Large thumb shutterstock 627788162

DCモーター扇風機とは?メリットや人気の安いおすすめの商品も

更新:2019.06.21

DCモーター扇風機をご存知ですか?最近ではテレビでも取り上げられ、静かで節電ができると人気になっています。安いものではないため、購入に踏み切れない人もいるのではないでしょうか。今回はおすすめのDCモーター扇風機やDCモーター扇風機のメリット、薄型の最新機種から安い扇風機まで紹介します!

DCモーター扇風機とは?

DCモーター扇風機とは風量調節が自由にできる多機能扇風機!

最近話題のDCモーター扇風機ですが、一体何がいいのでしょうか。実は扇風機には、ACモータータイプとDCモータータイプの2種類があります。AC(直流)モーターは、モーターで羽根を回して風を送ります。それに対してDC(直流)モーターは、直流電源に変換して直流の電気モーターに流すことで羽を回しています。

そのため、これまで扇風機としてよく知られていたACモーターの扇風機は、離れていても「扇風機が付いている」と認識できる程度の音がしますが、それに比べるとDCモーターは音が静かです。また、ACモーター扇風機は3段階調節のものが多いのですが、これはモーターの関係で強弱の幅が限られていることが影響します。

さらにモーターが直流になったことで風量調節が自由にきくようになり、やさしい風やランダムで不規則に起きる自然な風を再現することができるようになりました。風量調節は多いものだと32段階もあったり、自分好みにカスタマイズできる無段階調節といわれるものもあったりして風量調節が自由自在です。

DCモーター扇風機は種類が豊富で選びやすい!

発売された当初はある程度限られた種類しかなかったDCモーター扇風機ですが、今では各メーカーからたくさんの種類が販売されていて選びやすくなりました。高級機種ばかりで手が出ない高級品というようなイメージも今では少しずつなくなってきて、リーズナブルなものまで登場してきており、購入しやすくなっています。

おしゃれなものも多く、インテリアのひとつとして購入できることも魅力的です。リビングなどの広い部屋で効率よく空気を循環させるハイポジションタイプや小さめデザインでどこでも使えるコンパクトタイプ、デザインもよく部屋に置いていても圧迫感がないタワーファンなどさまざまなタイプが発売されています。

家電量販店からインターネット販売まで幅広い店舗で取り扱っているため、種類も価格もさまざまです。自分に合う商品がどれなのか、事前にしっかり品定めをしてみしたり、必要な条件を決めてから店舗に足を運ぶことをおすすめします!家電の買い方については、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

DCモーター扇風機を使うメリットとは?

DCモーター扇風機を使うメリット①体にやさしい

DCモーター扇風機を使うメリット1つ目は「体にやさしい」ということです。DCモーターの特徴として風の強弱が豊富に調節できることが挙げられますが、この機能により、体に負担がかからない自然な風を作り出すことができます。ACモーターの扇風機は風の強弱に変化をつけることが難しいため一定の風になりがちです。

変化のない一定の強さの風に長時間当たり続けると、体は疲れてしまいます。そのため、DCモーターによって作り出される自然な風や強かったり弱かったりと変化のある不規則な風に当たることで体に負担をかけずに涼むことができます。まるで外にいるような体にやさしい風を作り出してくれるのがDCモーターのメリットです。

DCモーター扇風機を使うメリット②節電効果抜群!

DCモーター扇風機を使うメリット2つ目は「節電効果」です。あるメーカーが自社メーカー内のACモーター扇風機とDCモーター扇風機の最低消費電力を比較したところ、ACモーター扇風機は33Wであったことに対して、DCモーター扇風機はわずか2Wだったそうです。同じ風量で回していても消費電力は10分の1です。

また、最大風量で回したときにACモーター扇風機は47Wの消費電力に対してDCモーター扇風機はその半分の24Wであることもわかっています。この最大風量の風の強さも同等のものであることも確認されていて、電気代に関してはかなり省エネであることがわかります。同じ風量なのに電気代が半分なのは魅力的ですよね!

扇風機を使っているときによくある悩みとして「強だと強すぎるけど、中だとちょっと弱いから何かいい方法はないかな」なんてこともありますよね。そんな悩みも微量な風量調節ができるDCモーター扇風機なら解決してくれますし、さらに電気代もかなり節約してくれるのでいいことづくしですね!

