Large thumb shutterstock 555423412

ハロウィン向けゴスロリメイク方法|髪型や黒シャドウの塗り方も

更新:2019.06.21

ゴスロリメイクは日本独自のファッションに合わせたメイク方法です。ここでは初心者でも真似できるゴスロリメイクの基本、ハロウィン向けメイク方法などをご紹介します。黒シャドウの塗り方などアイメイクの方法や、ゴスロリに似合う髪型などもご紹介します。

初心者でも出来るハロウィン向けゴスロリメイク方法

初心者でも出来るゴスロリメイク方法【ベース編】

ゴシックアンドロリータ、略してゴスロリファッションはメイクの出来がより完成度を高めます。まずは初心者向けの基本的なゴスロリメイク方法をご紹介します!

ゴスロリメイクは色白陶器肌が基本です。ベースメイクは色白に見える下地を使い、肌全体の血色を抑えつつ滑らかになるよう整えていきましょう。ブルーのコントロールカラーを使うと、血色を抑えた肌色に見えます。

通常なら顔色が悪く見えがちなベースメイクの色ですが、ゴスロリは「病的」なイメージなので、むしろ顔色が悪いくらい真っ白ベースメイクで問題ありません!その上から白っぽいカラーのファンデーション、パウダーで仕上げます。

初心者でも出来るゴスロリメイク方法【アイメイク編】

続いてアイメイクです。ゴスロリはアイメイクが重要なので、ポイントを押さえてしっかりと行いましょう!使用するアイライン、アイシャドウの色は、ブラック系が基本です。

初心者向けアイメイク方法は、まず目の周り全体にシルバー系のアイシャドウを塗ります。ラメが入っているものでも綺麗に見えますよ!続いて目尻のあたりにブラックのアイシャドウを入れ、ぼかします。

アイラインの方法は、リキッドタイプの黒いアイラインで目の周り全体に強くラインを入れます。目尻がきりっと跳ね上がるように、やや強めに入れるのがポイントです。最後にマスカラ、つけまつげでまつ毛にボリュームを出します。

初心者でも出来るゴスロリメイク方法【仕上げ編】

ゴスロリメイクで重要なのがリップです。一般的によく使われる赤やピンクのリップではなく、黒いリップを使いましょう。黒いリップペンシルや口紅を使い、唇全体を黒くしていきます。

しかし初心者がいきなり真っ黒な口紅を使うのは、抵抗がある方もいるでしょう。そんな時は、やや黒みがかった色合いの赤いリップを塗ったり、ファンデーションで唇の色を消してからリップティントでドール風に仕上げる方法もあります。

ピンクや鮮やかな赤、オレンジといった可愛い系統の色でなければ、ゴスロリメイクに合わせても違和感がありません。マットに仕上げる方法でリップが出来あがったら、初心者向け基本のゴスロリメイクが完成です!

ハロウィン向けゴスロリメイクアレンジは?

ハロウィン向けゴスロリメイクはドーランがおすすめ

初心者向け基本のゴスロリメイク法をご紹介しましたが、ハロウィンのように特別な日に合わせたアレンジメイクもご紹介します。ハロウィン向けのゴスロリメイクは、白塗りがおすすめです。

色白肌ではなくガッツリ白塗りにしたい時は、ファンデーションではなくドーランがおすすめです。白いドーランを塗ると、元の肌色がしっかりと消えた真っ白い顔に仕上がりますよ!

ドーランのみだと表面がベタベタしてしまいメイク落ちの原因にもなるので、仕上げにおしろいやベビーパウダーで整えるといいでしょう。ベビーパウダーの使い方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

ハロウィン向けゴスロリアイメイク・黒シャドウの塗り方

ハロウィン向けにゴスロリメイクをする場合は、アイメイクも基本より派手にするといいでしょう。ゴスロリメイクに欠かせない黒シャドウも、目の周りの広範囲に乗せるようにしてください。

少しオーバーかな?くらい派手にシャドウを乗せても大丈夫です。特に目尻の方が広くなるように、黒シャドウを塗りましょう。アイラインもしっかりと引き、つけまつげでまつ毛のボリュームも出します。

更にハロウィンらしいゴスロリメイクに仕上げる為には、カラーコンタクトを入れて目の色を変えてみたり、黒いペンシルで目の周りにペイントを入れたりすると、ハロウィンらしさがアップします。

ハロウィン向けゴスロリメイクは白と黒が基本

ハロウィン向けゴスロリメイクは、基本的に白と黒の2色でメイクを仕上げるようにするとインパクトのあるメイクに仕上がります。通常のメイクの場合、肌色に馴染みやすいファンデーションを使ったり、シャドウやハイライトで調節したりしますよね。

