Large thumb shutterstock 540433786

韓国のコンセントプラグの電圧・形状は?変換プラグ・変圧器も

更新:2020.02.12

韓国のコンセントについてご存知でしょうか。そこで今回は、韓国のコンセントの形状、変換プラグ、電圧、変圧器についてご紹介していきます。今回ご紹介する韓国のコンセント事情をしっかりと理解して、韓国の旅行をスムーズに楽しんでみてくださいね。

コンセントやプラグのタイプって何?変圧器って?

①国によってコンセントやプラグの形が異なる

色んなコンセントプラグ

スマホの充電や家電製品や美容家電などを使うときに何気なく使用しているコンセントやプラグですが、海外に行く際には、必ず確認しておかないといけないポイントです。コンセントやプラグは、日本やアメリカ、イギリスや韓国など、国によって異なる形をしています。海外行く際には、必ず『変換プラグ』が必要になります。

変換プラグを持っていなかった場合、海外でコンセントが使えず、充電や機器の利用ができなくなってしまいます。また、国によっては複数のコンセントプラグの形がある場合もあるので、記載されている全てのタイプの変換プラグを準備しておくようにして下さい。

コンセントプラグのタイプ

  • A
  • B
  • B3
  • BF
  • C
  • O
  • O2
  • SE
変圧器(トラベルコンバーター)・変換プラグをご購入の前に|ビックカメラ

下記の記事では、海外のコンセントの種類や形状についてご紹介しています。海外のコンセントのタイプや電圧など、詳しく知りたいという方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

②変圧器とは国によって異なる電圧を変換する商品

電圧を確認する機器

海外に行く際に、変換プラグと一緒に準備しておくといいものとして『変圧器』があります。コンセントプラグと同様に、国によって電圧も異なるため、『電圧(V)』を変換する変圧器が必要となる場合があります。電圧の異なる国で変圧器なしで使用した場合、故障だけでなく、火災が起こる原因にもなります。

機器のコンセントプラグなどに『定格入力または、INPUT○○V』との記載が対応電圧です。海外に行く際には、必ず電圧(V)の確認をして下さいね。また、最近は、『○○-○○V』と変圧器なしでも海外で利用できる製品が多くなっています。

変圧器の種類

  • ダウントランス(高い電圧を低い電圧に変換)
  • アップトランス(低い電圧を高い電圧に変換)
  • アップダウントランス(低い電圧・高い電圧の両方の電圧変換ができる)

③日本のコンセントプラグはAタイプ・電圧は100V

国により、コンセントプラグや電圧が異なりますが、日本のコンセントプラグはAタイプで、電圧は100Vです。また、アメリカやハワイ、コロンビアやホンジュラスなどは、日本と同じAタイプのコンセントプラグです。日本の電圧は100V、と世界で一番低い電圧となっています。

海外で100Vの機器を使いたい場合は、必ず変圧器が必要です。また、電圧(V)の確認と一緒に、『消費電力(W)』の確認もしておくと良いです。電圧が高くなると、消費電力の容量も高くなるため、ヘアアイロンやドライヤーなどを海外に持っていく場合、消費電力の3倍ほどに対応した変圧器を用意しておくと良いですよ。

日本の電気製品を海外で使う!国別一覧表

韓国のコンセントやプラグは?電圧は?

①韓国のコンセントやプラグはC・SEタイプ

Cタイプのコンセントプラグ

国によって異なるコンセントプラグですが、韓国では、『Cタイプ』と『SEタイプ』です。また、地域や場所によっては、日本と同じ『Aタイプ』の場合もあります。CタイプとSEタイプは、見た目では2ピン(2つの丸い棒)で同じに見える形ですが、SEタイプの方が、少し太いです。

Cタイプのピンの太さは4mmですが、SEタイプは約4.5mmです。ですので、CタイプとSEタイプの変換プラグを準備しておく必要があります。

②韓国の電圧は220V

Cタイプのコンセントとプラグ

日本の電圧は100Vですが、韓国の電圧は220Vです。一部のホテルなどでは110Vの場合もありますが、韓国に出張・旅行など行く際には、220Vに対応しているのかの確認をして下さい。220Vに対応していない機器を持っていく場合には、220V対応の変圧器が必要です。

また、日本のみで使える100Vの機器を韓国で使用したい場合、変圧器は『ダウントランス』あるいは『アップダウントランス』を選んで下さいね。

③韓国の変換プラグ・変圧器の使い方

変換プラグや変圧器は、しっかりと電圧と消費電力に余裕を持った製品を選ぶ事で、簡単に使う事ができます。韓国のみならず、海外へ出張・旅行に行く際には必要なので、購入しておくようにして下さい。また、変圧器は少し高いですが、購入する場合は、電圧・消費電力ともに全世界で使えるものを選ぶと良いですよ。