DCモーター扇風機を使うメリット③薄型でおしゃれ

DCモーター扇風機を使うメリット3つ目は「薄型でおしゃれなものがある」ことです。従来の扇風機は夏に使用することが多く、冬は押入れに眠っていたなんてことも多かったですよね。そんなときほとんどの人を悩ませていたのが収納方法です。解体するわけにもいかないのでそのまま押入れの中という人も多かったと思います。

そこで販売されたDCモーター扇風機の中には折りたたみ式の扇風機も誕生しました!折りたたみであれば、必要なときにさっと取り出せて、使わないときはすき間に収納することができます!商品によっては幅が約7cmで、どこにでも収納できると話題になりました。場所を選ばず収納できるのはありがたいですね。

扇風機というものが誕生してから約120年といわれていますが、扇風機といえば収納に困るというあるあるを一気に打ち砕いた商品となりました。また、年間を通して使うものとして扱うようになってきたため、収納問題に悩む必要がなく、インテリアのひとつとしても選ぶことができるおしゃれな商品も豊富に登場しています。

DCモーター扇風機のおすすめな使い方は?

DCモーター扇風機のおすすめな使い方①サーキュレーターとしても使える

DCモーター扇風機のおすすめな使い方1つ目は「サーキュレーターとして使う」ことです。これまで涼むことが目的だった扇風機から全体の空気を回してくれるサーキュレーターとして活躍してくれる代物に進化しています。DCモーター扇風機の購入の際に値段が気になる人は多いと思いますが、1つで2役なので価値ありです。

直接的な肌への送風はもちろんですが、バリエーション豊かな首振り機能で全体に効率良く風を循環させられます。また静かなものが多いため、サーキュレーターとして使っていても作動音を気にする必要がありません。自動停止機能がついているものも多いですが、万が一消し忘れても節電効果が高いため電気代も心配ありません。

DCモーター扇風機のおすすめな使い方②子どもがいても安心

DCモーター扇風機のおすすめな使い方2つ目は、「子どもがいる家庭で安全に使う」ことです。生まれたばかりの赤ちゃんは大きい音がするとすぐに起きてしまったり、強い風では体に負担がかかってしまったりします。そのため、DCモーター扇風機を使うことで静かにやさしい風を送ることができ、体に負担がかかりません。

また、静かで音が気にならないので「やっと眠れたのに扇風機の音で起きてしまった!」ということを防ぐことができます。これは子育て中のママにはとても嬉しいですよね!静かで穏やかな子育て生活を送るためにもDCモーター扇風機を使うことをおすすめします。

さらにDCモーター扇風機の中には羽根なしの扇風機があります。羽のない扇風機の一番のメリットは安全性に優れているという点です。従来の扇風機は羽根が高速回転するため、小さいお子さんがいる家庭では危なくて置いておけませんよね。羽なしであれば万が一手を触れてしまっても怪我をする心配がないのです。

大人気!DCモーター扇風機の最新機種は?

DCモーター扇風機の最新機種①バルミューダ「thegreenfan」

DCモーター扇風機の最新機種1つ目はバルミューダ「the green fan」です。バルミューダは海外のブランドと思われがちですが、実は日本のベンチャー企業です。おしゃれで機能性に富んだ家電を販売していると話題です。そのバルミューダから発売されたthe green fanが大人気機種になっています!

「the green fan」は各種含め全部で4色展開ですが、数量限定で販売されたホワイト×シャンパンゴールドはおしゃれで人気が高かったため、今ではプレミア価格がついていてなかなか手に入らないそうです。他の色もほとんど売り切れになっているため、しばらくは手に入りにくい商品であるといわれています。

さらに専用のバッテリーを購入すれば、コードレスで使うことができるようになります。コードレスで使うと配線がないため、部屋が綺麗にまとまって見えたり、コンセントがない場所でも使用できるようになり、かなり便利ですよね!そんな「the green fan」が人気の理由は下記の5点です。

バルミューダ「the green fan」のおすすめポイント

  • 自然の風を再現しているようなやさしい風
  • つけているのかわからないくらい静か
  • 本体が軽くて持ち運びやすい
  • おしゃれでスタイリッシュ
  • コードレスでどこでも使える

DCモーター扇風機の最新機種②Dyson「PureCool」

DCモーター扇風機の最新機種2つ目はDyson「Pure Cool」です。ダイソンと言えば掃除機というイメージから「Pure Cool」の登場により、ダイソンのイメージはこの特徴のある扇風機のイメージに変わりましたよね。羽のない扇風機ということで一時期かなり話題になりました。

「Pure Cool」は空気清浄機にもなり、扇風機として使いながら空気も綺麗にできるという最強の商品です。夏は扇風機、冬はファンヒーターになる「Dyson Pure Hot + Cool Link」は、家電大賞で賞を受賞するほど評価の高い商品として大注目されました。

「Pure Cool」のおすすめポイントは以下の5点です。扇風機として使いながら、首振り機能を利用すればサーキュレーターにもなり、さらに空気清浄機にもなり一石三鳥ですね。さらにインテリジェントセンサー搭載で、何を検知して何を除去したのかリアルタイムで見ることができます!お値段以上の価値ありですよね!

