INDEX

グローブの手入れ・メンテナンスで用意すべき物や道具

グローブを手入れする道具①ブラシ

グローブを手入れする道具1つ目は、ブラシです。グローブについた泥や汚れを落とすために必要なアイテムです。メンテナンス用のグローブ専用ブラシがなければ、毛が長めのブラシでも代用ができます。また、細かい部分の汚れを落とすために歯ブラシがあると便利ですよ。

Amazonで商品の詳細を見る

グローブを手入れする専用ブラシが欲しい、そんな人におすすめなアイテムが豚の毛でできた【Rawlingsローリングス汚れを取れブラシ】です。硬くてコシのある豚の毛を使用、汚れをしっかりと落としてくれますよ。

グローブを手入れする道具②スポンジ

グローブを手入れする道具2つ目は、スポンジです。ローションをグローブに塗り込む際に必要なアイテムとなります。スポンジは、レザローション購入時にセットで付いてくる場合が多いため、付属のアイテムを使っても構いません。無い場合は、台所用のスポンジでも代用できます。

Amazonで商品の詳細を見る

使いやすいおすすめなスポンジがこちらの【SK11タイル・内装用スポンジハンディタイプやわらか】です。手にフィットする形が特徴、柔らかいのでグローブを傷付けずにローションが塗れますよ。

グローブを手入れする道具③布

グローブの手入れする道具3つ目は、布です。ローションを塗った後に拭き取る際に必要なアイテムとなります。布は、使わなくなった雑巾や古くなったタオルで代用できます。わざわざ新調しなくても良いため、家の人にいらないタオルがないか聞いてみましょう。

Amazonで商品の詳細を見る

こまめにお手入れしたいからグローブ専用の布が欲しい人におすすめなアイテムが【WHITE BEAR野球&スポーツお手入れ用スポンジ・布セット】です。格安なのに布がしっかりしているので、長く愛用できますよ。スポンジとセットな点も魅力です。

グローブを手入れする道具④レザーローション

グローブの手入れする道具4つ目は、レザーローションです。グローブに染み込んだ汚れを浮かせたり、ツヤ出しや亀裂を防止するために使います。メンテナンスに欠かせないアイテムなので、専用のレザーローションを購入しましょう。

Amazonで商品の詳細を見る

レザーローションも種類が豊富です。ほとんどのレザーローションには、洗浄効果とツヤ出しなどの成分が平均的に含まれています。中でも【WHITE BEARレザーローション】は、1919年創業以来長年グローブの手入れに力を注いできたロングセラーアイテムです。迷ったら、まずはこちらを使ってみましょう。

グローブを手入れする道具⑤グローブ用オイル

グローブの手入れする道具5つ目は、グローブ用オイルです。レザーローションに保湿等の成分は含まれていますが、長持ちさせるためにはメンテナンス手順の中で使った方が良いため用意しましょう。

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめオイルは【ミズノストロングオイル】です。低コストなので使い続けやすい上に、革を柔らかくする効果もあります。メンテナンスするごとに、手にフィットしたグローブになりますよ。以上5つが手入れに必要な道具です。メンテナンス道具の収納にもこだわってみましょう。お手入れが楽しくなりますよ。

Small thumb shutterstock 530972692
関連記事 手紙のおしゃれな収納アイデア15選|DIY術と100均グッズの保管方法も

手紙のおしゃれな収納アイデアをご紹介しています。家族が多ければ多いほど

グローブの手入れ・メンテナンスの方法&手順

グローブの手入れ手順①汚れを落とす

グローブの手入れ手順1つ目は、汚れを落とすです。一番重要な手順なので、しっかりとマスターしていきましょう。使う道具はブラシです。グローブについた泥や砂をしっかりと落とします。細かい部分の汚れは歯ブラシ等で丁寧に落としてください。指の間や紐の結び目も忘れずに落としましょう。

グローブの手入れ手順②拭き取る

グローブの手入れ手順2つ目は、拭き取りです。使う道具はレザーローションとスポンジと布です。はじめにレザーローションを少量スポンジに付けます。その後、全体的に汚れが目立つ部分に集中的に塗り込んでいきます。塗った後は時間を置かずに素早く布で拭き取ります。

\ POINT /

細かい部分は指を使う

細かい部分のレザーローションは、布を指に巻きつけると拭き取りやすいのでおすすめです。

グローブの手入れ手順③乾かす

グローブの手入れ手順3つ目は、乾かすです。レザーローションを塗った後は、グローブの油分のバランスを見るために少し乾かします。新聞紙の上で20分程度放置しておきましょう。

グローブの手入れ手順④オイルを塗る

グローブの手入れ手順4つ目は、オイルを塗っていきます。先ほど放置したことによって、グローブの油分がある場所とない場所が表面に見えてきます。油分の少ないパサついた部分に、オイルを塗っていきましょう。必要な道具はグローブ用オイルです。塗り込んだ後、一晩乾かして布で磨いたらメンテナンス完了です。

