝統行事の一つです。

十日戎|1月のおすすめイベント・行事

続いてご紹介する1月のおすすめイベント・行事は「十日戎(とおかえびす)」です。「十日恵比須」とも言われています。近畿以西の西日本で行われる1月10日の行事で、七福神の一人、恵比寿様を祀る神社で実施されます。商売繁盛を願い、多くの神社では前日から翌日まで3日間行われます。

鏡開き|1月のおすすめイベント・行事

続いてご紹介する1月のおすすめイベント・行事は「鏡開き」です。お正月に飾っていて、1番上にみかんを置いた2段重ねの丸いお餅「鏡餅(かがみもち)」をいただく日です。昔の鏡は丸い形で、神様が宿ると考えられ、神事に使われていました。鏡餅は、三種の神器の一つとされる鏡を形取っていると言われています。

お正月に門松を飾っている「松の内」の期間は鏡餅をお供えしますが、松の内がすぎると鏡開きが行われるタイミングになります。お雑煮やおしるこにして、その年の無病息災を願い食べられます。地域によって松の内が異なり、関東では1月11日、関西では1月15日か1月20日までに鏡開きをすることが多いようです。

センター試験|1月のおすすめイベント・行事

続いてご紹介する1月のおすすめイベント・行事は「センター試験」です。1月13日以降の最初の土日に行われる全国一斉テストです。国公立大学は必須、私立大学でも広く採用されているので、大学受験をする学生にとっては大切な試験の一つです。

かつて「共通一次」と言われていましたが、1990年からは「センター試験」に切り替わりました。2020年からは新方式に代わり、マークシートと記述式の問題も加わることになる予定だそうです。受験生のみなさんは頑張ってくださいね!

1月の記念日は?

ひとみの日|1月の記念日

最初にご紹介する1月の記念日は「ひとみの日」です。「ひと=1」「み=3」の語呂合わせで1月3日に制定されました。瞳をいつまでも美しくという願いが込められて、眼鏡、コンタクトレンズ業界が制定しました。

成人の日|1月の記念日

次にご紹介する1月の記念日は「成人の日」です。2000年からハッピーマンデー制度が導入されたことで1月第2月曜日が「成人の日」になりました。この日には多くの自治体で成人式が行われますが、これは「みずから生き抜こうとする青年を祝い励ます」という趣旨で1948年から行われています。

一生に一度しか参加できないお祝いごとなので、振袖やスーツを準備して楽しみにしていた方もいるのではないでしょうか。地域によってはゴールデンウィークや、夏休みの帰省に合わせて8月に成人式が行われています。

タロ、ジロの日|1月の記念日

次にご紹介する1月の記念日は「タロとジロの日」です。1959年1月14日、南極に置き去りにされたカラフト犬、タロとジロの生存が確認されたことで制定されました。1956年の秋に東京を出発した南極観測隊でしたが、1958年に厚い氷によって行く手を阻まれ、隊員11人はヘリコプターで救助されます。

このとき15頭のカラフト犬たちは救助されることができずに、鎖に繋がれたまま氷原に取り残されました。1959年にヘリコプターで2匹の生存が確認されたことがニュースとなり記念日となったのです。

玉の輿の日|1月の記念日

続いてご紹介する1月の記念日は「玉の輿の日」です。1905年1月20日、アメリカのモルガン商会の創立者の甥ジョージ・モルガンと、祇園の芸妓だったお雪が結婚したことから制定されました!

モルガン商会は、アメリカ政府にも影響力のある金融財閥として有名です。そんな彼から見初められたので、彼女は「日本のシンデレラ」と呼ばれました。

中華まんの日|1月の記念日

最後にご紹介する1月の記念日は「中華まんの日」です。1902年1月25日に北海道の旭川で日本観測史上最低気温となる-41℃が観測されました。寒い日に中華まんを食べて温まってもらおう、という思いが込められて「中華まんの日」が制定されました。

1月の風物詩は?

初日の出|1月の風物詩

最初にご紹介する1月の風物詩は「初日の出」です。その年に見られる最初の日の出のことです。日本では昔から、毎年お正月に各家に幸せをもたらす年神様が初の日の出と一緒にやってくるとされ、おめでたいことと考えられていました。そこで「初の日の出」を拝むことは神様へその年の幸せや、豊作を祈ることを意味します。

ちなみに「ご来光」は高い山や、山頂などから見られる日の出のことを言います。高ければ高いほどご来光を早く拝めるので、ご利益もあると言われています。各地には「初日の出」の名所がたくさんあるので、素晴らしい1年の始まりを迎えてみるのも素敵ですね。

年賀状|1月の風物詩

次にご紹介する1月の風物詩は「年賀状」です。本当はご挨拶に伺うところを、全ての家をまわることはできないということから書面で済ませる意味合いが持ったのが「年賀状」です。日頃の感謝を込めて、これからもよろしくねの意味を込めた年賀状のやりとりを単純に楽しむのも近年の習慣になっています。

ご無沙汰している親族や友人などに宛てて出すと良いでしょう。年賀状は元旦に届くとベストですが、1月7日の松の内までに出すと良いと言われています。それ以降は「寒中見舞い」を出すようにしましょう。直筆は温かさが伝わるのでおすすめですよ。こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

初夢|1月の風物詩

次にご紹介する1月の風物詩は「初夢」です。いつみた夢なのかは諸説ありますが、一般的に新しい年の最初に眠った日の夜にみた夢が「初夢」とされているので、元日の夜〜2日にかけてみた夢が「初夢」です。

初夢に出てくると縁起が良いと言われているのは「一富士(いちふじ)」「二鷹(にたか)」「三茄子(さんなすび)」です。徳川家康の好んだからとも、縁起の良い言葉にかけているとも伝えられています。良い初夢をみたいという人は、七福神や宝を乗せた船の絵を枕の下に置いておくと良いと言われているので試してみては?