しかし、ハロウィンでやる場合は顔の色をドーランで真っ白にしたり、真っ黒なアイシャドウを塗ったりしてメリハリのあるメイクに仕上げるのがポイントです。

一般的なメイクのようにチークで頬に色味を出したり、リップグロスで唇に艶を出したりするとゴスロリ風にならないので、これらのアイテムは使わないようにしましょう。

ゴスロリメイクに合う髪型3選

ゴスロリメイクに合う髪型①姫カット

ゴスロリメイクに合う髪型、1つ目は姫カットです。姫カットとは顔の両サイド部分をまっすぐに切り揃えた前髪の事で、平安時代のお姫様のようなシルエットになります。

前髪と両サイドの部分を重めに、真っ直ぐに切り揃えることで、ゴスロリメイクやファッションにもよく似合う髪型になります。おすすめは黒髪のストレートですね。まさにゴシック!と言う雰囲気になります。

また、前髪部分をストレートの姫カットにして、それ以外をウェーブさせてもゴスロリメイクにはよく合います。ツインテールなど、ヘアアレンジの幅もありおすすめのスタイルです。姫カットに関する記事はこちらもどうぞ。

ゴスロリメイクに合う髪型②縦ロール

ゴスロリメイクに合う髪型、2つ目は縦ロールです。ゴスロリファッションはドール風のイメージがよく合うので、人形のような縦ロールがおすすめですよ!

いわゆる、ゆるふわ巻きではなく、毛先までしっかりとした形の縦ロールがゴスロリ風です。フランス人形のようにきちんとした縦ロールにしてみましょう。髪色は黒髪や金髪などがおすすめです。

しかし、しっかりとしたドール風縦ロールは初心者には難しいですよね。最近はゴスロリファッション向けのウィッグも販売されているので、自分でやるのが難しい方はウィッグも試してみましょう!

ゴスロリメイクに合う髪型③パッツンボブ

ゴスロリメイクに合う髪型、3つ目はパッツンボブです。ゴスロリはロングヘアが似合うイメージですが、短い髪形なら毛先を切り揃えたパッツンボブがおすすめです。

ポイントは、シャギーや段を入れず前髪など全て真っ直ぐに切り揃えることです。また、髪質に癖がある方は、縮毛矯正をしてストンとしたストレートにすると、より綺麗に仕上がります。

真っ直ぐの黒髪パッツンボブは、ゴスロリとも相性がいい髪型なので髪の短い方でもチャレンジしやすいですよ。こちらもウィッグが販売されているので、髪質的に難しい方はウィッグをお試しください。パッツンボブに関する記事はこちらもどうぞ。

ゴスロリにも合う日本人形メイクのやり方は?

ゴスロリにも合う日本人形メイクの方法①

ゴスロリは西洋風のファッションですが、日本人形のようなメイクもゴスロリに合わせやすいのをご存知ですか?日本人形メイクは日本人の顔立ちにも馴染みやすい為、ゴスロリメイクだと浮きやすい方におすすめです。

ベースメイクはゴスロリメイクと同じように、色白の陶器肌を目指しましょう。ファンデーションは明るい色のリキッドタイプを使い、パウダーで押さえつけるようにマットな仕上がりにするのがポイントです。

また、日本人形メイクは眉の形も重要です。柔らかなアーチを描くような形で、色はナチュラルなブラウン系がベストです。太く濃くなりすぎないよう、淡い眉毛に仕上げましょう。

ゴスロリにも合う日本人形メイクの方法②

日本人形メイクで重要なのが、アイメイクです。アイラインはゴスロリメイクと同じく黒のリキッドがおすすめですが、使用するアイシャドウやポイント使いのアイラインを赤系統にするのがポイントです。

アイシャドウは目の周り全体に乗せるようにします。特に目尻のあたりは重点的に濃く乗せるようにしましょう。次に、黒いリキッドアイライナーで目の周りを縁取っていきます。切れ長に仕上げるのがポイントです。

更に赤いアイラインを使って、目尻周辺をなぞるようにすると、独特のアジアンビューティーな雰囲気が出ます。ここがゴスロリメイクとの違いですが、ゴスロリメイクにも合わせやすいのでおすすめですよ!

ゴスロリメイクを試してみよう

日本独自のファッションであるゴスロリによく似合うメイクや髪形をご紹介しました。ゴスロリメイクは白と黒の使い方がポイントになります。アイシャドウの塗り方など、ポイントを押さえてゴスロリメイクに挑戦してみましょう。

基本のゴスロリメイクからハロウィン向けの派手なメイク、ゴスロリにも合わせやすい日本人形メイクなど、ファッションに合わせてお試しくださいね。ゴスロリメイクで、今年のハロウィンを楽しみましょう!

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。