\ POINT /

オイルは指で塗ろう

オイルが体温によって溶けることにより浸透しやすくなります。

グローブの手入れが終わったら、手は綺麗に洗いましょう。香りの良いソープを使えば、オイルの匂いも気になりませんよ。おすすめソープはこちらです。

Small thumb shutterstock 365120828
関連記事 いい匂い・香りのマーチソンヒュームおすすめ5選|洗剤/ハンドソープ

今回は、「いい匂い・いい香りのマーチソンヒューム」のおすすめの洗剤・ハ

グローブの手入れ・メンテナンスの際の注意点

汚れを落とす方法はしっかりと行う

グローブの手入れの方法【汚れを落とす】手順は、一番大切なポイントです。砂や汚れがそのまま残った状態でグローブ用オイルを塗っても意味がありません。メイクをしたまま美容液を付けているのと同じことになってしまいます。そのため、しっかりとブラシをかけて綺麗にしてから、次の手順に進みましょう。

グローブ用オイルは塗りすぎない

グローブの手入れの方法【オイルを塗る】手順の際、オイルの塗り過ぎは避けましょう。オイルが必要以上に染み込んでしまい、重たくなってしまいます。グローブ用オイルは、油分の少なくなっている部分と良く曲げる部分に塗ることを意識して、その他の背面などは軽くなでる程度に止めましょう。

また、必要以上にグローブ用オイルを塗ってしまうとオイルにホコリが付いてしまいます。ホコリが蓄積すると衛生面も悪いため、塗りすぎには注意してください。

グローブは潰さない

グローブの手入れをしている時に、持ちやすい形に強く握りしめながらメンテナンスをするとグローブが潰れてしまいます。グローブは皮でできているため、皮の特性上一度潰すと元に戻りません。

皮の間の空気が入り込む隙間がなくなるため、ボールを受けた時のクッション性も損なわれるため、グローブは潰さないような方法で手入れを行いましょう。

グローブが雨で濡れた時のメンテナンス方法

濡れた時のメンテナンス方法①布で拭き取る

グローブが雨で濡れた時の手入れ方法1つ目は、布で拭き取るです。拭き取る際には、ゴシゴシと強く擦ったり泥を全て取り去ろうとせずに水分を取る程度に止めます。無理に擦ると、汚れが広がったりグローブにダメージを与えてしまう場合があるため注意しましょう。泥は乾燥させた後に、取り去るので安心してくださいね。

濡れた時のメンテナンス方法②新聞紙をグローブに詰める

グローブが雨で濡れた時の手入れ方法2つ目は、グローブの中に新聞紙を詰めるです。グローブは皮でできています。皮は水を吸い込むため、表面が乾いているように見えても中まで水分が浸透している場合が多いのです。そのため、水分の吸収率が高い新聞紙をグローブの指の中に詰めていきます。

新聞紙をグローブに詰める方法
  1. 新聞紙を縦10cm×横15cmに10枚分カットする
  2. 新聞紙をクルクルと丸める
  3. 丸めた新聞紙をグローブの指部分に詰めていく

濡れた時のメンテナンス方法③指先を下にして乾かす

グローブが雨で濡れた時の手入れ方法3つ目は、グローブを乾かす手順です。新聞紙を詰めたまま、風通りの良い場所でグローブを乾燥させます。乾燥時は、できるだけ陽の当たらない場所を選んで太陽による皮へのダメージを防ぎましょう。グローブは、指先を下に向けた状態で置いておくと型崩れが防げるのでおすすめです。

濡れた時のメンテナンス方法④通常のグローブ手入れ手順を行う

グローブが雨で濡れた時の手入れ方法4つ目は、通常のグローブ手入れ手順を行います。泥水で汚れた場合、通常の時以上にしっかりとブラシを使って乾燥した泥を取り去ってから、レザーローションを使ってください。

グローブが濡れた時の手入れ・メンテナンス注意点

グローブが濡れた時の手入れで一番有り勝ちな失敗と言えば、乾燥させるためにドライヤーを使ってしまうことです。ドライヤーを使えば早く乾くのは事実ですが、熱によってグローブの形が変形してしまいます。また、皮にダメージを与えてしまう場合もあるため、乾燥は自然に行いましょう。

もし、乾きが遅い場合は、扇風機の風を当てて乾かしてあげましょう。遠目から当ててあげるのがポイントです。使うならおしゃれな扇風機が良いですね。こちらの記事を参考に好きな扇風機も探してみましょう。

グローブの手入れ・メンテナンスの頻度

グローブの手入れ・メンテナンスの頻度は部位により異なる

グローブの手入れは使った時に必ず行ったほうが良い手順と、定期的に行う方法の2種類があります。使う度に全ての手入れ手順をした方が良いと思われがちですが、過剰に手を加えるとグローブに余計な油分を与えてしまう場合があります。よって、リズム良く組み合わせたメンテナンスをするように心がけましょう。

いつメンテナンスをしたのか忘れないように、カレンダーを付けておくと便利ですよ。自分のオリジナルカレンダーを作って、グローブの手入れをしっかりと管理していきましょう。

Small thumb shutterstock 399116026
関連記事 手作りカレンダーの作り方&かわいい作品を紹介。初心者でも簡単DIY!

