INDEX

自作サインの考え方は?

自作サインの考え方:自分の好み

ノート

自分自身のために、何かサインを作りたい!そう思ったことは一度くらいありませんか?有名なスポーツ選手やアーティスト・芸能人などのサインを見るとかっこいいと感じたり、自分も作ってみたいなと思ったりしませんか?自己満足でも構いませんから、一度自分のサインを考えてみてはどうでしょう。

自作サインの考え方:好きな芸能人や作家のサインを参考にする

読書

いきなり自分のサインを考えようと思っても、初めはなかなか思いつかなかったり、何から始めたらいいのかわからなくなってしまいますよね。ゼロから何かを生み出すのはとても難しいものですから、まずは自分の好きな芸能人や作家さん・アーティストなどのサインを見てみましょう。

よく見てもらえると分かるのですが、人それぞれサインには特徴があるのです。漢字を使っているもの、アルファベットのもの、イニシャルをアレンジしているものなど、人によりサインのデザインが全然違っています。好きな芸能人のサインなどをよく見て、参考にされてみてもいいかもしれませんね。

かっこいい英語サインの作り方は?

かっこいい英語サインの作り方:筆記体を活用する

書く

かっこいいサインの特徴として挙げられているのが「筆記体」です。芸能人やアーティストなどのサインでは、筆記体を使用している人が一番多いのではないか?とも言われています。一番簡単に、そしてかっこいいサインができるのでメジャーな方法なのでしょう。筆記体さえ覚えてしまえばまずは簡単にサインが作れるでしょう。

なのでまず、サインの作り方や書き方に困ったのなら「筆記体」を利用してみてもいいでしょう。筆記体を覚えておいても損はないでしょうし、筆記体で文字をかける人は珍しいので、周囲の人からもかっこいいと思われるかもしれませんよ。また筆記体のサインならビジネスでも活用できますからおすすめですよ。

かっこいい英語サインの作り方:イニシャルにする

イニシャル

かっこいい英語サインの作り方の二つ目は「イニシャル」です。それぞれ私たちの名前には、名字と名前がありますよね。これをローマ字に変換して、頭文字だけを持ってくるのが「イニシャル」です。例えば「山田 太郎」だったら「T(太郎).Y(山田)」となります。

イニシャルに変換させて、先ほどもご紹介した「筆記体」と一緒にしてもかっこいいサインが完成するでしょう。イニシャルを自分のサインに使うのも、割とよくあるサインの作り方ですので、おすすめできます。またイニシャルの場合は、わかる人にしかわからないようなシークレット感もいいですね。

かっこいい英語サインの作り方:メリハリをつけたデザイン

デザイン

筆記体やイニシャルに慣れてきたなら、ここからは「オリジナル性」を考えてみましょう。筆記体やイニシャルと言ったサインは、あくまでも基本形です。同じようなサインを使用している人も多いでしょうし、名前が似ていたり同じ人と被ってしまう可能性もぬぐいきれません。慣れてきたのならオリジナリティを出します。

かっこいい英語サインの作り方として一番効果的であり、比較的簡単なのが「メリハリ」をつける作業です。線の太さを変えてみたり、伸びた部分に少し強弱を加えてみたりして言って、オリジナル性の高いサインが作れるでしょう。

かっこいい英語サインの書き方とコツは?

かっこいい英語サインの書き方とコツ:繊細なイメージで書く

書く人

「かっこいい英語サインの作り方」について、理解できましたら次は英語のサインの書き方やコツについても掘り下げていきましょう。英語のサインを書こうとしても、初めのうちはなかなか書き方をつかむまでは難しいかもしれませんね。まず英語でサインを書くときは、繊細さに気を使ってみてくださいね。

ひらがなや漢字で書くサインと比べて、英語で表現するサインは文字の細さや繊細さがとても際立ちます。書くときのペンの太さにもよりますが、なるべく筆圧を軽めにして、さっと書くように心がけてみましょう。

かっこいい英語サインの書き方とコツ:マジックペンの太い方を使う

文房具

かっこいい英語のサインを書き方として、意外と活用されているのが「マジックペンの太い方」でしょう。マジックペンの太い方は使いにくいと思われがちですが、実はそんなことありません。四角い形をしているペン先だからこそ味が出るのです。イラストやPOPなどを作るときにも太い方は意外と活用されることが多いです。

マジックペンの太い方は、角度を変えることによって太さが全然変わりますし、メリハリをつけてサインを書くことによってかっこいいサインに見えるようになります。ぜひ英語のサインを書くときはこの書き方を活用してみてください。

かっこいい漢字のサインの作り方は?