Dyson「Pure Cool」のおすすめポイント

  • 羽がないため安全
  • 空気清浄機機能がついている
  • サーキュレーターとして使える
  • インテリジェントセンサー搭載リアルタイムに除去したものを確認できる
  • スタイリッシュで場所を取らない

DCモーター扇風機の最新機種③パナソニック「F-CR339」

DCモーター扇風機の最新機種3つ目はパナソニック「F-CR339」です。大手人気メーカーのパナソニックから販売されている機種で、音がとても静かと人気があります。選べるモードがとても豊富で立体首振り機能は他のメーカーにはなかなかないので、サーキュレーターとして使いたい人にはおすすめの商品です。

パナソニック「F-CR339」のおすすめポイントは以下の5点です。縦と横の首振り機能や8段階の風量調節などの豊富な機能があります。温度センサーもついており、風量を5段階で自動に切り替えてくれる便利な機能もついています。機能の種類が豊富で金額以上の価値があると人気があります!

デザインもシンプルで扇風機らしさは残しつつも、スタイリッシュなデザインで人気があります。デザインに一目惚れして購入したという人もいました。パナソニックオリジナルのナノイー機能搭載なので、部屋の空気が気になる人もこれがあれば心配ないですよね!

パナソニック「F-CR339」のおすすめポイント

  • ナノイー搭載で脱臭効果がある
  • チャイルドロックあり
  • 音が静か
  • 立体首振り機能があり、サーキュレーターとして使える
  • 音感センサーがついていて、調節が自動

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機は?

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機①シャープ「PJ-H2DBG」

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機1つ目はシャープ「PJ-H2DBG」です。シャープといえば、プラズマクラスターが有名ですね。シャープの扇風機の特徴は、昆虫の羽根を応用した「ネイチャーウイング」で羽を作っていることが特徴です。蝶々やトンボの羽を応用して開発されたためとても静かなのがポイントです。

「ネイチャーウイング」によって作り出されるやさしい風とプラズマクラスター搭載でイオンを放出することにより保湿効果も生まれ、扇風機を長時間浴びても疲れにくいといわれています。扇風機特有のだるさを感じないためにはこの扇風機がおすすめです。シャープ「PJ-H2DBG」のおすすめポイントは以下の3点です。

シャープ「PJ-H2DBG」のおすすめポイント

  • 充電式でコードレス
  • プラズマクラスター搭載でイオン保湿機能あり
  • 「ネイチャーウイング」で風がなめらか

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機②三菱電機「R30J-DV」

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機2つめは三菱電機「R30J-DV」です。扇風機らしさを残すシンプルなデザインが人気のおすすめ商品です。ある家電量販店では「一番静かな機種」と紹介されているほど静かで、強風で使っていてもほとんど音に気付かないようです。

初期設定の段階で8時間での自動停止機能があるようですが、止まっていたことに気づかなかったという口コミもありました。また、羽をカバーしているファンガードによって風が拡散してしまうことを抑え、よりやさしい風を作ってくれるようです。一般的なACモーター扇風機の風を拡散してしまうという点を改良したそうです。

三菱電機「R30J-DV」のおすすめポイント

  • ついているかわからないほど静か
  • ファンガードによってそよ風を再現
  • サーキュレーターとして風を効率よく送る

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機③日立「HEF-DC70」

静かで人気のおすすめDCモーター扇風機3つ目は日立「HEF-DC70」です。日立「HEF-DC70」はバルミューダのように組み立てが不要です。そのため買ってきてすぐに使うことができます。組み立てることが苦手な人や年齢を重ねた方にとってはありがたいですよね!デザインもシンプルで使いやすいと人気です。

さらに寝るときにとても便利な減灯機能と消音機能がついています。減灯機能とは操作部分のパネルの光を暗めに設定できるという機能で、操作するときの音も消すことができます。おやすみタイマーも2時間起きに設定することができるため、就寝時に活躍してくれる扇風機です。寝てしまって体を冷やす心配がないですね!

