Large thumb shutterstock 325858112

猫なで声の意味とは?女性の気持ち悪い甘えた声の心理8選&男性の印象も

更新:2020.07.19

猫なで声で甘えている女性は結構近くに居ますよね?実際に猫なで声について調べてみました。辞典からは「撫でられている猫の様子に例えられた表現」と言うことだそうです。 ”気持ち悪い”といわれる理由から、その声の心理。隠された意味と男性の本音まで、全てを解き明かします!

猫なで声とは?特徴と意味や類語は?

猫なで声とは甘え声のこと

「なでられている猫の様子に例えられた表現」という言葉どおりにイメージしてみると、確かに”ゴロニャン”という可愛い姿が浮かんできます。ですが、実は大人の猫どうしで”猫なで声”を発することは、まずありません。子猫が母猫に甘えるときや、猫が人間に甘えるときに、この「猫なで声」は使われているんです。

女性が猫なで声をつかう意味とその理由

赤ちゃん

女性のみに限らず、大人の人間はいつ「猫なで声」を使うのでしょうか。それは”庇護される”ものとしてみられたいときや、”自分をか弱いものとみせかけて要求をとおしたい”などの心理が働いたときです。”気持ち悪い”という印象を受けてしまうのは、計算して媚びている気持ちが伝わってきてしまうからなのですね。

哺乳類の子供が愛くるしい姿形をしているのは、庇護本能を刺激するためでもあります。子供のように愛らしい声を発することで、相手の”本能”を逆手にとってコントロールしようとする、ある意味女の怖さを感じてしまうような戦術ともいえますね。

猫なで声の特徴と類語

甘え

そのほかにも類語として「鼻にかかった声」や「甘ったるい声」と表現されることもあり、高いトーンで舌ったらずであったり、ゆっくりと話す声が特徴的です。意識的にしろ、無意識にしろ”故意に”発されている「機嫌をとるための優しく媚びる声」を意味しています。

また「猫なで声」には”褒め言葉”というイメージは全くなく、特に同性の女性からは、”気持ち悪い”という声の方が圧倒的に多いですね。ですが実は”武器”となる1つの手段ともいえます。その意味を紐解いていくために、まずはその心理について考察していきたいと思います。

占い師の先生に電話で聞いてみる

最近は電話占いという形で恋愛や占いに関して先生と相談して解決されている方が多くなりました。あなたも恋愛で悩んでいることや、運気など占い全般に関してご質問したいことがありましたら是非電話占いヴェルニをチェックしてみてください!

猫なで声をする女性の心理8選

猫なで声をする女性の心理①甘えたい

甘える心

「猫なで声」を発する女性の、1つめの心理としては、まずこれでしょう。子猫が母猫に甘えるように。飼い猫が飼い主に甘えるように。心を許し、自分を慈しんでくれる存在に甘えたいと願ったときに発する、ごく自然で、素直な感情表現ですね。

偶然耳にしてしまった通りがかりの皆さんにとっては、「気持ち悪い!」の一言につきるその声も、その女性が愛されている証拠なのだと思うと、ちょっと心がほっこりしませんか?

猫なで声をする女性の心理②好きな男性を前に感情が高ぶっている

恋

2つ目は男性にとっても可愛らしくうつる、この心理。嬉しいことがあると、思わず声が高くなりますよね。「わ~!嬉しい!!!」という言葉を低音ボイスで発すると、棒読みか、どこか嘘くさく聞こえてしまいます。

実は語源の”猫”ですらも、喜びのあまりに気持ちが高揚すると、声がうわずるそうなのです。好きな男性を目の前にして感情が高ぶり、気持ちを隠せない様子。こちらも初々しくて微笑ましい、感情の表れといえますね。

猫なで声をする女性の心理③お願いごとを聞いてほしい

お願い

恋人、友人、家族やお仕事先の同僚など、必ず誰しも何か”お願いごと”をした、という経験は1度はあるでしょう。相手にとってその”お願いごと”が歓迎される内容でない場合、どうしますか?脅迫する?モノで釣る?そんなことをしてしまったら「そして誰もいなくなった」状態になってしまいます。

そんなときに使っているのがこの「猫なで声」。無意識のうちに使っている人も多いのではないのでしょうか。”自分は弱い存在なのだとみせかけ、相手に快く引き受けてもらう。"ちょっと計算の入ったこの行動。プライベートのみではなく、ビジネスの場でも、男女を問わずに使っている人を度々みかけますね。

猫なで声をする女性の心理④言いだしにくいことがある

困る

「お願いごとがあるとき」と少し似ていますが、こちらは”後ろめたいこと”や”許してほしいこと”があるときに「まず相手の機嫌をとってから言おう」という思惑が働いています。

確かに、感情の起伏がモーレツに激しい女性の機嫌が最高潮に悪いときに”ごめ~ん。あんなに楽しみにしてくれてた約束なのに、守れなくなっちゃった。てへ。”なんて言ってしまった日には・・・きっと荒れ狂う「たたり神」が誕生してしまいますね。

”媚びている”という表現にはなってしまいますが「まず、機嫌を整えてもらってから、話をしよう。」と思うのは、決して悪いことではないのです。

猫なで声をする女性の心理⑤好かれたい気持ちが強い

好かれたい

特徴としては、何よりも人間関係を大切にしており、周囲の人の目を気にする女性に多い心理「好かれたい」。相手が異性とは限らず、自分の居場所を作ったり、受け入れてほしいと願っている女性が発することが多いです。

この場合、誰にでも常に「甘えた声」で話していますので「猫なで声」を"使っている"というより、「猫なで声」が地声なのでしょう。男性に勘違いされてしまったり、女性に敵視されてしまう、損なタイプともいえますね。

