INDEX

慈しみの意味は?

慈しみの意味は「慈愛」

男女

慈しみの意味として、「慈愛」や「恵み」という事が意味となります。慈愛というのは、よく母性にも例えられ、母親が子供に惜しみない愛を与えるという事も慈しみの意味として代表的なものです。相手を愛する想いこそが慈しみという意味という事になります。

慈しみという意味での愛する想いというのは様々ある

握手

慈しみに関する想いというのは、何も親が子供に対して与える愛情だけではありません。例えば、子供が親を想う気持ちや恋愛をしている相手に与える愛も同様に慈しみという言葉で表現されます。「好意」「優しさ」などその愛の形は様々であるという事がお分かりいただけると思います。

ここに、無償の愛を与えてくれる人についての記事がありますので、この記事を参考に、慈しみを与える事ができる人とはどんな人を指すか理解する為にも併せて読んでみて下さいね。

Small thumb shutterstock 538699558
関連記事 無償の愛を与えてくれる人・愛情がある人の特徴17選|無償の愛の意味とは?

みなさんは、「無償の愛を持っている人」と聞いてどんな人を思い浮かべます

慈しみの類語は?

慈しみの類語として「慈愛」がある

女性

「慈しみ」という言葉の類語として、代表的な物が「慈愛」ではないでしょうか?他にも、「恩愛」や「温情」と言った類語があります。慈しみという言葉は、相手を労うという意味でも使われる事があるので、そういう意味でも真心や親切心、許容などと言った言葉も類語として数えられます。

慈しみの類語には相手を思いやる気持ちが多い

親子

「愛しい」「思いやる」という言葉も類語として考えられています。慈しみという言葉自体には、相手を思いやる気持ちの表現が多く含まれているという事がわかりますよね。その為、類語にもあまりネガティブな表現はないという事も言えます。また、無償の愛や感謝の気持ちなど無慈悲である類語が多いのも特徴です。

ここに、愛情深い女性の特徴をまとめた記事がありますので、この記事を参考に、愛があるという事がどんな意味を指すのかという事を今一度理解する際の、参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 278161865
関連記事 愛情深い女性の特徴13選をご紹介!愛があるとはどんな事?

今回は、愛情深い女性の特徴を13選にまとめ、ご紹介していきます。愛情が

慈しみの使い方7選

慈しみの使い方①相手を諭す時に使う

男女

例えば、ある人が両親から叱責された事に対して、不満を言っているとします。しかし、両親がその人を叱責したのは、あくまでその人の事を想っての行動ですよね。両親から私たちが与えられる愛情というのは、「無償の愛」です。その為、その愛情というのは、愛情以上の物という風に捉えます。

相手を諭す際に、「あなたの両親は、あなたの事を慈しんで育てたんだよ」という風に言った場合には、あなたに対して惜しげもない愛情を注いで育てたという事を理解してもらう為にこの表現を使って説明する際に、使う事ができます。

慈しみの使い方②想いを汲む時

親子

愛している人の話をしているのを見た時に、「あなたと話している雰囲気からあなたが彼女の事をどれだけ慈しんでいるのかその想いが伝わってきたよ」という風に表現する事ができます。愛している人の話を誰かにする時というのは、それだけその人の事を想う気持ちに溢れていると言えます。

その為、愛している人の話をしている時のその人の表情を見れば、その人がどれだけ愛しているのかという事をうかがい知る事ができるのです。その為、あなたが話を聞いている側であるとすれば、話している人に対して「あなたが彼女の事をどれだけ慈しんでいるかがわかったよ」という風に使う事ができるのです。

慈しみの使い方③戻れない過去を想う時

入院

人の死に直面した時や病気の人と接する時に、その人が元気であった時の事を想って過去の戻れない時を想って慈しむ事ができます。例えば、夫婦である場合には旦那さんがもうすぐ死ぬという場面で、過去にもう少し優しくしてあげれば良かった、もっと色々な場所に出掛けたかったという風に相手の事を想いながら思い出します。

その時というのは、自然と相手の事を想いながらあれこれ思い出すものです。人は、人を愛するという事に限界を感じにくいものです。どれだけ愛しても愛しきれないという言葉があるように、過去の戻れない日々を想って慈しみ、相手を想うという事に限界はありません。