変換プラグや変圧器の使い方

  1. 使用したい機器の対応電圧(V)が、220Vに対応しているかを確認する
  2. Cタイプまたは、SEタイプの変換プラグをAタイプのプラグに付ける
  3. 変圧器を使用する場合は、変換プラグを変圧器に付ける
  4. 韓国のコンセントに差し込む
  5. スマホの充電や使用したい機器の充電器をコンセントまたは、変圧器に差し込む
韓国のコンセントで充電!電圧は220V!変換プラグの使い方

日本で韓国で使えるコンセントプラグを購入できる場所は?

①家電量販店

変換プラグや変圧器は、家電量販店でも購入する事ができます。ヤマダ電機やエディオン、ビックカメラ、ケーズデンキなど、どの家電量販店でも売られているので、事前に準備しておく事ができます。また、旅行先などに対応した家電の購入もする事ができます。店員さんに聞いて購入できるので、おすすめです。

②ホームセンター

変換プラグや変圧器は、ホームセンターにも売られています。家電量販店に比べて種類は少ないですが、自宅の近くにある場合は、一度確認してみて下さいね。また、大きいホームセンターであれば、種類が豊富にある場合があります。

③空港

飛行機に乗る前の女性

海外へ行く際に利用する『空港』では、出張や旅行に必要なものを販売しているお店があります。必ず必要となる変換プラグや変圧器はもちろん、海外でも使用できるヘアドライヤーや海外で人気な日本製の家電など、出張や旅行、海外に関係する商品を豊富に取り扱っています。

また、空港にあるコンビニにも、変換プラグや変圧器が売られている場合があります。ただ、種類が数が少ない場合があるので、LAOXやカメラのキタムラといった、必ず売っているお店に行くと良いですよ。

日本の空港にある変換プラグ・変圧器を購入できる場所

  • 関西国際空港 3階セキュリティチェック前 LAOX
  • 関西国際空港 3階セキュリティチェック前 Redhorse
  • 羽田空港国際線旅客ターミナル2階 Air Bic Camera
  • 成田国際空港第2ターミナルビル4階 カメラのキタムラ
  • 成田国際空港第一ターミナルビル地下1階 モバイルセンター
  • 成田国際空港第2ターミナルビル地下1階 モバイルセンター
  • 成田国際空港第一旅客ターミナル 北ウイング5階 LAOX
  • 中部国際空港3階 櫻文化堂sakurabunkado
  • 福岡空港 国際線3階 レッドホース
  • 新千歳空港 国際線ターミナルビル2階 コクミン
海外旅行での変圧器・変換プラグの常識と変圧器レンタルについて

④AmazonなどのECサイト

ネットで買い物する人

一番種類が多く、自分の使うコンセントやUSBなどの個数や電圧、コンセントプラグのタイプを好きなように選ぶ事ができるECサイトは、通販の場合、お店よりも値段が少し安い場合もありおすすめです。ただ、送料がかかる、届くまで数日かかる、届くまで実物が分からない、といったデメリットもあります。

ですので、購入するタイプや電圧などが分かっている方にはおすすめです。初めて購入する方や、コンセントプラグのタイプや変圧器がよく分からないという方は、家電量販店やホームセンター、空港などのお店で店員さんに相談しながら購入する事をおすすめします。

⑤100均

変換プラグは、100均にも売られています。店舗によりますが、Aタイプ、Cタイプ、Oタイプの変換プラグで、どれも2ピンのものです。3ピンのO2やBF、B3などは売られていません。また、100円と安く購入できますが、不安な方は、家電量販店や空港などで購入する事をおすすめします。

下記の記事では、100均に売っている変換プラグについてご紹介しています。100均で購入を検討している方や、頻繁に使う物ではないから安いものが良いという方は、ぜひ参考にして下さいね。

韓国でのコンセントプラグの購入できる場所や貸し出しは?