スケジュール管理に必要なカレンダー。誰でも必ず持っていますよね。スケジ

\ POINT /

メンテナンスの頻度

毎回行う【小メンテナンス】と2週間に1回の【本メンテナンス】

グローブの手入れ・メンテナンスの頻度【小メンテナンス】

そこで、グローブの毎回行う小メンテナンスの手入れについてはじめに紹介します。グローブは使えば必ずホコリや砂が付きます。そのため、手入れ手順①【汚れを落とす】は使った後には必ず行いましょう。その後、手順②と③を飛ばして手入れ手順④【オイルを塗る】を行います。

その時に注意すべきポイントは、オイルを塗る場所です。グローブの内側及び指先のみにオイルを塗っていきます。その他の背面等は、比較的ダメージが少ないため毎回塗る必要はありません。全体的にオイルを塗って磨く分には構いませんが、少量を薄く伸ばすように心がけましょう。

グローブの手入れ・メンテナンスの頻度【本メンテナンス】

グローブの本メンテナンスの手入れは、2週間に1回程度で行っていきます。グローブの手入れ手順①〜④の方法を守ってしっかりと行いましょう。万一、汚れがひどい場合やダメージが気になる場合は、2週間空けなくても本メンテナンスをしてグローブを労ってあげましょうね。

グローブを保管・持ち運ぶ方法

グローブのポケットにボールを挟む

グローブの手入れが行き届いていても、保管や持ち運ぶ際にダメージを与えてしまうとメンテナンスが台無しです。そこで、一番気をつけてほしいこと、それはグローブの型崩れです。皮は潰れたら元に戻りません。そのため、グローブのポケット部分(ボールをキャッチする内側)にボールを挟んでおきます。

自分がボールをキャッチしているいつもの場所にボールを挟んでおくと、グローブが何かの拍子で潰れてしまうことなどの不備が防げます。用意できるのであれば、ソフトボールサイズが理想の大きさです。

グローブホルダーを使う

グローブの手入れ道具と一緒に、グローブホルダーを揃えておくと便利です。グローブホルダーとは、グローブを固定して保管や持ち運びをするためのアイテムです。バンドタイプでグローブを包み込むように固定させます。型崩れが防げるため、ひとつあると便利ですよ。

Amazonで商品の詳細を見る

グローブホルダーのおすすめは【Rawlingsグラブベルト・形ボール】です。こちらの商品には、硬いボールがセットで付いてきます。野球のボールだとグローブに跡が残ってしまうから嫌だ、と言う人におすすめなアイテムですよ。野球ボールより少し大きいため、丁度良いサイズな点も魅力です。

グローブ袋に入れて持ち運ぶ

グローブの手入れが終わり、グローブホルダーで固定した後は袋に入れて持ち運びをするように習慣付けましょう。そのまま持ち運びをしている人が多いですが、ホコリが溜まってしまうため、必ず袋に入れて持ち運んでください。

Amazonで商品の詳細を見る

おすすめのグローブ袋は【ミズノマルチ袋】です。グローブ・スパイク・マスクが収納できる万能な縦38×横34cmサイズです。扱いやすいニット系の生地なので、雨に濡れた時や汚れた時でもサッと洗って簡単に乾きますよ。黒にミズノのロゴが入ったシンプルなデザインも人気です。

グローブは専用袋に入れて保管する

保管する場合は、親指と小指でグローブを支えるように置きましょう。背面が上になるようにします。山をイメージするとわかりやすいですね。グローブ専用袋は、100均で扱われているトートバッグでも代用できます。この機会に、調べてみましょう。名前を付けておくと、みんなのバッグと見分けが付くのでおすすめです。

Small thumb shutterstock 640143919
関連記事 100均のバッグ21選!ダイソー・セリア別!トート/エコ/ビニールバッグ!

100均にはエコバッグからトートバッグまで幅広い種類のバッグが販売され

グローブの手入れ道具を揃えてメンテナンス手順通りにケアしよう

グローブの手入れに必要な道具は【ブラシ・スポンジ・布・レザーローション・グローブ用オイル】の5つです。ブラシなどは、家にある歯ブラシなどでも代用できるため、家の人に一度相談して順番に揃えていきましょう。道具さえ揃えば、メンテナンスの準備は完璧です。

綺麗に汚れを落とした後、レザーローションで汚れを浮かせて綺麗に拭き取り、乾燥させて仕上げのオイルを塗ればメンテナンスは完了です。注意点さえ守れば、綺麗な状態で愛用のグローブが長く使えますよ。保管や持ち運び、雨に濡れた際の手入れ等のアドバイスも、ぜひ参考にしてください。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。