もっと愛してあげれば良かったという風に感じる時こそ、過去の戻れない日々に思いを馳せているという時に慈しみを感じるという事なのかもしれませんね。

慈しみの使い方④二人の関係について使用する

男女

お互いが慈しみ合っている、という風に、二人ともに慈しみの念があるという時にも使用する事ができます。愛し合うと混同してしまう事もあるかもしれませんが、愛し合うよりももっとお互いの事を心から想い、自分よりも相手を優先するような気持ちが心情に表れているという事も言えます。

また、「慈しみ」というのは、古来から日本らしい奥ゆかしい心情を表現する表現法として使用されてきました。その為、この言葉を使った俳句や歌などが多く残されています。愛する相手に対して贈る歌を作る際には、必要不可欠な言葉であった事がこの事からもわかりますよね。

そして、その歌を受け取った相手もまた、相手の事を想い、慈しみという言葉を使って歌を返すというやり取りがなんとも、奥ゆかしいですよね。相手の事を大切に想う気持ちが、込められた言葉であると言えます。

慈しみの使い方⑤見守る時

家族

これは、両親が子供に対して使う場合に使われる表現です。「可愛い子には旅をさせよ」という言葉があるように、適度に見守りながらも手を放すという事も大事だと思います。しかし、親としては手を離さなければいけない事は分かってはいても、やはりそれなりに心配もありますよね。

そういう意味でも、その様子を「慈しみの目で見守る」という風に表現するのです。見守る目には、慈しみの想いが込められているだけでなく、応援の気持ちも込められているのでそういう意味でも、親の想いが理解できると思います。

慈しみの使い方⑥無償の気持ちで何かをやる時

テレビ

「慈善活動」という言葉を聞いた事がある人も多いと思います。慈善活動というのは、報酬を得るわけではなく、自分のやりたいという気持ちのままゴミ拾いをしたり、何かの活動をするという事を指します。また、貧困世帯において何かの手助けをしたいという気持ちが強く表れているというのもポイントです。

相手に対して情けを掛ける事という意味で使われますが、その活動を通して何かの手助けがしたい、という想いが込められています。

慈しみの使い方⑦相手を思いやる時

子供

「慈愛」という言葉を先ほど紹介しましたが、慈しみという言葉の対義語に「憎しみ」という言葉があります。人を憎むという事は、比較的簡単です。しかし、どんな人に対しても慈しみの気持ちで接するという事は難しいという事が言えます。他人に対して、憎しみの気持ちを持った事がないという人はいませんよね。

しかし、逆に慈しみの気持ちで相手と接する事って案外ないと思います。その為、誰かを慈しみ、想う気持ちという事がいかに大切な事かという事を今一度、理解する事が大事な事だと思います。ここに、元カレに対しての憎しみを抑える方法についての記事がありますので、参考にしてみて下さい。

慈しみの心を持つ人の特徴5選

慈しみの心を持つ人の特徴①人を責めない

喧嘩

誰かを責めるという事は、自分の思い通りに行かなかった時ではないでしょうか?自分の思うように相手が行動してくれなかった時や他者が自分の希望している物をくれなかったりした時には、人は途端に責めるという行為をし始めます。しかし、慈しみの心を持った人というのは、他者を責めるという事はまず、しません。

子供が何か悪い事をした時に、親は叱る事はあっても責めるという事はしませんよね。それは、親が子供に対して惜しげもない慈しみの心を持って接している事が関係しています。親は、子供の為を想っての気持ちが子を叱るという事に繋がっているのです。この感情を他人に対して持つという事は、容易な事ではありません。

しかし、この気持ちを他人に対して持つ事ができれば、自然と相手の事を慈しみ接していく事で、自然と相手もあなたに対してそうしたいという風に感じてくるという可能性もあります。

慈しみの心を持つ人の特徴②他者の本音を聞く

男女

相手のあるがままを受け入れるという事は、容易ではありません。血のつながりがあったとしても、子供も一人の人間です。その為、自分と全く同じ価値観を持っているという事はまず、あり得ません。自分とは違う人間の考えをそのまま受け入れようとするには、まず相手の話をよく聞く事です。

