INDEX

お節介焼き・世話焼きの人の特徴5選

お節介焼き・世話焼きの人の特徴①おしつけがましい

善意を押しつけられて困っている女性

お節介焼きの人は深層心理ではどうあれ、善意から世話を焼いています。そのため、時には、「あなたのためだから」と迷惑になるくらいに余計な世話を焼いてくることがあります。「あなたのことを思ってやってあげている」という意識が強いため、相手が迷惑がっていることに気がつかないことも多いです。

何故、おしつけがましいのかというと、視野が狭いために、世の中には様々な価値観があるということがきちんと理解できておらず、自分の物差しをそのまま押しつけてしまうからです。価値観が同じならば、お節介も有益かつ善意となりますが、違う価値観の人には単なる迷惑になってしまうのです。

お節介焼き・世話焼きの人の特徴②人の気持ちを無視する

気持ちを無視されて、嫌がる女性

純粋な好意で、良いことをしてると信じてるお節介焼きな人ほど、相手の気持ちを無視して、世話を焼いてくることがあります。時には無理矢理、焼いてしまいますが、迷惑がられていることに気づかず、自己満足してしまうことも珍しくありません。

相手のためと言いながら、結局は自分が精神的に満足をするためのお節介なので、相手よりも自分を優先してしまうのです。世話をやりきった自分は満足をしても相手の意向を無視していることも少なくなく、有難迷惑になってしまいます。人に好かれたいのに、結局、嫌われてしまうことも多いのも特徴です。

お節介焼き・世話焼きの人の特徴③善意が過剰

親切心を見せつける女性

親切をすることに慣れていなかったりして加減がわからないタイプのお節介焼きもいれば、善意が多すぎて、過剰な親切がお節介へと繋がるタイプもいます。どれくらいのさじ加減なら、感謝をされるのかわからないだけで、悪気はありません。

悪気がないからこそ、周囲は迷惑をしてしまうタイプですが、子ども時代に孤独だったなどの事情から、人と接していたいがために、親切心が過多になり過ぎて、お節介焼きになってしまう人もいます。世話焼きをするタイプの人に何故、世話を焼きたがるのかを尋ね、自覚させましょう。

お節介焼き・世話焼きの人の特徴④世話を焼いている自分が好き

鏡で大好きな自分を見ている女性

誰かを助けたり、世話をできる自分が素敵と思っている人が多いという特徴があります。人の役に立ち、感謝されることで、満足感を得て、ますます自分が好きになり自信を持て、お節介をするタイプです。ただし、自信過剰になるとおしつけがましくなりやすく、余計だったり迷惑になることもあります。

自分に自信がなかったり、落ちこんでいる時に、たまたま誰かを助けたら、感謝をされて精神的に満足をしたために、どんどんお節介焼きが加速してしまった人もいます。心から相手のためになることをしているわけではなく、自己満足を満たすことが重要なので、相手を無視しての好意の押しつけも珍しくありません。

お節介焼き・世話焼きの人の特徴⑤長女が多い

しっかり者な長女

世話焼きやお節介焼きは弱いものを守りたいという母性本能を持っている女性に多く、特に、弟や妹の面倒を見る機会が多かった長女に多い特徴です。長女にはしっかり者も多く、頼りない人などを見るとついつい世話をしたくなるのでしょう。

また、弟や妹を持つ長女の多くは親から、「姉だから」と我慢をさせられてきたことも多く、自分を犠牲にして、他人を優先してしまうことに慣れている人も少なくありません。大人になっても、その性質が抜けず、自分の意見を押し殺してしまいがちです。

お節介焼き・世話焼きの人の心理5選

お節介焼き・世話焼きの人の心理①感謝をされたい

感謝する女性

感謝をされることで、誰かに自分は価値がある存在なのだと認められたいという承認欲求を満たしたい人が多いです。そのため、お節介焼きや世話好きの人は、この欲求を満たすために、自分がやらなくてはいけないことを無視してでも、誰かにお節介をしてしまうという特徴があります。

感謝をされたいという気持ちが強すぎて、相手の要望や意見を無視したり、やりすぎたりと余計なことまでしてしまうことが少なくありません。自分は良いことをしたと思っているので、迷惑をかけていると気づきません。自己満足していることに気づいいていないため、迷惑だと伝えると怒られたり泣かれたりすることもあります。

お節介焼き・世話焼きの人の心理②見返りが欲しい

見返りを差し出す

無意識に見返りが欲しいからと人の世話をする人もいます。このタイプの人は見返りがもらえないとわかると、罵詈雑言を浴びせたりと豹変することもあり、接する時は事前に見返りを用意しておくなどして注意が必要です。やってあげたんだから、お礼をするのは当然でしょという傲慢な心理が隠されています。