日立「HEF-DC70」のおすすめポイント

  • 組み立て不要
  • うちわで扇ぐような微風を再現
  • おやすみ機能搭載

安くて人気のおすすめDCモーター扇風機は?

人気のある安いDCモーター扇風機①アイリスオーヤマ「LFD-304H」

人気のある安いDCモーター扇風機1つ目はアイリスオーヤマ「LFD-304H」です。アイリスオーヤマの家電製品は価格がリーズナブルで購入しやすいことが最大の魅力です。「LFD-304H」はハイポジションタイプといわれ、背が高くなっています。そのため、高い位置から風を送ることにより、効率的に送風します。

送風モードは選べるモードが豊富で、リズムやそよ風などがあります。風量調整も豊富で連続モードでは12段階も選ぶことができ、リズムや快眠モードでは3段階で選ぶことができます。選べるモードが多いと必要な風が送れるのでおすすめです。アイリスオーヤマ「LFD-304H」のおすすめポイントは以下の3点です。

アイリスオーヤマ「LFD-304H」のおすすめポイント

  • 選べるモードの種類が豊富
  • ハイポジションタイプでサーキュレーターとして使える
  • 低価格で購入しやすい

人気のある安いDCモーター扇風機②シャープ「PJ-H2DS-W」

人気のある安いDCモーター扇風機2つ目はシャープ「PJ-H2DS-W」です。購入しやすい価格で、低燃費なところが魅力です。価格が安くてもプラズマクラスター搭載なので嬉しいですね!小型でコンパクトなので使う場所を選ばないので、脱衣所などでも置くことができて便利です。

安いからといって機能が少ないわけではなく、3Dターンやおやすみモード、チャイルドロック、さらに衣類消臭モードも搭載されています。こちらも「ネイチャーウィング」が採用されているため、優しい風を作り出すことができます。色も2色展開で部屋に合わせて選ぶことができるのでおすすめです。

シャープ「PJ-H2DS-W」の押し締めポイント

  • 価格が安くて購入しやすい
  • プラズマクラスター搭載
  • 小型で軽く、サーキュレーターに使える

自分に合うDCモーター扇風機の選び方とは?

自分に合うDCモーター扇風機の選び方①使う頻度に合わせる

自分に合うDCモーター扇風機の選び方のポイント1つ目は「自分の使う頻度に合わせる」ということです。サーキュレーターとしてエアコンと併用したいとか、年間通してご使用を考えているなど扇風機以外の利用目的がある場合はDCモーター扇風機がおすすめです!

最近ではエアコンとDCモーター扇風機を併用することで電気代が節約されたなどの口コミも多く、一緒に使っている人が増えています。夏に涼しい風を広げるためではなく、冬の暖かい空気を部屋中に行き渡らせることもできるため年間通して使う人には必要不可欠な商品と言えます!

自分に合うDCモーター扇風機の選び方②生活スタイルに合わせる

自分に合うDCモーター扇風機の選び方のポイント2つ目は「生活スタイルに合わせる」ことです。体調を崩しやすい体質の人は体にやさしい扇風機で微風を活用したほうがいいですし、仕事で家にはなかなかいないので洗濯物は部屋干しが多いという人にもDCモーター扇風機がおすすめです。

現代では働いている女性や共働きの家庭がほとんどになってきています。そのため、なかなか外に洗濯物を干せずに部屋干しばかりになっているという人も多いです。家電ばかりでなく、部屋干し対応の洗剤も増えてきていますよね。部屋干しでお悩みの方はこちらの記事も参考にして見てくださいね。

DCモーター扇風機は金額以上の価値あり!

今回DCモーター扇風機について紹介してきましたが、DCモーター扇風機は金額が高いことがネックだというクチコミがとても多かったです。ただ、DCモーター扇風機のよさやメリットを知ると、購入時の金額は長期的に見たときに金額以上の価値があると感じました!それでも扇風機に数万円出すのは躊躇しますよね。

そんなときは扇風機としての機能とサーキュレーターや空気清浄機などのサブ機能の両方の点から見てみると、かなり経済的だと感じられると思います。自分の生活スタイルに合わせて選ぶことをおすすめします!他にも家電に関する記事がありますので見てみてくださいね。

WRITER

avatarImage
BELCY_press

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。