猫なで声をする女性の心理⑥相手を探っている

探る

「猫なで声」とは”庇護本能をくすぐる声”であることは冒頭に説明しましたが、相手の警戒心をとくときにもこの声は使用されます。”本音”や”本性”は気を許した相手にしかみせませんよね。

”怒ってるのかな?”など相手の言葉や気持ちを引き出したいときに、「自分は敵ではない」という主張をして、相手よりも立場を弱くみせかける意味としても、この「猫なで声」は有効なのです。

猫なで声をする女性の心理⑦アラサーに嫌われる「気を引きたい」心理

気を引く

一方、意識的に異性や商売相手の“気を引こう”として発している場合もあります。また、先にも述べたように、女性が男性に対して”好意”がある場合にも気持ちの高ぶりとして「猫なで声」は表れますが、同様に”気を引きたい”場合にも意図的に発することがあります。

社会にもまれたアラサー女子は、瞬時にこの「猫なで声」を見抜き、後輩の媚びを”気持ち悪い”と感じます。「危険な猫なで声」と「自然な猫なで声」。注意力を養って、だまされないようにしたいものですね。参考として「同性に嫌われる女性の特徴」を記載した記事がありますので、ぜひ合わせてご覧ください。

猫なで声をする女性の心理⑧相手を怖そうだと感じるときに発動する防衛本能

こわい

最後の心理として挙げるのは”自己防衛”です。できれば存在感を消していたいのですが、怖そうな相手にどうしても話しかけないといけないときがきたら、そのときは猫が床に転がって”お腹をみせるポーズ”「まいった」をするか、この「猫なで声」を使うしかないでしょう。喧嘩を売られたらたまりませんもんね。

”可愛らしくみせて、戦意を喪失させたい”や、自分を”守るべき存在”と印象づけたいという心理が表れたときの行動です。怖そうな相手を目にすると、自然と声のトーンは高くなってしまいます。出来れば使いたくないケースですね。

猫なで声をする女性に対する男性が思っていることは?

女性の猫なで声への本音

驚

当たり前といえば当たり前ですが、男性は女性の”甘く高い声”は大好きです。舌ったらずでゆっくりとした話し方も「女らしくてツボをつかれる」という男性の声は多数耳にします。

女性の間で多少”ぶりっこ”と言われていても「甘えられるのが大好き」で「女性を守ってあげたい」男性としては、全く気にならないのが本音でしょう。ですが、気を引くために「猫なで声」を使ってしまうと話は別です!「猫をかぶっている」と思われてしまいます。

特に男性と話すときは”甘く可愛らしい声”で話しているイメージの女性が、同性と話をしているときに”凄く低いトーン”で荒い言葉を使っているのを、偶然耳にしてしまうと、途端に気持ちが冷めてしまうこともあるようです。

男性心理を読み解く!「猫なで声」はこう使おう!

笑顔

つまり心を許している相手からの甘えた「猫なで声」や、自分への好意が思わずあふれ出るような、気持ちの高ぶった「猫なで声」は大歓迎なのです。男性に接するときだけでなく、素直な感情表現ができる女性というのは、人としても、とても可愛らしく魅力的ですよね。

一方で”賢い女性”が好きな男性も多く「落ち着いた声や話し方」にも高い人気があります。”自分を可愛らしくみせよう”と「猫なで声」を使うのではなく、”自然なままの姿や声”で男性と接するほうが魅力的にうつり、心も愛される素敵な女性になれるのだと思います。

恋愛上手で飾らない「自然体な人になる方法10選!」の記事もありますので、”女子力アップ”と”意中の彼の心をわしづかみ”にするためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね。

気持ち悪い猫なで声をする女性への対応方法は?

「危険な猫なで声」を使うのは女性の方が多い!

見分ける

相手がどういう心理で「猫なで声」を使っているのかを見分けることは難しく、もしかしたらその姿は”みせかけ”で”欺かれている”のかもしれません。女性は”内面と外面のきりわけ”が脳学的にも男性より優れているといわれていますので、外面のみで「猫なで声」を使うのは、女性の方が得意なのです。

「気持ち悪い」と感じたときの対処法と注意!

ビジネス

もしもなんとなく”嫌だな”と耳障りのする「猫なで声」を使う人が目の前に現れたときには、わざと毅然とした態度で言葉は短く、ビジネスライクに返しましょう。相手のペースには乗らず、低いトーンで話し続けると、自然と相手の声も本来の”低い声”へと変化してきます。

決して”気持ち悪い”と刺激して怒らせたり、泣かせたりしないようにしてくださいね。相手は”内面”と”外面”をきりわける計算上手です。次にどんな手段を使うかわかりません。自分が損することのないよう、あくまで大人として普通に接しましょう。

猫なで声との上手な付き合い方

芽

色々な意味をもつ「猫なで声」。”気持ち悪い”というイメージが強いですが、複雑な心理がからむため、一言で悪いものとは言い難いですね。

「猫かぶり」である「猫なで声」はある意味騙された気持ちにしてしまうのでおススメしませんが、素直な心から表れる「猫なで声」は、心を許す家族や恋人といつまでも仲良く暮らすためにも、たまには使ってみてもよいのではないでしょうか。

個人的には猫ちゃん達の名誉のためにも、気分を害してしまう使い方をする人が減り、子猫のような”素直さや可愛らしさをイメージできる褒め言葉”を主流として、いつか世に知られるようになると良いな、と心から願っています。

占い師の先生に電話で聞いてみる

最近は電話占いという形で恋愛や占いに関して先生と相談して解決されている方が多くなりました。あなたも恋愛で悩んでいることや、運気など占い全般に関してご質問したいことがありましたら是非電話占いヴェルニをチェックしてみてください!

WRITER

avatarImage
BELCY編集部

●商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。
商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。