相手と懇意になってくると、自然と相手の事を理解しようとしなくても理解できているかのような錯覚に陥ってしまうので、そういう意味でも意見の食い違いが起こってしまうという事も否めません。その為、どんなに親しくなった間柄であっても、必ず面と向かって話し合うという事は大事な事です。

相手の本音を聞こうとする姿勢こそが、相手にもあなたが本当に自分の事を理解しようとしているんだという風に思わせる第一歩です。もし、仲の良い相手と最近、イマイチ理解し合っていないような感じがあるのであれば、一度話し合ってみるというのもおすすめです。

慈しみの心を持つ人の特徴③きちんと向き合う

喧嘩

他者の本音が、必ずしもあなたの考えていたものだとは限りませんよね。その為、あなたが聞きたくなかった事も聞く事になってしまう事もあるでしょう。慈しみというのは、相手のそのままを受け入れる事です。そして、その事を聞いたうえで相手を受け入れながらも愛すという事になります。

これは、子供と親の間でのやり取りでも多く見られますよね。しかし、子供も一人の人間として認識し、自分の思い通りに動かないという事であっても頭ごなしに怒っては相手も余計に話を聞いてくれません。そういう意味でも、一人の人間としてしっかりと見つめ、「この子はこういう性格なんだ」という風に理解しましょう。

そして、それも一つの個性として認める事も大事な事です。相手の個性を認めるという事は、案外難しい事ですが、その事で相手とも意思疎通ができるようになる事も少なくありません。ぜひ、お互いの事を認め合うという事を意識した行動を心掛けましょう。

慈しみの心を持つ人の特徴④絶対の安心感がある

男女

小さな頃、親にどんなに怒られても両親の事を嫌いになったという人はほとんどいないと思います。それは、あなたの事を想って言ってくれているという風に感じているからです。

中には、そうは思わないという人もいると思いますが、その場合には理不尽な怒り方をされたり、自分の感情のまま怒りをぶつけられた事があるからではないでしょうか?そうなれば、あなたに対しての愛情を感じる事もなく、疑念しか残りません。そうではなく、愛情を感じる叱り方はしっかりとあなたに残ります。

慈しみを感じる怒り方で育てられた子供は、親に対して安心感を感じて育つという事です。両親の愛情を感じながら育った子供は、自分の子供に対しても同様に慈しみを持って接する事ができるのです。

慈しみの心を持つ人の特徴⑤損得勘定で行動しない

女性

自分可愛さに自分に損と感じる事に関しては、そうならないように行動してしまうのが人間です。しかし、慈しみの感情を持っている人は、相手に対して見返りを求めません。ただ、自分がそうしたいからしているんだ、という風な認識ですので、自分が損をするという事ではなく、その笑顔を見たいが為に行動するという事です。

また、そうではなく、無意識にそうしたいという気持ちがあなたを動かしているのであれば、無条件にあなたが相手を想っている証拠でしょう。そういう場合には、自己犠牲の精神はないという事になります。ここに、自己犠牲の精神とその心理や特徴についての記事がありますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Small thumb shutterstock 252025963
関連記事 自己犠牲の精神とその心理・特徴とは?我慢する人からの卒業方法15選!

いつも自己犠牲の精神で他人に尽くしてしまう、本音を言えない、そんな人は

相手を想う気持ちが強いほど慈しみの気持ちを得やすい

今回は、「慈しみの特徴やその意味」を中心に、類語や慈しみという言葉の使い方についても触れてお話してきました。慈しみという言葉は、一見すると特別な人しか身に着ける事ができない精神であるという風に感じる人もいると思いますが、ちょっとした意識を変えるだけで身に着ける事もできるんです。

相手を想う気持ちが強ければ強いほど、相手に対してしてあげたいという気持ちが強くなりますよね。そういう意味でも、慈しみの精神を身に着けるという事は、難しいようで実は簡単な場合もあります。子供を産むと考え方が変わるとよく言いますが、それと同じで守るべきものができると途端にできるようになる事もあります。

もし、慈しみの気持ちを持って相手と接したいという場合には、まずは自分自身の考え方を改める事が大事な事です。そうする事で、相手に対して無償の愛を注ぐ事ができるはずです。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。