見返りがお礼の言葉程度ならいいですが、金品といった形のあるもので欲しがる人もいるので、このタイプの人とは距離を置いて接したほうが無難です。

お節介焼き・世話焼きの人の心理③コントロールしたい

男を捕まえようとする手

誰かの世話をすることで、その人をコントロールしたいや自分に依存してほしいという心理が潜んでいる場合があります。世話をすることで、相手を自分に依存させ、気付かれないままにコントロールしてしまうのです。支配欲が強い以外にも強いストレスを抱えている場合が多いです。

何かしらの焦りや不安があるからこそ、それが強いストレスになり、誰かをコントロールしたいという欲求に繋がっていることが多いです。

お節介焼き・世話焼きの人の心理④余計なことまで詮索するのが好き

秘密を聞いて驚いている女性

世話をしたいのではなく、本当はあれこれと詮索をしたいので、世話をするフリをする人もいます。秘密を握るのが好きなタイプで、この手の人は、話を聞き出すためのコミュニケーション能力が高い人が多いのも特徴です。

詮索好きな人は人の弱みを握ったり、不幸を喜びたいという心理が潜んでいることが多いです。自分よりも格上だとわかれば、途端に手のひらを返し、嫉妬や妬みを向けてくることもあります。この手の人は自分よりも格下だと思っている人に対しては優越感を持てるため、優しいことも多いです。

お節介焼き・世話焼きの人の心理⑤悪く思われたくない

悪く思われたくなくて、愛想を振りまく女性

人から嫌われたくないからと、ついついお節介焼きをしてしまう八方美人の心理が隠されていることがあります。過度に自分に自信がなかったり、人間関係に支障をきたしたくないからと無理をしてしまうタイプです。

人に嫌われたくないという思いが強いタイプほど、お節介を焼く以外にも嫌われたくないために、その場しのぎのを嘘をつくこともあり、嫌われたくないからとお節介を焼く人との接し方には注意が必要です。

迷惑なお節介焼きな人への対応方法は?

迷惑なお節介焼きな人への対応方法①距離を取る

距離を取り合っている人たち

世話焼きの人に注意しても、暖簾に腕押しということも少なくありませんし、せっかくの善意を否定されたと怒る人もいます。相手を変えることは難しいので、距離を置いて接することが無難な対応です。ハッキリと迷惑だと言ってしまうと、「あなたのためにやったのに」と怒りを買って、トラブルの元になってしまいます。

世話焼きの人は感謝されたいという気持ちで動いています。そのため、挨拶をする程度の素っ気ない態度をし続ければ、気持ちを満たしてくれない人ということで、世話好きの人から離れていってしまいます。

迷惑なお節介焼きな人への対応方法②スキを見せない

断固隙を見せない人

お節介焼きな人は詮索好きも多いです。そのため、余計なことは言わないようにしたり、しないようにして、スキを見せないことが大切になります。お世話をするのは自己満足を満たしたい、注目を浴びたい、優越感に浸りたいとかなり自分本位の理由が多いため、注目を浴びたいために人の秘密を言いふらす人も少なからずいます。

迷惑なお節介焼きな人への対応方法③自分の都合のいいように使う

気づかないうちに、相手の都合良く動いている女性

自分の都合のいいように使うとは言葉が悪いですが、世話焼きな人は感謝されたい、満たされたいという心理で動いているため、非常に動かしやすいという特徴もあります。逆に、敵に回すと、「せっかくやってあげたのに」と怒ってしまうため、相手を満足させつつ、こちらの都合の良いように扱ったほうがトラブルになりません。

また、このような場合はお礼を言うようにすると角が立たないでしょう。下記の記事では、「お世話になりました」という言葉についてまとめていますので、参考にしてみてくださいね。

お節介焼きな人とは上手に付き合っていきましょう!

友人にアドバイスをしている女性

世話焼きの人が、世話を焼くのは自己満足を満たしたいという心理があるからです。しかし、善意でやってあげていると心から思っている人も多く、迷惑だと伝えただけで、怒りだしたりと厄介な人もいるのが事実です。ただ、適度な距離感を保つことができれば、面倒事を引き受けてくれる便利な人にもなってくれます。

距離が近過ぎれば、どんどん踏みこんできて、依存してくるような厄介な人にもなりますが、適切な距離感さえ維持できれば、付き合いやすい上に扱いやすい人とも言えます。お節介焼きの人とは適切な距離感を持って接しましょう。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。