福袋|1月の風物詩

続いてご紹介する1月の風物詩は「福袋」です。年始に行われる初売りなどで、色々な商品を袋につめて封をした状態で販売されています。どれを選ぶかによって豪華な商品やお得感満載な内容が入っているかが変わってきます。運試しとも言えるのが「福袋」です。

百貨店などのファッションブランドや、雑貨店、カフェなど様々なお店で「福袋」が行われているので毎年楽しみにしている人もいるのではないでしょうか。中には売れ残りや不人気の在庫処分商品がつめられている残念な福袋もあるようなので、ご注意くださいね。

みかん|1月の風物詩

最後にご紹介する1月の風物詩は「みかん」です。お正月にこたつの中で食べるみかんをイメージすると、ほっこりした気持ちになる方も多いのではないでしょうか。みかんはビタミンCや食物繊維が豊富に含まれているので、冬を元気に過ごすのにぴったりなフルーツなのです。

みかんは江戸時代に静岡県藤枝市に植えられたのが始まりと言われています。明治時代には品種交配が行われながら、各地へと広がり、今では全国各地で年間を通じて栽培されています。みかんにはたくさんの種類があるので、お好みのみかんを探してみてくださいね。

1月におすすめのイベントデート3選!

吾妻山菜の花ウォッチング|1月におすすめのイベントデート①【東京近郊】

最初にご紹介する1月におすすめのイベントデートは「吾妻山菜の花ウォッチング」です。東京から電車で1時間ほどの場所にある神奈川県中郡で行われています。JR「二宮」駅から徒歩5分でつき、相模湾を見渡せる吾妻山山頂までは徒歩20分ほどで到着します。

ここでの見所は「早咲きの菜の花」です。6万株もの黄色い菜の花が斜面いっぱいに広がる様子を見られます。展望台からは360度景色が見渡せ、天気が良ければ富士山も望むことができる絶景スポットです。寒いと引きこもりな冬ですが、一足早い春を感じられるデートをしてみませんか?

吾妻山菜の花ウォッチング
開催期間 2019年は未定
開催時間 イベントにより異なる
開催場所 吾妻山公園及びその周辺
休日 2019年は未定
料金 鑑賞無料

熱海梅園梅まつり|1月におすすめのイベントデート②【東京近郊】

2番目にご紹介する1月におすすめのイベントデートは「熱海梅園梅まつり」です。静岡県熱海市の熱海梅園で行われているイベントで、2019年には第75回を迎えます。こちらも一足先に春を感じたいカップルにおすすめのデートスポットです。

樹齢100年を超える木など、59種472本の梅が咲き誇ります。早咲きのものから順番に開花していくので、期間中はずっと梅を楽しむことができます。イベント中は園内に足湯や土産店、日によって熱海芸妓連演芸会、落語会、甘酒サービスなどのイベントも多数行われます。

熱海梅園梅まつり
開催期間 2019年は未定
開催時間 8:30〜16:00
開催場所 熱海梅園(静岡県熱海市梅園町8-11)
休日 2019年は未定
料金 入園料一般300円(市内宿泊者100円)、中学生以下無料

2019河口湖・冬花火|1月におすすめのイベントデート③【東京近郊】

3つ目にご紹介する1月におすすめのイベントデートは「2019河口湖・冬花火」です。山梨県南都留郡富士河口湖町で行われる冬の風物詩で、中央自動車道「河口湖IC」から車で10分ほどのアクセスです。1月12日〜2月17日までの土日と、2月23日(土)の合計13回行われます。

冬の夜空は澄み切っていて、花火が鮮やかに生えます。富士山をバックに最高の夜を楽しめること間違いなしです。打ち上げポイントは、メイン会場の大池公園、畳岩です。八木崎公園は工事中で立ち入りできません。期間中には樹氷まつりなど近くでたくさんのイベントが行われているので要チェックです。温泉もおすすめですよ。

2019河口湖・冬花火
開催期間 2019年1月12日〜2月17日まで(期間中は土日開催)、2月23日(土)
開催時間 20:00〜20:20
開催場所 メイン会場:河口湖畔大池公園
休日 月〜金曜日
料金 鑑賞無料

1月のイベント・行事を楽しもう!

カップル

1月のイベントや行事、風物詩をご紹介しましたが、いかがでしたか?一月はお正月、成人式、センター試験などイベントや行事が盛りだくさんです。寒い季節だからこそ、カップルの距離を縮めるのにもぴったりな月ではないでしょうか。ぜひイベントや観光地を訪れながら、2人の仲をさらに深めていきましょう。

冬

寒い季節の1月デートも可愛く決めていきたいところです。そこで、冬デートに困った時にはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。ちゃっかり防寒しながら、彼をドキッとさせるコーデでデートにのぞみましょう!

Small thumb shutterstock 489412408
関連記事 冬デートコーデ14選!クリスマスに彼もドキッとする厳選ファッション!

冬デートやクリスマスと言えば、女の子にとって可愛いファッションやコーデ

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。