かっこいい漢字のサインの作り方:達筆にする

日本の風景

サインは何も英語だけではありません。英語以外にもかっこいいサインなのが「漢字」でしょう。先ほどまでは、英語のサインについて作り方や書き方など見てきましたが、ここからは「かっこいい漢字のサインの作り方」について、詳しく掘り下げていこうと思います。まず、漢字と聞いて思い浮かぶのが「達筆」でしょう。

達筆だと読みにくいのではないか?と思われがちですが、芸能人やスポーツ選手などのサインを思い出してみてください。読めるように書かれているでしょうか?文章を達筆で書いてしまうと、肝心の内容が捉えることができませんので、困ってしまうこともあるでしょう。しかしサインは「読ませることが前提」になっていません。

かっこいい漢字のサインの作り方:筆ペンを使用する

文房具の種類

「かっこいい漢字のサインの作り方」として、比較的簡単であり、かつカッコよく見える方法の一つが「筆ペン」です。筆ペンは元からペン先が習字の筆のように作られています。しかし習字筆のよりも硬めに作られているので、習字を習っていない人でも比較的簡単にサインや字を書けるアイテムとして人気なのです。

「筆ペンアート」と言うものをご存知でしょうか?筆ペンを使用してイラストを描いたり、文字を筆ペンを使用してアレンジ加えてデザインしたりと、筆ペンを使った表現はとても幅広く苦豊富なものなのです。慣れれば自分のオリジナルなサインをデザインすることも可能でしょう。

筆ペンとは、とても汎用性の高いアイテムであるとも言われています。日本人らしい文字を書くこともできます。サイン以外にも冠婚葬祭などで筆ペンを使う機会も多いかもしれませんよね。筆ペンの持ち方や練習方法、上手に書けるコツなど詳しくまとめられている以下の記事も、おすすめですので参考にしてみてくださいね。

Small thumb shutterstock 605013488
関連記事 筆ペンの上手な書き方のコツとは?持ち方や練習方法と年賀状の見本も

結婚式の招待状や冠婚葬祭での祝儀・不祝儀袋、熨斗など使う機会が意外に多

かっこいい漢字のサインの作り方:文字をつなげて書く

「かっこいい漢字のサインの作り方」の一つとしてご紹介する方法が「文字をつなげる」です。昔の人や達筆な人の文字を見てみると文字や漢字が繋がって書かれているように見えませんか?本来であれば、文字を書くとき「とめ」「はね」と言った部分をきちんと書くのを教えられるでしょう。しかしそれは基本の字の書き方です。

サインは、「文字をきれいに書く」のではありませんよね。かっこよく見せるためにサインを書くのですから、「きれいな字」にこだわる必要はないでしょう。ある程度崩して書いて、文字をつなげて書くことでそれっぽい感じのサインが出来上がるでしょう。

かっこいい漢字サインの書き方とコツは?

かっこいい漢字サインの書き方とコツ:筆圧に変化をつける

「かっこいい漢字のサインの作り方」について触れてきましたから、ここからは「かっこいい漢字サインの書き方とコツ」についても見ていきましょう。まず漢字のサインでの書き方としておすすめなのが「筆圧に変化をつける」と言うことです。筆圧が均等なら、きれいには見えますがかっこいいサインには見えません。

かっこいい漢字サインの書き方とコツ:名字か名前どちらかにすること

どちらにするか考える

日本人の名前は、基本的にはすべて漢字ですよね。すべてが漢字なので、それをフルネームで並べてしまうと、とても重たいような印象を持たれてしまいますし堅いイメージになってしまいます。そのため漢字でサインを作るときには名字か名前、どちらかにしておきましょう。特に名前が一文字だと分かりやすくていいですよ。

ひらがなサインの作り方と書き方は?