①現地の空港

韓国の空港でも、変換プラグや変圧器は売られています。ですが、空港に売っている変換プラグや変圧器は、韓国から海外に行く方向けの物が多いため、韓国で使える変換プラグや変圧器を探している方は、店員さんに聞くようにして下さいね。

②ホテル

ホテルのフロントに向かう男性

最近では、色んな国から韓国を訪れる方が多く、国によりコンセントプラグや電圧は異なるため、持っている充電器がホテルで使用できるように、変換プラグや変圧器の貸し出しサービスや販売サービスを行なっているホテルがあります。

ですので、変換プラグや変圧器の忘れ物に気づいた場合は、一度、宿泊先のホテルに問い合わせもしくは、フロントで聞いてみると良いでしょう。ただ、ホテルは必ず貸し出しサービスをしているという訳ではないので、まずは、現地の空港で探してみる事をおすすめします。

③ゲストハウス

談笑する人たち

ホテルよりも安く、他の宿泊者との交流ができるゲストハウスでも、一部では、変換プラグや変圧器の貸し出しサービスを行なっている事があります。宿泊代を安くできるメリットがあるため、海外の方の利用が非常に多くいます。

様々な国の方が居るので、ゲストハウスで使える変換プラグや変圧器の貸し出しを行っています。ですが、貸し出しをしていないゲストハウスもあるので、事前に準備しておく方が良いでしょう。

④コンドミニアム

備え付けられている家具や家電

ホテルとは違い、リビングやキッチンなどが備わっていて、住んでいるように過ごせるのが魅力のコンドミニアムでは、一部のコンドミニアムでは、変換プラグや変圧器の貸し出しを行っています。ですので、忘れてしまった場合は、まずはコンドミニアムのフロントで聞いてから、現地のお店などに買いに行くと良いですよ。

【番外編】変換プラグは1つで!韓国で使えるUSB付きコンセントプラグ

ここまで、韓国のコンセントプラグや変圧器の使い方などをご紹介しましたが、変換プラグが一つだけで、複数の機器を使うことができるコンセントプラグがあります。充電器一つに対して変換プラグ一つ持つのは面倒、複数の端末や機器を持っていきたい、という方におすすめです。

①TOPLAND『コンセントタップ2個口&USB充電2ポート』

M keep aspect %e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%ef%bc%91
TOPLAND コンセントタップ&USB充電 2ポート 急速充電2.1A 雷ガード付き M4250W
Amazonで商品の詳細を見る 楽天で商品の詳細を見る

コンセント電源2つ、USB充電ポート2つの計4つの機器を充電する事ができるTOPLANDのコンセントタップです。ノーマルと雷ガード付きで選ぶ事ができ、100-240Vなので、韓国だけでなく、日本や海外でも使用する事ができます。変換プラグが必要ですが、海外に行く際におすすめです。

②TOPLAND『コンセントタップ3個口&USB充電2ポート』

M keep aspect %e5%a4%89%e6%8f%9b%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%ef%bc%93
TOPLAND 3個口 コンセントタップ & USB充電 2ポート 急速充電2.4A 合計1400Wまで M4145
Amazonで商品の詳細を見る

コンセント電源3つとUSBポートが2つ付いたUSB付きコンセントプラグは、変換プラグ1つだけで、5つの機器を充電する事ができます。スマホやiPadなどの充電はUSBポートで、ヘアアイロンやドライヤー、電動シェーバーなどはコンセントプラグと、必要な機器を使用する事ができます。

合計1400W、180度回転で収納ができるコンセントプラグ、手のひらサイズとコンパクトなUSB付きコンセントプラグです。電圧は、100-240Vなので、韓国でも変圧器なしで使用する事ができます。

③SONICER『海外変換プラグ2USBポートA/O/BF/C』

M keep aspect %e5%a4%89%e6%8f%9b%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b0%ef%bc%92
SONICER 海外変換プラグ 2USBポート旅行充電器 A/O/BF/Cタイプ電源変換プラグ
Amazonで商品の詳細を見る

変換プラグが不要なSONICERの『海外変換プラグ充電器』は、A、O、BF、Cタイプのコンセントプラグが付いているので、殆どの国で使用する事ができます。また、USBポートが2つ、コンセントプラグなど、様々な機器の充電ができます。電圧も、100-240Vと、韓国での使用ができます。

韓国のコンセントプラグや電圧を確認して旅行を楽しもう!

Cタイプのコンセント

普段何気なく使用しているコンセントやプラグですが、日本ではAタイプのコンセントプラグ、韓国では丸い2ピンのC、SEタイプです。また、電圧も、日本では100Vに対して、韓国では220Vです。ですので、タイプに合った変換プラグや変圧器が必要です。

変換プラグや変圧器は、家電量販店やホームセンター、空港などで購入する事ができるので、韓国へ旅行に行く方や海外に行くという方は、コンセントプラグや電圧の確認をして、渡航先に合った物を購入して下さいね。

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。