ひらがなサインの作り方と書き方:丸文字がかわいい

「ひらがなサインの作り方と書き方」についても触れていきます。ひらがなは漢字と比べて、すっきりとしていて可愛らしいイメージがあるのが特徴でしょう。ひらがなのサインの作り方としておすすめなのが「丸文字」です。とがった部分がほとんどないので、なじみやすくておすすめです。

ひらがなサインの作り方と書き方:アレンジを加える

ひらがなサインの作り方と書き方の場合、漢字や英語のサインと比べるとアレンジを加えやすいという特徴があります。濁点を丸くしたり線を細くしたり、丸く円を描くように表現したりと可愛くサインをアレンジできますよ。ひらがなでは、比較的簡単にサインが作れますし、ひらがなの魅力を活かして可愛いサインが作れます。

オリジナルのサインを作成できる無料サイトは?

オリジナルのサインを作成できる無料サイト:無料ロゴ作成

パソコン

サインに困ったとき、無料でサインを作れるようなサービスはあるのでしょうか?おすすめのものをご紹介します。まずおすすめなのが「無料ロゴ作成.com」です。日本語のフリーフォントを用いて、自分のオリジナルロゴを作成できます。フォントやふち、色や太さなど選ぶことができてオリジナル性の高いサインが作れます。

デザイン性にも優れていて、バリエーションも豊富に作れますね。また、プレビュー機能が備わっていますので、適用させる前に確認しやすくとても便利ですよ。

オリジナルのサインを作成できる無料サイト:LOGASTER

パソコン

「LOGASTER」もまた、おすすめの無料サービスで、有料版もあります。シンボルマークがついたロゴを作成することが可能で、100個もバリエーションがあり気に入ったデザインを選ぶことができるのです。色や背景などさまざまな部分でこだわることもできますよ。

自作サインは意外と必要

創作物には必ずサインを入れること

趣味

昨今では、趣味も多様化してきていますよね。流行の一つともなったDIYなど、自分で何かを作り出すという人も、今では珍しいものではありません。ハンドメイドやイラストなど、自分で何かを捜索する際には「自作のサイン」を必ず入れるのをおすすめします。サインを入れることで私の作品です、とアピールできるのです。

特にイラストにおいては深刻な問題も多く、サインが入っていない作品を勝手に使用して、あろうことか自分が描いたイラストだ、と嘘をつくいわゆる「無断転載」が行われることも多いのです。何かを作った時は、必ず自分とわかるようなサインやアカウント名などをきちんと入れるように心がけましょう。

ビジネスにおいても自分をきちんと主張するものである

ビジネス

イラストや創作物以外にも自分がかかわったものや作ったものには、サインやクレジットをきちんと入れるように心がけてください。よく映画の最後にエンドロールが流れますが、あれはどれだけの人がかかわっているかの証明にもなります。論文や映像作品にも同じことがいえるので変に遠慮せず自分の名前を入れましょう。

名前をきちんと入れることによって、自分の能力や自分が行った功績を主張したり証明することが可能になるのです。変に遠慮したり恥ずかしがってしまっては、思わぬところで損をしてしまいかねませんので、自分が携わったことに関しては妥協せず自分の名前を入れて主張するのが大切なのです。

かっこいいいサインの作り方や書き方をマスターしよう!

ノート

いかがでしたか?ここまでかっこいいサインの書き方について、筆記体や漢字など、さまざまな点からまとめてきました。芸能人ではない限り、自分でサインを書く機会はないと思われますが、意外とサインの書き方をマスターしておいても損はありません。何より、さらっと書けたらかっこいいですよね。

最近では、何か自分で制作を行っていてそのためにサインを書く人も珍しくはありませんし自分のサインが書けてもいいと思いますよ。是非、この機会に書き方や作り方を参考にして、自分のオリジナルサインを考えてみてはいかがでしょうか。

商品やサービスを紹介いたします記事の内容は、必ずしもそれらの効能・効果を保証するものではございません。

商品やサービスのご購入・ご利用に関して、当メディア運営者は一切の責任を負いません。